5G、RFID およびモノのインターネット - IDTechEx Reports and Subscriptions

5G 向け低誘電損失材料 

5G の展開は全世界で急速に進んでおり、2030年までに7200億ドルの市場規模になることが見込まれています。5G ネットワークの最も革新的な部分は高周波数の 5G 技術にあります。ミリ波帯 5G 対応デバイスは基板とパッケージの双方のレベルにおける伝送損失を減らすため低誘電損失材料を採用することになります。これは低誘電損失材料の市場を生み出すことになり、その規模は2031年までに1億1000万ドルを超え、2026年から2031年まで28%の年平均成長率(CAGR)に達することとなります。
続きを読む

5Gにおける熱管理 

5Gインフラとモバイル端末の市場は急激に拡大しています。新規5Gネットワークには従来の通信技術と比べ、多くの設備そしてこれまでより高い周波数が関わってきます。その構造と技術におけるこうした拡大や違いにより有効な熱管理が必要となります。この調査レポートは、設備の規模、周波数、アンテナサイズ、半導体技術、ダイ接着材料、電源装置および熱伝導材料の側面から5G市場における熱管理の分野を取り扱っています。現在の戦略と新たな戦略について、2030年までの予測を交えて解説しています。
続きを読む

5Gの技術、市場および見通し 2020-2030年 

IDTechExは今後数年間で急速な5Gインフラ展開や莫大な量の5G端末が市場に投入されることになると予測しています。5Gは2030年までにおよそ7,200億ドルの莫大な市場機会をもたらすでしょう。この調査レポートは、高周波数対応5G部材の特異なニッチを特定し、また5Gの市場機会を理解する上で必須となる5G技術と垂直アプリケーションに関する包括的な視点を提供しています。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

RFID市場:フォーキャスト、プレイヤーおよびビジネスチャンス 2019-2029年 

IDTechExは20年以上にわたり RFID 市場を分析してきました。このレポートは、RFID 導入企業や様々な RFID 用途市場の技術提供業者とのインタビューを含む弊社の広範にわたる調査に基づいた RFID 分野全体の詳細なデータと分析を提供し、RFID 業界全体および何が実際に起こっているのかについて比類なきレベルの知見を提供します。弊社の調査は現場訪問やコンファレンス訪問に続く二次的調査に加え、専らこのバリューチェーン(その多くは弊社が全体のデータを集計できるように秘密保持契約に基づいて弊社にデータを提供しています)に関与する企業とのインタビューを通じて実施されています。
続きを読む

音声、スピーチ、会話ベースのユーザーインターフェース 2019-2029年技術、主要企業、市場 

このレポートでは、スマートスピーカー/音声対応のユーザーインターフェイスを新しいデバイスやさまざまなアプリケーションに展開するトレンドを強調しています。音声対応のスマートスピーカー、マイクアレイ、MEMSスピーカー、音声SoC、音声認識、自然言語理解、音声合成など、ハードウェアとソフトウェアの両方の技術が導入されています。これらのテクノロジーは、自動車、医療、ホームオートメーション、教育などの膨大なアプリケーションを混乱させる可能性があります。スマートスピーカー/音声対応のユーザーインターフェイスは、新しいビジネスモデルと収益チャネルへの道を開き、私たちのライフスタイルを変える可能性を秘めています。2029年には、市場規模は155億ドルに達する可能性があります。
続きを読む

スマートシティの成長機会:インフラ・システム・マテリアル 2019年~2029年 

人々は仕事や娯楽などの理由で都市に移動しつつあります。人々の60%以上が都市に住んでおり、WHOと国連は2050年までに都市への住み替えは最大80%まで上昇すると予測しています。不幸にも、汚染、給水、地球温暖化、社会的混乱、物理的およびサイバー攻撃に対する脆弱性の増加など、これに対する大きなマイナス面があります。都市は、糖尿病の流行をはじめ教育と医療上の多くの苦悩を抱えており、都市での劣悪な食習慣による慢性的な肥満は救いがたい状況にあります。1000億ドルの解毒剤がありますが、スマートシティによるソリューションはこれらをはるかに凌駕します。
続きを読む

低消費電力無線ネットワークと 2019-2029年:世界市場の予測、技術、用途の分析 

低消費電力ワイドエリア無線ネットワーク(LPWAN)は複数の方法で開発されています。一方では、携帯電話ネットワークの拡張として低電力バージョンを追加している大規模な通信会社に対して、低電力で無認可の通信技術があります。多様なタイプを推進するさまざまな政府や地域で多くのタイプが利用可能です。
続きを読む

RFID(無線自動識別)センサ市場2018-2028年:成長予測、主要企業、成長機会 

一般的なRFID市場は過去数年間で大幅な成長を遂げており、一般市場への売り込みが成功し、RFIDタグの販売数が急増しています。ベンダーは現在、最先端のRFIDセンサを備えた関連技術を模索しています。これは、検知機能をサポートするように設計された新しいチップセットの貢献により実現されました。これにより、RFIDセンサーのコストを削減できます。さらに、RFIDセンサータグの読み取りに使用できるRFIDリーダーネットワークベースが増えています。さらに、印刷センサやフレキシブルバッテリーからバイオセンシングフィルムに至るまでの新技術は、満たされていないニーズを満たし、差別化をもたらします。
続きを読む

RFID(無線自動識別)のナレッジベースケーススタディ 

世界で最も包括的なRFIDケーススタディデータベース!
続きを読む

Wearable Sensors 2021-2031 

This report provides a comprehensive overview of every type of sensor technology used in wearable devices today. Based on a decade of dedicated research focusing on the hardware in wearables, this report covers existing and future technology options, the commercial landscape for sensors today, and the key players involved in each sensor type and end market.
続きを読む

3D エレクトロニクス 2020-2030年:技術、見通し、有力企業 

3Dエレクトロニクスを対象とするこの IDTechEx 調査レポートは、個別のプリント基板を集積エレクトロニクスとして置き換え可能とすることで、製造の複雑さの解消に加え、省スペース化と軽量化を実現する一連の技術を分析・比較しています。調査レポートには、インモールドエレクトロニクス、フィルムインサート成形、三次元曲面への電子機能追加、そして3Dプリンテッドエレクトロニクスが盛り込まれています。また本レポートには、市場見通し、企業プロファイル、ケーススタディ、技術的課題の特定、関連する技術革新の事業機会も盛り込まれています。この包括的な調査レポートにより、読者は多くの用途において、究極にはプリント基板を置き換えることになる、この斬新なアプローチをどう利用することができるのかを理解することができるはずです。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッドおよび薄膜電池 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

IDTechEx は2014年以来フレキシブル、薄膜型およびプリンテッドのバッテリーの技術、有力企業および市場動向を追跡してきました。このレポートは、詳細の技術分析、市場動向の紹介、市場分析、ビジネスチャンスおよび障壁に関する議論、有力企業の動向追跡を提供するとともに、技術別そして用途別に今後10年間の市場見通しを示しています。
続きを読む

プリンテッドおよびフレキシブル センサー 2020-2030年:技術、有力企業、見通し 

この調査レポートは、プリンテッドセンサーのほとんどのタイプにおける要素技術および用途に関する包括的な概要を提供しています。これには有機・ハイブリッドの光検出器、ピエゾ抵抗および圧電のセンサー、伸縮性ひずみセンサー、温度センサー、皮膚パッチ用プリンテッド電極、バイオセンサーおよび静電容量タッチセンサー用ITO代替材料が含まれます。50社を超える企業のプロファイリングによりIDTechExは商用化の可能性やそれぞれの技術の課題を網羅し、あらゆるタイプのセンサー、技術および用途にまたがる緻密な市場予測を提供しています。
続きを読む

ウェアラブル技術の見通し:2020-2030年 

この調査レポートは過去10年間にわたる IDTechEx によるウェアラブルの調査の集大成であり、それぞれのウェアラブル製品、分野およびトレンドに関する概要と見通しが盛り込まれています。この調査レポートには、2010年に遡る過去データ、ならびに52種の異なる製品カテゴリーに関する2030年の市場予測が含まれています。またこのレポートには、最新の見通しを反映するために、時宜に応じて更新され異なる分野におけるCOVID-19感染症の影響を分析する重要な項目が盛り込まれています。
続きを読む

電子皮膚パッチ 2020-2030年 

このレポートは、電子皮膚パッチにおける市場、技術および有力企業について説明しています。これは28の用途分野と120社を超える企業を網羅し、2010-2019年の市場の過去データならびに2020年から2030年の見通しを踏まえ、この新興製品の分野に関して実施されたもっとも包括的な調査となっています。また2019年に電子皮膚パッチがもたらした100億ドル近い売上という相当のビジネスチャンス、ならびにそれが2030年までに400億ドル近くまで成長する見通しを披露しています。
続きを読む

電子デバイスのためのエナジーハーベスティング 2020-2040年 

この調査レポートは、絶好のタイミングで発行しました。ちょうど世界最初の電源内蔵式スマートウォッチが発表されたばかりです。これらは全機能搭載型ではありませんが、すでにその領域に達しつつあります。それから、IoTノード、医療インプラントおよびウェアラブルにおいて多数のハーベスターが登場しています。これは20年に及ぶ技術と市場の予測、市場ニッチと組み合わせたニーズ、技術に関する唯一の包括的分析と言えるものです。
続きを読む

フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス 2020-2030年:用途、課題、イノベーションおよび見通し 

この IDTechEx 調査レポートは、要素技術や課題の分析、30件以上に及ぶプロトタイプのケーススタディ、技術導入ロードマップならびに詳細な市場予測を含むフレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクスのすべての側面を網羅しています。FHE は既存の電子業界に異変をもたらし、最終的にユビキタス電子機器のビジョンを実現し、新規用途を生み出すことになります。このレポートに示されるトレンド、見通しおよびイノベーションの機会はこの変革に関するロードマップとなります。
続きを読む

COVID-19 診断 

COVID-19 検査の需要は、1億2,000万回の遺伝子検査ならびに5億回を超える迅速検査を含め検査回数は6億回を超える規模となっています。このレポートにおいて弊社は様々な技術にまたがる100種以上の商用装置を評価し、COVID-19 への世界の対応を巡る技術トレンドやバイオ分野のイノベーションに関する確かな知見を提供しています。
続きを読む

E-テキスタイルおよびスマート衣料 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

E-テキスタイルはテキスタイルへの電子機能の実装に関わるものです。テキスタイルの保温機能や照明機能から、バイオメトリック検知技術やその他の先進的機能に至るまで、この勃興しつつある産業は幅広い技術と製品を揃えています。5年以上もの歳月かけて作成されたこの調査レポートは、バリューチェーン全体そして200社以上の企業の活動の検証を含むこの産業の包括的な全体像を示すものとなっています。
続きを読む

ヒアラブル 2020年-2030年:技術、有力企業および見通し 

ヒアラブルとは、耳の中や上や周囲に装着するワイヤレス電子製品です。これらには、ヘッドホン、補聴器、人工内耳および関連する分野などの製品が含まれます。それらの用途には、消費家電や医療の分野を中心としたインフォテイメント、補聴および能力拡張、医療診断などが含まれています。このレポートは、ヒアラブル市場および技術的展望に関するもっとも包括的な分析を提供しています。
続きを読む

ヴァーティカル・ファーミング(垂直農法):2020-2030年 

ヴァーティカル・ファーミング(垂直農法)を巡る期待は近年急激に高まっています。育成環境を注意深く制御し、垂直育成システムを利用することで、垂直農法は都市の人口密集部において従来の農業を数百倍上回る収穫量を実現します。しかしそのような電力依存のプロセスが伝統的な農業と本当に競争しうるものとなるのでしょうか?このレポートは、垂直農法の背後にある技術を検証し、市場の事業機会に関する知見を提供し、この革新的技術の将来性を概説しています。
続きを読む

環境ガスセンサー:2020年-2030年 

このレポートは、屋内・屋外の空気の汚れを監視するために今後10年間で利用される基軸的な技術に関する網羅的な知見を提供します。幅広い市場セグメントにまたがる10年先見通しが当セッションにおいて主要トレンドや充足されていないニーズと合わせて網羅的に提供されます。IDTechEx は複数の市場、特にモバイルデバイス、空気清浄機およびウェアラブルデバイスにおける売上の大幅な拡大を予測しています。
続きを読む

分子診断 2020-2030年 

分子診断は、技術の進歩(第3世代 DNA シークエンシング、デジタル PCR およびマイクロ流体デバイスなど)、医療現場の分子診断市場の拡大、ならびに実証済みの臨床的有用性を持つ遺伝子バイオマーカーの発見が相次いでいることに刺激され、医療業界においてもっとも急速な成長を遂げている市場の一つです。分子診断市場は2030年までに200億ドルに達すると予想されています。
続きを読む

LiDAR(ライダー)2020-2030年:技術、有力企業、市場および見通し 

IDTechEx は、ADAS と自動運転車の市場に特化したユニークな 3D LiDAR 技術を開発する106社の企業に関する包括的な分析を提供しています。弊社のインタビューに基づく企業の概要および略歴は106社の企業すべてを網羅するものです。見通しは6種の新たな LiDAR 技術および4種のタイプの自動車に区分されています。自動運転車用のグローバルな 3D LiDAR の市場は2030年までに54億ドルに拡大し、中でも MEMS LiDAR が最大の市場セグメントとして伸びています。
続きを読む

スマートでインテリジェントなパッケージング 2020-2030年 

この IDTechEx 調査レポートは一般消費財(FMCG)ブランドからのスマートパッケージングに対するフィードバック、これらを実現するテクノロジーの評価、スマート・パッケージングの事例研究、電子スマートパッケージングの有力企業と見通しにより、スマートでインテリジェントなパッケージングの事業機会を網羅しています。アクティブパッケージング技術のオプションや化学的インジケータについても検証しています。この分析は、中国におけるQRコードの台頭の評価から4000億ドルを超えるパッケージング業界の革新的な変貌を可能としている新規の半導体とその他のコンポーネントに基づく最新の電子スマートラベルに至るまでグローバルな観点で実施されています。また率直な課題の評価と失敗から得た教訓も盛り込まれています。この詳細にわたる調査レポートの全容をご確認ください。
続きを読む

ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年:技術、市場、主要企業 

ハプティクス技術は、スマートフォンやゲームコンソールコントローラーから自動車や産業用機器に至るまで、多くの使い慣れた製品で見られます。 背景にある技術は、過去5年間で大幅に変化しました。 この調査レポートは、多様で変化するハプティクス業界のすべての主要市場とテクノロジーを評価しています。
続きを読む

圧電型ハーベスティング・センシング:2019-2039年 

圧電型ハーベスティングとセンシングは圧電事業の7%でしたが、圧電道路に新たに投資された数百万ドルとIOT、スマートシティヘルスケアなどのセンシングの再発明により、10億ドル以上の新しい圧電市場が生まれる可能性があります。特許出願、印刷、フレキシブルフィルム、コーティングなどの新しい素材とフォーマットが大幅に増えています。当レポートは、グローバルなインタビュー、次世代テクノロジー、市場を含むすべてを独自にまとめています。
続きを読む

医療現場(ポイントオブケア [POC]) における生物学的診断製品の世界市場2019-2029:技術、用途、成長予測 

当レポートは、医療現場でのバイオセンサー生体医学診断の高度な技術に焦点を当てています。技術的には、マイクロフルイディクス、ラボオンチップ、ラテラルフローアッセイ、電気化学試験片、分子診断および、DNAシーケンスが挙げられます。これらの技術とデバイスは、遺伝子疾患、感染症、心血管代謝、妊娠と受胎能、糖尿病と癌の診断に使用されます。バイオメディカル診断の市場は、2029年までに430億ドルに達すると予測しています。これは、主に今後数年間の分子診断の急速な成長に牽引されます
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む

動物向けウェアラブル技術2017-2027年:技術、市場、成長予測 

このレポートは、ペットから家畜、野生動物まで、動物用ウェアラブルエレクトロニクスのニーズ、技術、市場に関するものです。これには、動物の胃の中に摂取されるバックアップ機器とシステムとデバイスを含みます。また、皮下に埋め込まれるデバイスが含まれます。現在、世界で約300のメーカーがあり、生産量では中国で最も割合が高く、極めて基本的な製品を最低価格で製造しています。次に、米国、次に主要なイノベーターを含む他の国が続きます。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300