Request a Demo

電池 (エナジーストレージ) - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

先進的リチウムイオン電池技術 2024-2034年:技術、有力企業、予測 

本レポートは、先進次世代リチウムイオン技術のトレンドや進展を分析しており、シリコン負極、リチウム金属負極、固体電解質、マンガン正極、超高ニッケルNMC、代替の正極合成経路、添加剤使用、最適化された新しい電極およびセル構造・設計、バッテリーパックとBMSの開発について、それぞれの強み、弱み、有力企業、獲得可能市場、採用の見通しをわかりやすく解説しています。
続きを読む

熱エネルギー貯蔵 2024-2034年:技術、有力企業、市場、予測 

全世界のエネルギー公害の25%は工業用熱生産に起因します。ただし、溶融塩、コンクリート、耐火煉瓦などの低コストで豊富にある材料を使用する新生の熱エネルギー貯蔵(TES)技術の実用化が進み、工業プロセスに脱炭素熱を提供しています。国家レベルの資金調達と主要地域での天然ガスの価格上昇は、業界におけるTES市場の成長を促進することになります。この調査レポートでは、TESの技術、有力企業、プロジェクト、政府イニシアチブに関する予測と分析などの情報を提供します。
続きを読む

電気自動車バッテリー用防火材料 2024-2034年:市場、トレンド、予測 

内燃機関車と比べて火災発生率は低いものの、電気自動車にとって、防火性は不可欠で、材料にいくつかのビジネス機会をもたらします。本レポートでは、規制動向やバッテリー設計のトレンドと、それらがセラミック、マイカ、エアロゲル、コーティング、封止材、発泡材、圧縮パッド、相変化材料といった防火材料にどう影響するかを考察しています。また材料・車両セグメント別の年間需要量と市場価値の市場予測を提供しています。
続きを読む

長期エネルギー貯蔵技術 2024-2044年:技術、有力企業、予測 

可変再生可能エネルギー(VRE)の普及拡大を促進するために、長期エネルギー貯蔵(LDES)技術の需要は2030年代に増加すると予想されます。LDES用に開発されている主要技術は、長期貯蔵でリチウムイオンより低い資本コスト($/kWh)を実現しており、VREの普及拡大をサポートするために必要となります。本レポートは、LDESテクノロジー、有力企業、プロジェクト、用途、収益創出、グリッドの柔軟性、VRE導入に関する情報、予測、分析を提供します。
続きを読む

ナトリウムイオン電池 2024-2034年: 技術、有力企業、市場、予測 

本調査レポートは、ナトリウムイオン電池の市場、有力企業、技術動向などの情報を包括的に提供しています。電池ベンチマーク比較、材料とコスト分析、主要有力企業の特許に加え、ナトリウムイオン電池需要の数量(GWh)と価額(米ドル)の10年間の予測を提供します。
続きを読む

レドックスフロー電池市場 2024-2034年 

レドックスフロー電池(RFB)はリチウムイオン電池に比べ、低い均等化蓄電コストでより長時間にわたりエネルギーを貯蔵することが可能です。変動性再生可能エネルギー普及拡大を促進するために、長時間のエネルギー貯蔵技術の需要は増大することが予想されています。これは材料サプライヤー、RPB開発企業や電力会社を含むバリューチェーンの有力企業にビジネスチャンスをもたらします。本調査レポートは、RFB技術、有力企業、プロジェクト、材料、用途、経済性に関する予測と分析を提供します。
続きを読む

電気自動車用リチウムイオン電池とバッテリーマネジメントシステム 2024-2034年 

本レポートは、自動車OEMや非自動車市場向けバッテリーパックメーカーの開発動向を調査し、EV用リチウムイオンバッテリーのセルとバッテリーパック技術のトレンドと展開を分析しています。バッテリーマネジメントシステムの有力企業と開発動向も網羅しています。リチウムイオン電池の需要見通しは、乗用車、バン、トラック、二輪車、バスを対象としています。
続きを読む

リチウムイオン電池のリサイクル市場 2023-2043年 

2043年には2380万トンのリチウムイオン電池がリサイクルされ、1010億米ドル相当の有価金属のポテンシャルがあります。リサイクル業者は、リサイクル可能な中古EVバッテリー量の増加に備えて新設のリサイクル施設を主要地域で設立しています。このIDTechExの調査レポートは、世界80社のリチウムイオン電池リサイクル業者からのデータに基いて、最新市場予測、技術解説、政策、経済性の説明、市場分析に加え企業概要も提供します。
続きを読む

電気自動車用バッテリーの再利用 2023-2033年 

EVバッテリーの再利用市場は様々な理由から非常に重要なものとなります。例えば、将来のエネルギーインフラへの付加価値、EVバッテリーの循環型経済の構築などが挙げられます。このIDTechExレポートには、市場予測に加え、主要な転用業者、バッテリー診断の有力企業、バッテリー再利用の技術経済実現性、規制、バッテリーデザイン、化学成分、技術トレンドの徹底分析が盛り込まれています。
続きを読む

全固体電池とポリマー電池 2023-2033年: 技術、予測、有力企業 

このレポートは全固体電池の技術、材料、市場、サプライチェーン、有力企業について解説しています。利用可能な全固体電池技術の分析・ベンチマーク比較、世界中の関連企業紹介、この分野の主要サプライヤー分析、3つの技術カテゴリーの10種のアプリケーションごとの2023年から2033年の予測(容量と市場価値)を提供しています。また全固体電池の背景にあるHypeと期待を分析し、技術的およびビジネス的な深い洞察を提供しています。
続きを読む

定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー 2023-2033年 

定置型エネルギー貯蔵のためのバッテリー需要は、世界的に電力網に追加される再生可能エネルギー資源の増加に伴い、また再生可能エネルギー発電とエネルギー貯蔵に関する目標達成のための政府や州からの圧力により、成長すると見られています。このIDTechExの市場調査レポートには、市場予測、有力企業分析、技術トレンドと用途、収益源となるビジネスモデルや設備取付の上位国地域分析が盛り込まれています。
続きを読む

リチウムイオン電池市場 2023-2033年: 技術、有力企業、用途、予測 

IDTechExはリチウムイオン電池市場が電気自動車の需要に支えられ2033年までに4,300億米ドルを超える規模に拡大すると予測しています。EVはリチウムイオン電池市場を後押しする重要な要因であり、今後10年間でEVがリチウムイオン電池最大の市場となるでしょう。新型コロナウイルス、半導体不足やその他のサプライチェーンの問題の影響が残っているにも関わらず、排出目標や規制の強化により電気自動車販売台数は2021年には640万台に達しています。
続きを読む

電気自動車(EV)のバッテリーセルおよびパック材料のシナリオ予測ツール 

電気自動車(EV)市場は今後10年間で大幅に成長し、これに伴いバッテリーセル、パックおよび関連する材料の需要も増大してゆきます。このツールにより IDTechEx による物質集約度仮説を確認することができ、IDTechEx または独自の売上数量とバッテリーパック容量の見通し数値のいずれかを利用して2021年から2031年までの複数の材料に対する需要を判断することができます。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッドおよび薄膜電池 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

IDTechEx は2014年以来フレキシブル、薄膜型およびプリンテッドのバッテリーの技術、有力企業および市場動向を追跡してきました。このレポートは、詳細の技術分析、市場動向の紹介、市場分析、ビジネスチャンスおよび障壁に関する議論、有力企業の動向追跡を提供するとともに、技術別そして用途別に今後10年間の市場見通しを示しています。
続きを読む

PFAS(ペルフルオロアルキル化合物とポリフルオロアルキル化合物) 2024年:新たな用途、代替品、規制  

本レポートでは、各先進技術分野でのPFAS(ペルフルオロアルキル化合物とポリフルオロアルキル化合物)やフォーエバーケミカル(永遠の化学物質)を対象とする主な規制を特定しています。電気自動車、持続可能なパッケージング、5G、水素エネルギー社会でのPFASを取り上げ、新興市場におけるPFASの影響を明らかにしています。また、これら先端技術の成長市場におけるPFAS代替品(市販かつ成長中)を評価し、主な革新的技術分野でのPFAS代替品の市場可能性について広範な分析を提供しています。
続きを読む

グリーン水素製造と電気分解装置市場 2024-2034年:技術、有力企業、予測 

グリーン水素製造用の水電気分解装置システムは継続的に技術革新と技術改良が行われており、世界中で多大な労力と資金がグリーン水素プロジェクトの開発に投入されています。IDTechExは、2023年度版調査レポートより、グリーン水素に関する調査を継続しており、本2024年版では、4つの主要技術(AWE、PEMEL、AEMEL、SOEC)をさらに詳しく分析し、動作原理、システムパフォーマンス特性、材料とコンポーネント、バランスオブプラント要件(BOP)、システムケーススタディ、各技術の主な利点と限界について、より詳細な情報を掲載しています。また、4つの技術すべてにわたって、電気分解装置システムおよびスタックのサプライヤーリストとシステム仕様を大幅に拡充しています。プロジェクトケーススタディ、ビジネスモデル分析、グリーン水素製造コストに関するより精密な考慮事項が追加されています。本レポートは、電気分解装置サプライヤー、商用システムの仕様、計画された電気分解装置製造設備のデータベースも掲載しています。
続きを読む

PEM燃料電池材料 2024-2034年:技術、市場、有力企業 

プロトン交換膜(PEM)燃料電池材料の需要は、燃料電池船や列車に加え、燃料電池自動車(FCEV)市場の成長に連動して拡大すると見られます。本調査レポートには、バイポーラプレート(BPP)、ガス拡散層(GDL)、触媒コーティング膜(CCM)、膜電極接合体(MEA)、アイオノマー、プラチナ触媒を含むPEM燃料電池コンポーネントの市場予測、ベンチマーク調査、有力企業分析、技術動向、最新開発動向が盛り込まれています。
続きを読む

燃料電池自動車 2024年-2044年:市場、技術、予測 

本レポートは、乗用車、バス、小型商用車、中型トラック、大型トラックなどの水素燃料電池電動車の市場分析を提供します。これには地域別の過去の実績、市場の進捗、技術、有力企業と市場予測が含まれています。
続きを読む

自動車用途の銅需要 2024-2034年:トレンド、利用、予測 

自動車業界の電動化と自動化により、さまざまな用途で銅の新たな需要を生まれています。本レポートでは、自動車における銅の基本的な消費量を取り上げ、電気自動車での銅の使用箇所、自動運転車両での銅の使用箇所を説明します。また、自動車全体の技術トレンドが将来の自動車用途における銅の消費量にどのような影響を与えるかについて解説します。
続きを読む

グリーン水素製造用材料 2024-2034年:技術、有力企業、見通し 

グリーン水素プラントの開発により、電解槽スタック構築に必要な多くの材料と部品の需要が生み出されます。本IDTechEx調査レポートでは、AWE、AEMEL、PEMEL、SOECスタックで使用される主要部品の現在および将来の材料と製造方法について解説しています。対象となる部品および材料には、触媒と電極、膜/電解質、多孔質輸送層(PTL)、ガス拡散層(GDL)、膜電極アセンブリ(MEA)法、バイポーラプレート、ガスケット、スタックアセンブリ部品が含まれます。本レポートには、電解槽スタックメーカーや材料サプライヤーの包括的なリストとともに、材料供給企業や新材料または製造方法の開発の事例研究も掲載されています。最後に、AWE、PEMEL、SOECスタックの部品および材料タイプ別の詳細な10年間の市場予測が掲載されています。
続きを読む

EV: 電気自動車、船舶、航空機 2024-2044年 

このレポートは自動車、船舶、航空機などのEV市場分析を提供しています。過去の実績、市場の進捗、技術、有力企業、ドライブトレイン別の市場予測を提供します。これには、電気自動車の各市場(自動車、二輪車、三輪車、マイクロカー、LCV、トラック、バス、ボート、船舶、建設車両、電車、エアタクシー(eVTOL))が含まれています。
続きを読む

エアロゲル 2024-2034年: 技術、市場、有力企業 

この包括的なレポートはエアロゲルの市場、技術、トレンド、有力企業を分析しています。21の主要商用用途と最新用途分野を網羅し、用途別に2023年から2034年までの詳細な市場予測を盛り込んでいます。また、このレポートは、EVバッテリーの防火性材料などのエアロゲルの急成長用途分野を解析しています。
続きを読む

水素エネルギー社会 2023-2033年: 製造、貯蔵、流通、用途 

本レポートでIDTechExは、低炭素水素の製造、貯蔵、流通、燃料電池、水素の最終利用分野を含む水素バリューチェーン全体で起こっている世界のビジネスチャンスを分析しています。これにはすべての関連技術の技術分析、技術経済比較、主な商業活動の詳細(プロジェクトや既存と新興企業を含む)、すべてのバリューチェーン構成要素にわたる主要市場動向が含まれています。また、用途別(7分野)水素需要(年間百万トン)、供給源別(グレー水素、ブルー水素、グリーン水素)水素生産能力(年間百万トン)、水素(グレー水素、ブルー水素、グリーン水素)市場(10億米ドル)の10年間詳細予測も提供しています。
続きを読む

カーボンナノチューブ 2023-2033年: 市場、技術、有力企業 

このレポートは、2023-2033年期のカーボンナノチューブの市場分析を提供しています。IDTechExはナノカーボン分野において、長年の豊富な知見を有しており、技術分析とインタビューによるアプローチで、この多様で成長中の業界に関し読者に対し偏りのない概観、ベンチマーク比較検証、有力企業分析を提供しています。
続きを読む

建設機械の電気自動車 2023-2043年 

IDTechExの『建設機械の電気自動車 2023-2043年』は建設機械の電動化トレンドを徹底分析しています。100種以上の建機のデータベース分析により、バッテリーサイズ、バッテリー価格への影響、性能を理解することができます。対象となる建設機械にはミニ油圧ショベル、油圧ショベル、ローダーなどがあります。4地域と7建機タイプの20年間予測はこの市場がどのようにして2043年に1500億米ドルに成長するのかを示しています。
続きを読む

電気自動車向けバッテリーセル&パック用材料 2023-2033年 

電気自動車は、多くの材料の需要を生み出します。本レポートはバッテリーセルとバッテリーパックの製造に必要な材料に対する需要を網羅しています。電池の化学的性質、設計、エネルギー密度、コスト動向を材料の利用動向とともに分析し、乗用車、バン、トラック、バス、二輪車、三輪車、マイクロカーの電気自動車市場において、27種類の材料予測を提供します。
続きを読む

固体酸化物燃料電池 2023-2033年: 技術、用途、市場予測 

このレポートは固体酸化物燃料電池の市場、技術、有力企業を徹底検証しています。対象は6つの主要用途分野、2016-2022年市場実績データと2023年から2033年の市場予測が盛り込まれています。これによるとSOFCが成長段階に入り、2033年に68億米ドルの市場価値に達する見込みであり、今後10年間で25.1%のCAGRを実現すると見ています。
続きを読む

小型モジュール式原子炉(SMR)2023-2043年 

IDTechExの新規発行調査レポート『小型モジュール式原子炉(SMR)2023-2043年』では、SMRの市場、技術、主要有力企業を包括的に分析しています。これには1980年代からの原子力産業の実績データが盛り込まれ、2023-2043年の詳細な地域別予測も提供しています。また。10種類の原子炉技術のデータ主体ベンチマーク比較も含まれます。急成長のポテンシャルを持つSMRは、2043年に世界の電力の2%を供給すると予測されています。
続きを読む

熱伝導材料 (サーマルインターフェイスマテリアル)2023-2033年:技術、市場、予測 

このレポートは、電気自動車、データセンター、EMIシールディング、5G、ADAS、家電製品向けの熱伝導性材料の詳細技術分析を提供しています。面積(m2)、重量(kg)、売上(USドル)、TIM単価(USドル)の10年間詳細予測が用途別に提示されています。また、高性能TIMの開発、成功した商用事例、過去のTIM有力企業買収/業務提携関係も盛り込んでいます。併せて、このレポートは将来のTIMの動向にも言及しています。
続きを読む

ブルー水素製造と市場 2023-2033年: 技術、予測、有力企業 

このレポートはブルー水素の製造技術、サプライチェーン、主要有力企業、材料、主なイノベーション、プロジェクトなどの分析を提供しています。6つの主要なブルー水素技術比較とそれらの技術に関する10年間の市場予測、7つのアプリケーション、3つの採用地域についても記載しています。また、採用可能な二酸化炭素の回収・有効利用・貯留(CCUS)技術を調査し、ブルー水素製造の見通しと課題を検証しています。
続きを読む

マイクロEV 2023-2043年: 電動二輪車、三輪車、マイクロカー 

マイクロEVは、数キロメートルの短距離走行や低速走行用に設計されています。本調査レポートは、混雑した都市部での利用に最適な電動二輪車、三輪車、マイクロカーを取り上げています。主要地域の有力企業、車種と市場シェアの分析が盛り込まれています。また、販売台数、バッテリー需要、市場価値など、45以上の予測により世界のマイクロEV市場の包括的概要を提供しています。
続きを読む

電気自動車の熱管理 2023-2033年  

電気自動車のバッテリー、モーター、パワーエレクトロニクスなどのコンポーネントを最適かつ確実に動作させるには、熱管理戦略と材料を慎重に選択する必要があります。このレポートは、EV市場のバッテリー、モーター、パワーエレクトロニクスの熱管理の現在の戦略、各構成部品デザインの最新トレンドを熱管理のアプローチと材料の市場予測を考慮しながら徹底検証しています。
続きを読む

燃料電池ボート & 船舶 2023-2033年: PEMFC、SOFC、水素、アンモニア、LNG 

燃料電池(FC)は、グリーン燃料を利用しゼロエミッション運転の可能性から、海上輸送にとって非常に有望となっています。本レポートは最新のFC技術と材料を評価し、グリーン水素PEMFCとアンモニアSOFC市場が35%のCAGRで急成長することを明らかにしています。.ボトムアップアプローチによる予測は最新動向を説明する5社以上の企業インタビューに基づく一次調査を活用しています。
続きを読む

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)市場 2023-2043年 

このレポートは、二酸化炭素回収、有効利用、貯留(CCUS)の市場概要を提供し、業界の進歩、ビジネスモデル、環境・規制の側面を検証し、成長の課題とビジネスチャンスを特定しています。これにはCCUS市場の12カテゴリーの包括的20年間市場予測、1972年に遡るCCUSプロジェクトの実績データ、37件のインタビューに基づく企業プロファイル、技術ベンチマークを盛り込み、CCUSの状況を明確に把握することができます。
続きを読む

電気自動車 2023-2043年 

『電気自動車 2023-2043年』は、電気乗用車に焦点をあて、緻密な地域別(米国、中国、ノルウェー、英国、フランス、ドイツ、オランダ、デンマーク、世界の他の地域)や技術見通しにより将来の自動車市場を徹底検証しています。技術分析対象は、バッテリー EV(BEV)、ハイブリッド(PHEV および HEV)、燃料電池(FCEV)乗用車、自動運転車(L2、L3、L4)、リチウムイオン・バッテリー(NMC、NCA、LFP、シリコン、全固体電池)、電動モーター(PM、WRSM、ACIM、軸方向磁束、インホイール)、パワーエレクトロニクス(SiC、Si IGBT)などが含まれます。
続きを読む

電気自動車向けバッテリースワップ 2022年-2032年:  技術、プレイヤー、見通し 

バッテリースワップは、バッテリーのサービス(BaaS)ビジネスモデルとしての利用を促進します。これは EV の全体コストからバッテリーパックのコストを切り離すことを狙ったものです。パックスワップやモジュールスワップの技術が現在商用化されつつあります。このレポートは、これらの技術、有力企業ならびにこの市場のトレンドを取り扱い、またバッテリースワップ・ステーション(BSS)設置に関する詳細な10年先見通しを盛り込んでいます。
続きを読む

インドの電気自動車 2021-2041年 

このレポートはインドにおける電動二輪車、電動三輪車(電動リクシャー)、電気自動車および電気バスを取り扱い、見通しを提供し、世界の急速に発展する経済大国の一つの巨大なポテンシャルや市場機会を明らかにしています。さらに当レポートは、鉛蓄電池からの移行、45度の日中の温度に適応するリチウムイオン電池化学物質のオプション、現地バッテリー製造の重要性、そして同国の中国製永久磁石モーターへの依存など、インドに固有の主な技術トレンドを検証しています。
続きを読む

高電圧ハイブリッド自動車、バスおよびトラック 2021-2041年 

ハイブリッド電気自動車(HEV)市場は自動車業界が直面している新型コロナウイルスの影響にもかかわらず2020年には成長を記録しています。しかしながら、世界中で化石燃料の使用禁止が目前のこととなり、バッテリー駆動式電気自動車の導入拡大によりHEV がの先行きは限られたものとなる可能性があります。このレポートは、2021年から2041年までの見通しを含む5つの主要地域市場における HEV の過去と将来の市場に加え、HEV バッテリーとモータジェネレータ技術のトレンドを検証しています。
続きを読む

電気、ハイブリッドおよび燃料電池の小型商用車 2021-2041年 

電動小型商用車市場は急激な電化においてユニークな位置にあります。IDTechExの新たな2021-2041年新型コロナウイルス対応修正版見通しレポートは、グローバルと地域のレベルにおける eLCV 売上、市場浸透度、市場売上額および据付済みバッテリー容量に関して20年先の綿密な見通しを提供し、この急激に進化していくセクターにおいて企業が効果的な計画立案をできるよう支援しています。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300
アジア: +82-10-3896-6219