抗菌技術市場 2021-2031年: IDTechEx

新型コロナウイルスにより抗菌関連会社は3ケタから4ケタ台の成長を遂げています

抗菌技術市場 2021-2031年

抗菌添加剤と抗菌コーティングは持続的で残留的な抗菌、抗ウイルス、抗真菌作用を実現します


製品情報 概要 目次 価格 Related Content
抗菌技術は新型コロナウイルスの感染拡大により一挙に注目を浴びることとなり、全世界数十億の人々に対し、汚染された表面からの保護を提供しています。これらの製品の背後にある技術とは?どのように機能するのか?この市場動向に注目する企業にとって考慮すべき重要な点は何か?そして未開拓の市場がまだあるとすればそれは何か?次世代の抗菌剤を開発する機が熟しています。
新型コロナウイルスのパンデミックは世界最悪の公衆衛生上の緊急事態の一つであり、世界中の生活のあらゆる面に影響を与えました。パンデミックはまた、抗菌技術や抗菌製品に対する意識を新たな高みへと押し上げました。抗菌技術市場のプレイヤーは、新しい抗菌製品に対する空前の需要を満たすために添加剤やコーティング剤を開発しており、2~3桁、場合によっては4桁もの成長を遂げている業界プレイヤーも見られます。
 
抗菌技術とは?
IDTechExの本レポートで扱っている抗菌技術とは、細菌、ウイルス、真菌などの微生物の活動を抑制、あるいは排除する添加剤やコーティング剤を指します。定期的な洗浄では、表面に存在する微生物を除去・死滅させることができますが、抗菌技術では、一度洗浄し、次に洗浄するまでの間も保護された状態が保たれます。
 
しかし、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの前でも、抗菌技術は多くの分野において命を救うこと、コストを節減することに活用されてきました。抗菌技術の利用を牽引するキードライバーは、院内感染(または医療関連感染)への対応力です。抗菌技術は、病院などの医療施設で使用すると、感染率を大幅に低下させることが実証されています。この技術を用いることで、数万人とまではいかなくても数千人が亡くなるのを防ぐことができ、数十億ドルの節減にもつながります。
 
食品、農業、水産養殖、建設(HVACシステムを含む)、公共の場など、医療分野以外にも多くの機会があります。建造環境で抗菌性の塗料、コーティング剤、添加剤を使用することで、保護する製品の寿命を延ばすことができるだけでなく、室内空気質への対応を通じて人の健康を間接的に改善することもできます。抗菌繊維により、衣服、カーテン、カーペット、インテリアファブリックに防臭効果を付加することが可能です。農業において抗生物質を予防的に使用するのをやめる方向に世界が動いている中で、抗菌剤企業はその穴を埋め始めています。そして今、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、公共の場において接触頻度の高い表面を洗浄することの重要性や、パンデミック後の世界の人々に安全な環境を提供する上で抗菌技術が担う役割が注目されています。
 
本レポートでカバーしている内容
このレポートでは、主要な抗菌技術について深く掘り下げています。各抗菌技術の作用メカニズムを説明し、抗菌技術の商品化を行っている各企業の有効性の主張を比較しています。主要プレイヤーと新興プレイヤー両方の概要を、一次取材を含め、本レポートに記載しています。
 
本レポートで取り上げる技術:
  • 銀(塩化銀、銀ゼオライト、銀ナノ粒子など)
  • 銅(酸化銅、銅ナノ粒子など)
  • 亜鉛(酸化亜鉛、ジンクピリチオンなど)
  • シラン四級アンモニウム化合物
  • 二酸化チタン
 
本レポートではまた、新しい材料、従来の殺菌剤を安定化・限局化する革新的な方法、表面パターン形成技術などの生体模倣技術、酵素、ペプチド、染料のような天然由来の抗菌剤など、商業化済み、または開発中の10の技術をさらに取り上げています。
 
IDTechExでは、抗菌技術・製品を積極的に開発している100社を超える企業を特定しており、この中には、この分野に専門特化した企業が60社以上あります。市場の規模、見通し、予測、および新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる影響に関する考察も本レポートに記載しています。
 
なぜ、重要か?
本レポートに記載の情報は、抗菌技術の開発において考慮すべき事項を明確にすることで、この高まりつつある抗菌にまつわるトレンドに追随しようとしている人々にとって、有益なものとなるでしょう。技術は一見似たようなものに見えるかもしれませんが、パンデミックは、グレーな領域に取り組むことで素早く成功を収めたい企業の増加を後押ししています。人々の関心がこれまでになく高まっている今こそ、環境に配慮し、持続可能、効果的であり、将来においても有効な抗菌製品を開発するときです。抗菌技術は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックから安全に抜け出すこと以上の大きな可能性を持っていますが、使い方を誤るともっと悪い問題を引き起こす可能性もあります。
IDTechEx のアナリストへのアクセス
すべての調査レポートの購入には、レポートの主な調査結果をお客様が直面しているビジネスの課題に関連付けることをお手伝いする専門のアナリストと最高30分電話でやり取りすることができる時間が含まれています。この特典は調査レポート購入後3ヶ月以内に利用する必要があります。
詳細
この調査レポートに関してのご質問は、下記担当までご連絡ください。

アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人)
担当: 村越美和子 m.murakoshi@idtechex.com
Table of Contents
1.EXECUTIVE SUMMARY& CONCLUSIONS
1.1.Antimicrobial Technology Market: Scope of the Report
1.2.Microorganisms are Everywhere
1.3.Key Driver: COVID-19
1.4.Key Driver: Hospital Acquired Infections
1.5.Key Driver: Antimicrobial Resistance
1.6.Antimicrobial Technology Market: Players
1.7.Antimicrobial Technology Players: By Technology
1.8.Summary of Key Antimicrobial Technologies
1.9.Environmental Considerations of Antimicrobial Technologies
1.10.Antimicrobial Technology and Antibiotic Resistance
1.11.Technology Conclusions and Outlook
1.12.Antimicrobial Technology Players: By Size and Year Founded
1.13.Key Applications of Antimicrobial Technologies
1.14.Antimicrobial Technology Market
1.15.Antimicrobial Technology Market: Effect of COVID-19
1.16.Antimicrobial Technology Market Size in 2020
1.17.Antimicrobial Technology Market Outlook
1.18.Antimicrobial Technology Market Forecast 2021-2031
2.INTRODUCTION
2.1.Scope of the Report
2.2.Microorganisms are Everywhere
2.3.Bacteria
2.4.Bacteria: Biology
2.5.Bacteria: Biofilm
2.6.Mold and Mildew
2.7.Virus
2.8.Key Driver: COVID-19
2.9.Key Driver: Hospital Acquired Infections
2.10.Key Driver: Antimicrobial Resistance
2.11.Ideal Antimicrobial Technology
3.MATERIALS AND TECHNOLOGIES
3.1.1.Techniques to Control Microorganisms
3.1.2.Mechanisms of Action
3.1.3.Substrates
3.1.4.Metals
3.2.Silver
3.2.1.Silver: Mechanism of Action
3.2.2.Silver: Efficacy
3.2.3.Silver: Effect of Moisture
3.2.4.Silver: Environmental Concerns
3.2.5.Silver: Potential for Resistance
3.2.6.Silver: SWOT Analysis
3.2.7.Silver: Players
3.2.8.Addmaster: Biomaster
3.2.9.Applied Silver: SilvaClean
3.2.10.Applied Silver: SilvaClean
3.2.11.AST Products: RepelaCOAT
3.2.12.Covalon: CovaClear, CovaCoat, and more
3.2.13.DuPont: SILVADUR
3.2.14.HeiQ: HeiQ Pure, HeiQ Viroblock
3.2.15.Inhibit Coatings
3.2.16.Innovotech: InnovoSIL and Agress
3.2.17.Microban: SilverShield
3.2.18.Noble Biomaterials: Ionic+
3.2.19.PURE Bioscience: PURE Hard Surface
3.2.20.Sanitized
3.2.21.Sciessent: Agion
3.2.22.Sciessent: Agion for Medical
3.3.Copper
3.3.1.Copper: Mechanism of Action
3.3.2.Copper: Efficacy
3.3.3.Copper: Potential for Resistance
3.3.4.Copper: Comparison with Silver
3.3.5.Copper: SWOT Analysis
3.3.6.Copper: Players
3.3.7.Aereus Technologies: CuVerro Shield
3.3.8.CleanCU: K COPPER PLUS
3.3.9.Cupron
3.3.10.Nanosafe Solutions: AqCure and NSafe+
3.3.11.Antimicrobial Copper
3.4.Zinc
3.4.1.Zinc: Mechanism of Action
3.4.2.Zinc: Efficacy
3.4.3.Zinc: Potential for Resistance
3.4.4.Zinc: SWOT Analysis
3.4.5.Zinc: Players
3.4.6.Ascend Performance Materials: Acteev Protect
3.4.7.Microban: ZPTech
3.4.8.Thomson Research Associates: Ultra-Fresh
3.4.9.Parx Materials
3.4.10.Sonovia
3.5.Silane Quaternary Ammonium Compounds (Silane Quat)
3.5.1.Silane Quat: Mechanism of Action
3.5.2.Silane Quat: Efficacy
3.5.3.Silane Quat: SWOT Analysis
3.5.4.Silane Quat: Players
3.5.5.Goldshield Technologies: GS5 and GS75
3.5.6.Microban: AEGIS MicrobeShield
3.6.Titanium Dioxide
3.6.1.Titanium Dioxide: Mechanism of Action
3.6.2.Titanium Dioxide: Efficacy
3.6.3.Titanium Dioxide: SWOT Analysis
3.6.4.Titanium Dioxide: Players
3.6.5.Kastus
3.7.Others
3.7.1.Other Antimicrobial Technologies
3.7.2.PolyDADMAC
3.7.3.Quick-Med Technologies: Nimbus
3.7.4.Polyhexamethylene biguanide (PHMB)
3.7.5.BioInteractions: AvertPlus
3.7.6.Calcium Hydroxide
3.7.7.Alistagen: Caliwel
3.7.8.Hydrogen Peroxide: Quick-Med Technologies
3.7.9.Photosensitizing Chemicals
3.7.10.Dyphox
3.7.11.Silicon Nitride
3.7.12.SINTX Technologies
3.7.13.Chlorine: UMF Corporation
3.7.14.Surface Patterns
3.7.15.Sharklet Technologies
3.7.16.Graphene
3.7.17.Piezoelectric Polymers and Fibers
3.7.18.Pieclex
3.7.19.Antimicrobial Peptides
3.7.20.Amicoat: AMC-109
3.7.21.NitroPep
3.8.Technology Summary and Other Considerations
3.8.1.Antimicrobial Technologies: Summary
3.8.2.Laboratory vs Real Life Efficacy
3.8.3.Levels of Evidence
3.8.4.Environmental Considerations
3.8.5.Antibiotic Resistance
3.8.6.Technology Conclusions and Outlook
4.APPLICATIONS
4.1.Overview of Antimicrobial Technology Applications
4.2.Healthcare: Hospitals and Other Healthcare Facilities
4.3.Healthcare: Medical Devices
4.4.Healthcare: Advanced Wound Care
4.5.Healthcare: Costs of Infections
4.6.Healthcare: Silver
4.7.Healthcare: Copper
4.8.Food
4.9.Agriculture
4.10.High Touch Surfaces
4.11.Construction
4.12.Construction: Examples
4.13.Construction: HVAC
4.14.Automotive
4.15.Product Protection
4.16.Marine
4.17.Fabrics and Textiles
4.18.Summary of Antimicrobial Technology Applications
5.REGULATIONS
5.1.Overview of Antimicrobial Technology Regulations
5.2.USA: EPA and FIFRA
5.3.USA: Residual Efficacy Claims
5.4.USA: Public Health vs Non-Public Health
5.5.USA: Treated Articles
5.6.European Union: ECHA and BPR
5.7.European Union: Approved Actives and Suppliers
5.8.Antimicrobial Technology Testing
5.9.Textiles: OEKO-TEX and Bluesign
6.MARKET LANDSCAPE
6.1.Overview of Antimicrobial Market Landscape
6.2.Antimicrobial Technology Market Overview: By Technology
6.3.Antimicrobial Technology Market: Players
6.4.Antimicrobial Technology Players: By Technology
6.5.Antimicrobial Technology Players: By Country
6.6.Antimicrobial Technology Players: Business Model
6.7.Antimicrobial Technology Players: Size and Year Founded
6.8.Antimicrobial Technology Players: Competition and Differentiation
6.9.Masterbatch and Plastics
6.10.Chemical Corporations
6.11.Paints and Coatings
6.12.Antimicrobial Technology Market
6.13.Antimicrobial Technology Market: Effect of COVID-19
6.14.Antimicrobial Technology Market: Effect of COVID-19
6.15.Antimicrobial Technology Market Size in 2020
6.16.Antimicrobial Technology Market Outlook
6.17.Antimicrobial Technology Market Forecast 2021
6.18.Market Outlook: Silver Prices
6.19.Market Outlook: Copper Prices
7.ANTIMICROBIAL TECHNOLOGY AND COVID-19
7.1.Background COVID-19
7.2.COVID-19 as a Pandemic
7.3.SARS-CoV-2 Transmission
7.4.SARS-CoV-2 and Surfaces
7.5.Examples of Companies Using Antimicrobial Technologies Against COVID-19
7.6.Films and Tubes: CleanCU
7.7.Films and Tubes: TouchPoint Science
7.8.Coatings and Spray: Goldshield Technologies
7.9.Sanitizer Spray: Covalon Technologies
7.10.Application: Antimicrobial Travel
7.11.Application: Cruise Industry
7.12.Risk of Fomite Transmission
7.13.Application: Antimicrobial Face Coverings
7.14.Face Masks: Ascend Performance Materials
7.15.Face Masks: HeiQ
7.16.Face Masks: I3 BioMedical
7.17.Face Masks: Nanosafe Solutions
7.18.Face Masks: Sciessent
7.19.Is Antimicrobial Fashion the Future in a Post-COVID World?
 

価格および注文方法

抗菌技術市場 2021-2031年

£$¥
電子版_PDF(ユーザー 1-5名)
£4,650.00
電子版_PDF(ユーザー 6-10名)
£6,750.00
電子版_PDFおよびハードコピー1部(ユーザー 1-5名)
£5,050.00
電子版_PDFおよびハードコピー1部(ユーザー 6-10名)
£7,150.00
電子版_PDF(ユーザー 1-5名)
€5,250.00
電子版_PDF(ユーザー 6-10名)
€7,450.00
電子版_PDFおよびハードコピー1部(ユーザー 1-5名)
€5,700.00
電子版_PDFおよびハードコピー1部(ユーザー 6-10名)
€7,900.00
電子版_PDF(ユーザー 1-5名)
$5,995.00
電子版_PDF(ユーザー 6-10名)
$8,495.00
電子版_PDFおよびハードコピー1部(ユーザー 1-5名)
$6,495.00
電子版_PDFおよびハードコピー1部(ユーザー 6-10名)
$8,995.00
電子版_PDF(ユーザー 1-5名)
¥628,000
電子版_PDF(ユーザー 6-10名)
¥884,000
電子版_PDFおよびハードコピー1部(ユーザー 1-5名)
¥678,000
電子版_PDFおよびハードコピー1部(ユーザー 6-10名)
¥934,000
Click here to enquire about additional licenses.
If you are a reseller/distributor please contact us before ordering.
お問合せ、見積および請求書が必要な方はm.murakoshi@idtechex.com までご連絡ください。

レポート概要

スライド 207
フォーキャスト 2031
発行日 Feb 2021
ISBN 9781913899318
 

コンテンツのプレビュー

pdf Document Sample pages
 
 
 
 

Subscription Enquiry