日本語

ビジネス&テクノロジー
インサイトフォーラム 大阪 2016

すべてのインサイトフォーラムは英語で行われます

2016年9月26日/27日/28日 大阪

グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-51

801/802会議室

ウェアラブル・テクノロジー: E-テキスタイルから拡張現実(AR)/ 仮想現実(VR)まで


家庭用電化製品市場内へのウェアラブル・テクノロジーの広範な導入は、2014年と2015年を定義づける一つの大きな特徴でした。それらの製品の多くがコモディティ・コンポーネントや「コンポーネント・イン・ア・ボックス」デザインを使用しており、携帯電話から派生したテクノロジーの応用でしたが、次世代のウェアラブル・テクノロジーは、ボックス型やリスト装着型を超え始めています。スマートメガネ、スマート衣料、スキンパッチなどの中核となる製品が続々と商品化されつつあります。

このセッションではウェアラブル・テクノロジー業界を全体的に見ていきます。IDTechEx のアナリストは、2015年度はこの業界全体で約380億ドルの価値があると見積もっています。その中には、すでに地位を確立している製品(電子腕時計、ヘッドフォン、補聴器など)から、主な成長セクター(スマートウォッチやアクティビティ・トラッカーなど)、そして大きく成長する可能性を秘めた製品(スマートメガネ、E-テキスタイル、スキンパッチなど)まであります。IDTechExはこれらのカテゴリーのすべてにわたって詳細な市場予測を立ててきましたが、ウェアラブル・テクノロジー業界は2026年までに全体で1100億ドルの市場規模を達成するであろうと結論付けています。

このセッションではまた現在この業界を動かしているバリューチェーンを分析し、満たされていないニーズ及び進歩状況を見ていきます。素材レベルでは、エレクトロニクスとテキスタイルの相互作用に焦点を当てていきます。またこの工程で必要となるインク、接着剤、カプセル充填も重要です。E-テキスタイル製品が登場してすでに15年以上経っていますが、今のところ大きな市場にはなっていません。しかしながら現在大きなプレイヤーがこの市場に急速に投資し参入してきているため、近い将来状況は大きく変化していくでしょう。

ウェアラブルセンサーを作るための舞台装置はすでに成熟し始めていますが、センサーの新しい組み合わせによりデータの新しい解析が可能となります。ハイエンドモデルのスマートウォッチの場合、一般的にディスプレイが電力の50%以上を消費します。そのため多くのウェアラブル製品で、消費電力の少ないディスプレイの人気が高まっています。ハプティクスは鍵となるインターフェイスで、多くのプレイヤーが、長い間主流となっていたERMモーターから離れ始めています。最終的に電力問題に行き着くでしょう。歴史的に見て、電池の進化速度は他の部材の進化速度よりも遅いことから、常に電池の寿命と増え続ける機能の間で戦いが起こります。われわれは電池の傾向を注視し続けていきますが、同時に環境発電や非接触充電などの他の重要な技術の影響にも注目していきます。

これらすべての発展がウェアラブル・テクノロジー業界の未来を形作っていくでしょう。本フォーラムでは、テクノロジー、キープレイヤー、それぞれの背後にあるキートレンドについての考察を提供していきます。このクラスでは、キーテクノロジー、セクター、プレイヤーのすべてを、業界の垣根を超えて包括的に見ていきます。

すべてのインサイトフォーラムは英語で行われます



今すぐご登録ください

フォーラム3 / アジェンダ

9月27 日 / 午前 / 801/802会議室

IDTechEx社の山元康夫と村越美和子が皆様のディスカッションのお手伝いをさせていただきます。

ビュッフェランチをご利用いただけます。フォーラムの後にお気軽にどうぞ。
アナリストとのご歓談もお楽しみください。


  • 8:30 - 9:10
  • 受付
  • 9:10 - 9:20

ウェアラブルテクノロジーの紹介

IDTechEx テクノロジーアナリストJames Hayward(ジェームス ヘイワード)による監修

  • 定義、バックグラウンド、歴史
  • 現在の製品セクター
  • 9:20 - 09:45

ウェアラブルテクノロジーの予測と概観

IDTechEx テクノロジーアナリストJames Hayward(ジェームス ヘイワード)による監修

  • テクノロジー・セクターと製品種類による今後10年間の市場予測
  • ウェアラブル・テクノロジー製品の具体的なユニットと収入予測
  • ウェアラブル・テクノロジーが世界の産業に与える影響についての考察:
    • ヘスルケアおよびメディカル
    • スポーツおよびフィットネス
    • 企業
    • 軍事
    • 工業及び商業
  • ファッション
  • 09:45 - 11:00

新しく出てきた主要製品の分野

IDTechEx 主席テクノロジーアナリストHarry Zervos (ハリー ザーボス)による監修

  • 製品種類と価値提案
  • 現在のプレイヤーとテクノロジー
  • まだ満たされていない主なニーズ
  • 09:50 - 10:10

拡張現実(AR) と仮想現実(VR)

  • 10:10 - 10:40

スマート衣料

  • 10:40 - 11:00

スキンパッチ

  • 11:00 - 11:15
  • 休憩(ネットワークキングブレイク)
  • 11:15 - 11:40

ウェアラブルの新しいテクノロジー

IDTechEx 上級テクノロジーアナリストDr Guillaume Chansin (ギヨム ションサン)による監修

  • 新しいウェアラブル製品を可能にするキーテクノロジー
  • 新しいテクノロジーにおける漸進的変化vs 飛躍的変化
  • 11:40 - 12:05

ウェアラブルのための新しい素材: E-テキスタイル、インク

IDTechEx テクノロジーアナリストJames Hayward(ジェームス ヘイワード)による監修

  • E-テキスタイル素材、コネクター、部材
  • スマート衣料のためのインク
  • 残された課題
  • 競合状態
  • 12:05 - 12:20

AR/VRのためのディスプレイ、マイクロディスプレイ及び光学など

IDTechEx 上級テクノロジーアナリストDr Guillaume Chansin (ギヨム ションサン)による監修

  • ウェアラブルディスプレイのトレンド
  • テクノロジーの種類とそれぞれの普及率
  • スマートメガネの焦点について: マイクロディスプレイ
  • 12:20 - 12:45

スマートコンタクトレンズ

IDTechEx 主席アナリストHarry Zervos (ハリー ザーボス)による監修

  • スマートコンタクトレンズ : ケーススタディおよびテクノロジーの概観
  • チャレンジ:デザイン、小型化、統合
  • 12:45 - 13:00

ウェアラブル製品の電力ソリューションと環境発電

IDTechEx テクノロジーアナリストDr Xiaoxi He (ジャオジー フー)による監修

  • 電力問題の解決? 満たされていない主なニーズ
  • 現在使われている及び今後利用可能な電池の種類
  • 未来の電池と充電のトレンド
  • 現在の主な環境発電の種類についての概観
    • 太陽電池素材
    • 電気力学
    • 圧電物質
    • 熱電
    • その他
  • ウェアラブル・テクノロジーにおける環境発電の影響の未来ロードマップ
  • 13:00 - 13:15
  • 質疑応答、ネットワーキング
  • 13:15 - 14:00
  • 昼食
今すぐご登録ください

時間と議題は変更されることがあります

IDTechEx社について

1999年の設立以来IDTechEx社は80か国以上のお客様に最先端技術に関する独自の市場調査、ビジネスインテリジェンスおよびイベントを提供しています。当社のお客様は戦略的なビジネス決定および事業成長のために当社の市場調査情報を活用しています。IDTechEx社は英国ケンブリッジに本社を置き、米国ボストン、ドイツベルリン、東京および韓国ソウルにオフィスを置いています。さらに詳しい情報はこちらご覧ください。

もっと詳しく知る

お問い合わせ