使用済みEV向けバッテリー、その後の価値 | IDTechEx Research Article

使用済みEV向けバッテリー、その後の価値 | IDTechEx Research Article

電気自動車が急速に普及したことにより、その中で最も高価なコンポーネントであるバッテリーに関して疑問が投げかけられています。8~10年使用して容量が低下したバッテリーは、電気自動車から取り外された後どうなるのでしょうか?

Dr Na Jiao
使用済みEV向けバッテリー、その後の価値
電気自動車が急速に普及したことにより、その中で最も高価なコンポーネントであるバッテリーに関して疑問が投げかけられています。8~10年使用して容量が低下したバッテリーは、電気自動車から取り外された後どうなるのでしょうか? フォルクスワーゲンは、2025年までに100万台のEVを製造するという大胆な目標を発表しており、使用済みEV用バッテリーについての計画も既に策定しています。フォルクスワーゲンは今年初め、最大360 kWhの使用済みEV用バッテリーで構成され、最大4台の車両を同時に充電することが可能なモバイル急速充電器「電気自動車用パワーバンク」を発表しました。フォルクスワーゲンによると、二次利用バッテリーで駆動するモバイル充電ステーションは、充電インフラの急速な拡大に対し、フレキシブルかつ費用対効果の高いアプローチを提供するとのことです。
 
EVで8~10年間使用した後のバッテリーは、通常、容量と電力の低下により電気自動車に必要なレベルを満たせなくなり、その役目を終えます。IDTechExの最新レポート『電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年』によれば、2030年までに毎年600万個以上のバッテリーパックが電気自動車から取り外されることになります。使用済みバッテリーから原料を抽出するためにリサイクルするのが通常の選択肢のようです。しかしながら、これら使用済みバッテリーは、本来の容量の最大70~80%を保持できる可能性があり、リサイクルする前に定置型エネルギー貯蔵などの負荷の少ない用途でさらに利用できる場合があります。大手OEMやエネルギー貯蔵会社は、使用済みEVバッテリーの二次利用を模索するための様々な試験的取り組みや事業計画を開始しています。
 
IDTechExの調査では、二次利用バッテリーの容量は2030年までに年間275GWhを超えることになり、エネルギー貯蔵にとっては大きな機会となります。しかしながら、多くの技術的、経済的および規制上の課題が存在するため、企業が二次利用バッテリーから利益を得ることが困難になる可能性があります。レポートでは、二次利用バッテリーのバリューチェーン全体の中での主要技術、主要企業、課題、市場機会などについての詳細な分析を提供しています。このレポートは、二次利用バッテリー分野で世界をリードする企業への取材を基にして、市場規模の予測と今後10年間の二次利用バッテリーの主要な市場動向の分析を行っています。
 
二次利用バッテリーは、電気自動車とエネルギー貯蔵のバリューチェーンをつなぐ役目を果たします。二次利用バッテリーの潜在的な価値は、電気自動車での一次利用時の設計と使用の方法、二次利用における回収と使用の方法、そして再利用の価値などの影響を受けます。このレポートでは、ライフサイクルの観点からバリューチェーン分析を行い、ステークホルダーが潜在的な価値を得る機会を特定できるようにしています。また、主要な技術的課題の明確化と二次利用バッテリーの価値向上を目的とした技術の開発を行っている企業に対する分析も行っています。そのほか、二次利用バッテリーのコスト分析や潜在的な価格の決定メカニズムについても記述されているとともに、既存バッテリーの二次利用のビジネスモデルを分析し、サービス主体のビジネスモデルがどのようにバッテリーの二次利用を促進するのかについても考察しています。このような内容は、企業各社が二次利用バッテリーがもたらす価値機会をより巧みに捉えて自社のビジネスモデルに反映させる上で参考となるはずです。さらに詳しくはIDTechExの最新レポート『電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年』をご覧ください。
 
IDTechEx調査レポート『電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年』を購入すると30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。
 
IDTechExの調査レポートは、IDTechEx日本法人 アイディーテックエックス株式会社から購入できます。
ご希望の方にサンプルページ をお送りします。その他、調査レポートに関する質問、購入に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。見積書、請求書も発行します。
 
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区大手町1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 090-1704-1184
 
Top image: Pixabay