エナジーストレージ(蓄電) - IDTechEx Reports and Subscriptions

電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年 

2030年までに、電気自動車用の再生バッテリー容量は年間275GWhを超え、自動車およびエネルギー貯蔵分野の企業に大きなチャンスをもたらすと考えられます。当レポートでは、再生バッテリーバリューチェーン全体の主要技術、主要企業、市場機会の包括的かつ詳細な分析を提供します。当レポートから得られる洞察は、企業がビジネスモデルを反映し、再生バッテリーによって提供される価値機会をより適切に捉えることに役立ちます。
続きを読む

電気自動車向けリチウムイオンバッテリー市場:2020-2030年 

電気自動車とそのバッテリーのビジネスは急速に変化しているため、新しい分析が不可欠です。この新しい事実に基づいた分析には、2020-2030年の詳細が含まれており、他のどこからでも利用できます。
続きを読む

定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー:2019-2029年 

2018年は、定置型エネルギーストレージにとって注目すべき年でした。世界中の政府と政策立案者は、柔軟性と脱炭素化の両方の観点から、バッテリーがグリッドに提供できる価値に目覚め始めています。最新のIDTechExのレポート「定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー:2019-2029年」は、2018年に展開された6GWhを超える定置型エネルギーストレージの詳細を、2029年までの国とセグメントごとに予測しています。
続きを読む

スーパーキャパシタ (電気二重層コンデンサ) の世界市場:用途、主要企業、市場2020-2040 

スーパーキャパシタ市場は底を打ち、現在は力強い成長の持続期間に入っています通常、スーパーキャパシタに関連付けられていない巨大企業3社の最近の行動は、その理由を示しています。Teslaは、スーパーキャパシタのナンバーワンであるマックスウェル・テクノロジーズ(Maxwell Technologies)を買収しました。Maxwellは、中国のGeelyから、Volvoおよびその他のブランドの48Vマイルドハイブリッド車とフルハイブリッド車の両方での広範な使用を目的とする大型スーパーキャパシタを受注しました。
続きを読む

電気バス&トラック向け蓄電技術:2019-2029年 

バスとトラックのエネルギー貯留も同様です。これらのストレージ市場は、2029年に2,000億ドルを超えるまで急速に成長します。都会のバスと配達用トラックは、電動化されており、純粋な電気式で大型バッテリーが優勢です。現在、大型トラックが注目されています。世界にはバスの10倍のトラックが存在しています。150万台のスクールバスがエレクトリフィケーションに移行します。ユニット、コスト、市場価値、技術ロードマップの詳細な予測をご覧ください。
続きを読む

固体電池およびポリマー電池市場 2019-2029年:技術、特許、成長予測 

IDTechExの当テクニカルレポートには、リチウムイオン電池用の固体電解質の新しいクラスの詳細な外観が含まれており、3つの主要なカテゴリ(ポリマー、無機、複合材)といくつかのサブカテゴリ(LiPON、硫化物)、ガーネット、ゲルポリマーなど)に分類かつ説明されています。1300のドキュメントで実施された独自の特許分析は、化学の概要を補完するものであり、最も有望な電解質技術に関するビジネスの視点を持っています。
続きを読む

フレキシブルバッテリー・プリンテッドバッテリー・薄膜電池の世界市場 2019-2029年 

当レポートは、最新のトレンドから始まり、フレキシブルバッテリー、薄膜電池とプリント電池の今後の有望性を探ります。IDTechExは2014年からこの分野の技術、市場、および主要参入企業の追跡を開始し、このレポートは詳細な技術分析を提供するとともに、次のような分野の市場評価に基づいて10年間の市場予測を提供します;ウェアラブル、モノのインターネット、スマートおよびポータブルデバイス、医療/化粧品、スマートパッケージ、RFIDなど。
続きを読む

燃料電池自動車 (FCV) の世界市場:2019-2029年 

燃料電池(FC)、特に水素をベースにしたものは、電気輸送のソリューションとして長い間躍進的な進歩だとして歓迎されてきました。近年、バッテリーが人気をさらってきましたが、IDTechExは、特に航続距離と高速燃料補給に関して、燃料電池(FC)がリチウムイオンバッテリーよりも優れたソリューションを提供できる多くのアプリケーションを特定しました。この市場は2029年までに2,000億ドルに達する可能性があります。
続きを読む

スーパーキャパシター材料・技術ロードマップ:2019-2039年 

優れた活性電極材料は、多くの新しいスーパーキャパシターと派生物を生み出す改良された電解質とマッチし、耐荷材からテキスタイルバージョンまで将来の販売を大きく促進するコスト削減と高度な技術的機能を備えています。今こそ参加する好機です。エキソヘドラルからMXeneに至る新素材の成長機会について学びます。最新のインタビュー、プレゼンテーション、専門家の視点にアクセスし、予測とロードマップを使用します。最適化された強力な擬似キャパシタを伴うか否かにかかわらず、さまざまなハイブリッドおよび対称EDLCで最も有望な新しい有機および無機材料と性能の潜在性を評価します。
続きを読む

レドックスフロー電池 (RFB) 市場の予測 (2018-2028年):市場・動向・用途 

レドックスフローバッテリー(RFB)テクノロジーは、高い先行投資コストにもかかわらず、数千サイクル後でも優れた容量維持性能により投資回収時間が短くなります。レドックスフロー電池(RFB)は、コアコンポーネントをリサイクルできるため、初期値のほとんどを保持します。リチウムイオン電池は、ユーティリティグレードのRFBの出現により後退し、電動モビリティアプリケーションに必要なリチウムリソースへのプレッシャーが緩和されます。
続きを読む

高機能リチウムイオン & リチウムイオンバッテリー以降 2018 - 2028年 

高機能リチウムイオン電池技術の開発への努力は常に行われていますが、量産段階に到達するのはごくわずかです。当レポートでは、すべてのメインカソード(LCO、NMC、LFP、NCA)およびアノード(グラファイト、LTO、シリコン、リチウム金属)の化学的性質を分析し、リチウム硫黄、リチウム空気、スーパーキャパシタ、レドックスフロー電池、ナトリウムイオン電池、亜鉛電池。などの他の既存または将来のバッテリー技術に対する潜在能力をベンチマークします。
続きを読む

リチウムイオン電池市場 2018-2028年 

リチウムイオン電池は、家庭用電化製品の代表的なものになっています。また、今後5年以内に、電気自動車への導入が増加することも予想されます。このレポートでは、IDTechExは、2028年までの技術比較と市場予測に基づいて、世界のギガファクトリーと新興のバッテリー材料を検証する試みにご案内します。140社を超えるリチウムイオン電池メーカーが一覧表示され、比較され、キーポイントとなる洞察が世界中の主要な業界見本市から収集されます。
続きを読む

48Vマイルドハイブリッド車市場:2020 - 2030年 

ボリューム48Vマイルドハイブリッドは2017年に市場に駆け込み参入し、2020年頃にはサブコンパクトからフェラーリや配送トラックに至るまでの需要が殺到すると予想されます。次に、ディーゼル交換からHEVキラーへと移行します。当レポートでは、新しいUSPを推進する技術の進歩と市場の力を独自の観点から説明します。2028年まで全面的に電気モードであるか否かを問わず、どのメーカーと地域が焦点となるか、市場予測を学びましょう。
続きを読む

電気自動車市場 2020-2030年 

これらの最新のIDTechEx予測のみが100のEVカテゴリ-2.6兆ドルを分析し総括しています。多くの新しい土地、水、空中市場の種類/テクノロジー。2050年までの詳細なロードマップ。ストリート大型ソーラーカー2020、年々の10M以上のエンジンオフの電気モード付き48Vマイルドハイブリッド車、ロボットシャトル、無軌道路面電車、EVトレイン、年々の140Mのロボット除草機を含む建設ー農業ーマイニングEV、電気飛行の新しい原理。詳細な予測2020〜2030年、価格平価とハイブリッド廃止の日付。
続きを読む

グラフェン、2D材料およびカーボンナノチューブ:市場・技術・市場機会2019-2029 

当レポートは、グラフェン、カーボンナノチューブ、および非グラフェン2D材料の展望と技術的および商業的進歩の詳細な分析を提供します。グラフェンとCNTには形態的な違いがあるにもかかわらず、多くの共通点があるため、この材料技術のグループ化は理にかなっています。 一方、非グラフェン2D材料は補完的な特性を提供することを約束します。
続きを読む

建設・農業・鉱業における電気自動車(EV):2019-2029年 

建設、鉱業、農業向けの電気自動車のビジネスは共通性を活用しているため、次の10年で6倍以上に成長し、単価と販売量、利益率でEV記録を樹立することになるでしょう。イノベーター、テクノロジー、市場ロードマップ、を把握し詳細な予測をまとめています。
続きを読む

電動とハイブリッドボートと船 2019-2029年: 

現在、海上輸送を支配しているのはディーゼルおよびガソリン駆動の船舶ですが、電気およびハイブリッド船の市場は急速に成長しています。業界は、船舶の所有者と運営者が、NOx、SOx、温室効果ガスの排出を取り巻く多くの制限に左右されるため、転換点に直面しています。
続きを読む

新しい電子機器と電気向けフルオロポリマー(フッ素重合体)市場 2019-2039年 

フルオロポリマー市場の成長は、摩擦電気、人工筋肉、イオン交換などの新たに最適化された電気的および電子的独自性によって促進されます。ここでは、床、建築用繊維、帆からの発電が行われます。新しいフォーミュレーションは、センシング、アクチュエ―ション、シグナリングなど、1つのデバイスで多くの機能を果たします。モーフィング翼航空機、次世代バッテリー、燃料電池、海洋波力など用に具現化されるものを優先します。10億ドルのビジネス、プレミアム価格設定、そして社会への大きなメリットが待っています。
続きを読む

多機能複合材料の世界市場2019-2029年:テクノロジー、主要企業、市場予測 

繊維強化ポリマー複合材の次の重要な反復手法での開発目標は、多機能性の概念です。これは、構造部品に現在の主要な機械的タスクを超える追加の役割を実行させるという考えです。スマート複合材の市場は2029年までに5ktpa(年間キロトン)を超えると考えられますこれには、強化された電気伝導性と熱伝導性、組み込みセンサーとアクチュエーター、エネルギー貯蔵とハーベスティング、データ伝送、自己修復、適応応答(モーフィング)メカニズムが含まれます。
続きを読む

構造用エレクトロニクス&エレクトリクスとしてのスマートマテリアル:2019-2029年 

頑丈なプラスチック製携帯電話。太陽光発電が導電性コンクリートを発熱体に変え加熱されたスラブが道路の雪を溶かします。787平面に触れることで、ウィンドウの暗さをすでに調整しています。これはすべて構造電子工学であり、電気と光学も含む用語です。それは何年もの間空中ドローンなどの新しいものを可能にし、巨大なスマート素材ビジネスと新製品を生み出しています。当レポートのみがすべてを詳細に分析しまとめています。
続きを読む

電動二輪車市場2019-2029 

ガソリンオートバイは、金融危機以降、米国とヨーロッパで大幅に停滞していますが、インドの販売量は昨年15%増の2,000万台近くに達しました。インドおよび東南アジアでは、ほとんどのオートバイは、150cc未満の排気量で、電動二輪車の可能性は非常に大きいと考えられます。規制の強化、政府の補助金、2030年の新たな目標を背景に、電動二輪車市場は2029年までに410億ドルに成長すると予測しています。
続きを読む

エネルギーハーベスティング(環境発電):マイクロワットからメガワットへ2019-2029 

当レポートのみがすべてを詳細に分析します。新規および将来の技術、主要企業、形態を把握します。どの研究とアプリケーションが行き詰まってしまいましたか?活気に満ちた新市場は、柔軟で構造的な他の新しい形態を活用していますか?摩擦電気が成功する理由、「無質量エネルギー」がウェアラブルの重量を減らす方法を把握してください。過去数ヶ月で、ソーラー道路、波力発電、ディーゼル発電機の交換の最初の大きな発注がありました:理由、予測、エネルギーハーベスティング市場の多くのギャップをご覧ください。
続きを読む

電動トラック・配送用車バン市場(2018 - 2028年) 

グローバル化と電子商取引のおかげで、商品配送業界は急速に成長しています。これが意味することは、ディーゼルエンジンからの排出物の純増加です。IDTechExによるこのレポートでは、バッテリーまたは水素タンクに保存されているかどうかにかかわらず、業界が化石燃料から電気への選択されたパワートレインを徐々に変換しつつある方法を分析します。その結果、電気自動車よりも市場浸透率が高くなります。
続きを読む

波力・潮力・水力発電 (1W - 10MW):2018 - 2038年 

水力発電用の貯水池やダムの問題はさておき、貯水池やダム以外の水流を利用した発電は、2038年に660億ドル規模の市場になると予想されています。多くの技術的突破口によって生み出された解放水域を利用して発電の大きな成長機会に注目が集まっています。波力発電会社は最大10MWのシステムの販売に成功し、集中的なマーケティングにより潜在的な注文の巨大なパイプラインの構築に成功しています。潮力発電の開発者は、大量のグリッド電力を実証しており、一部の企業は、数十億ドル規模のビジネスを生み出す手頃な価格の再導入可能なシステムのニーズをターゲットにしています。
続きを読む

鉱山における電気自動車・自律走行車:2018-2028年 

当レポートでは、主要な市場プレーヤー、機器モデル、および採掘における電気自動車の技術選好の分析を提供し、この事業に参入するであろうと思われる主要なバッテリー、モーター、および充電器メーカーを調査します。どのリチウムイオン電池の化学とメーカーが産業車両市場を主導するかなどの質問が重要だと思いますか?どの充電ソリューションが望ましいと思いますか?急速充電または低速充電の何れが優先され、50kW、150kW、300kWの電力定格がありますか?また、当レポートでは、産業用車両用モーターの種類(ASM、PSM、SRM)の動向に関する範囲と、電気鉱山機器の運用およびデューティサイクル性能に関するケーススタディを提供します。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

オフグリッド電気自動車充電:ゼロエミッション市場 2018 - 2038年 

オフグリッドの電気自動車充電ステーションは、2028年には約70億ドルの事業になり、その年には、独自の充電ステーションを内蔵する10万台のエネルギーに依存しない電気自動車が製造されと考えられます。その後、このゼロエミッションシステムはすべてに採用され、急速に拡大します。当レポートでは、市場ドライバーから予測、技術評価、ロードマップまですべてを考察します。
続きを読む

自己出力型スマートシティの展望:2018-2028年 

都市は、大気汚染源となるバックアップ電力から、バックアップとしてのみ高価で錆びついた不安定な国内グリッドを使用するようになり、電力の太陽、風、水を活用した独立した電力エネルギー源の確保を目指します。10MWのソーラー駐車場と充電器、ソーラーウィンドウと道路、道路と経路の動き、空中風力エネルギーなどのすべてを綿密に評価、比較、成長予測し、明快な新しい情報グラム、ロードマップ、PhDレベルアナリストによる予測など、2050年までの全体像を学びます。
続きを読む

分散型発電:ミニグリッド・マイクログリッド・ゼロ排出電力市場 2018-2038年 

ゼロ排出ミニグリッドなどは、主に多くの新しい発電技術を含む太陽光と風力発電に依存しますが、他の技術の重要性がますます高まっています。当レポートは、800 GWのディーゼル発電機の置き換えから、諸島国家や発展途上国への電力の供給に至るまで、市場が一般的の想像を上回るはるかに大きいことを明らかにしています。国営の送電網や車両、船舶から切り離された人々でさえ、小規模発電を含むオフグリッド配電ネットワークを形成することとなります。
続きを読む

Ten Forecasts on Digital Transformation 

Digital transformation is the application of digital technology to fundamentally impact all aspects of our society. As it pertains to an enterprise, digital transformation is the reinvention of a business or organization through the use of digital technology in order to improve the way it performs and serves its clients.
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む

未来のエレクトロニクスに用いられる機能材料市場:金属、無機および有機化合物、グラフェン、カーボン・ナノチューブ (CNT) 

ナノから超大型デバイスに至るまでの37品目の電子および電気デバイスが急速な進化を遂げると考えられます。化学および材料の製造企業のほとんどは、500億ドルを超える可能性のあるこの新興ビジネス全体を推し進める上での製造方法の定式化を構築することで、投資のリスクを軽減したいと考えています。確かに、新たに再開発された電気および電子デバイスの最大の市場は、先ず商品化されるか、突然崩壊し、材料の供給業者を置き去りにする可能性があります。このような悪い結果を回避するために、是非このレポートを読んでいただきたいと思います。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

Related Reports

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(US): +1 617 577 7890
ヨーロッパ(UK): +44 (0)1223 812300
中国:
日本(その他アジア): +81 90 1704 1184