ロボット、自動運転&AI - IDTechEx Reports and Subscriptions

農業ロボット、ドローンおよびAI:2020-2040年:技術、市場および有力企業 

農業ロボット、マシンビジョンおよびAIの発達により、農作業の形に深層・広範に及ぶ変革が促されることになります。確かに今日の車両のサイズや新型ロボットが受け持つ総面積は全世界の農業に比べれば依然微々たるものにすぎません。それでも、その潮流はゆっくりではあるものの着実に変化しつつあるため、有力企業は安心してはいられないはずです。ロボット技術とAIは、コスト的に手の届く超精密農業の革命を実現しつつあり、それは最終的には農業用化学品、農業機械デザインそして農耕技術における常識を揺さぶることになっていきます。
続きを読む

ロボット手術のイノベーション 2020-2030:技術、プレーヤー、市場 

このレポートでは、ロボット手術の分野を4つの主要セクターに分類しています。本レポートは、新しい技術を探求し、主要プレーヤーを強調し、市場の状況を分析し、将来の機会と課題について議論します。ロボット手術における人工知能と触覚フィードバックの使用の説明も含まれます。浮き彫りにされている傾向と予測は、ロボット手術市場の現在および将来の状況に関する詳細な洞察をもたらします。
続きを読む

ロボットシャトルおよび自動運転バス 2020-2040年 

IDTechEx は、「ロボットシャトルおよび自動運転バス 2020-2040年」と呼ばれるこれに関する最初の詳細なレポートを発表しています。ロボットシャトルは、モノやヒトの新たな、そして重要な目に見える輸送形態の一つであり、それらは移動式オフィス、レストランなどとしても機能する余地があるものです。その核心は、決してUターンすることがないように対称的な直立箱型の8~20名乗りの車両であることがわかっています。小さな投影面積、全方位視界、大きなドア、静かで排気ゼロであり、それらは屋内や広場そして道路にも入ることができ、ほんの1日の間に多くの異なる作業をこなす能力を備えています。また都会での集中的な利用を念頭にしており、所定の速度、通常は時速50-60kmを決して超えることがないように制限されています。これらはすべからくトヨタや百度などの大企業そしてベンチャー企業に支えられた新たな輸送手段となり、ある企業はこの事業のために10億ドルの資金を調達しています。その試行錯誤の中で、困窮者や身体障害者の補助から、輸送ネットワークのニッチを着実に埋め、スクールバスや自家用車などの利用度の低い車両を置き換え、渋滞とコストの削減に至る多くの可能性のある用途が模索されています。
続きを読む

移動式ロボット、自動運転車&ドローン _物流、倉庫および搬送用途_2020-2040年 

このレポートは、無人搬送車/カート、産業用自律走行マテハン車両、GTP型ロボット、協調型自律走行ロボット、移動式ピッキング・ロボット、自律走行トラックおよび配送バンおよびポッド、配送ドローン、ならびに歩道ラストマイル配送ロボット、その技術、市場および見通しを調査しています。
続きを読む

車載用レーダー 2020-2040年:デバイス、素材、プロセス、AI、市場および有力企業 

本調査レポートは、レーダー技術の市場を調査し、特に自動車向け用途に重点を置いています。これは包括的な技術ロードマップを構築し、素材、半導体技術、パッケージング技術、アンテナアレイおよび信号処理のレベルの技術を検証しています。これは、レーダー技術が物体検知、分類および追跡を可能とする緻密化された 4D ポイントクラウドを実現する能力を備えた 4D イメージング・レーダーに進化する可能性があることを如実に示すものです。
続きを読む

LiDAR(ライダー)2020-2030年:技術、有力企業、市場および見通し 

IDTechEx は、ADAS と自動運転車の市場に特化したユニークな 3D LiDAR 技術を開発する106社の企業に関する包括的な分析を提供しています。弊社のインタビューに基づく企業の概要および略歴は106社の企業すべてを網羅するものです。見通しは6種の新たな LiDAR 技術および4種のタイプの自動車に区分されています。自動運転車用のグローバルな 3D LiDAR の市場は2030年までに54億ドルに拡大し、中でも MEMS LiDAR が最大の市場セグメントとして伸びています。
続きを読む

ドローン市場2018-2038::コンポーネント、技術、ロードマップ、市場予測 

当レポートは、コンポーネント、テクノロジー、アプリケーションロードマップ、およびドローン市場の包括的な分析を提供します。
続きを読む

ロボット&ドローンの世界市場 (2018-2038年):テクノロジー、成長予測、主要企業 

ロボットは、解放され、モバイルかつ協調的で、ますますインテリジェントな器用さを以て従来の拠点を超えて、以前はアクセスできなかったタスクを自動化すると考えられます。当レポートでは、ロボットおよびドローンの技術と市場のグローバルで包括的かつ詳細な評価を提供します。
続きを読む

ロボット工学用センサ市場:テクノロジー、市場、予測2017-2027年 

感覚的フィードバックに基づいて視認、感知、また、判断できるよりスマートなロボットの開発と展開は、かかるシステムが現在のロボットシステムが扱うよりもはるかに多くの市場セグメントを対象とするため、今後10年で大きな社会的影響を与えると予想されます。このレポートでは、今後10年間で161億ドルを超えると予想される、2Dおよび3Dビジョンおよび力覚センシングを含むロボットのセンシングシステムの市場を評価します。自動運転車、産業用ロボット、協働ロボットは、日常生活のあらゆる側面に増殖し、影響を与えるタイプのロボットの一部にすぎません。このレポートで強調されている関連する有効な検知システムの開発によってのみ拡散が可能になりました。
続きを読む

Sensors 2021-2041 

The sensor business is massively impacted by COVID-19, mobility reinvented, diabetes etc. Only in this report can you see the whole picture as it becomes around $250 billion in 2041.
続きを読む

電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年 

「電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年」は、電化の市場要因、バスが次々と開発されている状況、そして燃料電池式バスを含めバスにおける純バッテリー電動式とプラグイン・ハイブリッド式のパワートレインの見通しを扱っています。このレポートは、中国、欧州、米国、インドおよび世界のその他の地域をまたがる車両電化率を反映した電動式市バスの利用度に関する IDTechEx の最新の地域別見通しを提供しています。
続きを読む

マテリアルズ・インフォマティクス 2020-2030年 

マテリアルズ・インフォマティクスはイノベーションから市場投入までの時間を抜本的に加速させることによりR&Dのパラダイムを一変させます。複数の戦略的アプローチや既にいくつかの成功事例があり、この変革を見逃すことは非常に高くつくことになります。この調査レポートは、市場に関する重要な知見と概要を提供しています。専門的な初回インタビューを通じ、読者は有力企業、ビジネスモデル、技術そして用途分野に関する深い知見を得ることができます。
続きを読む

ヒアラブル 2020年-2030年:技術、有力企業および見通し 

ヒアラブルとは、耳の中や上や周囲に装着するワイヤレス電子製品です。これらには、ヘッドホン、補聴器、人工内耳および関連する分野などの製品が含まれます。それらの用途には、消費家電や医療の分野を中心としたインフォテイメント、補聴および能力拡張、医療診断などが含まれています。このレポートは、ヒアラブル市場および技術的展望に関するもっとも包括的な分析を提供しています。
続きを読む

デジタルヘルスと人工知能(AI) 2020:トレンド、機会、および展望 

2018年にはデジタルヘルスへの投資が81億ドルに達し、2019年には一連のIPOが成功するという状況に伴い、この複雑な分野での機会を理解し、それらがヘルスケア業界にどのように影響するかを理解することが最重要になっています。この調査レポートは、デジタルヘルスとヘルスケアエコシステムにおけるAIの詳細な概要を提供します。これには、消化器/デジタル治療、テレヘルス/テレメディシン、遠隔患者モニタリング、診断におけるAIなどが含まれます。
続きを読む

ヴァーティカル・ファーミング(垂直農法):2020-2030年 

ヴァーティカル・ファーミング(垂直農法)を巡る期待は近年急激に高まっています。育成環境を注意深く制御し、垂直育成システムを利用することで、垂直農法は都市の人口密集部において従来の農業を数百倍上回る収穫量を実現します。しかしそのような電力依存のプロセスが伝統的な農業と本当に競争しうるものとなるのでしょうか?このレポートは、垂直農法の背後にある技術を検証し、市場の事業機会に関する知見を提供し、この革新的技術の将来性を概説しています。
続きを読む

2020-2030年の農業における電気自動車とロボティクス 

農業、林業、芝生管理に関するハイブリッド自動車および純電気自動車そしてロボティクスならびにそれらのゼロエミッション充電マイクログリッドについてご確認ください。陸上車の優先順位は高いものですがドローンや養殖の分野も網羅しています。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略、自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。網羅的な最新例。2020年-2030年の技術や将来の成果に関する数値や金額の詳細な見通しをご確認ください。
続きを読む

鉱業における電気自動車とロボティクス 2020-2030年 

鉱業用のハイブリッドおよびピュアEV、および陸上車両を使ったマイクログリッドの充電が、最大の機会として優先されることが推測されます。ニーズ、課題、プレーヤー、アプリケーション、戦略、意見、および自律の例や、システム、コンポーネントのつぶさな検討を含む主要な実現技術についての深化。特定、評価、比較されたフォロワーとリーダー。
続きを読む

自動運転車およびロボタクシー 2020-2040年:有力企業、技術および市場見通し 

2040年までに自動運転車とロボタクシーのサービスは2.5兆ドルの市場となり、それは自動運転のエコシステムに関与する企業にとって大きなチャンスとなるものです。この調査レポートにおいて、IDTechExは自動運転における LiDAR、レーダー、カメラ、AI ソフトウェア、HD マップ、サイバーセキュリティ、5G および V2Xを含む要素技術、有力企業および市場トレンドに関する包括的かつ詳細な分析を提供しています。このレポートは、企業が自動運転の展望に関する包括的な知見を得て、これにより自社の製品と技術の位置づけならびにビジネスチャンスを評価することを可能にするものです。
続きを読む

ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年:技術、市場、主要企業 

ハプティクス技術は、スマートフォンやゲームコンソールコントローラーから自動車や産業用機器に至るまで、多くの使い慣れた製品で見られます。 背景にある技術は、過去5年間で大幅に変化しました。 この調査レポートは、多様で変化するハプティクス業界のすべての主要市場とテクノロジーを評価しています。
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当調査レポートは、伸縮性エレクトロニクスに関して必要とされるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある分析を提供し、利用可能なもしくは/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて取り上げ、伸縮性エレクトロニクスに統合される可能性がある60以上の製品タイプを検証し、100社以上の進捗状況まとめています。62企業、25の研究機関に関する初期調査、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント別の10年間の市場予測を提供します。
続きを読む

スマートシティの成長機会:インフラ・システム・マテリアル 2019年~2029年 

人々は仕事や娯楽などの理由で都市に移動しつつあります。人々の60%以上が都市に住んでおり、WHOと国連は2050年までに都市への住み替えは最大80%まで上昇すると予測しています。不幸にも、汚染、給水、地球温暖化、社会的混乱、物理的およびサイバー攻撃に対する脆弱性の増加など、これに対する大きなマイナス面があります。都市は、糖尿病の流行をはじめ教育と医療上の多くの苦悩を抱えており、都市での劣悪な食習慣による慢性的な肥満は救いがたい状況にあります。1000億ドルの解毒剤がありますが、スマートシティによるソリューションはこれらをはるかに凌駕します。
続きを読む

航空宇宙・防衛向け積層造形(AM)・軽量マテリアル (2018 - 2028年) 

航空宇宙は、他の輸送手段に比べて、トンキロあたりの二酸化炭素排出量が最も高くなっています。規制上の要求と経済的およびパフォーマンスの利点を組み合わせることで、重量を節約することが常に目標になります。当レポートでは、このセクターの主要な軽量化アプローチと、どのプレーヤーとテクノロジーが主な勝者と敗者であるかについて説明します。主な焦点は、先端的軽量材料と積層造形の台頭です。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む

未来のエレクトロニクスに用いられる機能材料市場:金属、無機および有機化合物、グラフェン、カーボン・ナノチューブ (CNT) 

ナノから超大型デバイスに至るまでの37品目の電子および電気デバイスが急速な進化を遂げると考えられます。化学および材料の製造企業のほとんどは、500億ドルを超える可能性のあるこの新興ビジネス全体を推し進める上での製造方法の定式化を構築することで、投資のリスクを軽減したいと考えています。確かに、新たに再開発された電気および電子デバイスの最大の市場は、先ず商品化されるか、突然崩壊し、材料の供給業者を置き去りにする可能性があります。このような悪い結果を回避するために、是非このレポートを読んでいただきたいと思います。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300