オフグリッド(Off Grid) & エナジーハーベスティング - IDTechEx Reports and Subscriptions

This is the IDTechEx master report for off grid technology

分散型発電:ミニグリッド・マイクログリッド・ゼロ排出電力市場 2018-2038年

ゼロ排出ミニグリッドなどは、主に多くの新しい発電技術を含む太陽光と風力発電に依存しますが、他の技術の重要性がますます高まっています。当レポートは、800 GWのディーゼル発電機の置き換えから、諸島国家や発展途上国への電力の供給に至るまで、市場が一般的の想像を上回るはるかに大きいことを明らかにしています。国営の送電網や車両、船舶から切り離された人々でさえ、小規模発電を含むオフグリッド配電ネットワークを形成することとなります。
続きを読む
This is the energy harvesting overview report with detailed forecasts

エネルギーハーベスティング(環境発電):マイクロワットからメガワットへ2019-2029

当レポートのみがすべてを詳細に分析します。新規および将来の技術、主要企業、形態を把握します。どの研究とアプリケーションが行き詰まってしまいましたか?活気に満ちた新市場は、柔軟で構造的な他の新しい形態を活用していますか?摩擦電気が成功する理由、「無質量エネルギー」がウェアラブルの重量を減らす方法を把握してください。過去数ヶ月で、ソーラー道路、波力発電、ディーゼル発電機の交換の最初の大きな発注がありました:理由、予測、エネルギーハーベスティング市場の多くのギャップをご覧ください。
続きを読む

Thermoelectric Energy Harvesting and Sensing 2020-2030 

Research in thermoelectric energy harvesting and sensing is opening up large opportunities. Uniquely, this report assesses the impact of latest research, imaginative new manufacturing approaches and new applications.
続きを読む

圧電型ハーベスティング・センシング:2019-2039年 

圧電型ハーベスティングとセンシングは圧電事業の7%でしたが、圧電道路に新たに投資された数百万ドルとIOT、スマートシティヘルスケアなどのセンシングの再発明により、10億ドル以上の新しい圧電市場が生まれる可能性があります。特許出願、印刷、フレキシブルフィルム、コーティングなどの新しい素材とフォーマットが大幅に増えています。当レポートは、グローバルなインタビュー、次世代テクノロジー、市場を含むすべてを独自にまとめています。
続きを読む

ゼロエミッション可搬型発電機セット 2019-2039年 

モバイルゼロエミッション発電機の100億ドルの市場が現れています。当レポートのみが、新しい船舶、航空、その他の機会とディーゼル発電機の交換をどのように受け入れているかを示しています。最新風力、潮流、太陽バージョン発電の販売がすでにどのように関係しているかを学び、包括的な新しい予測とインフォグラムを使用します。
続きを読む

ディーゼル発電機セットの将来展望と代替技術 2019-2029年 

ディーゼル発電機の将来の役割、その使用が増え続けるか、再生可能エネルギー技術に置き換えられるかについての洞察を提供します。利用可能な代替の再生可能エネルギー生成および貯蔵技術の完全な分析を提供します。
続きを読む

空中風力発電 (AWE):2019-2039年 

AWEは新世代のゼロエミッションジェネレーターです。モバイルでインフラストラクチャはありません。2018年には、(i)主に規模を追求するエンジニアリング主導のプロジェクトおよび(ii)愛好家のシステムによる控えめな販売から、はるかに有望なものへと移行しました。その実質的な内容は 30-100kWシステムの主要な業界への最初の販売です。ニッチマーケティングでは10億ドルの売り上げへの道が約束されています。裕福で忍耐強い企業は、風力発電所で巨人へと成長する可能性も秘めています。開発者の計画、技術ロードマップをご覧ください。
続きを読む

スマートシティの成長機会:インフラ・システム・マテリアル 2019年~2029年 

人々は仕事や娯楽などの理由で都市に移動しつつあります。人々の60%以上が都市に住んでおり、WHOと国連は2050年までに都市への住み替えは最大80%まで上昇すると予測しています。不幸にも、汚染、給水、地球温暖化、社会的混乱、物理的およびサイバー攻撃に対する脆弱性の増加など、これに対する大きなマイナス面があります。都市は、糖尿病の流行をはじめ教育と医療上の多くの苦悩を抱えており、都市での劣悪な食習慣による慢性的な肥満は救いがたい状況にあります。1000億ドルの解毒剤がありますが、スマートシティによるソリューションはこれらをはるかに凌駕します。
続きを読む

波力・潮力・水力発電 (1W - 10MW):2018 - 2038年 

水力発電用の貯水池やダムの問題はさておき、貯水池やダム以外の水流を利用した発電は、2038年に660億ドル規模の市場になると予想されています。多くの技術的突破口によって生み出された解放水域を利用して発電の大きな成長機会に注目が集まっています。波力発電会社は最大10MWのシステムの販売に成功し、集中的なマーケティングにより潜在的な注文の巨大なパイプラインの構築に成功しています。潮力発電の開発者は、大量のグリッド電力を実証しており、一部の企業は、数十億ドル規模のビジネスを生み出す手頃な価格の再導入可能なシステムのニーズをターゲットにしています。
続きを読む

摩擦帯電によるエネルギーハーベスティングとTENG (Triboelectric Nanogenerator) :2018-2028年 

ほんの数年前に発明された、摩擦帯電エネルギーハーベスティングは、潜在的にほとんどの電力レベルと形式に役立ちます。特に、Boxコンポーネントを置き換えるスマートグリーンマテリアルへのトレンドに対応しています。デバイス、材料商業化の機会、障害の優先的解決、独立した商業化ロードマップが必要です。これはチャンスです新しいことを可能にすることによる指数関数的成長?投資家や業界が摩擦電気に遅れを取った場合、統合デバイスを含む売上高は、10年で10億ドルを急速に超える可能性があります。
続きを読む

脱塩:オフグリッドゼロエミッション 市場2018-2028年 

海面上昇:淡水源が枯渇します。地球温暖化や大気汚染源となるガスを使用せず、オフグリッドの動機による海水淡水化への取り組みが進んでいることは、より手頃な価格で安全で広く展開されていることを意味します。オフグリッドのゼロエミッション淡水化は2028年に350億ドルに跳ね上がると予測されています。詳細な新しいインフォグラムで満たされたこの180ページのレポートは、海水の淡水化とその将来の技術ロードマップを分析し、2028年に急成長する350億ドルの市場を予測分析しています。グリッド電気技術と脱塩技術による新しいゼロエミッションによって約束されるコスト削減と汎用性を明らかにします。
続きを読む

陸上、水中および空中向けエネルギー自立型電動車両 (EIV)市場 2018-2038年 

IDTechExは、エネルギー独立電気自動車の巨大な投資の可能性と市場機会を最初に明らかにしました:燃料を補給したり、充電のためのプラグなどは、もはや必要ありません。これらは、静的なマイクログリッドと多くの共通点を持つモバイルのゼロエミッションマイクログリッドです。EIEVの採用に最適なセクターが予測されています。インフォグラムと表は、それを実現するために必要な極端な環境発電(エネルギーハーベスティング)と高効率パワートレインなどの新しい技術を明確にします。主要企業、トライアル、プラン、イネーブラーが最新のグローバル情報から分析されます。技術と製品の発売ロードマップが提示されます。
続きを読む

エレクトリカルスマートロード市場:2018-2028年 

道路とその周辺では、自動除氷、除雪、電気自動車の充電、インタラクティブ照明、構造ヘルスモニタリングなどを駆動する大量の電力が生成されます。その結果、安全性、速度、節約、大気と水質の改善の強化を目指す1,000億ドルの新規ビジネスが実現します。当レポートでは、テクノロジー、主要企業、成長機会を対象とし、10年先の予測と20年先のロードマッピングを詳しく考察します。
続きを読む

オフグリッド電気自動車充電:ゼロエミッション市場 2018 - 2038年 

オフグリッドの電気自動車充電ステーションは、2028年には約70億ドルの事業になり、その年には、独自の充電ステーションを内蔵する10万台のエネルギーに依存しない電気自動車が製造されと考えられます。その後、このゼロエミッションシステムはすべてに採用され、急速に拡大します。当レポートでは、市場ドライバーから予測、技術評価、ロードマップまですべてを考察します。
続きを読む

自己出力型スマートシティの展望:2018-2028年 

都市は、大気汚染源となるバックアップ電力から、バックアップとしてのみ高価で錆びついた不安定な国内グリッドを使用するようになり、電力の太陽、風、水を活用した独立した電力エネルギー源の確保を目指します。10MWのソーラー駐車場と充電器、ソーラーウィンドウと道路、道路と経路の動き、空中風力エネルギーなどのすべてを綿密に評価、比較、成長予測し、明快な新しい情報グラム、ロードマップ、PhDレベルアナリストによる予測など、2050年までの全体像を学びます。
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む

ペロブスカイト太陽光発電市場2018-2028年 

このレポートでは、技術の観点とビジネスの観点の両方で、ペロブスカイト太陽電池の状態について詳しく紹介しています。テクノロジーベンチマークと市場分析は、ユーティリティ、BIPV、スマートウィンドウ、屋外家具などの多くのアプリケーションにおけるペロブスカイト太陽電池の可能性を分析するために実行されます。2028年までに、市場は5億ドルを超えると予想されます。
続きを読む

新しい電子機器と電気向けフルオロポリマー(フッ素重合体)市場 2019-2039年 

フルオロポリマー市場の成長は、摩擦電気、人工筋肉、イオン交換などの新たに最適化された電気的および電子的独自性によって促進されます。ここでは、床、建築用繊維、帆からの発電が行われます。新しいフォーミュレーションは、センシング、アクチュエ―ション、シグナリングなど、1つのデバイスで多くの機能を果たします。モーフィング翼航空機、次世代バッテリー、燃料電池、海洋波力など用に具現化されるものを優先します。10億ドルのビジネス、プレミアム価格設定、そして社会への大きなメリットが待っています。
続きを読む

スーパーキャパシター材料・技術ロードマップ:2019-2039年 

優れた活性電極材料は、多くの新しいスーパーキャパシターと派生物を生み出す改良された電解質とマッチし、耐荷材からテキスタイルバージョンまで将来の販売を大きく促進するコスト削減と高度な技術的機能を備えています。今こそ参加する好機です。エキソヘドラルからMXeneに至る新素材の成長機会について学びます。最新のインタビュー、プレゼンテーション、専門家の視点にアクセスし、予測とロードマップを使用します。最適化された強力な擬似キャパシタを伴うか否かにかかわらず、さまざまなハイブリッドおよび対称EDLCで最も有望な新しい有機および無機材料と性能の潜在性を評価します。
続きを読む

レドックスフロー電池 (RFB) 市場の予測 (2018-2028年):市場・動向・用途 

レドックスフローバッテリー(RFB)テクノロジーは、高い先行投資コストにもかかわらず、数千サイクル後でも優れた容量維持性能により投資回収時間が短くなります。レドックスフロー電池(RFB)は、コアコンポーネントをリサイクルできるため、初期値のほとんどを保持します。リチウムイオン電池は、ユーティリティグレードのRFBの出現により後退し、電動モビリティアプリケーションに必要なリチウムリソースへのプレッシャーが緩和されます。
続きを読む

スマートガラス・ウィンドウ市場 (2018 - 2028年):電子シェードおよび半透過型PV 

スマートガラスは、主に自動車用、建築用、航空電子工学用の窓で使用される電気活性ガラスであり、需要は10年間で11億ドルに成長しています。通常、物理的なブラインドの代わりに電子シェーディング、または電気を局所で生成するための半透明のPVウィンドウ用です。技術と市場をカバーする唯一の包括的なレポートとして、ビルや車両の設計者、売り手、ユーザーを含むバリューチェーンのすべてを支援します。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

リチウムイオン電池市場 2018-2028年 

リチウムイオン電池は、家庭用電化製品の代表的なものになっています。また、今後5年以内に、電気自動車への導入が増加することも予想されます。このレポートでは、IDTechExは、2028年までの技術比較と市場予測に基づいて、世界のギガファクトリーと新興のバッテリー材料を検証する試みにご案内します。140社を超えるリチウムイオン電池メーカーが一覧表示され、比較され、キーポイントとなる洞察が世界中の主要な業界見本市から収集されます。
続きを読む

導電性接着剤市場2016-2026年 

導電性接着剤(別名導電性エポキシ)は、幅広い製品や産業で相互接続を形成するために使用されます。LEDやセンサーの数の増加、より多くの製品での湾曲したフレキシブルディスプレイ、インモールドエレクトロニクス、薄膜太陽電池などのトレンドは、ECAにより厳しい要件を課し、2026年までに33億ドルの市場を牽引するまでに拡大しました。
続きを読む

未来のエレクトロニクスに用いられる機能材料市場:金属、無機および有機化合物、グラフェン、カーボン・ナノチューブ (CNT) 

ナノから超大型デバイスに至るまでの37品目の電子および電気デバイスが急速な進化を遂げると考えられます。化学および材料の製造企業のほとんどは、500億ドルを超える可能性のあるこの新興ビジネス全体を推し進める上での製造方法の定式化を構築することで、投資のリスクを軽減したいと考えています。確かに、新たに再開発された電気および電子デバイスの最大の市場は、先ず商品化されるか、突然崩壊し、材料の供給業者を置き去りにする可能性があります。このような悪い結果を回避するために、是非このレポートを読んでいただきたいと思います。
続きを読む

Thermal Interface Materials 2020-2030: Forecasts, Technologies, Opportunities 

Thermal management is one of the key requirements across all electronic devices, power modules, telecommunications, energy storage, and more. It is well known that the improvements in power and reduction in size results in significantly more heat that must be dissipated. It is reported that over half of electronic failure occurrences are due to thermal issues.
続きを読む

Smart Materials Opportunities in Structural Electronics and Electrics 2020-2030 

This report reveals new materials combining electronic, electrical, optronic functions, forecasting a $200 billion opportunity. Monolithic flexible phones. Bionic man. Solar vehicles never plug in. One option - in-mold electronics -reduces car parts 95% by creating electrically-multifunctional single pieces. Chapters detail replacing dumb load-bearing structure even for roads, buildings, windows.
続きを読む

Solar Cars, Buses, Trucks, Trains 2020-2030 

Conformal solar bodywork makes truly solar vehicles get at least 10% of their travel from daylight. Large orders are being placed for such vehicles. This report deeply investigates how several technologies achieve this, where and what comes next, even benchmarking best practice in solar boats and aircraft. Its $15 bn forecast for solar cars has upside potential now many majors are involved.
続きを読む

電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年 

2030年までに、電気自動車用の再生バッテリー容量は年間275GWhを超え、自動車およびエネルギー貯蔵分野の企業に大きなチャンスをもたらすと考えられます。当レポートでは、再生バッテリーバリューチェーン全体の主要技術、主要企業、市場機会の包括的かつ詳細な分析を提供します。当レポートから得られる洞察は、企業がビジネスモデルを反映し、再生バッテリーによって提供される価値機会をより適切に捉えることに役立ちます。
続きを読む

スーパーキャパシタ (電気二重層コンデンサ) の世界市場:用途、主要企業、市場2020-2040 

スーパーキャパシタ市場は底を打ち、現在は力強い成長の持続期間に入っています通常、スーパーキャパシタに関連付けられていない巨大企業3社の最近の行動は、その理由を示しています。Teslaは、スーパーキャパシタのナンバーワンであるマックスウェル・テクノロジーズ(Maxwell Technologies)を買収しました。Maxwellは、中国のGeelyから、Volvoおよびその他のブランドの48Vマイルドハイブリッド車とフルハイブリッド車の両方での広範な使用を目的とする大型スーパーキャパシタを受注しました。
続きを読む

建設・農業・鉱業における電気自動車(EV):2019-2029年 

建設、鉱業、農業向けの電気自動車のビジネスは共通性を活用しているため、次の10年で6倍以上に成長し、単価と販売量、利益率でEV記録を樹立することになるでしょう。イノベーター、テクノロジー、市場ロードマップ、を把握し詳細な予測をまとめています。
続きを読む

Related Research

 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

Related Reports

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

AMERICAS (USA): +1 617 577 7890
ASIA (Japan): +81 90 1704 1184
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300