Robot Shuttles and Autonomous Buses 2020-2040

ロボットシャトルおよび自動運転バス 2020-2040年

IDTechEx は、「ロボットシャトルおよび自動運転バス 2020-2040年」と呼ばれるこれに関する最初の詳細なレポートを発表しています。ロボットシャトルは、モノやヒトの新たな、そして重要な目に見える輸送形態の一つであり、それらは移動式オフィス、レストランなどとしても機能する余地があるものです。その核心は、決してUターンすることがないように対称的な直立箱型の8~20名乗りの車両であることがわかっています。小さな投影面積、全方位視界、大きなドア、静かで排気ゼロであり、それらは屋内や広場そして道路にも入ることができ、ほんの1日の間に多くの異なる作業をこなす能力を備えています。また都会での集中的な利用を念頭にしており、所定の速度、通常は時速50-60kmを決して超えることがないように制限されています。これらはすべからくトヨタや百度などの大企業そしてベンチャー企業に支えられた新たな輸送手段となり、ある企業はこの事業のために10億ドルの資金を調達しています。その試行錯誤の中で、困窮者や身体障害者の補助から、輸送ネットワークのニッチを着実に埋め、スクールバスや自家用車などの利用度の低い車両を置き換え、渋滞とコストの削減に至る多くの可能性のある用途が模索されています。

最新記事