バッテリー(エナジーストレージ) - IDTechEx Reports and Subscriptions

潜在的な定置型エネルギー貯蔵技術 

2020-2030年の期間に年平均成長率(CAGR)83%を実現する力学的エネルギー貯蔵装置は、電力系統の安定のための必須技術となります。IDTechEx は2030年に17億ドルの市場価値を見込んでいます。
続きを読む

スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年 

IDTechExの調査レポート「スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年」は、用途別および地域別の20年に及ぶ市場価値の見通しを提供しています。80社のメーカーすべての比較。3つの大きなブレークスルーがもたらすビジネス上のインパクトや用途を徹底して掘り下げています。20年に及ぶPhDレベルのグローバルな追跡調査、とりわけ2020年の調査に基づいています。
続きを読む

リチウムイオン・バッテリーの特許動向 2020年 

NMCやリチウムとマンガンリッチ正極、シリコン負極、液体電解質、セパレータおよびカーボンナノチューブ、グラフェンの利用を含め、セル材料や技術に着目したリチウムイオンの特許動向に関する徹底した分析。ハイライトとなるのは、主要技術トレンド、地域別動向、有力企業および特許権譲受人そして有力企業ランキングです。これに加え、将来の技術の方向性の技術に加え現在のリチウムイオン市場の動向という観点から特許例について評価・議論しています。
続きを読む

全固体電池とポリマー電池 2020-2030年:技術、特許、見通し、有力企業 

全固体電池は次世代電池技術の一つとみなされており、優れた安全性、パフォーマンス向上、柔軟性のあるフォームファクターと低コストというメリットを備えています。様々な有力企業が無機および有機双方の全固体電解質を異なるアプローチから開発しています。また全固体電池は各国の戦略的な支援もあり全世界で大きな注目を集めています。このレポートは、詳細な技術分析、有力企業の動向、市場分析ならびにビジネス上の知見を提供するものです。全固体電池の市場は10年間のうちに70億ドルの規模に達するものとなります。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッドおよび薄膜電池 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

IDTechEx は2014年以来フレキシブル、薄膜型およびプリンテッドのバッテリーの技術、有力企業および市場動向を追跡してきました。このレポートは、詳細の技術分析、市場動向の紹介、市場分析、ビジネスチャンスおよび障壁に関する議論、有力企業の動向追跡を提供するとともに、技術別そして用途別に今後10年間の市場見通しを示しています。
続きを読む

リチウムイオン電池リサイクリング:2020-2040年 

2040年までにリチウムイオン電池リサイクリルは310億ドルの市場へと成長します。この調査レポートでは、リチウムイオン電池リサイクリルのプロセスと技術、バリューチェーンおよびリサイクルの経済性、主な業界有力企業ならびにリチウムイオン電池リサイクリルに対する規制や政策に関する包括的かつ徹底した分析を提供しています。地域別、セクター別、バッテリー化学成分および主要な再資源化金属にわたるリチウムイオン電池リサイクルに関する20年に及ぶ市場予測が提供します。
続きを読む

水素エネルギー社会、燃料電池および水素製造方法 

このレポートは、エネルギー担体としての水素の現在の状況ならびに将来の発展に関する実情を読者に提供しながら、水素エネルギー社会に関する明確かつ客観的な全体像を伝えています。異なる燃料電池と電気分解装置の包括的な情報により、化学原理、関係する素材、技術的限界そして市場の主な有力企業を含めそれぞれの技術の将来のビジネスチャンスについて読者は把握することができます。
続きを読む

スーパーキャパシタ材料およびフォーマット 2020-2040年 

スーパーキャパシタ、バッテリー・電気二重層コンデンサ・ハイブリッド、さらに擬似コンデンサをも対象とするグラフェン、カーボンナノチューブ、金属有機構造体、イオン液体等のそれぞれの新規ビジネスチャンスに焦点を当てた複数の章。自動車、ウェアラブルおよび医療のためのこれらの新たな起爆剤となる部品についてご確認ください。これらのフレキシブル、伸縮性そして荷重支持のスマートマテリアル、一定の多機能、構造用エレクトロニクスそしてバッテリー除去機能、生体適合性、生分解性、移植性、伸縮性素材についてご確認ください。あるものは所定のサイズに合わせて切断するスマート原料であり、そうした後でも依然稼動します。見通し、最高の調査結果。
続きを読む

リチウムイオン・バッテリー 2020年-2030年 

• このレポートは、需要の源泉、電池、陰極および陽極の製造に関与する主要企業などリチウムイオン市場の全体像を提供しています。• 戦略的な投資や事業開拓の判断を可能としてくれるリチウムイオン・バッテリーにおいて進行中の様々な技術開発やトレンドに関する徹底した分析を提供しています。
続きを読む

レドックスフロー電池 2020-2030:予測、課題、ビジネスチャンス 

成長を続けるフロー電池市場は、市場全体の95%をバナジウム技術が占め、公益事業分野で拡大しています。この調査レポートは、現在の市場の概要と将来の機会とともに、フロー電池技術の包括的かつ詳細な分析を提供します。これにより、OEM、化学会社、および投資家らは、レドックスフロー電池業界の現在の技術開発、市場規模、および将来の機会を理解できます。
続きを読む

リチウムイオン・バッテリーのサプライチェーン 2020-2030年 

2030年までにリチウムイオン・バッテリーの需要は 3 TWh を超え、事業機会とリスクの双方をもたらすことになります。このレポートでは、主要な技術、有力企業、需要予測およびコスト分析を含むリチウムイオンのサプライチェーンに関する包括的な分析を提供しています。このレポートの分析および知見は、成長していく LIB 市場への投資の透明化に役立ちます。
続きを読む

電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年 

2030年までに、電気自動車用の再生バッテリー容量は年間275GWhを超え、自動車およびエネルギー貯蔵分野の企業に大きなチャンスをもたらすと考えられます。当レポートでは、再生バッテリーバリューチェーン全体の主要技術、主要企業、市場機会の包括的かつ詳細な分析を提供します。本市場調査調査レポートから得られる分析は、企業が再生バッテリーから得られる、ビジネスチャンスを適切に捉えることに役立ちます。
続きを読む

電気自動車向けリチウムイオンバッテリー市場:2020-2030年 

電気自動車とそのバッテリーのビジネスは急速に変化しているため、新しい分析が不可欠です。本調査レポートは事実に基づいた分析で、2020-2030年の詳細が含まれています。
続きを読む

定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー:2019-2029年 

2018年は、定置型エネルギーストレージにとって注目すべき年でした。世界中の政府と政策立案者は、柔軟性と脱炭素化の両方の観点から、バッテリーがグリッドに提供できる価値に目覚め始めています。最新のIDTechExのレポート「定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー:2019-2029年」は、2018年に展開された6GWhを超える定置型エネルギーストレージの詳細を、2029年までの国とセグメントごとに予測しています。
続きを読む

燃料電池自動車 (FCV) の世界市場:2019-2029年 

燃料電池(FC)、特に水素をベースにしたものは、電気輸送のソリューションとして長い間躍進的な進歩だとして歓迎されてきました。近年、バッテリーが人気をさらってきましたが、IDTechExは、特に航続距離と高速燃料補給に関して、燃料電池(FC)がリチウムイオンバッテリーよりも優れたソリューションを提供できる多くのアプリケーションを特定しました。この市場は2029年までに2,000億ドルに達する可能性があります。
続きを読む

電気バス&トラック向け蓄電技術:2019-2029年 

バスとトラックのエネルギー貯留も同様です。これらのストレージ市場は、2029年に2,000億ドルを超えるまで急速に成長します。都会のバスと配達用トラックは、電動化されており、純粋な電気式で大型バッテリーが優勢です。現在、大型トラックが注目されています。世界にはバスの10倍のトラックが存在しています。150万台のスクールバスがエレクトリフィケーションに移行します。ユニット、コスト、市場価値、技術ロードマップの詳細な予測をご覧ください。
続きを読む

高機能リチウムイオン & リチウムイオンバッテリー以降 2018 - 2028年 

高機能リチウムイオン電池技術の開発への努力は常に行われていますが、量産段階に到達するのはごくわずかです。当レポートでは、すべてのメインカソード(LCO、NMC、LFP、NCA)およびアノード(グラファイト、LTO、シリコン、リチウム金属)の化学的性質を分析し、リチウム硫黄、リチウム空気、スーパーキャパシタ、レドックスフロー電池、ナトリウムイオン電池、亜鉛電池。などの他の既存または将来のバッテリー技術に対する潜在能力をベンチマークします。
続きを読む

EV: 電気自動車、船舶、航空機 2021-2041年 

『EV: 電気自動車、船舶、航空機 2021-2041年』は IDTechEx の電動輸送機器の販売台数、バッテリー需要、市場規模など基軸となる見通しを一箇所にまとまたものです。それぞれの章において一つの輸送機器セグメント(二輪車、乗用車、バン、トラック、バス、レジャーボート、商用船舶、有人航空機)または要素技術(リチウムイオン、電動モーター)に関する主要な要因、トレンドそして見通しがまとめられています。相対的な市場規模、バッテリー需要および急激な拡大を見せる乗用車にとどまらない電動輸送機器(EV)を明確に把握できるようにすることで、弊社は業界人が情報に基づいた投資の意思決定を行い、電動輸送機器業界(EV)に精通することができるように知見を提供することを狙っています。
続きを読む

48V仕様フルハイブリッド、マイルドハイブリッド、48V BEV 自動車: 市場、技術ロードマップ 2021-2041年 

40社の老舗の自動車メーカーが現在48V仕様ハイブリッドへの転換を急いでおり、排気ガス規制強化への対応、燃費の向上、快適さの向上を進めています。販売台数が毎年2000万台レベルに到達する先行きを把握してください。48V仕様フルハイブリッドへのロードマップを参照。48V仕様バッテリー式電動輸送機器で使える新型部品を確認してください。このレポートだけが20年に及ぶ見通し、技術ロードマップを解明しています。
続きを読む

カーボンナノチューブ 2021-2031年: 市場、技術、有力企業 

MWCNT、FWCNT および SWCNT の比較調査および検証、VACNT、シート、繊維、複合素材、スラリーなど多数。細部にわたる市場見通し、主要メーカーの略歴および分析、インタビューに基づく企業調査
続きを読む

ソーラーカー 2021-2041年 

このレポートは、太陽光パネル搭載の車体から動力の最低10%を引き出す路上走行車(主に乗用車)という最大のポテンシャルに焦点を当てています。太陽光利用の農業用ロボット、トラック、バス、電車、飛行機、ボートなどを特集しています。弊社は一部のものがプラグインをまったく必要とせず、他のものがほんのわずかな太陽光電力のみで済むことを解説しています。トヨタ自動車やシャープの車体製造がプラグインなしで3倍の電力を生み出すという見通しがあるようにレトロフィット用ソーラーラップが歓迎されている状況を把握してください。Lightyear、Sono Motors、Tesla などが発表する驚くべき新型車両が示すバッテリー式電動輸送機器の莫大な市場機会ならびにヒュンダイの幅広い取り組みが知られるハイブリッド自動車の相応する大きな市場機会についても頭に入れておいてください。これから12年のうちに48V仕様車両が毎年2000万台を超える莫大な規模に達する中、マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの新たな48V仕様車両に対する大きな需要を取り込むべき理由をご確認ください。
続きを読む

電気自動車と電気車両の充電インフラ 2021-2031年 

2031年までに電気自動車向け充電インフラは650億ドルの市場に成長します。このレポートでは、乗用車、トラックおよびバンの車両向けの充電インフラに関する包括的かつ詳細な分析を提供しています。コンダクティブ充電方式が現在そして将来をリードする中、当レポートは非接触充電、容量性充電、ロボティック、ワイヤレスそしてバッテリー交換などの新たな充電方式の技術と用途についても検証しています。2031年までの市場見通しには2015年からの過去の実績も含まれ、公共および民間の充電設備別、地域別、電力クラス別そして車両種別の内訳を盛り込んでいます。
続きを読む

電気自動車向け材料 2020年-2030年 

電気自動車市場は今後10年間で大規模な成長を遂げ、これに伴いバッテリーやモーターの需要も増加することが予想されます。これらのパワートレイン部品の利用増により、内燃機関自動車においては、必需品でなかった多くの主要な材料の需要が促進されることになります。この調査レポートは、電気自動車のモーター、バッテリーセルおよびバッテリーパックの製造に必要とされる材料を検証しています。弊社は自動車の使用事例と市場に関する知見を用いて、2020年から2030年までの材料利用動向、トン数、市場価値を予測しています。
続きを読む

先進的な電気自動車 2020-2040年 

新型コロナウイルス感染拡大の中、最新の IDTechEx レポート『先進的な電気自動車 2020-2040年』は世界の電気自動車業界に関する地域別詳細ならびに2040年までの長期見通しを付した包括的分析を提供しています。またこれはリチウムイオン・バッテリーと電動トラクションモーターから自動運転車の技術に至る移行を可能とする要素技術の詳細な分析も提供しています。
続きを読む

電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年 

「電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年」は、電化の市場要因、バスが次々と開発されている状況、そして燃料電池式バスを含めバスにおける純バッテリー電動式とプラグイン・ハイブリッド式のパワートレインの見通しを扱っています。このレポートは、中国、欧州、米国、インドおよび世界のその他の地域をまたがる車両電化率を反映した電動式市バスの利用度に関する IDTechEx の最新の地域別見通しを提供しています。
続きを読む

マテリアルズ・インフォマティクス 2020-2030年 

マテリアルズ・インフォマティクスはイノベーションから市場投入までの時間を抜本的に加速させることによりR&Dのパラダイムを一変させます。複数の戦略的アプローチや既にいくつかの成功事例があり、この変革を見逃すことは非常に高くつくことになります。この調査レポートは、市場に関する重要な知見と概要を提供しています。専門的な初回インタビューを通じ、読者は有力企業、ビジネスモデル、技術そして用途分野に関する深い知見を得ることができます。
続きを読む

電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年 

新規 IDTechEx レポート「電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年」は海運業分野の電化における課題と成長を克明に記しています。レジャーボートは販売量で最大の市場ですが、深海分野が最大の市場価値と最大のバッテリー需要を持つものとなることが判明しています。
続きを読む

ゼロエミッション電気自動車の充電:オフグリッド2020-2040 

市場の推進要因、100以上の組織のベストプラクティス、ボックス内マイクログリッド、分散型マイクログリッド、マイクログリッドとしての車両を学びます。外部ゼロエミッション、オフグリッドZEOG充電では、この大局的なアプローチが効果をもたらし、ほとんど調査されていないセクターにおける巨大市場が明らかになっています。たとえば、シティアパートメントに住むほとんどの人と共に、IDTechExは最初の大きな機会は車ではなくオフロードの産業車両であると考えています。後には、自動車を充電するソーラーハウスの巨大市場を含む多くのものが他にも見つかっています。
続きを読む

2020-2030年の農業における電気自動車とロボティクス 

農業、林業、芝生管理に関するハイブリッド自動車および純電気自動車そしてロボティクスならびにそれらのゼロエミッション充電マイクログリッドについてご確認ください。陸上車の優先順位は高いものですがドローンや養殖の分野も網羅しています。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略、自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。網羅的な最新例。2020年-2030年の技術や将来の成果に関する数値や金額の詳細な見通しをご確認ください。
続きを読む

鉱業における電気自動車とロボティクス 2020-2030年 

鉱業用のハイブリッドおよびピュアEV、および陸上車両を使ったマイクログリッドの充電が、最大の機会として優先されることが推測されます。ニーズ、課題、プレーヤー、アプリケーション、戦略、意見、および自律の例や、システム、コンポーネントのつぶさな検討を含む主要な実現技術についての深化。特定、評価、比較されたフォロワーとリーダー。
続きを読む

小型商用電気自動車(eLCV) 2020-2030 

このレポートには、ヨーロッパ、中国、北米およびその他の地域(ROW)での小型商用電気自動車の普及率を説明する予測線が含まれています。これらの4つの地域のデータは、小型商用電気自動車(eLCV)のグローバルな見通しを提供するために集約されています。各地域ごとに2020年から2030年までの予測が計算されており、車両生産、市場浸透率(%)、市場収益(#65289;、バッテリー容量要件(GWh)の10年間の見通しを詳しく記述しています。
続きを読む

建設・農業・鉱業における電気自動車 2020-2030年 

建設・農業・鉱業用のハイブリッド自動車や純電気自動車ならびにマイクログリッド充電の把握、最大の事業機会を持つ地上作業車に着目。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略および自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。企業および車両別の包括的な多数の最新事例。2040年には2,000億ドルという巨大市場に?19項目にわたる数値・金額の予測、2020年~2030年の技術と実現の時間軸をご確認ください。これほど密着したレポートは他にはありません。
続きを読む

電気トラック 2020-2030年 

中型および大型のトラック市場が進化を続けています。化石燃料ベースの内燃機関の先は長くありません。IDTechEx 電気トラック 2020-2030年 レポートは、バッテリー式と燃料電池式の電気トラック48種に関する見通しを提供し、これには自動車生産に関する10年間の見通し、中国、北米およびヨーロッパなどの主要地域における中型および大型車両別の市場浸透度および市場価値が盛り込まれています。このレポートは、自動車バリューチェーンの一部となっている事業者がこの急激に変化してゆく市場の将来に備えることをお手伝いするものです。
続きを読む

サーマルインターフェイスマテリアル(熱伝導材料) 2020-2030年:見通し、技術、市場機会 

熱管理はすべての電子機器、電源モジュール、通信、電力貯蔵などに共通する重要な要件の一つです。電力強化とサイズ小型化により排熱の必要のある大幅な高温化が生じていることはよく知られています。電子機器の不具合の半分以上は熱が問題となっているという報告もあります。
続きを読む

構造用エレクトロニクスおけるスマートマテリアルのビジネスチャンス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子、電気、オプトロニクスを組み合わせた2000億ドルの事業機会の見通しのある新素材を検証しています。モノリシック・フレキシブルフォン。バイオニック人間。充電不要の太陽光電気自動車。一つのオプションはインモールド・エレクトロニクスであり、電気的に多機能の単一部品を成形することにより自動車部品を95%削減します。各章は道路、建物、窓用の旧式の荷重支持構造の代替物について詳述しています。
続きを読む

グラフェン、2D材料およびカーボンナノチューブ:市場・技術・市場機会2019-2029 

当調査レポートは、グラフェン、カーボンナノチューブ、および非グラフェン2D材料の展望と技術的および商業的進歩の詳細な分析を提供します。グラフェンとCNTには形態的な違いがあるにもかかわらず、多くの共通点があるため、この材料技術のグループ化は理にかなっています。 一方、非グラフェン2D材料は補完的な特性を提供しています。
続きを読む

新しい電子機器と電気向けフルオロポリマー(フッ素重合体)市場 2019-2039年 

フルオロポリマー市場の成長は、摩擦電気、人工筋肉、イオン交換などの新たに最適化された電気的および電子的独自性によって促進されます。ここでは、床、建築用繊維、帆からの発電が行われます。新しいフォーミュレーションは、センシング、アクチュエ―ション、シグナリングなど、1つのデバイスで多くの機能を果たします。モーフィング翼航空機、次世代バッテリー、燃料電池、海洋波力など用に具現化されるものを優先します。10億ドルのビジネス、プレミアム価格設定、そして社会への大きなメリットが待っています。
続きを読む

多機能複合材料の世界市場2019-2029年:テクノロジー、主要企業、市場予測 

繊維強化ポリマー複合材の次の重要な反復手法での開発目標は、多機能性の概念です。これは、構造部品に現在の主要な機械的タスクを超える追加の役割を実行させるという考えです。スマート複合材の市場は2029年までに5ktpa(年間キロトン)を超えると考えられますこれには、強化された電気伝導性と熱伝導性、組み込みセンサーとアクチュエーター、エネルギー貯蔵とハーベスティング、データ伝送、自己修復、適応応答(モーフィング)メカニズムが含まれます。
続きを読む

電動二輪車市場2019-2029 

ガソリンオートバイは、金融危機以降、米国とヨーロッパで大幅に停滞していますが、インドの販売量は昨年15%増の2,000万台近くに達しました。インドおよび東南アジアでは、ほとんどのオートバイは、150cc未満の排気量で、電動二輪車の可能性は非常に大きいと考えられます。規制の強化、政府の補助金、2030年の新たな目標を背景に、電動二輪車市場は2029年までに410億ドルに成長すると予測しています。
続きを読む

波力・潮力・水力発電 (1W - 10MW):2018 - 2038年 

水力発電用の貯水池やダムの問題はさておき、貯水池やダム以外の水流を利用した発電は、2038年に660億ドル規模の市場になると予想されています。多くの技術的突破口によって生み出された解放水域を利用して発電の大きな成長機会に注目が集まっています。波力発電会社は最大10MWのシステムの販売に成功し、集中的なマーケティングにより潜在的な注文の巨大なパイプラインの構築に成功しています。潮力発電の開発者は、大量のグリッド電力を実証しており、一部の企業は、数十億ドル規模のビジネスを生み出す手頃な価格の再導入可能なシステムのニーズをターゲットにしています。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

自己出力型スマートシティの展望:2018-2028年 

都市は、大気汚染源となるバックアップ電力から、バックアップとしてのみ高価で錆びついた不安定な国内グリッドを使用するようになり、電力の太陽、風、水を活用した独立した電力エネルギー源の確保を目指します。10MWのソーラー駐車場と充電器、ソーラーウィンドウと道路、道路と経路の動き、空中風力エネルギーなどのすべてを綿密に評価、比較、成長予測し、明快な新しい情報グラム、ロードマップ、PhDレベルアナリストによる予測など、2050年までの全体像を学びます。
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300