ウェアラブル・テクノロジー - IDTechEx Reports and Subscriptions

This is the IDTechEx master report for Wearable Technology

ウェアラブル技術の見通し:2020-2030年

この調査レポートは過去10年間にわたる IDTechEx によるウェアラブルの調査の集大成であり、それぞれのウェアラブル製品、分野およびトレンドに関する概要と見通しが盛り込まれています。この調査レポートには、2010年に遡る過去データ、ならびに52種の異なる製品カテゴリーに関する2030年の市場予測が含まれています。またこのレポートには、最新の見通しを反映するために、時宜に応じて更新され異なる分野におけるCOVID-19感染症の影響を分析する重要な項目が盛り込まれています。
続きを読む

ウエアラブルセンサー 2021-2031年 

このレポートは、今日のウェアラブルデバイスにおいて利用されているあらゆるタイプのセンサー技術に関する包括的な概要を提供しています。またウェアラブルのハードウェアに着目した10年に及ぶ調査に基づき、現在および将来の技術の選択肢、今日の各種センサーの商業的展望、ならびにそれぞれのタイプのセンサーや最終市場に従事する有力企業を網羅しています。
続きを読む

AR、VR および MR における光学系とディスプレイ 2020-2030年: 技術、有力企業および市場 

拡張現実、複合現実そして仮想現実のディスプレイで利用される光学系とディスプレイは、臨場感あふれるユーザー体験というインパクトをもたらすため、こうした技術の品質は将来のデバイスでの採用において極めて重要となります。このレポートは様々な機器で利用される各種の光学系について報告し、その将来の成長見通しを提供しています。またディスプレイにおける6種の主要な技術に着目し、AR/MR および VR デバイスの両方を比較検証しています。この詳細にわたる分析によれば、両方の分野の市場は2030年までに合計280億ドルを超えることが見込まれています。
続きを読む

電子皮膚パッチ 2020-2030年 

このレポートは、電子皮膚パッチにおける市場、技術および有力企業について説明しています。これは28の用途分野と120社を超える企業を網羅し、2010-2019年の市場の過去データならびに2020年から2030年の見通しを踏まえ、この新興製品の分野に関して実施されたもっとも包括的な調査となっています。また2019年に電子皮膚パッチがもたらした100億ドル近い売上という相当のビジネスチャンス、ならびにそれが2030年までに400億ドル近くまで成長する見通しを披露しています。
続きを読む

E-テキスタイルおよびスマート衣料 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

E-テキスタイルはテキスタイルへの電子機能の実装に関わるものです。テキスタイルの保温機能や照明機能から、バイオメトリック検知技術やその他の先進的機能に至るまで、この勃興しつつある産業は幅広い技術と製品を揃えています。5年以上もの歳月かけて作成されたこの調査レポートは、バリューチェーン全体そして200社以上の企業の活動の検証を含むこの産業の包括的な全体像を示すものとなっています。
続きを読む

ヒアラブル 2020年-2030年:技術、有力企業および見通し 

ヒアラブルとは、耳の中や上や周囲に装着するワイヤレス電子製品です。これらには、ヘッドホン、補聴器、人工内耳および関連する分野などの製品が含まれます。それらの用途には、消費家電や医療の分野を中心としたインフォテイメント、補聴および能力拡張、医療診断などが含まれています。このレポートは、ヒアラブル市場および技術的展望に関するもっとも包括的な分析を提供しています。
続きを読む

拡張現実(AR)、複合現実(MR)、仮想現実(VR) 2020-2030:見通し、市場および技術 

VR、MRおよびARの製品は、日常業務フローの管理や生産ラインにおいて多数の企業に利用されています。この市場は IDTechEx の見通しでは2030年までに300億ドルを超える規模になると予想されています。これは多様性のある市場であり、このレポートは100種の製品ならびに80社を超える詳細な情報を検証しています。このレポートには重量や視野角などの属性を比較した過去10年の製品に基づいたトレンド分析が含まれています。
続きを読む

ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年:技術、市場、主要企業 

ハプティクス技術は、スマートフォンやゲームコンソールコントローラーから自動車や産業用機器に至るまで、多くの使い慣れた製品で見られます。 背景にある技術は、過去5年間で大幅に変化しました。 この調査レポートは、多様で変化するハプティクス業界のすべての主要市場とテクノロジーを評価しています。
続きを読む

先進創傷ケア技術市場:2020-2030年 

先進的な創傷ケア技術の市場は、2030年までに220億ドルを超えると予測されています。これは、主に高齢化による需要の増加と世界中の糖尿病の増加によります。世界中の医療システムにおける負担増加により、高度な創傷ケア製品は、創傷ケア患者の経路を改善し、治療の費用対効果を高めることに焦点を合わせます。
続きを読む

音声、スピーチ、会話ベースのユーザーインターフェース 2019-2029年技術、主要企業、市場 

このレポートでは、スマートスピーカー/音声対応のユーザーインターフェイスを新しいデバイスやさまざまなアプリケーションに展開するトレンドを強調しています。音声対応のスマートスピーカー、マイクアレイ、MEMSスピーカー、音声SoC、音声認識、自然言語理解、音声合成など、ハードウェアとソフトウェアの両方の技術が導入されています。これらのテクノロジーは、自動車、医療、ホームオートメーション、教育などの膨大なアプリケーションを混乱させる可能性があります。スマートスピーカー/音声対応のユーザーインターフェイスは、新しいビジネスモデルと収益チャネルへの道を開き、私たちのライフスタイルを変える可能性を秘めています。2029年には、市場規模は155億ドルに達する可能性があります。
続きを読む

動物向けウェアラブル技術2017-2027年:技術、市場、成長予測 

このレポートは、ペットから家畜、野生動物まで、動物用ウェアラブルエレクトロニクスのニーズ、技術、市場に関するものです。これには、動物の胃の中に摂取されるバックアップ機器とシステムとデバイスを含みます。また、皮下に埋め込まれるデバイスが含まれます。現在、世界で約300のメーカーがあり、生産量では中国で最も割合が高く、極めて基本的な製品を最低価格で製造しています。次に、米国、次に主要なイノベーターを含む他の国が続きます。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッドおよび薄膜電池 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

IDTechEx は2014年以来フレキシブル、薄膜型およびプリンテッドのバッテリーの技術、有力企業および市場動向を追跡してきました。このレポートは、詳細の技術分析、市場動向の紹介、市場分析、ビジネスチャンスおよび障壁に関する議論、有力企業の動向追跡を提供するとともに、技術別そして用途別に今後10年間の市場見通しを示しています。
続きを読む

プリンテッドおよびフレキシブル センサー 2020-2030年:技術、有力企業、見通し 

この調査レポートは、プリンテッドセンサーのほとんどのタイプにおける要素技術および用途に関する包括的な概要を提供しています。これには有機・ハイブリッドの光検出器、ピエゾ抵抗および圧電のセンサー、伸縮性ひずみセンサー、温度センサー、皮膚パッチ用プリンテッド電極、バイオセンサーおよび静電容量タッチセンサー用ITO代替材料が含まれます。50社を超える企業のプロファイリングによりIDTechExは商用化の可能性やそれぞれの技術の課題を網羅し、あらゆるタイプのセンサー、技術および用途にまたがる緻密な市場予測を提供しています。
続きを読む

電子デバイスのためのエナジーハーベスティング 2020-2040年 

この調査レポートは、絶好のタイミングで発行しました。ちょうど世界最初の電源内蔵式スマートウォッチが発表されたばかりです。これらは全機能搭載型ではありませんが、すでにその領域に達しつつあります。それから、IoTノード、医療インプラントおよびウェアラブルにおいて多数のハーベスターが登場しています。これは20年に及ぶ技術と市場の予測、市場ニッチと組み合わせたニーズ、技術に関する唯一の包括的分析と言えるものです。
続きを読む

フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス 2020-2030年:用途、課題、イノベーションおよび見通し 

この IDTechEx 調査レポートは、要素技術や課題の分析、30件以上に及ぶプロトタイプのケーススタディ、技術導入ロードマップならびに詳細な市場予測を含むフレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクスのすべての側面を網羅しています。FHE は既存の電子業界に異変をもたらし、最終的にユビキタス電子機器のビジョンを実現し、新規用途を生み出すことになります。このレポートに示されるトレンド、見通しおよびイノベーションの機会はこの変革に関するロードマップとなります。
続きを読む

ヘルスケアにおけるフレキシブル・エレクトロニクス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子皮膚パッチ、電子テキスタイル、電子化学的検査紙およびスマート・ブリスターパックを含む医療におけるフレキシブル・エレクトロニクスの最新の用途を網羅しています。デジタルヘルスの動きによってヘルスケアシステムの分散化が進む中、フレキシブルエレクトロニクスは、快適で長期的な患者の遠隔モニタリングソリューションを提供する上で有利な立場にあります。フレキシブル・エレクトロニクスは医療モニタリングにおける新たなフォームファクターや新製品を可能とするものであり、2030年には83億ドル以上の価値を持つ重要な市場となります。
続きを読む

循環器障害 2020-2030年:トレンド、技術および見通し 

CVDの蔓延とそれが医療制度にもたらす重い経済的負担は、この病気に対処するための早急な打開策の必要性を物語っています。このレポートは、最新トレンドに焦点を当て、市場展望を分析し、将来の事業機会と課題に関する知見を提供するものです。新技術に対するその調査は、検知、モニタリングおよび治療の3つの分野に区分され、直近および将来の動向の詳細な分析を提供しています。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッド OLED ディスプレイ 2020-2030年:見通し、市場、技術 

このレポートは OLED ディスプレイの技術と市場に関する包括的な分析評価を提供しています。基板別(ガラス、硬質プラスチックおよび折り畳み式)そして地域、平均パネル単価および市場規模により分類した緻密な予測と過去の実績を携帯電話、タブレット/コンピューター、テレビ、自動車、ウェアラブル、工業用/プロ用、マイクロ OLED その他の8つの市場用途を対象に提供しています。このレポートは特にアジアにおける動向に着目し世界の動向を把握しています。フレキシブル・ディスプレイのロードマップにより専門の IDTechEx アナリストにより技術的進歩が評価されています。
続きを読む

プリンテッド、有機およびフレキシブルエレクトロニクス 2020-2030年:見通し、技術、市場 

この調査レポートはフレキシブル、プリンテッドおよび有機のエレクトロニクスに関するもっとも包括的な分析により、トレンド、市場での成功例(および失敗例)に関する評価に加え、デバイス別の細部にわたる今後10年の見通しを提供しています。この市場は、プリンテッドと非印刷式、リジッド式とフレキシブル式の電子機器などに分けて市場規模を評価することに加え、それそれのコンポーネントのタイプ別に分析されています。対象となった主要なコンポーネントには、ディスプレイ、センサー、バッテリー、ロジック、機能性インク、電子テキスタイルなどが含まれます。
続きを読む

遠隔患者モニタリング 2019-2029年 

世界中の医療費が増加するにつれて、費用対効果の高い医療を提供する革新的な方法を開発する必要があります。患者の健康状態の測定と分析を参照するリモート患者モニタリング(RPM)は、医療施設の医療従事者や医師が物理的に立ち会う必要はなく、 患者に対する高い水準のケアを維持しながら医療費を削減する有望な技術として浮上しています。
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当調査レポートは、伸縮性エレクトロニクスに関して必要とされるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある分析を提供し、利用可能なもしくは/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて取り上げ、伸縮性エレクトロニクスに統合される可能性がある60以上の製品タイプを検証し、100社以上の進捗状況まとめています。62企業、25の研究機関に関する初期調査、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント別の10年間の市場予測を提供します。
続きを読む

糖尿病管理技術2019-2029::テクノロジー、主要企業、成長予測 

当レポートは、成人発症型糖尿病、初期糖尿病、糖尿病治療のオプションを含む、糖尿病管理デバイスの全体を網羅しています。企業、医師、糖尿病患者との主なインタビューを通じて調査され、今後10年間における糖尿病デバイスの技術変化を予測しています。レポートでは、大手企業から技術開発者、次世代のデバイスオプションを開発する新興企業まで、75社の活動がまとめられています。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

侵襲性・非侵襲性神経インターフェース:予測・アプリケーション 2018-2028年 

神経インターフェースはますます注目を集めており、脳に関する洞察を獲得し、治療を改善し、周囲の世界での対話をより深くすることに寄与します。EEGプローブは現在、このスペース、伝統的な低コストの技術を支配しています。 彼らは年間収益は10億ドル以上を占めています。しかし、より革新的な技術と治療法が間近に迫っているため、侵襲的プローブ市場は今後10年間で上昇すると予想されます。
続きを読む

神経補綴物(人工神経)市場2018-2028年:テクノロジー、成長予測、主要企業 

神経補綴物は、患者の失われた視覚、音、さらには触覚さえも再設計する可能性がある成長分野です。このレポートでは、当該市場は2028年までに180億ドルに達すると予測されており、これらの革新的なデバイスをベンチからベッドサイドに持ち込むために取り組んでいる複数の企業が取り組んでいる最新技術と手順を詳しく説明しています。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300