食品 & スマート農業(AgTech) - IDTechEx Reports and Subscriptions

植物由来の食肉 2021-2031年 

植物由来の食肉市場は、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけとして畜産業への関心の高まりや製品品質の大幅な向上に刺激され、近年急激に成長しています。しかしこの業界は従来型の食肉業界を揺さぶるポテンシャルを発揮することができるのでしょうか? IDTechEx によるこのレポートは、生産プロセス、消費者の観点、業界への投資ならびに主要な有力企業を含む植物由来の食肉市場の技術と業界の分析を提供します。このレポートでは植物由来の食肉業界の将来に関する10年先見通しも提供しています。
続きを読む

培養肉 2021-2041年: 技術、市場および見通し 

栽培肉または細胞肉としても知られる培養肉は、ラボで育てた動物細胞を使って屠殺する必要なく肉を生産し、従来の農法がもたらす環境問題を防止する可能性も秘めています。今日数ある代替肉とは異なり、培養肉には従来の肉と完全に同等のまったく同じ細胞組織を含む製品を生み出すポテンシャルがあります。過去5年間において、培養肉はほぼ皆無の状態から最初の製品を市場に出そうと競争する50社以上の企業規模に成長し、この分野には6億ドルを超える資金が投入されています。このレポートは培養肉業界に関する徹底した技術・市場の分析を行い、この業界の将来について10年先と20年先という2種類の見通しを提供しています。
続きを読む

バイオスティミュラントとバイオ農薬 2021-2031年: 技術、市場および見通し 

バイオスティミュラントおよびバイオ農薬の市場は、世界の農業が収量拡大の持続可能な方法そして作物を守る新たな方法に目を向けるにつれ急速に拡大していっています。このレポートは、世界の規制動向や業界分析の全体像に加え、異なるタイプのバイオスティミュラントおよびバイオ農薬の包括的な分析を提供しています。この情報は2031年までの市場動向を予測するために利用されており、バイオスティミュラントとバイオ農薬の市場は合計195億ドルに達する規模になると予想されています。
続きを読む

農業における遺伝子工学 2021-2031年 

農作物のDNAを操作する技術の導入は必ずしも円滑なものではありませんでした。作物の収量や栄養価を改良するその潜在的な力にもかかわらず、遺伝子操作は依然として物議を醸すものであり世界中で禁止されています。CRISPR-Cas9 のような最新のゲノム編集技術がこの膠着状態を脱し、世界の農業を発展させることができるのでしょうか?このレポートは、作物のバイオテクノロジーの将来を検証し、何が革新的な分野となる可能性があるのかについて技術、規制および市場の知見を提供しています。
続きを読む

農業用ロボット、ドローンおよびAI:2020-2040年:技術、市場および有力企業 

農業ロボット、マシンビジョンおよびAIの発達により、農作業の形に深層・広範に及ぶ変革が促されることになります。確かに今日の車両のサイズや新型ロボットが受け持つ総面積は全世界の農業に比べれば依然微々たるものにすぎません。それでも、その潮流はゆっくりではあるものの着実に変化しつつあるため、有力企業は安心してはいられないはずです。ロボット技術とAIは、コスト的に手の届く超精密農業の革命を実現しつつあり、それは最終的には農業用化学品、農業機械デザインそして農耕技術における常識を揺さぶることになっていきます。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

垂直農法 (ヴァーティカルファーミング):2020-2030年 

垂直農法(ヴァーティカルファーミング)を巡る期待は近年急激に高まっています。育成環境を注意深く制御し、垂直育成システムを利用することで、垂直農法は都市の人口密集部において従来の農業を数百倍上回る収穫量を実現します。しかしそのような電力依存のプロセスが伝統的な農業と本当に競争しうるものとなるのでしょうか?このレポートは、垂直農法の背後にある技術を検証し、市場の事業機会に関する知見を提供し、この革新的技術の将来性を概説しています。
続きを読む

2020-2030年の農業における電気自動車とロボティクス 

農業、林業、芝生管理に関するハイブリッド自動車および純電気自動車そしてロボティクスならびにそれらのゼロエミッション充電マイクログリッドについてご確認ください。陸上車の優先順位は高いものですがドローンや養殖の分野も網羅しています。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略、自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。網羅的な最新例。2020年-2030年の技術や将来の成果に関する数値や金額の詳細な見通しをご確認ください。
続きを読む

スマートシティ市場 2021-2041年: エネルギー、食品、水、素材、交通の見通し 

スマートシティは、都市の情報通信技術の普及をはるかにしのぐ機会を用意した極めて野心的なものになってきています。新たな多機能素材、センサー、車両および建築技術の30件以上の20年先の見通しをご覧ください。対象となるエネルギー、水と食品の自立化技術およびインフラ撤去を把握してください。5,000億ドルの自給自足シティが現在では砂漠や外洋でも計画されています。有力企業地域動向この膨張する市場において投資機会を見い出してください。
続きを読む

バイオプラスチック 2020-2025年 

生物由来原料を利用したポリマーであるバイオプラスチックは、プラスチックがもたらす環境問題への潜在的なソリューションとなります。それらは再生可能資源から作られており、生分解可能なものが多いのです。にもかかわらず、バイオプラスチックは歴史的に価格的にはるかに安価な化石燃料由来プラスチックとの競争に苦戦してきました。しかしながら、事態は変わり始めています。この新規レポートは、バイオプラスチック製造に関わる技術を将来の有効なオプションとして検証し、その市場に関する知見を提供し、成長中の技術の将来性を概説しています。
続きを読む

建設・農業・鉱業における電気自動車 2020-2030年 

建設・農業・鉱業用のハイブリッド自動車や純電気自動車ならびにマイクログリッド充電の把握、最大の事業機会を持つ地上作業車に着目。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略および自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。企業および車両別の包括的な多数の最新事例。2040年には2,000億ドルという巨大市場に?19項目にわたる数値・金額の予測、2020年~2030年の技術と実現の時間軸をご確認ください。これほど密着したレポートは他にはありません。
続きを読む

合成生物学2018年 

当レポートは、微生物の遺伝子工学とバイオ製造の主な用途に使用されるツールと技術を取り上げ分析しています。技術の現状、用途、成功事例研究、市場成長、推進力、抑制因子、投資傾向分析を示す分析結果が提供されます。合成生物学への投資は、2017年に記録的な17億ドルに達し、2023年には238億ドルに達すると予測されています。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300