Request a Demo

サステナビリティ - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

新たな代替レザー 2024-2034年:技術、トレンド、有力企業 

本レポートでは、菌糸体レザー、植物性レザー、微生物レザー、ラボグロウンレザーなど、バイオベースのヴィーガンレザー市場の主要技術とトレンドを包括的に取り上げています。70社以上の企業を特定し、技術的な準備状況、製造プロセス、材料ベンチマーク、用途、課題を分析しています。10年間の市場予測では、バイオベースのヴィーガンレザー需要の伸びをハイライトしています。
続きを読む

持続可能なパッケージング市場 2023-2033年 

持続可能なパッケージングソリューションは、市場圧力の加速に伴い、市場での採用が進んでいます。本レポートは、メカニカル再生プラスチック、ケミカル再生プラスチック、バイオプラスチックを含む30種以上の循環型パッケージング材料の包括的な検証と分析を提供しています。投資と業務提携を含む持続可能なパッケージング市場の主要動向分析により、読者に持続可能なパッケージング業界の先行きを解説します。また、持続可能なパッケージング材料の21種類の10年間予測を掲載し、この分野の現状把握、循環型資源利用に向けた将来の方向性を概説します。
続きを読む

電気自動車用バッテリーの再利用 2023-2033年 

EVバッテリーの再利用市場は様々な理由から非常に重要なものとなります。例えば、将来のエネルギーインフラへの付加価値、EVバッテリーの循環型経済の構築などが挙げられます。このIDTechExレポートには、市場予測に加え、主要な転用業者、バッテリー診断の有力企業、バッテリー再利用の技術経済実現性、規制、バッテリーデザイン、化学成分、技術トレンドの徹底分析が盛り込まれています。
続きを読む

培養肉 2023-2043年 

本レポートは、広範な調査と市場関係者へのインタビューに基づき、培養肉産業の技術および市場を詳細に分析したものです。培養肉の基礎となる技術、業界の状況、規制、消費者嗜好を検証し、業界の主要有力企業を評価しています。また、培養肉業界の10年間および20年間の予測を行い、市場が2043年までに137億米ドルの規模となることを予想しています。
続きを読む

持続可能なエレクトロニクス製造 2023-2033年 

このレポートはエレクトロニクス製造の持続可能な手法を分析しています。プリント基板と集積回路の持続可能な技術革新が、エレクトロニクスの新時代をどのように推進できるかを評価しています。詳細な市場予測を特徴とする本レポートは、拡張可能で費用対効果の高い方法で環境改善を実現できる様々な材料や製造プロセスをカバーしています。IDTechExは10年以内にPCBの20%がこれまで以上に持続可能な手法により製造されると予想しています。
続きを読む

プラスチックのケミカルリサイクルと溶解 2023-2033年 

プラスチックのケミカルリサイクルは著名な批評家や支持者の双方を引き付けています。これはプラスチックのバリューチェーンのすべてのステークホルダーが直面している持続可能性の課題への万能の解決策にはなりませんが、循環型経済の追求において無意味というものでもありません。この市場レポートは、熱分解、解重合、ガス化と溶解プロセスを含め、この分野の独自分析を提供しています。10年間市場予測は、重要な偏りのない見通しを提供しています。
続きを読む

バイオプラスチック 2023-2033年: 技術、市場、有力企業および見通し 

バイオプラスチックメーカーは生産能力を急拡大しており、今後10年間で 10.1% CAGR の成長が見込まれています。脱炭素の取り組みを実現し、持続可能性に関する消費者の要求に応え、化石資源由来の使い捨てプラスチック使用禁止法に適合するというブランド企業からの働きかけがメーカーを突き動かしています。このレポートでIDTechEx はバイオプラスチック市場の成長要因を検証し、主要技術や最新技術を分析し、使用済みプラスチックの行方を検証し、用途を議論し、さらにこの市場のビジネスチャンスや成長を探求しています。
続きを読む

持続可能な代替燃料 2021-2031年 

このレポートは、開発中の技術、商用化のレベル、対象用途、そして燃料の成長のポテンシャルについて議論しながら再生可能ディーゼル、持続可能な航空燃料、e-Fuelおよびグリーンアンモニアを含む主要な非化石系代替燃料に関する市場の概要を提供しています。バッテリー技術や水素などの他の低炭素ソリューションとの比較検証も行っています。
続きを読む

二酸化炭素(CO2)有効利用 2024-2044年:技術、市場予測、有力企業 

本レポートは、増進回収法、建設資材、燃料(合成燃料、power-to-gas)、ポリマー(ポリオール、ポリカーボネート、ポリオレフィン)、化学物質(アルコール、オレフィン、芳香族、合成ガス)などの廃棄二酸化炭素(CO₂)の有効利用および生物学的生産量(農作物温室、藻類、発酵)の増大に関する市場概要を提供します。世界中で回収されたCO₂利用の技術的、環境的、経済的側面を検証し、この新しい産業の発展における主な課題とビジネスチャンスを説明します。30社以上の企業プロファイル、CO₂使用量、CO₂U製品生産量、11のCO₂U製品を5つのカテゴリーに分けた収益予測、100社以上の調査対象企業が含まれます。
続きを読む

グリーン水素製造用材料 2024-2034年:技術、有力企業、見通し 

グリーン水素プラントの開発により、電解槽スタック構築に必要な多くの材料と部品の需要が生み出されます。本IDTechEx調査レポートでは、AWE、AEMEL、PEMEL、SOECスタックで使用される主要部品の現在および将来の材料と製造方法について解説しています。対象となる部品および材料には、触媒と電極、膜/電解質、多孔質輸送層(PTL)、ガス拡散層(GDL)、膜電極アセンブリ(MEA)法、バイポーラプレート、ガスケット、スタックアセンブリ部品が含まれます。本レポートには、電解槽スタックメーカーや材料サプライヤーの包括的なリストとともに、材料供給企業や新材料または製造方法の開発の事例研究も掲載されています。最後に、AWE、PEMEL、SOECスタックの部品および材料タイプ別の詳細な10年間の市場予測が掲載されています。
続きを読む

レドックスフロー電池市場 2024-2034年 

レドックスフロー電池(RFB)はリチウムイオン電池に比べ、低い均等化蓄電コストでより長時間にわたりエネルギーを貯蔵することが可能です。変動性再生可能エネルギー普及拡大を促進するために、長時間のエネルギー貯蔵技術の需要は増大することが予想されています。これは材料サプライヤー、RPB開発企業や電力会社を含むバリューチェーンの有力企業にビジネスチャンスをもたらします。本調査レポートは、RFB技術、有力企業、プロジェクト、材料、用途、経済性に関する予測と分析を提供します。
続きを読む

ホワイトバイオテクノロジー 2024-2034年 

このレポートは材料や化学業界のホワイトバイオテクノロジーの現状と成長の可能性の全体像を明らかにし、市場拡大を牽引する主要イノベーションを徹底検証しています。このレポートは、工業用バイオ製造によって作られる40以上の製品について、技術の成熟度、用途、課題、商業活動、見通しを明らかにし、10年間の市場予測では、10の予測ラインにわたる生産能力の伸びをハイライトしています。
続きを読む

水素エネルギー社会 2023-2033年: 製造、貯蔵、流通、用途 

本レポートでIDTechExは、低炭素水素の製造、貯蔵、流通、燃料電池、水素の最終利用分野を含む水素バリューチェーン全体で起こっている世界のビジネスチャンスを分析しています。これにはすべての関連技術の技術分析、技術経済比較、主な商業活動の詳細(プロジェクトや既存と新興企業を含む)、すべてのバリューチェーン構成要素にわたる主要市場動向が含まれています。また、用途別(7分野)水素需要(年間百万トン)、供給源別(グレー水素、ブルー水素、グリーン水素)水素生産能力(年間百万トン)、水素(グレー水素、ブルー水素、グリーン水素)市場(10億米ドル)の10年間詳細予測も提供しています。
続きを読む

リチウムイオン電池のリサイクル市場 2023-2043年 

2043年には2380万トンのリチウムイオン電池がリサイクルされ、1010億米ドル相当の有価金属のポテンシャルがあります。リサイクル業者は、リサイクル可能な中古EVバッテリー量の増加に備えて新設のリサイクル施設を主要地域で設立しています。このIDTechExの調査レポートは、世界80社のリチウムイオン電池リサイクル業者からのデータに基いて、最新市場予測、技術解説、政策、経済性の説明、市場分析に加え企業概要も提供します。
続きを読む

ガス分離膜 2023-2033年 

ガス分離膜の商用利用は目新しいものではありません。この業界は1980年代から2000年代初頭にかけて大きく成長し、一定規模の安定市場となりました。市場の牽引役が、主に脱炭素化のためのガス分離ニーズを持つアプリケーションを加速させ、材料開発が成熟するにつれて、市場は新たな成長段階に入るでしょう。 本調査レポート『ガス分離膜 2023-2033年』は、進化する業界の重要な技術ロードマップと市場展望を提供します。
続きを読む

小型モジュール式原子炉(SMR)2023-2043年 

IDTechExの新規発行調査レポート『小型モジュール式原子炉(SMR)2023-2043年』では、SMRの市場、技術、主要有力企業を包括的に分析しています。これには1980年代からの原子力産業の実績データが盛り込まれ、2023-2043年の詳細な地域別予測も提供しています。また。10種類の原子炉技術のデータ主体ベンチマーク比較も含まれます。急成長のポテンシャルを持つSMRは、2043年に世界の電力の2%を供給すると予測されています。
続きを読む

ブルー水素製造と市場 2023-2033年: 技術、予測、有力企業 

このレポートはブルー水素の製造技術、サプライチェーン、主要有力企業、材料、主なイノベーション、プロジェクトなどの分析を提供しています。6つの主要なブルー水素技術比較とそれらの技術に関する10年間の市場予測、7つのアプリケーション、3つの採用地域についても記載しています。また、採用可能な二酸化炭素の回収・有効利用・貯留(CCUS)技術を調査し、ブルー水素製造の見通しと課題を検証しています。
続きを読む

グリーン水素製造: 電気分解装置市場 2023-2033年 

IDTechExは水電解装置市場が2033年までに1,200億米ドルを超える規模に成長すると予測しています。グリーン水素や水素経済に対する以前の誇大宣伝が衰退した一方で、政府や民間による巨額の資金がグリーン水素の製造のための水電解システムの開発に費やされています。水素は石油精製やアンモニア製造を含む既存の市場、さらにメタノール、グリーンスチール、運輸用途などの新規市場もあります。しかし、脱炭素社会の実現に貢献するためには、製造される水素そのものが低炭素でなければなりません。
続きを読む

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)市場 2023-2043年 

このレポートは、二酸化炭素回収、有効利用、貯留(CCUS)の市場概要を提供し、業界の進歩、ビジネスモデル、環境・規制の側面を検証し、成長の課題とビジネスチャンスを特定しています。これにはCCUS市場の12カテゴリーの包括的20年間市場予測、1972年に遡るCCUSプロジェクトの実績データ、37件のインタビューに基づく企業プロファイル、技術ベンチマークを盛り込み、CCUSの状況を明確に把握することができます。
続きを読む

定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー 2023-2033年 

定置型エネルギー貯蔵のためのバッテリー需要は、世界的に電力網に追加される再生可能エネルギー資源の増加に伴い、また再生可能エネルギー発電とエネルギー貯蔵に関する目標達成のための政府や州からの圧力により、成長すると見られています。このIDTechExの市場調査レポートには、市場予測、有力企業分析、技術トレンドと用途、収益源となるビジネスモデルや設備取付の上位国地域分析が盛り込まれています。
続きを読む

二酸化炭素除去(CDR)市場 2023-2040年: 技術、有力企業、予測 

このIDTechExレポートでは、CO₂を大気から回収する工学的および自然プロセスによるネガティブエミッション技術(NETs)を網羅した二酸化炭素除去(CDR)ソリューション市場概要を紹介しています。またCDR普及の課題やビジネスチャンスを特定し、初期段階にある全世界のCDR業界の技術的進歩、ビジネスモデルと環境的側面について検証しています。CDRの展望の明確な全体像を把握するための市場予測、企業概要と各種分析も盛り込まれています。
続きを読む

薄膜&フレキシブル太陽電池 2023-2033年 

太陽電池技術の未来はシリコンをはるかに超えて「薄膜」と呼ばれる特定のクラスに属する数多くの代替材料に広がっています。これらの材料は、高効率の屋内エナジーハーベスティング、製造の簡略化、従来のシリコン製 PV よりも潜在的な低コストの可能性など、ユニークな利点をもたらします。特に家庭や店舗の電子機器のスマート化が進み、急速に市場が拡大しているモノのインターネット(Internet of Things)機器に電力を供給する役割を期待されています。
続きを読む

ペロブスカイト太陽電池 2023-2033年 

ペロブスカイト太陽電池はすでに顕著な効率を実証しており、低コスト、薄膜構造、調節可能な光吸収性により新たな用途が可能となっています。この IDTechEx の調査レポートは、ペロブスカイト太陽電池の適合性とビジネスチャンス、イノベーションの余地や参入障壁を検証しています。また安定性に関する主な課題の解決法、製造方法、特殊材料の要件も分析しています。
続きを読む

植物由来の食肉 2021-2031年 

植物由来の食肉市場は、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけとして畜産業への関心の高まりや製品品質の大幅な向上に刺激され、近年急激に成長しています。しかしこの業界は従来型の食肉業界を揺さぶるポテンシャルを発揮することができるのでしょうか? IDTechEx によるこのレポートは、生産プロセス、消費者の観点、業界への投資ならびに主要な有力企業を含む植物由来の食肉市場の技術と業界の分析を提供します。このレポートでは植物由来の食肉業界の将来に関する10年先見通しも提供しています。
続きを読む

電気、ハイブリッドおよび燃料電池の小型商用車 2021-2041年 

電動小型商用車市場は急激な電化においてユニークな位置にあります。IDTechExの新たな2021-2041年新型コロナウイルス対応修正版見通しレポートは、グローバルと地域のレベルにおける eLCV 売上、市場浸透度、市場売上額および据付済みバッテリー容量に関して20年先の綿密な見通しを提供し、この急激に進化していくセクターにおいて企業が効果的な計画立案をできるよう支援しています。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300
アジア: +82-10-3896-6219