ハプティクス: パート1 - 成長を遂げた勢いのある10年間を振り返る | IDTechEx Research Article

ハプティクス: パート1 - 成長を遂げた勢いのある10年間を振り返る | IDTechEx Research Article

本記事は、ハプティクスに関する3部構成の記事の第1部となります。ハプティクスは、触覚を刺激する技術を利用するものです。IDTechExでは過去5年間、この重要な市場の背景にある技術を扱ってきており、最近も最新のレポート『ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年』を発表しました。

James Hayward
ハプティクス: パート1 - 成長を遂げた勢いのある10年間を振り返る
本記事は、ハプティクスに関する3部構成の記事の第1部となります。ハプティクスは、触覚を刺激する技術を利用するものです。IDTechExでは過去5年間、この重要な市場の背景にある技術を扱ってきており、最近も最新のレポート『ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年』 を発表しました。
 
大多数の人がスマートフォンを通じて毎日ハプティクスを体験していることでしょう。触覚フィードバックには、通知または着信を受けた時のバイブレーション、多くの電話機で物理ボタンを操作する時に発生する「クリック」感覚、タッチを基本としたその他のデバイス操作などがあります。
 
しかしながら、ハプティクスはスマートフォン時代のずっと前から、テクノロジー市場の一つとしてはっきりと存在していました。これまで、ハプティクスを取り入れたデバイスの大半は、ゲーム機用のコントローラーという形で販売されていました。ERMモーター(偏心モーター)と呼ばれる触覚アクチュエータが用いられ、ゲーム中の適切なタイミングで、おなじみの振動フィードバックを生み出します。スマートフォンでのハプティクスは、同様の技術を利用し始まったものです。ERM(偏心回転質量)モーターは、着信や受信メッセージに対応して振動フィードバックを生み出すために、初期の多くのスマートフォンで採用されました
 
早くも2011年には、スマートフォンはゲーム機を追い抜き、ハプティクスの最大の利用分野となりました。このことは、IDTechExのレポート『ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年』に含まれる広範な過去のデータ(2010年まで)および市場予測(2030年まで)の中で詳述しています。IDTechExは過去5年間にわたりハプティクス業界を追っており、毎年特集レポートを公開しています。レポートには主要企業へのインタビュー、ハプティクス技術に関する市場データ、収益と採用状況、各主要関連技術の評価などを掲載しています。
 
スマートフォン以外に、ハプティクスは他のいくつかの製品分野にも導入されており、成功の度合いも様々です。ポケットベルなどのデバイスには何十年もの間、ハプティクスが使われてきました。最近では、ウェアラブルテクノロジー分野がハプティクスを広く採用しており、特にスマートウォッチやその他のフィットネストラッカーなどの製品でよく用いられています。ハプティクスはまた、車両でも利用されており、最も目につくのがドライバーへの警告(車線逸脱警告など)ですが、多くの企業は、車載インフォテインメント用インターフェースの一部として触覚フィードバックを追加しようと模索しています。ハプティクスはまた、浸透率は低いものの、一部のノートパソコン(トラックパッドの下にあるアクチュエータなど)にも導入されています。またタブレットなどの他のデバイスにおいて表面触覚を可能にするような新しい技術を使用する試みも行われています。
 
IDTechExのデータを用いて、2019年のデバイスタイプ別のハプティクスの収益を示したもの。レポートでは、これらの各カテゴリーを合計で10種のデバイスタイプに分割し、それぞれを製品のタイプとハプティクス技術の組み込みの観点から説明しています。
出展: IDTechEx research
 
すべてのトピックスは調査レポートでカバーされています。本シリーズの次の記事では、スマートフォンに続くハプティクスの応用先はどこかという、この業界の将来を考察する上での重要な疑問を取り上げます。
 
 
 
IDTechEx調査レポート『ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年』 を購入すると30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。
 
IDTechExの調査レポートは、IDTechEx日本法人 アイディーテックエックス株式会社から購入できます。
ご希望の方にサンプルページ をお送りします。その他、調査レポートに関する質問、購入に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。見積書、請求書も発行します。
 
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区大手町1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子 m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 090-1704-1184
 
 
Top image: Pixabay