ライフサイエンス - IDTechEx Reports and Subscriptions

スキン解析技術 2020-2030年 

この調査レポートは化粧品業界を中心にスキン解析に利用されている手法や技術を網羅しています。スキン解析技術は何十年も研究所で利用されてきたものであり、電子技術の近年の進化と消費者行動の変化により広範な分野において利用が急激に拡大しています。スキン解析技術の市場は、電子商取引、スマートリテール、ハイパーパーソナライゼーション対応スキンケアなど多くの分野におけるスキンケア関連企業の需要により2030年までに2億7,500万ドルの規模に達することが見込まれています。
続きを読む

COVID-19 診断 

COVID-19 検査の需要は、1億2,000万回の遺伝子検査ならびに5億回を超える迅速検査を含め検査回数は6億回を超える規模となっています。このレポートにおいて弊社は様々な技術にまたがる100種以上の商用装置を評価し、COVID-19 への世界の対応を巡る技術トレンドやバイオ分野のイノベーションに関する確かな知見を提供しています。
続きを読む

ヘルスケアにおけるフレキシブル・エレクトロニクス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子皮膚パッチ、電子テキスタイル、電子化学的検査紙およびスマート・ブリスターパックを含む医療におけるフレキシブル・エレクトロニクスの最新の用途を網羅しています。デジタルヘルスの動きによってヘルスケアシステムの分散化が進む中、フレキシブルエレクトロニクスは、快適で長期的な患者の遠隔モニタリングソリューションを提供する上で有利な立場にあります。フレキシブル・エレクトロニクスは医療モニタリングにおける新たなフォームファクターや新製品を可能とするものであり、2030年には83億ドル以上の価値を持つ重要な市場となります。
続きを読む

デジタルヘルスと人工知能(AI) 2020:トレンド、機会、および展望 

2018年にはデジタルヘルスへの投資が81億ドルに達し、2019年には一連のIPOが成功するという状況に伴い、この複雑な分野での機会を理解し、それらがヘルスケア業界にどのように影響するかを理解することが最重要になっています。この調査レポートは、デジタルヘルスとヘルスケアエコシステムにおけるAIの詳細な概要を提供します。これには、消化器/デジタル治療、テレヘルス/テレメディシン、遠隔患者モニタリング、診断におけるAIなどが含まれます。
続きを読む

分子診断 2020-2030年 

分子診断は、技術の進歩(第3世代 DNA シークエンシング、デジタル PCR およびマイクロ流体デバイスなど)、医療現場の分子診断市場の拡大、ならびに実証済みの臨床的有用性を持つ遺伝子バイオマーカーの発見が相次いでいることに刺激され、医療業界においてもっとも急速な成長を遂げている市場の一つです。分子診断市場は2030年までに200億ドルに達すると予想されています。
続きを読む

循環器障害 2020-2030年:トレンド、技術および見通し 

CVDの蔓延とそれが医療制度にもたらす重い経済的負担は、この病気に対処するための早急な打開策の必要性を物語っています。このレポートは、最新トレンドに焦点を当て、市場展望を分析し、将来の事業機会と課題に関する知見を提供するものです。新技術に対するその調査は、検知、モニタリングおよび治療の3つの分野に区分され、直近および将来の動向の詳細な分析を提供しています。
続きを読む

先進創傷ケア技術市場:2020-2030年 

先進的な創傷ケア技術の市場は、2030年までに220億ドルを超えると予測されています。これは、主に高齢化による需要の増加と世界中の糖尿病の増加によります。世界中の医療システムにおける負担増加により、高度な創傷ケア製品は、創傷ケア患者の経路を改善し、治療の費用対効果を高めることに焦点を合わせます。
続きを読む

遠隔患者モニタリング 2019-2029年 

世界中の医療費が増加するにつれて、費用対効果の高い医療を提供する革新的な方法を開発する必要があります。患者の健康状態の測定と分析を参照するリモート患者モニタリング(RPM)は、医療施設の医療従事者や医師が物理的に立ち会う必要はなく、 患者に対する高い水準のケアを維持しながら医療費を削減する有望な技術として浮上しています。
続きを読む

ヘルスケア向け圧電ハーベスティングおよびセンシング:2019-2029年 

圧電素子は、ヘルスケアにおける膨大な生物学的および物理的パラメーターを検知する新しい自己発電センサーおよび半導体圧電素子として再発明されています。当レポートのみが、最新の進歩と予測で追求されたニーズ、科学、可能性、目的をまとめて提供します。印刷済みで、柔軟性があり、生体適合性があり、生分解性の、多目的なシステムに電力を供給するためのハーベスターの最新先端技術のすべてがここにあります。
続きを読む

生体電子工学 (バイオエレクトロニクス) による医療:2019-2029年 

当レポートは、2029年までに600億ドルを超える市場を牽引するバイオエレクトロニクス医学の技術革新の詳細をまとめています。電気ニューロモジュレーション用の医療機器の最近の急増は、高齢者人口の増加と慢性的な不健康状態の治療と管理の必要性に支えられて、今後10年間で数百万および数十億規模の市場へのアクセスを提供します。
続きを読む

医療現場(ポイントオブケア [POC]) における生物学的診断製品の世界市場2019-2029:技術、用途、成長予測 

当レポートは、医療現場でのバイオセンサー生体医学診断の高度な技術に焦点を当てています。技術的には、マイクロフルイディクス、ラボオンチップ、ラテラルフローアッセイ、電気化学試験片、分子診断および、DNAシーケンスが挙げられます。これらの技術とデバイスは、遺伝子疾患、感染症、心血管代謝、妊娠と受胎能、糖尿病と癌の診断に使用されます。バイオメディカル診断の市場は、2029年までに430億ドルに達すると予測しています。これは、主に今後数年間の分子診断の急速な成長に牽引されます
続きを読む

糖尿病管理技術2019-2029::テクノロジー、主要企業、成長予測 

当レポートは、成人発症型糖尿病、初期糖尿病、糖尿病治療のオプションを含む、糖尿病管理デバイスの全体を網羅しています。企業、医師、糖尿病患者との主なインタビューを通じて調査され、今後10年間における糖尿病デバイスの技術変化を予測しています。レポートでは、大手企業から技術開発者、次世代のデバイスオプションを開発する新興企業まで、75社の活動がまとめられています。
続きを読む

合成生物学2018年 

当レポートは、微生物の遺伝子工学とバイオ製造の主な用途に使用されるツールと技術を取り上げ分析しています。技術の現状、用途、成功事例研究、市場成長、推進力、抑制因子、投資傾向分析を示す分析結果が提供されます。合成生物学への投資は、2017年に記録的な17億ドルに達し、2023年には238億ドルに達すると予測されています。
続きを読む

3Dバイオプリンティング市場2018 - 2028:技術、市場、成長予測 

このレポートでは、3Dバイオプリンティングで使用される技術と、3Dバイオプリント組織の主な用途を取り上げ、再生医療の将来の用途に焦点を当てています。当レポートでは、3Dバイオプリンティングテクノロジーの利点、現在の推進要因、傾向、および課題について説明します。3Dバイオプリンティングは、2028年までに19億ドルの市場になると推定されています。
続きを読む

侵襲性・非侵襲性神経インターフェース:予測・アプリケーション 2018-2028年 

神経インターフェースはますます注目を集めており、脳に関する洞察を獲得し、治療を改善し、周囲の世界での対話をより深くすることに寄与します。EEGプローブは現在、このスペース、伝統的な低コストの技術を支配しています。 彼らは年間収益は10億ドル以上を占めています。しかし、より革新的な技術と治療法が間近に迫っているため、侵襲的プローブ市場は今後10年間で上昇すると予想されます。
続きを読む

組織光学市場2018-2028:年技術、市場、成長予測 

人工生体組織の市場は、2028年までに48億ドルを超えると予測されています。当レポートでは、3Dバイオプリンティングや3Dプリンティングなど、組織工学製品の製造に使用できる多くのテクノロジーの動向を網羅しています。さらに、このレポートでは、人工組織の重要な成長機会について分析し、再生医療市場について詳細に議論します。今日の組織工学のイノベーションは、間違いなく将来の医療の性質に大変革をもたらすでしょう
続きを読む

神経補綴物(人工神経)市場2018-2028年:テクノロジー、成長予測、主要企業 

神経補綴物は、患者の失われた視覚、音、さらには触覚さえも再設計する可能性がある成長分野です。このレポートでは、当該市場は2028年までに180億ドルに達すると予測されており、これらの革新的なデバイスをベンチからベッドサイドに持ち込むために取り組んでいる複数の企業が取り組んでいる最新技術と手順を詳しく説明しています。
続きを読む

農作物バイオテクノロジー 2020-2030年 

農作物のDNAを操作する技術の導入は必ずしも円滑なものではありませんでした。作物の収量や栄養価を改良するその潜在的な力にもかからわらず、遺伝子操作は依然として物議を醸すものであり世界中で禁止されています。CRISPR-Cas9 のような新たなゲノム編集技術がこの障壁を打ち破り世界の農業を進化させることが可能となるのでしょうか?この調査レポートは、革新的な分野となるものに対する専門的知見、規制上の知見そして市場に関する知見を提供しながら農作物バイオテクノロジーの将来を検証しています。
続きを読む

ウェアラブル技術の見通し:2020-2030年 

この調査レポートは過去10年間にわたる IDTechEx によるウェアラブルの調査の集大成であり、それぞれのウェアラブル製品、分野およびトレンドに関する概要と見通しが盛り込まれています。この調査レポートには、2010年に遡る過去データ、ならびに52種の異なる製品カテゴリーに関する2030年の市場予測が含まれています。またこのレポートには、最新の見通しを反映するために、時宜に応じて更新され異なる分野におけるCOVID-19感染症の影響を分析する重要な項目が盛り込まれています。
続きを読む

エレクトロニクス リシェイプ 2020-2040年 

テープ、フィルム、医療用、ウェアラブル、建物などのペイントを含めスマートマテリアルとなる数十億ドルの電子電気機器のビジネスチャンスを分析します。2020年に大半が実施された調査では、2020年-2040年の商用化ロードマップ、勝ち組と負け組みを分析しています。ユーザーはこれを切断、変形、伸縮またはスプレーにより形状を形成します。発光や発電と貯蔵などの一定の機能。これは、新規市場創出と同時に従来の電子機器生産を迂回することになります。
続きを読む

電子デバイスのためのエナジーハーベスティング 2020-2040年 

この調査レポートは、絶好のタイミングで発行しました。ちょうど世界最初の電源内蔵式スマートウォッチが発表されたばかりです。これらは全機能搭載型ではありませんが、すでにその領域に達しつつあります。それから、IoTノード、医療インプラントおよびウェアラブルにおいて多数のハーベスターが登場しています。これは20年に及ぶ技術と市場の予測、市場ニッチと組み合わせたニーズ、技術に関する唯一の包括的分析と言えるものです。
続きを読む

E-テキスタイルおよびスマート衣料 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

E-テキスタイルはテキスタイルへの電子機能の実装に関わるものです。テキスタイルの保温機能や照明機能から、バイオメトリック検知技術やその他の先進的機能に至るまで、この勃興しつつある産業は幅広い技術と製品を揃えています。5年以上もの歳月かけて作成されたこの調査レポートは、バリューチェーン全体そして200社以上の企業の活動の検証を含むこの産業の包括的な全体像を示すものとなっています。
続きを読む

ヒアラブル 2020年-2030年:技術、有力企業および見通し 

ヒアラブルとは、耳の中や上や周囲に装着するワイヤレス電子製品です。これらには、ヘッドホン、補聴器、人工内耳および関連する分野などの製品が含まれます。それらの用途には、消費家電や医療の分野を中心としたインフォテイメント、補聴および能力拡張、医療診断などが含まれています。このレポートは、ヒアラブル市場および技術的展望に関するもっとも包括的な分析を提供しています。
続きを読む

ロボット手術のイノベーション 2020-2030:技術、プレーヤー、市場 

このレポートでは、ロボット手術の分野を4つの主要セクターに分類しています。本レポートは、新しい技術を探求し、主要プレーヤーを強調し、市場の状況を分析し、将来の機会と課題について議論します。ロボット手術における人工知能と触覚フィードバックの使用の説明も含まれます。浮き彫りにされている傾向と予測は、ロボット手術市場の現在および将来の状況に関する詳細な洞察をもたらします。
続きを読む

バイオプラスチック 2020-2025年 

生物由来原料を利用したポリマーであるバイオプラスチックは、プラスチックがもたらす環境問題への潜在的なソリューションとなります。それらは再生可能資源から作られており、生分解可能なものが多いのです。にもかかわらず、バイオプラスチックは歴史的に価格的にはるかに安価な化石燃料由来プラスチックとの競争に苦戦してきました。しかしながら、事態は変わり始めています。この新規レポートは、バイオプラスチック製造に関わる技術を将来の有効なオプションとして検証し、その市場に関する知見を提供し、成長中の技術の将来性を概説しています。
続きを読む

グラフェン、2D材料およびカーボンナノチューブ:市場・技術・市場機会2019-2029 

当調査レポートは、グラフェン、カーボンナノチューブ、および非グラフェン2D材料の展望と技術的および商業的進歩の詳細な分析を提供します。グラフェンとCNTには形態的な違いがあるにもかかわらず、多くの共通点があるため、この材料技術のグループ化は理にかなっています。 一方、非グラフェン2D材料は補完的な特性を提供しています。
続きを読む

圧電型ハーベスティング・センシング:2019-2039年 

圧電型ハーベスティングとセンシングは圧電事業の7%でしたが、圧電道路に新たに投資された数百万ドルとIOT、スマートシティヘルスケアなどのセンシングの再発明により、10億ドル以上の新しい圧電市場が生まれる可能性があります。特許出願、印刷、フレキシブルフィルム、コーティングなどの新しい素材とフォーマットが大幅に増えています。当レポートは、グローバルなインタビュー、次世代テクノロジー、市場を含むすべてを独自にまとめています。
続きを読む

医療・歯科産業における3Dプリント:2019~2029年 

当レポートは、医療および歯科産業での応用のために、医療機器および生体組織の3D印刷で使用されるツールと技術をまとめています。技術の現状、用途、成功事例研究、市場成長、推進力、抑制因子、収益傾向分析を示す分析結果が提供されます。3Dプリンティング医療機器と生体組織は、2029年までに材料、機器、ソフトウェアプロバイダーに81億ドルの市場機会を提供します。
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当調査レポートは、伸縮性エレクトロニクスに関して必要とされるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある分析を提供し、利用可能なもしくは/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて取り上げ、伸縮性エレクトロニクスに統合される可能性がある60以上の製品タイプを検証し、100社以上の進捗状況まとめています。62企業、25の研究機関に関する初期調査、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント別の10年間の市場予測を提供します。
続きを読む

新しい電子機器と電気向けフルオロポリマー(フッ素重合体)市場 2019-2039年 

フルオロポリマー市場の成長は、摩擦電気、人工筋肉、イオン交換などの新たに最適化された電気的および電子的独自性によって促進されます。ここでは、床、建築用繊維、帆からの発電が行われます。新しいフォーミュレーションは、センシング、アクチュエ―ション、シグナリングなど、1つのデバイスで多くの機能を果たします。モーフィング翼航空機、次世代バッテリー、燃料電池、海洋波力など用に具現化されるものを優先します。10億ドルのビジネス、プレミアム価格設定、そして社会への大きなメリットが待っています。
続きを読む

ファイバーレーザー市場2018-2028::技術・成長機会・市場・成長予測 

当レポートは、高度にイノベーティブなレーザー技術と、急速な成長を遂げているファイバーレーザー市場の取材結果を提供します。これらは、市場調査会社ではめったに調査されません。当レポートは、レーザー物理研究の技術的背景を持つアナリストによって作成されています。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

ウェアラブルセンサ市場2018-2028年:技術、市場、主要企業 

センサは、多くのウェアラブルデバイスの背後にある中核的な価値提案を推進し続けています。このレポートでは、21の主要なウェアラブルセンサー(IMU、OHRM、深度とイメージング、化学センサー、温度センサー、マイク、GPSなどを含む)を取り上げ、その背後にある技術、ウェアラブルデバイスの実装、各業界の主要なトレンド、業界の115社を超える主要企業の詳細を明らかにします。市場は、2028年にセンサハードウェアのみで50億ドル以上に達するでしょう。
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む

動物向けウェアラブル技術2017-2027年:技術、市場、成長予測 

このレポートは、ペットから家畜、野生動物まで、動物用ウェアラブルエレクトロニクスのニーズ、技術、市場に関するものです。これには、動物の胃の中に摂取されるバックアップ機器とシステムとデバイスを含みます。また、皮下に埋め込まれるデバイスが含まれます。現在、世界で約300のメーカーがあり、生産量では中国で最も割合が高く、極めて基本的な製品を最低価格で製造しています。次に、米国、次に主要なイノベーターを含む他の国が続きます。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300