電気自動車 - IDTechEx Reports and Subscriptions

The IDTechEx Electric Vehicle master report forecasting every sector of the Electric Vehicle industry

EV: 電気自動車、船舶、航空機 2021-2041年

『EV: 電気自動車、船舶、航空機 2021-2041年』は 、IDTechEx の電動輸送機器の販売台数、バッテリー需要、市場規模など基軸となる見通しを一箇所にまとめたものです。それぞれの章において一つの輸送機器セグメント(二輪車、乗用車、バン、トラック、バス、レジャーボート、商用船舶、有人航空機)または要素技術(リチウムイオン、電動モーター)に関する主要な要因、トレンドそして見通しがまとめられています。相対的な市場規模、バッテリー需要および急激な拡大を見せる乗用車にとどまらない電動輸送機器(EV)を明確に把握できるようにすることで、弊社は業界人が情報に基づいた投資の意思決定を行い、電動輸送機器業界(EV)に精通することができるように知見を提供することを目的としています。
続きを読む
A spreadsheet-based tool for forecasting the material demands in battery cells and packs in the electric vehicle market

電気自動車(EV)のバッテリーセルおよびパック材料のシナリオ予測ツール

電気自動車(EV)市場は今後10年間で大幅に成長し、これに伴いバッテリーセル、パックおよび関連する材料の需要も増大してゆきます。このツールにより IDTechEx による物質集約度仮説を確認することができ、IDTechEx または独自の売上数量とバッテリーパック容量の見通し数値のいずれかを利用して2021年から2031年までの複数の材料に対する需要を判断することができます。
続きを読む
Analyse historic sales and battery cell & pack technology data across the most popular electric car models in China, the US and Europe

電気自動車の売上、モデル・技術のデータベース

中国、米国およびヨーロッパにおいてもっとも人気のある電気自動車モデルのスプレッドシートによるデータベース。データベースは2015年から2020年のモデル別の売上データを含んでおり、またモデルバッテリーの化学成分、バッテリーのサプライヤー、温度管理方式およびモーター技術に関する情報により技術トレンドの沿革に関する知見を提供しています。
続きを読む

燃料電池自動車 2022年-2042年 

IDTechEx のレポート『燃料電池自動車 2022年-2042年』は、乗用車、小型商用車、トラックおよび市バス市場の路上走行用の燃料電池自動車の現状について検証しています。このレポートは、2042年までの燃料電池自動車の将来に関する IDTechEx の独自の見通しに加え、これらの異なる輸送用途における燃料電池自動車の普及における技術的・経済的な側面を取り上げています。
続きを読む

電気自動車用電気モーター 2022年-2032年 

急成長している電気自動車市場では、世界の各地域やさまざまな車両カテゴリにわたって、電気モーターに対する大きな需要があります。この市場では、モーターの技術とトポロジー、パワーとトルクの密度、材料の利用と熱管理に関するトレンドが見られます。本レポートでは、このようなバッテリー電気自動車やハイブリッド車、バン、トラック、バス、二輪車の市場の動向を、OEMの使用例、ベンチマーク、詳細な市場予測と共に取り上げています。
続きを読む

電気自動車用パワーエレクトロニクス 2022年-2032年 

電気自動車が世界を席巻しており、BEV 車および PHEV 車が2032年までに25%の CAGR(年平均成長率)で拡大する見込みです。自動車のパワーエレクトロニクスの進化は走行距離や充電時間の向上にとって不可欠となります。この最新版IDTechEx レポートは、3種の主要デバイスに対する分析と見通しを提供します。それらはインバータ、車載充電器(OBC)そして DC-DC コンバータであり、電圧別(800V を含む)および半導体技術別(炭化ケイ素 SiC MOSFET およびシリコン Si IGBT)別に分類されています。
続きを読む

鉱業の電化: 輸送機器、発電、転用 2022-2042年 

IDTechEx レポート『鉱業の電化: 輸送機器、発電、転用 2022-2042年』は、実際に何が起こっているのかを確認することができるよう、20年先のこれらの注目度の低い分野に着目している点がユニークです。このビジネス目線の310ページに及ぶ分析により、市場における多くのサプライズやギャップを明らかにしています。これらはマルチリンガル博士号レベルの IDTechEx のアナリストによる全世界での数年に及ぶ調査に基づいたものです。
続きを読む

熱電冷却、加熱、ハーベスティング: 90社の企業分析、市場、ロードマップ 2022-2042年 

熱電気冷却、加熱およびハーベスティングが現在は部分的な成功に留まり、もっと後で完全な成功を遂げる理由を学んでください進化する最適な材料、パラメーター、デザイン、用途、技術および戦略に加え90社の企業比較、市場リーダー、成功要因、失敗、会社の意図および市場全体見通し2022-2042年を提供。包括的なバリューチェーンと低出力から高出力のシステムのサプライヤーの分析を盛り込んだ重厚な300ページ資料。エンドユーザー向け市場が勃興しています。必要なものは何か。何を注視すべきか。マルチリンガルで博士号レベルの IDTechEx アナリストによる数年に及ぶ調査に基づいています
続きを読む

電気自動車の熱管理 2021年-2031年 

電気自動車市場は急速に成長しており、バッテリーの大容量化、急速充電、高性能モーター、ワイドバンドギャップ半導体などへのトレンドがあります。これらのトレンドは効果的な熱管理に依存しています。このレポートは、こうしたトレンドや電気自動車市場における電池、トラクションモーターやパワーエレクトロニクスの熱管理における影響を取り上げています。既存の技術や最先端の技術を OEM 利用事例や市場見通しにより検証しています。
続きを読む

走行距離1000マイル(1600km)の二次電池式電気自動車 2021-2041年 

実効走行距離を半分とすることができ、誰もが路上で充電することの煩雑さを嫌っていることから長距離走行自動車は大きな魅力となります。このレポートは、長距離走行車がどのように太陽光パネル搭載の車体、軽量化、簡素化、新規部品や進化したバッテリー用ハードウェアとソフトウェアにとって大きなビジネスチャンスを生み出すことなっていくのかを分析しています。世界最初の販売実績と2021-2041年の技術ロードマップをご確認ください。例えば、2027年には650マイル(1000km超)の走行距離を実現できない特別な自動車は敬遠されることになります。
続きを読む

スマートシティ用のロボットシャトル 2021-2041年 

ロボットシャトルは新たな交通手段の一つです。2041年の200億ドルの売り上げと多大なサービス収入について確認してください。前後対称車両、低騒音、排気ゼロ、車椅子用の大型のスライド式ドアそして迅速な乗り降り、これらはスマートシティ用にデザインされたものであり、通学バスから有人のタクシーやバスに至るまで多くの利用不足の車両を置き換えるものです。
続きを読む

電気自動車用リチウムイオンバッテリー 2021-2031年 

この調査レポートは、電気自動車用のリチウムイオン電池とバッテリーパックの技術動向を、自動車メーカーと非自動車市場向けのバッテリーパックメーカーの両方の動向を調査して分析しています。LFP および NMC 、またはリチウム金属/全固定電池とシリコン主体アノード電池など主要な技術の選択肢の比較検証を行っています。リチウムイオン電池の需要見通しは、電気乗用車、バン、トラック、二輪車、ボートおよびバスを対象としています。
続きを読む

有人電動航空機: スマートシティおよび地域 2021-2041年 

ゼロエミッション航空機の凄まじい伸びは2041年に従来型と垂直型の離陸・着陸機で均等な割合であるもののその間はかなり異なる状態で推移することを理解してください。現在の最大100席までの航空機メーカーが新規参入組に対し極めて脆弱である理由は何でしょうか?もっとも破壊的な技術と開発企業はどこでしょうか?バッテリーが勝者となるものの燃料電池にも居場所がある理由を理解してください。ハイブリッドと改造の好機、ベストプラクティス、限界および詳細な見通し。
続きを読む

エアタクシー: 電動式垂直離陸・着陸航空機 2021-2041年 

IDTechEx の調査レポート『エアタクシー: 電動式垂直離陸・着陸航空機』は新しい都市空間の移動市場について理解を深めることを意図したものです。eVTOL 航空機設計アーキテクチャの基本原理から OEM 有力企業そして主な要素技術の市場機会に至る eVTOL エアタクシーに関する包括的な分析を提供。このレポートは、eVTOL の運用に関するIDTechExの TCO 分析ならびにこの長期的な大きなポテンシャルを持ち変化しつつある新市場に関する IDTechEx 独自の20年先の見通しを提示しています。
続きを読む

ソーラーカー 2021-2041年 第二版 

最優秀の陸上・水域・空域用太陽光輸送機器、勝ち組企業、技術
続きを読む

電気自動車向けバッテリーセル&パック用材料 2021-2031年 

電気自動車市場が成長し、今後10年間に急激な拡大を遂げてゆき、これに伴いバッテリーセルやバッテリーパックの需要も増大していきます。これらの構成部品の利用増大により、内燃機関の車両においては必ずしも需要のなかった多くの主要材料の需要が活発となるでしょう。このレポートは、複数の車両セグメントにわたり電気自動車向けバッテリーセルとパックにおいて必要とされる主な材料を分析しています。自動車の使用例や市場分析は、2021年から2031年までの材料利用傾向、トン数および市場価値の予測のために、利用されています。
続きを読む

インドの電気自動車 2021-2041年 

このレポートはインドにおける電動二輪車、電動三輪車(電動リクシャー)、電気自動車および電気バスを取り扱い、見通しを提供し、世界の急速に発展する経済大国の一つの巨大なポテンシャルや市場機会を明らかにしています。さらに当レポートは、鉛蓄電池からの移行、45度の日中の温度に適応するリチウムイオン電池化学物質のオプション、現地バッテリー製造の重要性、そして同国の中国製永久磁石モーターへの依存など、インドに固有の主な技術トレンドを検証しています。
続きを読む

電動二輪車 2021-2041年 

このレポートは、完全電動式 4kW 未満(「電動スクーター」そして 4kW 以上(「電動バイク」)の電動二輪車を対象とした見通しを提供しています。その過去データは2015年にまで遡り、また2041年までの将来見通しを盛り込んでおり、その要因および地域別の内訳(中国、インド、インドネシア、ベトナム、EU + 英国、米国、その他)に関する分析を備えています。当レポートはさらに、すべての電力クラスを対象に鉛蓄電池や永久磁石モーターへの依存からの脱却などの主要な技術トレンドを検証しています。企業の市場シェアは市場のリーダーとのインタビューに基づいて地域的に示されています。
続きを読む

高電圧ハイブリッド自動車、バスおよびトラック 2021-2041年 

ハイブリッド電気自動車(HEV)市場は自動車業界が直面している新型コロナウイルスの影響にもかかわらず2020年には成長を記録しています。しかしながら、世界中で化石燃料の使用禁止が目前のこととなり、バッテリー駆動式電気自動車の導入拡大によりHEV がの先行きは限られたものとなる可能性があります。このレポートは、2021年から2041年までの見通しを含む5つの主要地域市場における HEV の過去と将来の市場に加え、HEV バッテリーとモータジェネレータ技術のトレンドを検証しています。
続きを読む

電気トラック市場 2021-2041年 

IDTechExの調査レポート「 電気トラック市場 2021-2041年」は、バッテリー式電動トラック、プラグイン・ハイブリッドおよび燃料電池式トラックに関する72種の予測を提供しており、そこで中国、米国および欧州などの主要地域における中型および大型トラックの売上、市場浸透度、バッテリー需要と市場価値に関する20年先の見通しを説明しています。このレポートは、この成長市場の将来の自動車業界サプライチェーンの戦略において企業の参考となるものです。
続きを読む

電気、ハイブリッドおよび燃料電池の小型商用車 2021-2041年 

電動小型商用車市場は急激な電化においてユニークな位置にあります。IDTechExの新たな2021-2041年新型コロナウイルス対応修正版見通しレポートは、グローバルと地域のレベルにおける eLCV 売上、市場浸透度、市場売上額および据付済みバッテリー容量に関して20年先の綿密な見通しを提供し、この急激に進化していくセクターにおいて企業が効果的な計画立案をできるよう支援しています。
続きを読む

48V仕様フルハイブリッド、マイルドハイブリッド、48V BEV 自動車: 市場、技術ロードマップ 2021-2041年 

40社の老舗の自動車メーカーが現在48V仕様ハイブリッドへの転換を急いでおり、排気ガス規制強化への対応、燃費の向上、快適さの向上を進めています。販売台数が毎年2000万台レベルに到達する先行きを把握してください。48V仕様フルハイブリッドへのロードマップを参照。48V仕様バッテリー式電動輸送機器で使える新型部品を確認してください。このレポートだけが20年に及ぶ見通し、技術ロードマップを解明しています。
続きを読む

電気自動車と電気車両の充電インフラ 2021-2031年 

2031年までに電気自動車向け充電インフラは650億ドルの市場に成長します。このレポートでは、乗用車、トラックおよびバンの車両向けの充電インフラに関する包括的かつ詳細な分析を提供しています。コンダクティブ充電方式が現在そして将来をリードする中、当レポートは非接触充電、容量性充電、ロボティック、ワイヤレスそしてバッテリー交換などの新たな充電方式の技術と用途についても検証しています。2031年までの市場見通しには2015年からの過去の実績も含まれ、公共および民間の充電設備別、地域別、電力クラス別そして車両種別の内訳を盛り込んでいます。
続きを読む

電気自動車向け材料 2020年-2030年 

電気自動車市場は今後10年間で大規模な成長を遂げ、これに伴いバッテリーやモーターの需要も増加することが予想されます。これらのパワートレイン部品の利用増により、内燃機関自動車においては、必需品でなかった多くの主要な材料の需要が促進されることになります。この調査レポートは、電気自動車のモーター、バッテリーセルおよびバッテリーパックの製造に必要とされる材料を検証しています。弊社は自動車の使用事例と市場に関する知見を用いて、2020年から2030年までの材料利用動向、トン数、市場価値を予測しています。
続きを読む

スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年 

IDTechExの調査レポート「スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年」は、用途別および地域別の20年に及ぶ市場価値の見通しを提供しています。80社のメーカーすべての比較。3つの大きなブレークスルーがもたらすビジネス上のインパクトや用途を徹底して掘り下げています。20年に及ぶPhDレベルのグローバルな追跡調査、とりわけ2020年の調査に基づいています。
続きを読む

先進的な電気自動車 2020-2040年 

新型コロナウイルス感染拡大の中、最新の IDTechEx レポート『先進的な電気自動車 2020-2040年』は世界の電気自動車業界に関する地域別詳細ならびに2040年までの長期見通しを付した包括的分析を提供しています。またこれはリチウムイオン・バッテリーと電動トラクションモーターから自動運転車の技術に至る移行を可能とする要素技術の詳細な分析も提供しています。
続きを読む

電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年 

「電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年」は、電化の市場要因、バスが次々と開発されている状況、そして燃料電池式バスを含めバスにおける純バッテリー電動式とプラグイン・ハイブリッド式のパワートレインの見通しを扱っています。このレポートは、中国、欧州、米国、インドおよび世界のその他の地域をまたがる車両電化率を反映した電動式市バスの利用度に関する IDTechEx の最新の地域別見通しを提供しています。
続きを読む

リチウムイオン電池リサイクリング:2020-2040年 

2040年までにリチウムイオン電池リサイクリルは310億ドルの市場へと成長します。この調査レポートでは、リチウムイオン電池リサイクリルのプロセスと技術、バリューチェーンおよびリサイクルの経済性、主な業界有力企業ならびにリチウムイオン電池リサイクリルに対する規制や政策に関する包括的かつ徹底した分析を提供しています。地域別、セクター別、バッテリー化学成分および主要な再資源化金属にわたるリチウムイオン電池リサイクルに関する20年に及ぶ市場予測が提供します。
続きを読む

電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年 

新規 IDTechEx レポート「電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年」は海運業分野の電化における課題と成長を克明に記しています。レジャーボートは販売量で最大の市場ですが、深海分野が最大の市場価値と最大のバッテリー需要を持つものとなることが判明しています。
続きを読む

2020-2030年の農業における電気自動車とロボティクス 

農業、林業、芝生管理に関するハイブリッド自動車および純電気自動車そしてロボティクスならびにそれらのゼロエミッション充電マイクログリッドについてご確認ください。陸上車の優先順位は高いものですがドローンや養殖の分野も網羅しています。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略、自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。網羅的な最新例。2020年-2030年の技術や将来の成果に関する数値や金額の詳細な見通しをご確認ください。
続きを読む

建設・農業・鉱業における電気自動車 2020-2030年 

建設・農業・鉱業用のハイブリッド自動車や純電気自動車ならびにマイクログリッド充電の把握、最大の事業機会を持つ地上作業車に着目。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略および自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。企業および車両別の包括的な多数の最新事例。2040年には2,000億ドルという巨大市場に?19項目にわたる数値・金額の予測、2020年~2030年の技術と実現の時間軸をご確認ください。これほど密着したレポートは他にはありません。
続きを読む

構造用エレクトロニクスおけるスマートマテリアルのビジネスチャンス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子、電気、オプトロニクスを組み合わせた2000億ドルの事業機会の見通しのある新素材を検証しています。モノリシック・フレキシブルフォン。バイオニック人間。充電不要の太陽光電気自動車。一つのオプションはインモールド・エレクトロニクスであり、電気的に多機能の単一部品を成形することにより自動車部品を95%削減します。各章は道路、建物、窓用の旧式の荷重支持構造の代替物について詳述しています。
続きを読む

車載用レーダー 2020-2040年:デバイス、素材、プロセス、AI、市場および有力企業 

本調査レポートは、レーダー技術の市場を調査し、特に自動車向け用途に重点を置いています。これは包括的な技術ロードマップを構築し、素材、半導体技術、パッケージング技術、アンテナアレイおよび信号処理のレベルの技術を検証しています。これは、レーダー技術が物体検知、分類および追跡を可能とする緻密化された 4D ポイントクラウドを実現する能力を備えた 4D イメージング・レーダーに進化する可能性があることを如実に示すものです。
続きを読む

LiDAR(ライダー)2020-2030年:技術、有力企業、市場および見通し 

IDTechEx は、ADAS と自動運転車の市場に特化したユニークな 3D LiDAR 技術を開発する106社の企業に関する包括的な分析を提供しています。弊社のインタビューに基づく企業の概要および略歴は106社の企業すべてを網羅するものです。見通しは6種の新たな LiDAR 技術および4種のタイプの自動車に区分されています。自動運転車用のグローバルな 3D LiDAR の市場は2030年までに54億ドルに拡大し、中でも MEMS LiDAR が最大の市場セグメントとして伸びています。
続きを読む

電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年 

2030年までに、電気自動車用の再生バッテリー容量は年間275GWhを超え、自動車およびエネルギー貯蔵分野の企業に大きなチャンスをもたらすと考えられます。当レポートでは、再生バッテリーバリューチェーン全体の主要技術、主要企業、市場機会の包括的かつ詳細な分析を提供します。本市場調査調査レポートから得られる分析は、企業が再生バッテリーから得られる、ビジネスチャンスを適切に捉えることに役立ちます。
続きを読む

電気自動車の中国市場:2019-2029年 

中国は世界最大のEV市場であり、ますます手ごわいEVの輸出業者、イノベーター、買収者であるため、これはEVビジネスのすべてにとって重要な指標となります。技術と販売のリーダーが特定され、最新の詳細な数と価値の予測が簡単に吸収される形で、中国でのEVの好まれる技術とアプリケーションを学びます。1つの最新のタイプは、eバイクの3倍の量で販売されます。スーパーキャパシターやソーラーカーなどの技術におけるリーダーシップと、外国人が支援できる驚くべき脆弱性をつかみます。中国はさらに数百万台の電気バスを必要としています:他に何がありますか?
続きを読む

電気バス&トラック向け蓄電技術:2019-2029年 

バスとトラックのエネルギー貯留も同様です。これらのストレージ市場は、2029年に2,000億ドルを超えるまで急速に成長します。都会のバスと配達用トラックは、電動化されており、純粋な電気式で大型バッテリーが優勢です。現在、大型トラックが注目されています。世界にはバスの10倍のトラックが存在しています。150万台のスクールバスがエレクトリフィケーションに移行します。ユニット、コスト、市場価値、技術ロードマップの詳細な予測をご覧ください。
続きを読む

陸上、水中および空中向けエネルギー自立型電動車両 (EIV)市場 2018-2038年 

IDTechExは、エネルギー独立電気自動車の巨大な投資の可能性と市場機会を最初に明らかにしました:燃料を補給したり、充電のためのプラグなどは、もはや必要ありません。これらは、静的なマイクログリッドと多くの共通点を持つモバイルのゼロエミッションマイクログリッドです。EIEVの採用に最適なセクターが予測されています。インフォグラムと表は、それを実現するために必要な極端な環境発電(エネルギーハーベスティング)と高効率パワートレインなどの新しい技術を明確にします。主要企業、トライアル、プラン、イネーブラーが最新のグローバル情報から分析されます。技術と製品の発売ロードマップが提示されます。
続きを読む

エレクトリカルスマートロード市場:2018-2028年 

道路とその周辺では、自動除氷、除雪、電気自動車の充電、インタラクティブ照明、構造ヘルスモニタリングなどを駆動する大量の電力が生成されます。その結果、安全性、速度、節約、大気と水質の改善の強化を目指す1,000億ドルの新規ビジネスが実現します。当レポートでは、テクノロジー、主要企業、成長機会を対象とし、10年先の予測と20年先のロードマッピングを詳しく考察します。
続きを読む

コンクリートとセメントの改革:市場の成長、脱炭素化 2022年〜2042年 

この商業志向のレポートは、セメントとコンクリート業界が、新しい処方、製品、機能を提供することにより、ゼロエミッションを実現し、急速な収益性の高い成長にどのように転換できるかを説明していることに特徴があります。これにより多機能コンクリート(電気、光学など)や、鉄筋のない3Dプリントされた大型構造物など、多くの新しい市場が開かれる可能性があります。現場の資産を活用することで、余剰のゼロエミッション電力とその貯蔵を販売することができます。出典は、PhDレベルの多言語を操る世界中のIDTechExアナリストです。
続きを読む

自動運転車、ロボタクシーおよびセンサー 2022-2042年 

近年では、レーダー、LiDAR、HD カメラやソフトウェアなどの自動運転車の大幅な改良によりロボタクシーが商用化の手前にまで準備が整いつつあります。Waymo、Cruiseおよびその他の企業による自動運転実験は現在、法制上の障壁を取り除き、自動運転サービスへと進化しつつあります。IDTechEx の新しい見通しは、これらのサービスが20年以内にどのように主流となり、潜在的需要が拡大するセンサー市場を生み出すかを検証しています。
続きを読む

全固体電池とポリマー電池 2021-2031年: 技術、見通し、有力企業 

全固体電池は次世代電池技術の一つと考えられており、優れた安全性、パフォーマンス向上、柔軟性のあるフォームファクターとパックデザインの簡素化というメリットを備えています。様々な有力企業が無機および有機双方の全固体電解質を異なるアプローチから開発しています。また全固体電池は政府の戦略的な支援もあり世界中で多大な注目を集めています。このレポートは、詳細な技術分析、有力企業の動向、市場分析ならびにビジネス上の知見を提供するものです。10年のうちに全固体電池の市場は80億ドルを超える規模に達する見込みです。
続きを読む

熱伝導材料 (サーマルインターフェイスマテリアル)2021-2031年:技術、市場および市場機会 

熱伝導材料(TIM)は極めて幅広い種類のタイプとアプリケーションに利用されます。この調査レポートは、TIM の製造や進化に加え、各種の TIM タイプについての解説ならびにベンチマーク評価を行っています。またTIM の現在の活用状況、ならびに将来の主要用途と考えられている、電気自動車用バッテリー、4Gと5Gのインフラ、データセンター、LEDおよび消費家電などを網羅しています。これらのアプリケーションにおける2021年から2031年までのTIMの需要を面積とトン数で予測するために、利用ケースとマーケットインサイトを用いています。
続きを読む

グリーン水素の生産: 電気分解装置市場 2021-2031年 

将来の市場動向を深く理解することを可能とする主要な電気分解装置の技術・市場に関する調査。
続きを読む

車載向けプリンテッド・フレキシブルエレクトロニクス 2021-2031年: 技術および市場 

電動化・自動運転車への移行によりプリンテッドおよびフレキシブルなエレクトロニクスの大きな市場機会が生み出されています。これらの技術には EV パワートレイン、車内センサーとディスプレイ、および車外ヒーターおよび照明も含まれています。このレポートは、11種の用途にわたるプリンテッド/フレキシブルエレクトロニクスの現状そして市場機会、そして売上および数量別の10年先の市場見通し、複数の事例検証ならびに商用化や技術的な成熟度の分析についてまとめています。
続きを読む

エアロゲル 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

エアロゲルは100年近くその存在を知られているナノ多孔質材料の一種です。そこには複雑な歴史があり、21世紀になってようやく本格的な商用利用が開始しています。この市場はシリカエアロゲルブランケットが中心となっています。これは専ら石油・天然ガス業界において断熱材として利用されています。新たな有力企業が特に中国で事業を拡大し、EV バッテリーパックから建設業に至る新規用途が開拓されるなど活発な動きがあります。シリカ以外では、まだ商用化の初期段階にあるポリマーとカーボンのエアロゲルの分野が脚光を浴びており、これらは業界をまったく新しい方向に誘う潜在力を秘めています。このレポートはエアロゲル業界の主要技術、有力企業ならびに市場を網羅しています。IDTechEx は多年にわたりこの分野の調査を行っており、この新興市場に関するもっとも包括的で正確な情報をお届けします。
続きを読む

持続可能な代替燃料 2021-2031年 

このレポートは、開発中の技術、商用化のレベル、対象用途、そして燃料の成長のポテンシャルについて議論しながら再生可能ディーゼル、持続可能な航空燃料、e-Fuelおよびグリーンアンモニアを含む主要な非化石系代替燃料に関する市場の概要を提供しています。バッテリー技術や水素などの他の低炭素ソリューションとの比較検証も行っています。
続きを読む

透明エレクトロニクス材料の市場 2021-2041年 

建物の窓、グリーンハウス、鉄道用としての透明エレクトロニクスの200億ドルの新市場を想像してください。これにはワンタッチだけで発電や暗化を実行する電気自動車の天窓が含まれます。スマートウォッチのガラス、レーダー内蔵ヘッドライト、OLED とマイクロ LED イメージが「空間に漂う」ことによるシースルー型ビルボードを想起してみてください。コンフォーマル被膜を不可視回路、センサー、ヒーター、アンテナとして追加。材料、5G 通信と 6G 通信がこれに関係し、透明な太陽光発電層がシリコン製送電技術を加速しています。
続きを読む

定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー 2021-2031年 

この調査レポートでは、バッテリー貯蔵システム市場の詳細な分析を通じて、主要バッテリーと関連する化学物質、さらに地域レベルの深い分析を提示します。 読者はバッテリーの定置型エネルギー貯蔵に関する詳しい知識が得られるほか、FTMとBTMセグメントに関して最も有望な国はどこなのかを理解することができます。 最後に、市場分析のための定置型エネルギー貯蔵電池市場の主力企業解説を提供します。
続きを読む

グラフェン市場&2D材料の分析 2021-2031年 

グラフェンは、長い間「脅威の素材」とされ、世界の課題の多くを解決してくれる素材とみなされてきていました。現実はこれとはかなり異なるものであり、その直接的なインパクトはしっかりと評価されていませんでした。しかしながらこの業界は過去10年間で進化を重ねており、現在では注目された試みが受注、大幅な設備拡大そして価格低下へと発展しており、転機を迎えていることがわかります。このレポートは、グラフェン粉末/プレートレットとフィルム/ウエハーの両方を検証しています。比較調査、詳細な見通し、会社概要、生産能力/年商/収益がすべて盛り込まれています。IDTechEx はこの業界に対して長い調査実績があり、豊富な一次調査を活用して読者に最も正確で最新の技術や市場情報を提供しています。グラフェン以外の新興する各種2D材料は、それぞれユニークな特性と幅広い商用利用のポテンシャルを備えています。そのほとんどはまだ発展の初期段階にあります。IDTechEx は、特に窒化ホウ素、遷移金属ダイカルコゲナイド、MXeneおよびXeneに着目した分析と見通しを提供しています。
続きを読む

電子機器向けフルオロポリマー(フッ素重合体)市場 2021-2041年 

電子機器向けのフルオロポリマーが今後台頭します。5G、IOT、大型レドックス・フロー電池、電気自動車からの需要が伸びています。新たな生分解性塗料および 2D 分子構造、ならびに 3D プリンティングと高周波スパッタリング法により販売額が増大してゆきます。摩擦電気がフェイスマスクから波力発電に至るまで存在感を発揮していく可能性があります。6G ワイヤレスとテラヘルツ・エレクトロニクスがこれに加わりため、20年先見通しとロードマップは今後必須となります。
続きを読む

ドローン市場と業界 2021-2041年 

ドローンに関するこの最新の市場調査レポートにおいて、IDTechEx は主要な必須分野を分析してこの広範で革新的な市場に関する知見と理解の拡大を促進しています。ドローンは、マッピングから農業そして配送などの多くの異なる場面で使用することができるものです。このドローン市場は2041年までに220億ドルを超える規模に成長することが見込まれています。ドローンとその関連技術は今後数年間にわたり重要な市場の一つとなります。
続きを読む

スマートシティ市場 2021-2041年: エネルギー、食品、水、素材、交通の見通し 

スマートシティは、都市の情報通信技術の普及をはるかにしのぐ機会を用意した極めて野心的なものになってきています。新たな多機能素材、センサー、車両および建築技術の30件以上の20年先の見通しをご覧ください。対象となるエネルギー、水と食品の自立化技術およびインフラ撤去を把握してください。5,000億ドルの自給自足シティが現在では砂漠や外洋でも計画されています。有力企業地域動向この膨張する市場において投資機会を見い出してください。
続きを読む

3D エレクトロニクス 2020-2030年:技術、見通し、有力企業 

3Dエレクトロニクスを対象とするこの IDTechEx 調査レポートは、個別のプリント基板を集積エレクトロニクスとして置き換え可能とすることで、製造の複雑さの解消に加え、省スペース化と軽量化を実現する一連の技術を分析・比較しています。調査レポートには、インモールドエレクトロニクス、フィルムインサート成形、三次元曲面への電子機能追加、そして3Dプリンテッドエレクトロニクスが盛り込まれています。また本レポートには、市場見通し、企業プロファイル、ケーススタディ、技術的課題の特定、関連する技術革新の事業機会も盛り込まれています。この包括的な調査レポートにより、読者は多くの用途において、究極にはプリント基板を置き換えることになる、この斬新なアプローチをどう利用することができるのかを理解することができるはずです。
続きを読む

リチウムイオン・バッテリーの特許動向 2020年 

NMCやリチウムとマンガンリッチ正極、シリコン負極、液体電解質、セパレータおよびカーボンナノチューブ、グラフェンの利用を含め、セル材料や技術に着目したリチウムイオンの特許動向に関する徹底した分析。ハイライトとなるのは、主要技術トレンド、地域別動向、有力企業および特許権譲受人そして有力企業ランキングです。これに加え、将来の技術の方向性の技術に加え現在のリチウムイオン市場の動向という観点から特許例について評価・議論しています。
続きを読む

センサー市場 2021-2041年 

センサー事業は新型コロナウイルスによりモビリティ再考、糖尿病などもあり大きな影響を受けています。この調査レポートだけが2041年に2,500億ドル前後の規模となるセンサー市場の全体像を確認する手段を提供しています。
続きを読む

5Gにおける熱管理 

5Gインフラとモバイル端末の市場は急激に拡大しています。新規5Gネットワークには従来の通信技術と比べ、多くの設備そしてこれまでより高い周波数が関わってきます。その構造と技術におけるこうした拡大や違いにより有効な熱管理が必要となります。この調査レポートは、設備の規模、周波数、アンテナサイズ、半導体技術、ダイ接着材料、電源装置および熱伝導材料の側面から5G市場における熱管理の分野を取り扱っています。現在の戦略と新たな戦略について、2030年までの予測を交えて解説しています。
続きを読む

水素エネルギー社会、燃料電池および水素製造方法 

このレポートは、エネルギー担体としての水素の現在の状況ならびに将来の発展に関する実情を読者に提供しながら、水素エネルギー社会に関する明確かつ客観的な全体像を伝えています。異なる燃料電池と電気分解装置の包括的な情報により、化学原理、関係する素材、技術的限界そして市場の主な有力企業を含めそれぞれの技術の将来のビジネスチャンスについて読者は把握することができます。
続きを読む

スーパーキャパシタ材料およびフォーマット 2020-2040年 

スーパーキャパシタ、バッテリー・電気二重層コンデンサ・ハイブリッド、さらに擬似コンデンサをも対象とするグラフェン、カーボンナノチューブ、金属有機構造体、イオン液体等のそれぞれの新規ビジネスチャンスに焦点を当てた複数の章。自動車、ウェアラブルおよび医療のためのこれらの新たな起爆剤となる部品についてご確認ください。これらのフレキシブル、伸縮性そして荷重支持のスマートマテリアル、一定の多機能、構造用エレクトロニクスそしてバッテリー除去機能、生体適合性、生分解性、移植性、伸縮性素材についてご確認ください。あるものは所定のサイズに合わせて切断するスマート原料であり、そうした後でも依然稼動します。見通し、最高の調査結果。
続きを読む

分散型電源:オフグリッド排気ゼロのキロワットからメガワット発電まで 2020-2040年 

排気ゼロのマイクログリッドの活気に満ちた市場は工業、商業および国防の用途に応えるキロワットからメガワットの電力に対応しています。新たな水力、太陽光、風力の技術は多くの家庭において ZE バッテリー・マイクログリッドの導入を促進するものであり、これに船舶やスマートロードの発電が続くことになります。素材、コンポーネント、システム、ソフトウェアの目覚しい市場機会を生み出しながら3,500億ドルという巨大な市場が形成されつつあります。80点の最新の解説画像とグラフを掲載するこの230ページのレポートだけが2020年から2040年のあらゆる動向をくまなく分析・予測しています。
続きを読む

リチウムイオン・バッテリー 2020年-2030年 

このレポートは、リチウムイオン市場に関し、需要がどこから来ているのか、電池、負極および正極の製造に関与する主要企業などの全体像を提供しています。また、戦略的な投資や事業開拓の判断を可能としてくれるリチウムイオン・バッテリーにおいて進行中の様々な技術開発やトレンドに関する徹底した分析を提供しています。
続きを読む

ゼロエミッション電気自動車の充電:オフグリッド2020-2040 

市場の推進要因、100以上の組織のベストプラクティス、ボックス内マイクログリッド、分散型マイクログリッド、マイクログリッドとしての車両を学びます。外部ゼロエミッション、オフグリッドZEOG充電では、この大局的なアプローチが効果をもたらし、ほとんど調査されていないセクターにおける巨大市場が明らかになっています。たとえば、シティアパートメントに住むほとんどの人と共に、IDTechExは最初の大きな機会は車ではなくオフロードの産業車両であると考えています。後には、自動車を充電するソーラーハウスの巨大市場を含む多くのものが他にも見つかっています。
続きを読む

移動式ロボット、自動運転車&ドローン _物流、倉庫および搬送用途_2020-2040年 

このレポートは、無人搬送車/カート、産業用自律走行マテハン車両、GTP型ロボット、協調型自律走行ロボット、移動式ピッキング・ロボット、自律走行トラックおよび配送バンおよびポッド、配送ドローン、ならびに歩道ラストマイル配送ロボット、その技術、市場および見通しを調査しています。
続きを読む

リチウムイオン・バッテリーのサプライチェーン 2020-2030年 

2030年までにリチウムイオン・バッテリーの需要は 3 TWh を超え、事業機会とリスクの双方をもたらすことになります。このレポートでは、主要な技術、有力企業、需要予測およびコスト分析を含むリチウムイオンのサプライチェーンに関する包括的な分析を提供しています。このレポートの分析および知見は、成長していく LIB 市場への投資の透明化に役立ちます。
続きを読む

電気自動車のパワーエレクトロニクスのダイ接着材料 2020-2030年 

この調査レポートは、様々な電気自動車におけるパワーエレクトロニクスで利用される各種のダイ接着材料および基板接着材料の市場を調査しています。ここではあらゆる電気自動車の各種のパワーエレクトロニクス機能におけるダイ接着材料ならびに基板接着材料の市場規模を適確に予測する緻密な定量的モデルを構築しています。これはまた価値および物量における10年にわたる市場予測を構築し、素材タイプ別に市場を区分しています。ここで対象となっている素材にはナノ銀粒子焼結接合、銀マイクロ粒子焼結接合、Cu焼結接合、SAC およびその他のはんだ、および液相拡散(TLP)接合素材が含まれています。
続きを読む

レーザーダイオード & ダイレクトダイオードレーザー (DDL) 市場の分析・予測:2019-2029年:技術、市場、成長予測 

新興の半導体レーザー技術は、産業用材料処理および光学センシング市場に革命をもたらします。IDTechExは、2029年までに世界のレーザーダイオードおよびダイレクトダイオードレーザー市場が139.85億ドルの規模に達すると予測しています。驚くべきことに、この期間中に光学センシングセグメントは1桁成長します。自動車およびエレクトロニクス産業は、レーザー製造、3Dセンシングおよびイメージング、LIDAR、および産業用マシンビジョンの進歩から大きな恩恵を受けます。
続きを読む

電気スクールバス・小型バスの世界市場:2019-2039年 

中国には40万の大型バッテリーバスがあり、強力な補助金のおかげで世界中に広がっていることは誰もが知っていますが、小型バスには別の大きなビジネスチャンスがあります。ユニークなのは、新しいIDTechExレポート「電気スクールバス・小型バスの世界市場:2019-2039年」がこれを評価していることです。150万を超えるスクールバスがあり、ほとんどがミディバスですが、北米ではより大きなバスがお気に入りです。電化に対する連邦政府の支援が不十分または存在しないため、電動バージョンの採用は、子どもたちの完全に回避可能な排気ガス汚染についてのエンジンの煙と費用対効果クリーンオプションとダーティオプションの前払い価格を盾にとった国民の抗議を待たなければなりませんでした状況は差し迫っています。
続きを読む

圧電型ハーベスティング・センシング:2019-2039年 

圧電型ハーベスティングとセンシングは圧電事業の7%でしたが、圧電道路に新たに投資された数百万ドルとIOT、スマートシティヘルスケアなどのセンシングの再発明により、10億ドル以上の新しい圧電市場が生まれる可能性があります。特許出願、印刷、フレキシブルフィルム、コーティングなどの新しい素材とフォーマットが大幅に増えています。当レポートは、グローバルなインタビュー、次世代テクノロジー、市場を含むすべてを独自にまとめています。
続きを読む

空中風力発電 (AWE):2019-2039年 

AWEは新世代のゼロエミッションジェネレーターです。モバイルでインフラストラクチャはありません。2018年には、(i)主に規模を追求するエンジニアリング主導のプロジェクトおよび(ii)愛好家のシステムによる控えめな販売から、はるかに有望なものへと移行しました。その実質的な内容は 30-100kWシステムの主要な業界への最初の販売です。ニッチマーケティングでは10億ドルの売り上げへの道が約束されています。裕福で忍耐強い企業は、風力発電所で巨人へと成長する可能性も秘めています。開発者の計画、技術ロードマップをご覧ください。
続きを読む

ファイバーレーザー市場2018-2028::技術・成長機会・市場・成長予測 

当レポートは、高度にイノベーティブなレーザー技術と、急速な成長を遂げているファイバーレーザー市場の取材結果を提供します。これらは、市場調査会社ではめったに調査されません。当レポートは、レーザー物理研究の技術的背景を持つアナリストによって作成されています。
続きを読む

スマートガラス・ウィンドウ市場 (2018 - 2028年):電子シェードおよび半透過型PV 

スマートガラスは、主に自動車用、建築用、航空電子工学用の窓で使用される電気活性ガラスであり、需要は10年間で11億ドルに成長しています。通常、物理的なブラインドの代わりに電子シェーディング、または電気を局所で生成するための半透明のPVウィンドウ用です。技術と市場をカバーする唯一の包括的なレポートとして、ビルや車両の設計者、売り手、ユーザーを含むバリューチェーンのすべてを支援します。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

軽量金属の世界市場の予測 (2018-2028年)成長予測、開発動向、主要企業 

同じ機能的能力を提供する一方で、より軽量なソリューションが多くの業界での緊急要件であることは明白です。軽量金属は、この課題に対する最先端のソリューションを提供します。IDTechExは、アルミニウム、マグネシウム、金属基複合材(MMC)、および発泡金属の全サプライチェーンを徹底分析しました。それぞれが市場の成熟度の異なるレベルにありますが、すべてが技術革新の根底にある進歩を持ち、豊富な機会を内包しています
続きを読む

高機能リチウムイオン & リチウムイオンバッテリー以降 2018 - 2028年 

高機能リチウムイオン電池技術の開発への努力は常に行われていますが、量産段階に到達するのはごくわずかです。当レポートでは、すべてのメインカソード(LCO、NMC、LFP、NCA)およびアノード(グラファイト、LTO、シリコン、リチウム金属)の化学的性質を分析し、リチウム硫黄、リチウム空気、スーパーキャパシタ、レドックスフロー電池、ナトリウムイオン電池、亜鉛電池。などの他の既存または将来のバッテリー技術に対する潜在能力をベンチマークします。
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む

複合材料市場2017-2027年:イノベーション、成長機会、市場予測 

複合部品は、個々の要素と比較して優れた特性を与えるために、マトリックスに埋め込まれた繊維で構成されています。業界は十分に確立されているように見えますが、表面下では、サプライチェーンのすべてのステップで重要なイノベーションが進行しつつあります。これにより、拡張されたアプリケーションと新しいアプリケーションの双方で、改良された材料と初期の材料の両方が提供されます。IDTechExは、複合部品の合成繊維だけで、この市場が2027年までに90億ドルを超えると予測しています。
続きを読む

関連研究

 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300