Gas Sensors for Internet of Things

IoT用途ガスセンサー

大気汚染が公衆衛生への脅威となっています。空気の質に関する情報があれば、適所で適時に大気汚染レベルを低減する適切な措置を取ることができます。

Dr Luyun Jiang
IoT用途ガスセンサー
大気汚染が公衆衛生への脅威となっています。空気の質に関する情報があれば、適所で適時に大気汚染レベルを低減する適切な措置を取ることができます。しかし、そのような情報は主として定点観測所から提供され、通常空間有効範囲が限られています。こうした観測所は安全上の理由から行政機関や企業により運営されています。このように運営母体が限られるのは主に気体の測定機器が通例大型でかなりの専門知識を必要とし、さらに高額(1モジュールが1,000ドルを超える)であるため、なかなか個人の手に届きにくいという理由からです。微小電気機械システムとインターネットの接続性の急速な発展に伴い、現在、顧客の期待はさらに高まりつつあります。喘息患者はスマートフォンを使ってリビングルームにいても大丈夫かチェックしたいと思いますし、アスリートは酸素レベルをモニターできればトレーニングプランを改善できるでしょう。各部屋の空気の質がわかれば、オフィスビルの換気システムも自動化されるでしょう。このように、大量の機器に組み込まれ、互いに通信することができる、超低電力で低コスト、そして小型のガスセンサーを求める市場が拡大しています。あらゆるもののインターネット化(IoT)が急速に広まるにつれ、大気質情報は集中的に集められ、共有され、分析されて、最終的にはより健康的な社会に貢献していくでしょう。
 
IDTechExの調査レポート 環境ガスセンサー 2018-2028では今後数年間でガスセンサー市場は大きく成長し市場規模は2028年に30億ドル以上になると予測しています。スマートシティ、スマートホーム、スマートフォン、ウェアラブル機器などのIoTアプリケーションからの成長がほとんどです。 しかし、各市場セグメントは異なる側面を強調しています。たとえばスマートシティのプロジェクトでは、高感度かつ選択的に異なる気体を同時に感知することが求められますが、ウェアラブル端末ではサイズと価格が重要なポイントになります。適切なガスセンサーの選び方、あるいは適切な参入市場区分の見極め方が重要な問題で、何を選択するかはセンサーの利用方法や検知原理により大きく異なってきます。このレポートでは様々な検知原理の長所と短所をまとめ、IoTその他における利用の適合性について分析しています。
IDTechExはIoT市場全体において大幅な売り上げ増加を予測しており特に携帯機器や空気清浄機の伸びが著しいと見ています。
 
Source: IDTechEx Research
 
さらに詳しくはIDTechExの調査レポート環境ガスセンサー 2018-2028 をご覧ください。
 
IDTechExの調査レポート環境ガスセンサー 2018-2028はIDTechEx日本法人 アイディーテックエックス株式会社から購入できます。
見積書、請求書発行も発行します。
 
詳しくは下記までお問い合わせください。
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
090-1704-1184
Learn more at the next leading event on the topic: Business and Technology Insight Forum. Boston, June 2019 External Link on 4 - 6 Jun 2019 in Boston, USA hosted by IDTechEx.