Request a Demo

熱管理 Reports and Subscriptions

IDTechEx 調査レポート一覧

電気自動車の熱管理 2025-2035年:材料、市場、技術  

本レポートでは、電気自動車のバッテリー、モーター、パワーエレクトロニクスや車両全体を対象とした熱管理手法を分析しています。OEM戦略、材料、冷却水、技術について深く掘り下げ、10年間の詳細な市場予測を技術別に掲載しています。
続きを読む

熱伝導材料(TIM) 2024-2034年:技術、市場、予測 

本レポートでは、EVバッテリー、パワーエレクトロニクス、データセンター、EMIシールド、5G、ADAS、家電製品向けの熱伝導材料を技術面から徹底分析しています。用途別に面積(m2)、重量(kg)、収益(ドル)、TIM単価(ドル)の10年間の詳細予測を提供します。本レポートでは、熱伝導性フィラーの最新動向、高性能TIM、商用利用の成功事例、TIM参入企業の過去の買収と提携やTIMの今後の動向について取り上げています。
続きを読む

EVパワーエレクトロニクスの熱管理 2024-2034年:予測、技術、市場、トレンド 

本レポートは、電気自動車(EV)パワーエレクトロニクスで採用されている熱管理戦略を詳細に調べ、EV電力半導体パッケージング内の熱アーキテクチャ、ダイおよび基板アタッチメントに利用される材料(はんだ、銀焼結、銅焼結等)、熱伝導材料、空気・水・油を伴う冷却方法など、さまざまな側面をカバーしています。さらに、SiC MOSFET、 Si IGBT、GaN技術で利用されているダイアタッチ、基板アタッチ、熱伝導材料(TIM)について、技術的に詳しく検討しています。また、EV電力業界におけるTIM市場についても、技術別(Si、SiC、GaN)、コンポーネント別(インバータ、車載充電器、DC-DCコンバータ)に予測し、複数の商用利用事例を掲載しています。今回の調査では、2021年から2023年までの過去の市場データと2024年から2034年までの将来的な予測を提供しており、EVパワーエレクトロニクス分野における熱管理を包括的に理解することができます。大幅な成長見通しを示し、TIMの総市場価値は2034年までに9億米ドルを超えると予想しています。
続きを読む

電気自動車バッテリー用防火材料 2024-2034年:市場、トレンド、予測 

内燃機関車と比べて火災発生率は低いものの、電気自動車にとって、防火性は不可欠で、材料にいくつかのビジネス機会をもたらします。本レポートでは、規制動向やバッテリー設計のトレンドと、それらがセラミック、マイカ、エアロゲル、コーティング、封止材、発泡材、圧縮パッド、相変化材料といった防火材料にどう影響するかを考察しています。また材料・車両セグメント別の年間需要量と市場価値の市場予測を提供しています。
続きを読む

データセンターの熱管理 2023-2033年 

このレポートは、データセンターで使用される空冷、コールドプレート/ダイレクトチップ冷却、液浸冷却,および関連する冷却水循環装置(CDU)、冷却剤、熱伝導性材料(TIM)ポンプについて分析しています。また各冷却方式の利点と欠点を検証し、業界有力企業の知見に基づきデータセンターのIT能力別の技術の商用化ロードマップを提示し、データセンター冷却技術業界に部品を供給する企業が検証べき重要な要素を解説しています。
続きを読む

ADAS(先進運転支援システム)の熱管理 2023-2033年 

自動車業界では安全性や運転の利便性を高めるために自律走行機能の導入が急速に進んでいます。これには一連のセンサー(カメラ、レーダー、LiDAR)とコンピューティング・プラットフォームが必要です。これらのコンポーネントは進化しており、熱管理の課題があるため、熱伝導材料、ダイ接着材料、レーダー・レドーム材料や電波干渉(EMI)シールドのビジネスチャンスを生み出しています。本レポートは、 ADAS の熱材料の市場を分析し、トレンド、有力企業と緻密な市場見通しを提供しています。
続きを読む

5G の熱管理 2022-2032年 

インフラと 5G 対応デバイスの継続的な普及拡大により 5G の展開は本格化しています。しかしながら、温度管理には多くの材料レベルの問題など多くの課題が残されています。このレポートは、5G アンテナのデザインと構成部品の進化を検証して半導体技術、関連するダイ接着材料、電源装置および熱伝導材料のトレンドを分析しています。これらのカテゴリーの現在の技術と新たな技術について2032年までのフォーキャストとともに解説しています。
続きを読む

電気自動車用パワーエレクトロニクス 2025-2035年:技術、市場、予測 

電気自動車(EV)用パワーエレクトロニクスに関する本レポートでは、EV業界におけるワイドバンドギャップ(WBG)半導体のトレンドと用途、SiCの急速な普及、GaNの今後の可能性について解説しています。原材料から自動車メーカーまで、現行のSi IGBTと破壊的なSiC MOSFETを取り巻くEVパワーエレクトロニクスのサプライチェーンを考察します。 合弁事業や提携が急速に進む変化の激しい分野で、インバータ技術の動向、800Vアーキテクチャ、車載充電器(OBC)やDC/DCコンバータに搭載される低電力用途向けWBGの強みを取り上げます。 EV向け市場全体が2035年までに360億ドル規模に到達するなど、2024年から2035年にかけての予測を出しています。
続きを読む

関連調査

 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300
アジア: +82-10-3896-6219