ロボット - IDTechEx Reports and Subscriptions

Report covering all aspects of robotics

ロボット&ドローンの世界市場 (2018-2038年):テクノロジー、成長予測、主要企業

ロボットは、解放され、モバイルかつ協調的で、ますますインテリジェントな器用さを以て従来の拠点を超えて、以前はアクセスできなかったタスクを自動化すると考えられます。当レポートでは、ロボットおよびドローンの技術と市場のグローバルで包括的かつ詳細な評価を提供します。
続きを読む

ドローン市場2018-2038::コンポーネント、技術、ロードマップ、市場予測 

当レポートは、コンポーネント、テクノロジー、アプリケーションロードマップ、およびドローン市場の包括的な分析を提供します。
続きを読む

農業用ロボットおよびドローン市場2018-2038年:技術、市場、主要企業 

当レポートは、農業用ロボットとドローンに焦点を当てています。ロボット市場と技術開発が農業ビジネスをどのように変化させるかを分析し、超精密および/または自律農業を可能にし、主要な世界的課題への対処を支援します。当レポートでは、ロボット技術が農業のさまざまな側面にどのように参入するのか、農業のやり方をどのように変え、バリューチェーンを変革するか、農薬ビジネスの未来と農業機械の設計方法をどのように変えるかの詳細なロードマップを展開します。
続きを読む

マテリアルハンドリングとロジスティクスのモバイルロボットとドローン2018-2038 

このレポートは、マテリアルハンドリングとロジスティクスにおけるモバイルロボット工学のすべての側面に焦点を当てています。特に、以下を考慮に入れています:自動誘導車両およびカート(AGV / AGC);自律移動車両およびカート/ユニット;モバイルピッキングロボット;ラストマイル配送地上ロボット(ドロイド)とドローン; 自律型トラックと軽配送バン(レベル4およびレベル5の自動化)。技術ロードマップと20年の市場予測をユニット数と収益で提供します。
続きを読む

ロボット工学用センサ市場:テクノロジー、市場、予測2017-2027年 

感覚的フィードバックに基づいて視認、感知、また、判断できるよりスマートなロボットの開発と展開は、かかるシステムが現在のロボットシステムが扱うよりもはるかに多くの市場セグメントを対象とするため、今後10年で大きな社会的影響を与えると予想されます。このレポートでは、今後10年間で161億ドルを超えると予想される、2Dおよび3Dビジョンおよび力覚センシングを含むロボットのセンシングシステムの市場を評価します。自動運転車、産業用ロボット、協働ロボットは、日常生活のあらゆる側面に増殖し、影響を与えるタイプのロボットの一部にすぎません。このレポートで強調されている関連する有効な検知システムの開発によってのみ拡散が可能になりました。
続きを読む

ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年:技術、市場、主要企業 

当レポートは、ハプティクス分野の市場、主要参入企業、テクノロジーの最も包括的な概要を提供します。OEMが大衆市場でERMモーターとLRAの間を移行する一方で、多くの新しい触覚技術が開発され、ニッチを見つけ始めています。総市場は2030年までに48億ドルを超えますが、当レポートは、新興セクターがますます輝きを増し、2030年までに毎年6億ドルの新しい収益を生み出していると報告しています。
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当レポートは、伸縮可能な電子機器について知る必要があるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある見解を提供し、利用可能なおよび/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて議論し、伸縮性エレクトロニクスを統合する可能性がある60以上の製品タイプを参照し、100社以上の進捗状況まとめています。62の企業に関する直接的な一次研究を含む25の研究機関、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント化された10年間の市場予測を提供します。
続きを読む

構造用エレクトロニクス&エレクトリクスとしてのスマートマテリアル:2019-2029年 

頑丈なプラスチック製携帯電話。太陽光発電が導電性コンクリートを発熱体に変え加熱されたスラブが道路の雪を溶かします。787平面に触れることで、ウィンドウの暗さをすでに調整しています。これはすべて構造電子工学であり、電気と光学も含む用語です。それは何年もの間空中ドローンなどの新しいものを可能にし、巨大なスマート素材ビジネスと新製品を生み出しています。当レポートのみがすべてを詳細に分析しまとめています。
続きを読む

スマートシティの成長機会:インフラ・システム・マテリアル 2019年~2029年 

人々は仕事や娯楽などの理由で都市に移動しつつあります。人々の60%以上が都市に住んでおり、WHOと国連は2050年までに都市への住み替えは最大80%まで上昇すると予測しています。不幸にも、汚染、給水、地球温暖化、社会的混乱、物理的およびサイバー攻撃に対する脆弱性の増加など、これに対する大きなマイナス面があります。都市は、糖尿病の流行をはじめ教育と医療上の多くの苦悩を抱えており、都市での劣悪な食習慣による慢性的な肥満は救いがたい状況にあります。1000億ドルの解毒剤がありますが、スマートシティによるソリューションはこれらをはるかに凌駕します。
続きを読む

航空宇宙・防衛向け積層造形(AM)・軽量マテリアル (2018 - 2028年) 

航空宇宙は、他の輸送手段に比べて、トンキロあたりの二酸化炭素排出量が最も高くなっています。規制上の要求と経済的およびパフォーマンスの利点を組み合わせることで、重量を節約することが常に目標になります。当レポートでは、このセクターの主要な軽量化アプローチと、どのプレーヤーとテクノロジーが主な勝者と敗者であるかについて説明します。主な焦点は、先端的軽量材料と積層造形の台頭です。
続きを読む

鉱山における電気自動車・自律走行車:2018-2028年 

当レポートでは、主要な市場プレーヤー、機器モデル、および採掘における電気自動車の技術選好の分析を提供し、この事業に参入するであろうと思われる主要なバッテリー、モーター、および充電器メーカーを調査します。どのリチウムイオン電池の化学とメーカーが産業車両市場を主導するかなどの質問が重要だと思いますか?どの充電ソリューションが望ましいと思いますか?急速充電または低速充電の何れが優先され、50kW、150kW、300kWの電力定格がありますか?また、当レポートでは、産業用車両用モーターの種類(ASM、PSM、SRM)の動向に関する範囲と、電気鉱山機器の運用およびデューティサイクル性能に関するケーススタディを提供します。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

Ten Forecasts on Digital Transformation 

Digital transformation is the application of digital technology to fundamentally impact all aspects of our society. As it pertains to an enterprise, digital transformation is the reinvention of a business or organization through the use of digital technology in order to improve the way it performs and serves its clients.
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む

未来のエレクトロニクスに用いられる機能材料市場:金属、無機および有機化合物、グラフェン、カーボン・ナノチューブ (CNT) 

ナノから超大型デバイスに至るまでの37品目の電子および電気デバイスが急速な進化を遂げると考えられます。化学および材料の製造企業のほとんどは、500億ドルを超える可能性のあるこの新興ビジネス全体を推し進める上での製造方法の定式化を構築することで、投資のリスクを軽減したいと考えています。確かに、新たに再開発された電気および電子デバイスの最大の市場は、先ず商品化されるか、突然崩壊し、材料の供給業者を置き去りにする可能性があります。このような悪い結果を回避するために、是非このレポートを読んでいただきたいと思います。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

Related Reports

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(US): +1 617 577 7890
ヨーロッパ(UK): +44 (0)1223 812300
中国:
日本(その他アジア): +81 90 1704 1184