フルプリンテッドセンサー市場は2032年までに49億に到達

フルプリンテッドセンサー市場は2032年までに49億に到達

フルプリンテッドセンサー市場は2032年までに49億に到達
プリンテッドセンサーとフレキシブルセンサーは、ディスプレイを除いて、プリンテッド・エレクトロニクス市場の最大の構成要素となっています。実際IDTechExでは、フルプリンテッドセンサー市場は、その最大の市場であるプリンテッドグルコーステストストリップが持続血糖測定器(CGM)に奪われるとしても、2032年までに49億ドル規模に達すると予測しています。このように、このカテゴリー全体の市場成長は、多くの新しい用途と技術の登場によって実現します。
 
IDTechExの最新版調査レポート『プリンテッドおよびフレキシブルセンサー 2022-2032年:技術、有力企業および市場』では、非常に幅広い用途を持つ既存技術と新しい技術の両方を網羅しプリンテッド・フレキシブルセンサーを包括的に調査しています。
 
具体的には、次の項目を取り上げています。
  • ピエゾ抵抗センサー
  • 圧電センサー
  • プリンテッド光検出器
  • 温度センサー
  • ひずみセンサー
  • 静電容量式タッチセンサー
  • ガスセンサー
  • バイオセンサー
  • フレキシブルウェアラブル電極

プリンテッドセンサー・フレキシブルセンサーの牽引要因

プリンテッドセンサーは、イメージセンサーからウェアラブル電極まで、さまざまな技術と用途に広がっています。各センサーカテゴリーでは、従来の技術を超える独自の価値提案が模索されていますが、それぞれが普及までの道のりに技術面、商業面の課題を抱えています。
 
課題はさまざまながらも、多くの種類のプリンテッドセンサー・フレキシブルセンサーの普及を牽引している要因が数多くあります。その中でも最も重要なのが、「IoT」と「インダストリー4.0」の普及が進んでいることです。それには、多くの場合ワイヤレス接続された、低コストかつ邪魔にならないセンサーによる大規模ネットワークが必要です。また、プリンテッドセンサー・フレキシブルセンサーの薄膜フォームファクタとコンフォーマル性により、それらを小型デバイス内に組み込み、自由度の高い設計が可能となり、製品や潜在的な新しいユースケースの差別化を可能にします。
 
プリンテッドセンサー・フレキシブルセンサーは、継続的な健康モニタリングやスマートビルディングなど、様々な用途に使用されています。- これらの用途は、IDTechEx 調査レポート 『プリンテッドおよびフレキシブルセンサー 2022-2032年:技術、有力企業および市場』でカバーされています。

プリンテッドセンサー・フレキシブルセンサー技術

本レポートで取り挙げている、ビジネス的に最も有望なプリンテッドセンサー・フレキシブルセンサー技術をいくつかご紹介します。
 
静電容量式タッチセンサー  スマートフォンやタブレットなどの透明タッチセンサーとして定着しており、広く使用されています。しかし、使用される透明な導電材料、大画面ディスプレイ上のタッチを感知する能力、漏れ検出やインタラクティブサーフェスなどの静電容量センシングに代わる用途などの観点から見れば、静電容量式タッチにはまだイノベーションの余地が大いにあります。
 
ピエゾ抵抗型力覚センサー  長年にわたって活用されている技術です。現在では、乗車センサーや楽器、産業機器、一部の医療機器などに幅広く利用されています。これらの市場はある程度商用化が進んでいますが、このセクターでは、新しく、差別化された、より高付加価値の用途にアクセスするべく、イノベーションが進められています。その一例が、機能の起動ポイントに加わる力の強さを測定できる3Dタッチパネルです。これにより、従来の静電容量式タッチパネルよりも複雑なHMIジェスチャーの認識が可能になります。各サプライヤーは引き続き、電話機、コンピューターゲーム、自動車の内装をターゲットにしています。
 
ガスセンサー  官能基化カーボンナノチューブや溶液処理可能な半導体を利用した新しいアプローチにより、継続的にイノベーションが起きている分野です。ガスセンサーは既に多くの産業分野で利用されていますが、大気汚染に対する懸念が高まるにつれて普及がさらに進む可能性があります。プリンテッドガスセンサーが独自の機能を提供するもう1つの長期的に有望な用途が、食品の包装に直接印刷し、食品の劣化を測定するというものです。
 
温度センサー シリコンナノ粒子かカーボンナノチューブを含む複合インクを使用することなどにより印刷できます。主な課題は、低コストと軽量性、そしてサーミスタや測温抵抗体などの非常に成熟したソリューションが広く普及しているという点です。そのためプリンテッドセンサーは、傷や皮膚疾患のモニタリングのようなコンフォーマルアレイを使用した空間分解能が必要な用途に対して最も明確な価値提案を有します。電気自動車のバッテリーのモニタリングは、もう1つの非常に有望な用途であり、その軽量性とパウチセルへの組み込みやすさが主な魅力となり、関心が寄せられています。

概要

IDTechExの最新レポート『プリンテッドおよびフレキシブルセンサー 2022-2032年:技術、有力企業および市場』では、上記の9つの異なるプリンテッド・フレキシブルセンサーについて、現状と将来のアプリケーションの可能性について解説しています。本レポートでは、技術別、アプリケーション別に、数量と売上高の両面から非常に詳細な10年間の市場予測を行っています。また、複数のアプリケーション紹介、技術的・商業的評価、アーリーステージ企業や既存の企業へのインタビューに基づく50社以上の企業プロファイルも網羅しています。
さらに詳しくは、IDTechExの調査レポート『プリンテッドおよびフレキシブルセンサー 2022-2032年:技術、有力企業および市場』で、ご確認ください。
 
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。詳しくは、下記担当までお問い合わせください。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、イベントを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。