スマートシティ - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

5G 向け低誘電損失材料 2021-2031年 

5G の展開は全世界で急速に進んでおり、2030年までに7200億ドルの市場規模になることが見込まれています。5G ネットワークの最も革新的な部分は高周波数の 5G 技術にあります。ミリ波帯 5G 対応デバイスは基板とパッケージの双方のレベルにおける伝送損失を減らすため低誘電損失材料を採用することになります。これは低誘電損失材料の市場を生み出すことになり、その規模は2031年までに1億1000万ドルを超え、2026年から2031年まで28%の年平均成長率(CAGR)に達することとなります。
続きを読む

電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年 

「電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年」は、電化の市場要因、バスが次々と開発されている状況、そして燃料電池式バスを含めバスにおける純バッテリー電動式とプラグイン・ハイブリッド式のパワートレインの見通しを扱っています。このレポートは、中国、欧州、米国、インドおよび世界のその他の地域をまたがる車両電化率を反映した電動式市バスの利用度に関する IDTechEx の最新の地域別見通しを提供しています。
続きを読む

水素エネルギー社会、燃料電池および水素製造方法 

このレポートは、エネルギー担体としての水素の現在の状況ならびに将来の発展に関する実情を読者に提供しながら、水素エネルギー社会に関する明確かつ客観的な全体像を伝えています。異なる燃料電池と電気分解装置の包括的な情報により、化学原理、関係する素材、技術的限界そして市場の主な有力企業を含めそれぞれの技術の将来のビジネスチャンスについて読者は把握することができます。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

低消費電力無線ネットワークと 2019-2029年:世界市場の予測、技術、用途の分析 

低消費電力ワイドエリア無線ネットワーク(LPWAN)は複数の方法で開発されています。一方では、携帯電話ネットワークの拡張として低電力バージョンを追加している大規模な通信会社に対して、低電力で無認可の通信技術があります。多様なタイプを推進するさまざまな政府や地域で多くのタイプが利用可能です。
続きを読む

スマートガラス・ウィンドウ市場 (2018 - 2028年):電子シェードおよび半透過型PV 

スマートガラスは、主に自動車用、建築用、航空電子工学用の窓で使用される電気活性ガラスであり、需要は10年間で11億ドルに成長しています。通常、物理的なブラインドの代わりに電子シェーディング、または電気を局所で生成するための半透明のPVウィンドウ用です。技術と市場をカバーする唯一の包括的なレポートとして、ビルや車両の設計者、売り手、ユーザーを含むバリューチェーンのすべてを支援します。
続きを読む

スマートシティの材料、システム、市場 2022-2042年 

スマートシティのビジネスチャンスに関するこの330ページのレポートはそれが微々たる存在から希望の的に成長した理由について説明しています。解説画像は、公害、砂漠化、海面上昇、食品、水、エネルギーの自給、レジリエンス、保全、排気ゼロ物質や電化などの適切な措置について説明しています。必須となるスマート高機能材料、インフラ、超高性能コンクリート、VTOL の空飛ぶタクシー、ロボットシャトル、分散式の発電/蓄電、屋内食料生産、ICT、IOT、6G、センサー、2022-2042年を対象とする25種の最新ロードマップ見通し。
続きを読む

スマートシティ用のロボットシャトル 2021-2041年 

ロボットシャトルは新たな交通手段の一つです。2041年の200億ドルの売り上げと多大なサービス収入について確認してください。前後対称車両、低騒音、排気ゼロ、車椅子用の大型のスライド式ドアそして迅速な乗り降り、これらはスマートシティ用にデザインされたものであり、通学バスから有人のタクシーやバスに至るまで多くの利用不足の車両を置き換えるものです。
続きを読む

電気・燃料電池トラック 2023-2043年 

IDTechEx のレポート『電気・燃料電池トラック 2023-2043年』は急激に成長する排気ゼロトラック市場の将来を検証し、バッテリー電源、プラグイン・ハイブリッド、水素燃料電池トラックを網羅しています。このレポートでは、排気ゼロトラックに関する技術的・経済的側面が検証されており、またヨーロッパ、米国、中国といった主要な市場に着目した中型および大型の排気ゼロのトラックに関する IDTechEx の詳細な見通しが2043年まで提示されています。
続きを読む

電気自動車向けバッテリースワップ 2022年-2032年:  技術、プレイヤー、見通し 

バッテリースワップは、バッテリーのサービス(BaaS)ビジネスモデルとしての利用を促進します。これは EV の全体コストからバッテリーパックのコストを切り離すことを狙ったものです。パックスワップやモジュールスワップの技術が現在商用化されつつあります。このレポートは、これらの技術、有力企業ならびにこの市場のトレンドを取り扱い、またバッテリースワップ・ステーション(BSS)設置に関する詳細な10年先見通しを盛り込んでいます。
続きを読む

ガスセンサー 2022-2032年: 技術、ビジネスチャンス、有力企業、見通し 

ガスセンサーは確立された産業であると同時に、大衆デジタル化に向けたトレンドから利益を享受する格好の位置にあります。消費者や政策担当者の大気質に対する関心は新型コロナウイルスが契機となって大幅に高まっており、分散型ガスセンサー・ネットワーク市場が拡大しています。このレポートは、初期段階にある技術分析に加え、大手ならびに新興のセンサーメーカーとの議論を通じ、環境、医療、自動車および嗅覚市場にまたがるビジネスチャンスと課題を明らかにしています。
続きを読む

5G の熱管理 2022-2032年 

インフラと 5G 対応デバイスの継続的な普及拡大により 5G の展開は本格化しています。しかしながら、温度管理には多くの材料レベルの問題など多くの課題が残されています。このレポートは、5G アンテナのデザインと構成部品の進化を検証して半導体技術、関連するダイ接着材料、電源装置および熱伝導材料のトレンドを分析しています。これらのカテゴリーの現在の技術と新たな技術について2032年までのフォーキャストとともに解説しています。
続きを読む

モバイルロボット_物流、倉庫、搬送用途 2022-2042年 

モバイル(移動式)ロボットは物流業界の多くの課題に対する優れたソリューションとなりえます。このレポートでは有力企業、技術および市場、20年先の市場見通しおよび物流における14種の豊富なモバイル(移動式)ロボット製品例を紹介します。読者は現在の市場状況、技術の利用のされ方、技術トレンド、将来の市場の見通しに関して深い理解を得ることができます。
続きを読む

自己修復材料の市場 2022-2042年 

自己修復材料は構造物の早期修理や交換に必要となる数兆ドルの費用を削減することができるものです。コンクリート、プラスチックやその他の一部の材料ですでにある程度の自己修復特性を備えている場合もありますが、これより優れた材料によってこそ大幅なコスト削減を実現できるのです。ビジネス上のポテンシャルは何でしょうか?いつそれは可能となるのでしょうか?どのような技術や用途が最適で、研究の先行きから何が約束されているのでしょうか?商業的視点に根差したこのレポートは明確な最新の解説画像、比較表そして2022-2042年の見通しを備え、その回答を提供します。
続きを読む

RFID市場_見通し、有力企業およびビジネスチャンス 2022-2032年 

IDTechEx は RFID について20年以上にわたり調査を続けており、最新バージョンの RFID 市場調査レポート『RFID市場_見通し、有力企業およびビジネスチャンス 2022-2032年』をリリースしました。このレポートは弊社のノウハウに基づいて作成され、最新の RFID 動向トレンド、有力企業分析および市場展望を網羅しています。このレポートはRFID 技術、関連企業、利用事例検証および市場に関する客観的な評価を行い、現況および将来の可能性を含め、RFID セクター全体に関するユニークな知見を読者に提供しています。
続きを読む

電気自動車と電気車両の充電インフラ 2022-2032年 

急成長している電気自動車市場では、世界の各地域でさまざまな電力クラスに対応する充電インフラの需要が高まっています。この市場において、ハイパワー充電、バッテリースワップ、スマート充電のトレンドが見られます。本レポートでは、このようなバッテリー電気自動車やハイブリッド車、バン、トラックおよびバスの市場動向をOEM ハードウェアのベンチマーク、CPO 比較および細分化された市場予測と共に取り上げています。
続きを読む

プリンテッドおよびフレキシブルセンサー 2022-2032年:技術、有力企業および市場 

プリンテッドセンサーは急激に成長しつつある技術であり、信号処理のコスト引き下げ、フレキシブル薄膜フォームファクターおよび広域・センシングを実現し、モノのインターネット化(IoT)、インダストリー 4.0、患者モニタリングなどの最新用途に最適なものとなっています。この市場調査レポートは、プリンテッド光検出器、ピエゾ抵抗素子やピエゾ電気の圧力センサー、ひずみセンサー、温度センサー、プリンテッド電極、バイオセンサーならびに静電容量式タッチセンサーの技術と用途を網羅しています。
続きを読む

5G技術、市場および見通し 2022-2032年 

IDTechEx は5G 関連トピックについて継続的に調査を続けています。最新バージョンの本レポートは、IDTechExのノウハウに基づいて作成され、最新 5G 動向、有力企業分析および市場の展望を網羅しています。このレポートの主な内容には、mmWave 技術の進捗、オープン無線アクセスネットワーク(オープン RAN)開発ならびに米国、中国、日本、韓国、ヨーロッパの5つの主要地域における 5G の状況や将来のロードマップに関する詳細な地域分析が含まれています。
続きを読む

レドックスフロー電池 2021-2031年 

このレドックスフロー電池調査レポートには、科学的な仮説に基づいた RFB 市場の大きな変動が盛り込まれています。IDTechEx はリチウムイオン電池とレドックスフロー電池システムの均等化蓄電原価(LCOS)の計算により、レポートにおいて仮説を証明しています。変動性再生可能エネルギーの大量導入によりエネルギー業界はさらなるエネルギー貯蔵能力を要求されることになります。IDTechEx はRFB 市場が2031年に数十億ドル規模になると予測しています。
続きを読む

グリーン水素の生産: 電気分解装置市場 2021-2031年 

将来の市場動向を深く理解することを可能とする主要な電気分解装置の技術・市場に関する調査。
続きを読む

6G通信の再構成可能なインテリジェント・サーフェスのロードマップ、材料、市場 2021-2045年 

数十億ドルの再プログラム可能インテリジェント・サーフェス RIS があらゆる場所で導入された場合にのみ6G通信は数兆ドル規模のビジネスとなることができます。大量生産におけるコスト、実用性そして要素材料、技術および有力企業を分析としてご利用ください。2041年までの分野と金額的見通し、数十億ドルの市場機会について確認してください。それらがコストに見合う形でどのようにユーザーの便益を向上させることができるのかを理解してください。タイムライン、新規の解説画像、グラフおよび多くのイメージを確認してください。
続きを読む

6G通信市場、デバイス、材料 2021年~2041年 

6Gのためのデバイスと材料の機会は、5Gの10〜100倍になります。メタマテリアル、グラフェン、新規lll-V化合物、ポリマーなどについて理解することが要求されます。6G通信を開始させるために、2020年に10億ドルが投入されました。新しいハードウェアはソフトウェアと同様に重要です。資金調達は、2030年頃に広範囲な展開に向けて拡大されていくでしょう。デバイスと材料のサプライヤーとって重要な情報を網羅した調査レポートです。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300