ハプティクスの成長を牽引する有望な用途

ハプティクスの成長を牽引する有望な用途

Zehao Li
Business woman's hand with one finger touching a central point of light with rings coming away and brightly coloured dots
ハプティクス市場は、ここ10年間で規模が約2.6倍になり急成長を遂げています。この間に起きた最大の変化は、2015年にAppleが自社の主力製品に独自のリニア共振アクチュエーター(LRA)であるタプティックエンジンを初めて投入したことです。それ以来、市場の焦点は、もはや単なる振動や音の発生だけではなく、さまざまな感覚を与える高解像度の触覚フィードバックへと移行しています。この市場の変化とその後に最終製品のサプライヤ数が増加したことで、2015年から2017年にかけて急速な成長が見られました。それ以降は、もう1つの画期的製品であるソニーのDualSenseコントローラーが発売された2020~2021年まで、市場のトレンドに動きはありませんでした。この新製品と多くのハプティクス関連デバイスの売上は、コロナ禍でのロックダウンにより急増し、市場規模が急拡大する第2波へとつながりました。
 
IDTechExのハプティクスに関する最新調査レポート『ハプティクス 2023-2033年: 技術、市場、有力企業』では、この業界の年間売上が2027年までに50億ドルを超え、その後2033年まで伸び続けると予測しています。本レポートには、2010年から2033年までの過去のデータと今後の市場予測が含まれています。これらのデータは、IDTechExのハプティクス業界に関する豊富な知見と他の関連市場に対する詳細な調査によって作成されたものです。
 
2015年以降触覚ハプティクス業界は急成長、一方で通知振動は縮小。: Source IDTechEx 『ハプティクス 2023-2033年: 技術、市場、有力企業』
 
IDTechExでは、この市場の長期的な見通しについて楽観的な見方をしているものの、市場成長率は今後数年間で鈍化すると予測しています。それは既存技術やLRA、偏心回転質量(ERM)モーターなどのコモディティ化や、関連するデバイス製品が飽和状態を迎えることに起因しています。そのため市場の各プレーヤーは、どうすればこれらの要因をはねのけて業界の成長を継続させることができるのかを検討しています。進むべき道の一つは、より高度で価値の高いハプティクス技術です。IDTechExの最新調査では、その他の電磁アクチュエーター(ボイスコイルモーターなど)から、圧電アクチュエーター(セラミック、複合材、ポリマーを材料としたもの)、形状記憶合金、マイクロ流体力学、静電システムなどの他の技術まで、市場に新たに登場した重要な選択肢を対象としています。本レポートでは、徹底的な技術評価とベンチマーク評価を提供しながら、将来の市場における先進技術の商業的可能性を検証しています。
 
市場成長の加速を促すもう1つの戦略は、ハプティクスの普遍的な導入が進んでいない分野や、より重要なハプティクスのユースケースが考えられる分野に焦点を当てることです。IDTechExの最新レポート『ハプティクス 2023-2033年: 技術、市場、有力企業』では、さまざまなカテゴリーでの豊富なケーススタディを用いて、この検討事項について考察しています。その他のテーマである非接触型ハプティクス、ボタン・ハプティクス、ディスプレイ・ハプティクス、表面触覚、運動感覚ハプティクスなどについては、より大きなエコシステムの中でそれぞれ異なるトレンドが見られるため、個別に章を設けて解説しています。さらに本レポートでは、スマートフォンからウェアラブル、ゲーム、AR・VR・MR、自動車やその他の関連製品まで、さまざまな業界を調査し、これらの分野におけるハプティクスの新たなトレンドを明らかにしています。また、IDTechExではVR・AR・MR業界と自動車業界にも機会があり、今後10年で大きく成長する可能性があると見ています。
 
さらに詳しくは、IDTechExの最新レポート『ハプティクス 2023-2033年: 技術、市場、有力企業』で、ご確認ください。
 
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。詳しくは、下記担当までお問い合わせください。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、イベントを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。