スマートシティ - IDTechEx Reports and Subscriptions

This is the IDTechEx master report for Smart Cities

スマートシティ市場 2021-2041年: エネルギー、食品、水、素材、交通の見通し

スマートシティは、都市の情報通信技術の普及をはるかにしのぐ機会を用意した極めて野心的なものになってきています。新たな多機能素材、センサー、車両および建築技術の30件以上の20年先の見通しをご覧ください。対象となるエネルギー、水と食品の自立化技術およびインフラ撤去を把握してください。5,000億ドルの自給自足シティが現在では砂漠や外洋でも計画されています。有力企業地域動向この膨張する市場において投資機会を見い出してください。
続きを読む

5G 向け低誘電損失材料 2021-2031年 

5G の展開は全世界で急速に進んでおり、2030年までに7200億ドルの市場規模になることが見込まれています。5G ネットワークの最も革新的な部分は高周波数の 5G 技術にあります。ミリ波帯 5G 対応デバイスは基板とパッケージの双方のレベルにおける伝送損失を減らすため低誘電損失材料を採用することになります。これは低誘電損失材料の市場を生み出すことになり、その規模は2031年までに1億1000万ドルを超え、2026年から2031年まで28%の年平均成長率(CAGR)に達することとなります。
続きを読む

電気自動車と電気車両の充電インフラ 2021-2031年 

2031年までに電気自動車向け充電インフラは650億ドルの市場に成長します。このレポートでは、乗用車、トラックおよびバンの車両向けの充電インフラに関する包括的かつ詳細な分析を提供しています。コンダクティブ充電方式が現在そして将来をリードする中、当レポートは非接触充電、容量性充電、ロボティック、ワイヤレスそしてバッテリー交換などの新たな充電方式の技術と用途についても検証しています。2031年までの市場見通しには2015年からの過去の実績も含まれ、公共および民間の充電設備別、地域別、電力クラス別そして車両種別の内訳を盛り込んでいます。
続きを読む

電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年 

「電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年」は、電化の市場要因、バスが次々と開発されている状況、そして燃料電池式バスを含めバスにおける純バッテリー電動式とプラグイン・ハイブリッド式のパワートレインの見通しを扱っています。このレポートは、中国、欧州、米国、インドおよび世界のその他の地域をまたがる車両電化率を反映した電動式市バスの利用度に関する IDTechEx の最新の地域別見通しを提供しています。
続きを読む

5Gの技術、市場および見通し 2020-2030年 

IDTechExは今後数年間で急速な5Gインフラ展開や莫大な量の5G端末が市場に投入されることになると予測しています。5Gは2030年までにおよそ7,200億ドルの莫大な市場機会をもたらすでしょう。この調査レポートは、高周波数対応5G部材の特異なニッチを特定し、また5Gの市場機会を理解する上で必須となる5G技術と垂直アプリケーションに関する包括的な視点を提供しています。
続きを読む

水素エネルギー社会、燃料電池および水素製造方法 

このレポートは、エネルギー担体としての水素の現在の状況ならびに将来の発展に関する実情を読者に提供しながら、水素エネルギー社会に関する明確かつ客観的な全体像を伝えています。異なる燃料電池と電気分解装置の包括的な情報により、化学原理、関係する素材、技術的限界そして市場の主な有力企業を含めそれぞれの技術の将来のビジネスチャンスについて読者は把握することができます。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

脱塩:オフグリッドゼロエミッション 市場2018-2028年 

海面上昇:淡水源が枯渇します。地球温暖化や大気汚染源となるガスを使用せず、オフグリッドの動機による海水淡水化への取り組みが進んでいることは、より手頃な価格で安全で広く展開されていることを意味します。オフグリッドのゼロエミッション淡水化は2028年に350億ドルに跳ね上がると予測されています。詳細な新しいインフォグラムで満たされたこの180ページのレポートは、海水の淡水化とその将来の技術ロードマップを分析し、2028年に急成長する350億ドルの市場を予測分析しています。グリッド電気技術と脱塩技術による新しいゼロエミッションによって約束されるコスト削減と汎用性を明らかにします。
続きを読む

分散型電源:オフグリッド排気ゼロのキロワットからメガワット発電まで 2020-2040年 

排気ゼロのマイクログリッドの活気に満ちた市場は工業、商業および国防の用途に応えるキロワットからメガワットの電力に対応しています。新たな水力、太陽光、風力の技術は多くの家庭において ZE バッテリー・マイクログリッドの導入を促進するものであり、これに船舶やスマートロードの発電が続くことになります。素材、コンポーネント、システム、ソフトウェアの目覚しい市場機会を生み出しながら3,500億ドルという巨大な市場が形成されつつあります。80点の最新の解説画像とグラフを掲載するこの230ページのレポートだけが2020年から2040年のあらゆる動向をくまなく分析・予測しています。
続きを読む

ゼロエミッション電気自動車の充電:オフグリッド2020-2040 

市場の推進要因、100以上の組織のベストプラクティス、ボックス内マイクログリッド、分散型マイクログリッド、マイクログリッドとしての車両を学びます。外部ゼロエミッション、オフグリッドZEOG充電では、この大局的なアプローチが効果をもたらし、ほとんど調査されていないセクターにおける巨大市場が明らかになっています。たとえば、シティアパートメントに住むほとんどの人と共に、IDTechExは最初の大きな機会は車ではなくオフロードの産業車両であると考えています。後には、自動車を充電するソーラーハウスの巨大市場を含む多くのものが他にも見つかっています。
続きを読む

垂直農法 (ヴァーティカルファーミング):2020-2030年 

垂直農法(ヴァーティカルファーミング)を巡る期待は近年急激に高まっています。育成環境を注意深く制御し、垂直育成システムを利用することで、垂直農法は都市の人口密集部において従来の農業を数百倍上回る収穫量を実現します。しかしそのような電力依存のプロセスが伝統的な農業と本当に競争しうるものとなるのでしょうか?このレポートは、垂直農法の背後にある技術を検証し、市場の事業機会に関する知見を提供し、この革新的技術の将来性を概説しています。
続きを読む

環境ガスセンサー:2020年-2030年 

このレポートは、屋内・屋外の空気の汚れを監視するために、今後10年間で利用される主要な技術に関して広範囲な知見を提供しています。幅広い市場セグメントにまたがる10年間の見通しおよび主要トレンドや充足されていないニーズを合わせてカバーしています。IDTechEx は複数の市場、特にモバイルデバイス、空気清浄機およびウェアラブルデバイス、新しい市場における売上の大幅な拡大を予測しています。
続きを読む

自動運転車およびロボタクシー 2020-2040年:有力企業、技術および市場見通し 

2040年までに自動運転車とロボタクシーのサービスは2.5兆ドルの市場となり、それは自動運転のエコシステムに関与する企業にとって大きなチャンスとなるものです。この調査レポートにおいて、IDTechExは自動運転における LiDAR、レーダー、カメラ、AI ソフトウェア、HD マップ、サイバーセキュリティ、5G および V2Xを含む要素技術、有力企業および市場トレンドに関する包括的かつ詳細な分析を提供しています。このレポートは、企業が自動運転の展望に関する包括的な知見を得て、これにより自社の製品と技術の位置づけならびにビジネスチャンスを評価することを可能にするものです。
続きを読む

構造用エレクトロニクスおけるスマートマテリアルのビジネスチャンス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子、電気、オプトロニクスを組み合わせた2000億ドルの事業機会の見通しのある新素材を検証しています。モノリシック・フレキシブルフォン。バイオニック人間。充電不要の太陽光電気自動車。一つのオプションはインモールド・エレクトロニクスであり、電気的に多機能の単一部品を成形することにより自動車部品を95%削減します。各章は道路、建物、窓用の旧式の荷重支持構造の代替物について詳述しています。
続きを読む

LiDAR(ライダー)2020-2030年:技術、有力企業、市場および見通し 

IDTechEx は、ADAS と自動運転車の市場に特化したユニークな 3D LiDAR 技術を開発する106社の企業に関する包括的な分析を提供しています。弊社のインタビューに基づく企業の概要および略歴は106社の企業すべてを網羅するものです。見通しは6種の新たな LiDAR 技術および4種のタイプの自動車に区分されています。自動運転車用のグローバルな 3D LiDAR の市場は2030年までに54億ドルに拡大し、中でも MEMS LiDAR が最大の市場セグメントとして伸びています。
続きを読む

低消費電力無線ネットワークと 2019-2029年:世界市場の予測、技術、用途の分析 

低消費電力ワイドエリア無線ネットワーク(LPWAN)は複数の方法で開発されています。一方では、携帯電話ネットワークの拡張として低電力バージョンを追加している大規模な通信会社に対して、低電力で無認可の通信技術があります。多様なタイプを推進するさまざまな政府や地域で多くのタイプが利用可能です。
続きを読む

スマートガラス・ウィンドウ市場 (2018 - 2028年):電子シェードおよび半透過型PV 

スマートガラスは、主に自動車用、建築用、航空電子工学用の窓で使用される電気活性ガラスであり、需要は10年間で11億ドルに成長しています。通常、物理的なブラインドの代わりに電子シェーディング、または電気を局所で生成するための半透明のPVウィンドウ用です。技術と市場をカバーする唯一の包括的なレポートとして、ビルや車両の設計者、売り手、ユーザーを含むバリューチェーンのすべてを支援します。
続きを読む

エレクトリカルスマートロード市場:2018-2028年 

道路とその周辺では、自動除氷、除雪、電気自動車の充電、インタラクティブ照明、構造ヘルスモニタリングなどを駆動する大量の電力が生成されます。その結果、安全性、速度、節約、大気と水質の改善の強化を目指す1,000億ドルの新規ビジネスが実現します。当レポートでは、テクノロジー、主要企業、成長機会を対象とし、10年先の予測と20年先のロードマッピングを詳しく考察します。
続きを読む

自己出力型スマートシティの展望:2018-2028年 

都市は、大気汚染源となるバックアップ電力から、バックアップとしてのみ高価で錆びついた不安定な国内グリッドを使用するようになり、電力の太陽、風、水を活用した独立した電力エネルギー源の確保を目指します。10MWのソーラー駐車場と充電器、ソーラーウィンドウと道路、道路と経路の動き、空中風力エネルギーなどのすべてを綿密に評価、比較、成長予測し、明快な新しい情報グラム、ロードマップ、PhDレベルアナリストによる予測など、2050年までの全体像を学びます。
続きを読む

スマートシティの先進材料市場 2021-2041年 

スマートシティへの投資額は数兆ドルに膨らんでいます。先端材料は需要が年間4,000億ドル前後に達する重要なものです。「いたるところで太陽光発電」だけでも350億ドル前後の規模となり、多くの新規素材がこれに関わってきます。この探求にはエネルギー、食品および水の自給自足そして一つの車両の10種代替が含まれます。3Dプリンテッド・ビルから6G通信、自己修復およびさざ波発電に至る材料の課題の解消により数十億ドルの新規事業が生み出されることになります。
続きを読む

グリーン水素の生産: 電気分解装置市場 2021-2031年 

将来の市場動向を深く理解することを可能とする主要な電気分解装置の技術・市場に関する調査レポート。
続きを読む

6G通信の再構成可能なインテリジェント・サーフェスのロードマップ、材料、市場 2021-2045年 

数十億ドルの再プログラム可能インテリジェント・サーフェス RIS があらゆる場所で導入された場合にのみ6G通信は数兆ドル規模のビジネスとなることができます。最初のレポートに目を通し、大量生産におけるコスト、実用性そして要素材料、技術および有力企業を分析してください。2041年までの分野と金額的見通し、数十億ドルの市場機会について確認してください。それらがコストに見合う形でどのようにユーザーの便益を向上させることができるのかを理解してください。タイムライン、新規の解説画像、グラフおよび多くのイメージを確認してください。
続きを読む

ソーラーカー 2021-2041年 第二版 

最優秀の陸上・水域・空域用太陽光輸送機器、勝ち組企業、技術
続きを読む

6G通信市場、デバイス、材料 2021年~2041年 

6Gのためのデバイスと材料の機会は、5Gの10〜100倍になります。メタマテリアル、グラフェン、新規lll-V化合物、ポリマーなど、必要とされるものを理解します。6G通信を開始させるために、2020年に10億ドルが予定されました。新しいハードウェアはソフトウェアと同様に重要です。資金調達は、2030年頃に広範囲な展開に向けて拡大されます。デバイスと材料のサプライヤーは、今すぐにでも最初の段階で参加する必要があります。大きなチャンスを示しているのはこのレポートだけです。
続きを読む

ロボットシャトルおよび自動運転バス 2020-2040年 

IDTechEx はこの分野で「ロボットシャトルおよび自動運転バス 2020-2040年」と呼ばれる最初の詳細なレポートを発表しました。ロボットシャトルは、モノやヒトの新たな、そして重要な目に見える輸送形態の一つであり、移動式オフィス、レストランなどとしても機能する余地があるものです。その核心は、決してUターンすることがないように対称的な直立箱型の8~20名乗りの車両であることがわかっています。小さな投影面積、全方位視界、大きなドア、静かで排気ゼロであり、屋内や広場そして道路にも入ることができ、ほんの1日の間に多くの異なる作業をこなす能力を備えています。また都会での集中的な利用を念頭にしており、所定の速度、通常は時速50-60kmを決して超えることがないように制限されています。これらはすべからくトヨタや百度などの大企業そしてベンチャー企業に支えられた新たな輸送手段となり、ある企業はこの事業のために10億ドルの資金を調達しています。その試行錯誤の中で、困窮者や身体障害者の補助から、輸送ネットワークのニッチを着実に埋め、スクールバスや自家用車などの利用度の低い車両を置き換え、渋滞とコストの削減に至る多くの可能性のある用途が模索されています。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300