IDTechEx Home | Publications | Web Journals | Consultancy





講演会

Not logged-in
Login here

講演会の概要

 

11月9日

RFIDマスタークラス (午前―オプション)

スマートパッケ-ジングマスタークラス (午後―オプション)  

11月10日

講演会 - アプリケーション

"タグの取り付けは、、、" プレゼンテーションシリーズ;
”専門家との懇談”ドリンクを取りながらのレセプション; 展示会

11月11日

講演会 - テクノロジー

"世界各国のRFIDの現況"セッション;

"技術" セッション; 展示会

11月12日

日本企業RFID視察

(定員あり申し込み順)

        

                                            

 

講演会のパンフレットはこちらへ

 

1日目: アプリケーション

2004年11月10日(水)

08:00 登録、お飲み物及び展示会

       

08:40 スマートラベル・アジア2004の紹介

司会者:ピーター・ハロツプ博士, IDテックEx, 英国

    

小売店と流通におけるRFIDアプリケーション

08:45 パッケージングにおけるRFID:サプライヤーと小売り業者の要求とは

フェリックス・ホー, 副社長, YFYペーパーマニフェクチェア, 台湾

  • RFIDが、どのようにパッケージング産業の将来に与える影響
  • RFIDシステムを開発および導入した個人的経験
  • 大中華圏での、RFID市場および技術開発の展望

      

09:15 小売サプライチェーンへのRFID 導入:小売店より得られた教訓

マイケル シンガー, 部長, Global Business Development, Tyco Fire & Security, 米国

  • 何故、米、西欧はRFIDを導入するか
  • 世界中のサプライヤーへの影響
  • 小売サプライヤーのRFID導入について事例研究
  • 導入業績およびチャレンジ

   

09:45 食品SCMへのRFIDの適用と展望

落合 巧, ICタグ事業化センター課長, 大日本印刷(株), 日本

  • 食品流通管理用途へのRFID利用システム適用パイロット事例紹介
  • 各種パイロット事例から普及に向けた課題を抽出し、解決策を提案する

 

10:15 食品SCMへのRFIDの適用と展望

三宅 信一郎, Enterprise Segment Marketing & RFID Program Lead, Hewlett-Packard Japan, Ltd, 日本

  

10:45 お飲み物及び展示会

    

航空と船郵送におけるRFIDアプリケーション

11:15 航空手荷物タグの完全ガイド

ルイス・カーク, 社長, セックスタント テクノロジィ, 米国

  • 航空手荷物のRFIDタグ利用の説得力ある事例
  • 航空手荷物タグの歴史−トライアル、スタンダード、キープレィヤー
  • 世界各国の トライアルの成功および失敗から得たこと
  • 未来に待ち受けるものは

     

11:45 RFIDによる、航空貨物および倉庫管理

エリック・ウッド, アジアパシフィック副社長, マトリックス, 米国

  • 航空貨物における初期RFIDの採用
  • アジア貨物と倉庫への RFID導入
  • 採用に際しての技術的、経済的挑戦
  • サプライチェーン全体にわたる利点

           

12:15 スマート・セキュアー トレードライン

サビ テクノロジー アジア, シンガポール, ゴー・ウン・クーン, 上級副社長

  • スマート・セキュアー トレードラインの概観
  • RFIDとePCを使用しどのようにサプライチェーン全体を見れる視界を提供
    するか
  • スマート・セキュアー トレードライン主導によるRFIDの導入成功のケー
    ススタディ

   

12:45 昼食及び展示会 

     

RFIDの革新的アプリケーション

14:00 e-羊革命:生産力および製品トレーシング

ジェームス・ロウ教授, CEO, オーストラリア羊産業協同組合研究センター(CRC), オーストラリア

  • 何故RFIDが羊産業にとって重要なのか
  • 効果的データ利用による収益増大
  • 自動認識を可能にする
  • 価値体系(肉と羊毛)および消費者利点

    

14:30 「揺りかごから墓場まで」資材トラッキング-建設業の革新的なRFID適用

イアン・シェリー, コンサルタント, MTR Corporation, 香港

  • 建設業における資材管理の既存の問題
  • RFIDに基づいたシステムが、どのように問題解決するか
  • 導入の挑戦とMTRの実際の結果
  • アセットタグの影響ー経験と教訓

     

15:00 Asset Management RFID Solution

Masashi Kagawa, Senior Manager, NTT コミュニケーションズ, 日本

    

15:30 お飲み物及び展示会

    

タグの取り付けは、、、

16:00 タグの取り付け、、ケースとパレット

リッチ・フレッチャー, MIT,パッケージ・RFID特別関連グループ長、客員研究員, MIT, 米国

  • ケースとパレット・タグの鍵となる推進力とは
  • タグとリーダーの位置関係
  • 将来100%の読み取りを達成する方法
  • ケースとパレット・タグの例

    

16:30 タグの取り付け、、、商品

ビル・アレン, RFID マーケティングマネージャー, テキサス インストルーメント, 米国

  • ケースやパレットと、商品レベルのタグの違い
  • 商品レベルプロジェクトにおけるROIを計算する方法
  • 導入成功のガイドライン
  • 製薬産業にて商品レベルタグから学んだ教訓

      

17:00 タグの取り付け、、、アセット

青野秀夫, RFID Leader, Asia Pacific Technical Operations, IBM Japan Ltd., 日本

  • アセットトラッキングの定義と利点
  • 主要な懸念と挑戦
  • 導入における実際的なアプローチとヒント
  • アセットタグの成功話および大事な成功要因

    

17:30 ”専門家との懇談”ドリンクを取りながらのレセプション: ジャズライブ付き

    

    

    

              

2日目:テクノロジーと世界のRFID

   

2004年11月11日(木)

FULL FORUM - OPENING SESSION
08:00 登録、お飲み物及び展示会

08:45

司会者:ピーター・ハロツプ博士, IDテックEx, 英国

08:50 基調講演: Keynote: ビジョン2020に向けたマレーシアのRFID戦略

マハティール・モハマッド博士, マレーシア前首相: 1981 - 2003

マレーシア・マイクロチップ・コミッティー アドバイザー, マレーシア

  • RFID産業におけるアジア諸国の重要性
  • マレーシアの戦略 - MM プロジェクト
  • ユビキタス社会構築に向けたマレーシアのビジョン

   

09:20 ユビキタスIDセンターの紹介

越塚 登, 助教授, 東京大学, ユビキタスIDセンター, 日本

  • uID センターの背景、目的およびビジョン
  • アジア全体における協力体制
  • サンプル事例研究−食物トレーサビリティ、UC
  • 5年後の予測

    

09:50 日本におけるEPC GlobalとAuto-IDラボの役割

坂井宏, 専務理事, (財)流通システム開発センター, 日本  

國領二郎, 慶應義塾大学教授, 副所長, Auto-ID ラボ・ジャパン

    

10:30 RFIDソリューションはどのように顧客の期待に沿うか

井村 亮 博士, 最高経営責任者, 日立ミューソリューションズ, 日本

  • ネットワークベースの安全なID管理を備えたマイクロRFIDμチップは製造業、流通機構、トラッキングや再利用などの革新を可能にする

    

11:00 お飲み物及び展示会

     

TRACK 1 : 世界各国のRFIDの現況 (English Only)

11:30 インド

インドの現況

ビマル・サレーン, 会長, インドRFIDアソシエーション, インド

11:50 中国

中国の現況

シイ・チェン教授, 主任研究員, 中国EPCワーキンググループ, 中国

    

12:10 香港

EPC/RFID-仮想サプライチェーンリンク(香港の展望)

アナ・リン, 最高責任者, EPCグローバル・香港 香港ANA, 香港

   

12:30 韓国

韓国の現況

サン チュー シン, 副社長, ナショナル コンピュータライゼーション エージェンシィ, 韓国

  

12:50 昼食及び展示会

   

14:00 シンガポール

シンガポールの現況

プーン・ホング・ユエン, 副社長, Infocomm Development Authority, シンガポール

  

14:20 台湾

台湾におけるRFIDテクノロジー開発とアプリケーション

エルマー・スー博士, 社長, Centre for Aerospace and Systems Technology, Industrial Technology Research Institute, 台湾

14:40 欧州

欧州の現況

フイリップ・グインネル, 会長, ユーロタグ, 英国

15:00 米国

米国の現況

トム・スカーフェルド,MIT, 米国

15:20 世界のRFIDの総括

世界における1000個のRFIDケーススタディの総括

ピーター・ハロツプ博士, IDテックEx, 英国

   

15:45 お飲み物及び展示会

   

TRACK 2 : 技術
 
柔軟性のあるRFID解決方法

  

11:30 Printing SmartLabels - Current and Future Trends

Steven L. Ludmerer, 社長, Parelec Inc, インド

  • Printed vs. Etched RFID Antenna
  • Ink Alternatives
  • Sheet vs. Continuous Reel-to-Reel Processing
  • Implications for High Volume Applications

   

11:55 MM Chip - Today and Tomorrow

杉村 詩朗, 専務取締役, 株式会社エフイーシー, 日本

  • オンチップ・アンテナ技術とマルチバンド(13.56MHz, UHF, 2.45GHz)の優位性
  • 次世代MMチップのビジョン

  

12:20 凸版におけるRFIDの技術とアプリケーション

笹井 幸一郎, 本社ICビジネス本部 IC技術部, 凸版印刷, 日本

  • T-ジャンクションの紹介と開発現況
  • その他の凸版RFID関連概要
  • ケーススタディ:世界最大規模の2005年愛知万博のチケットにRFID使用

     

12:45 昼食及び展示会

    

14:00 RFIDソリューション導入の実用経験

立石 俊三, 係長, RFID事業開発本部, オムロン, 日本

  • 適切なアプリケーションに適切な技術
  • SCM、郵便サービス、図書館システムへのRFID適用例

   

14:25 超大量RFID製造の拡大

トーマス・ベッツ, ビジネスデベロップメントダイレクター, ミューエルバウアー, ドイツ

  • 高品質生産の必要性への取り組み
  • インレット組み立てプロセスの分析:HF&UHFアプリケーション用のダイレクトフリップチップとストラップ
RFIDとの複合技術

14:50 RFID+NFC:インターネットを越えた進捗

トレバー・クロッチ-ハーベィ, セールス ダイレクター, イノビジョン R&T, 英国

  • 世界で最小,最低価格の標準互換性をもつリーダ
  • 商品開発と導入におけるチャレンジ
  • ケーススタディ:手持ちサイズのデバイス
  • ヘルスケア、小売業、消費者および輸送セクターへの新アプリケーション

   

15:15 RFID+2Dバーコード:QRコードは如何にして様々な用途で普及してきたか

寺浦 信之, 自動認識事業部技術部 & 高井 弘光, 同営業部商品企画室, デンソー ウエーブ, 日本

  • QRコードの紹介
  • 携帯電話とのハイブリッドアプリケーション
  • RFIDとのハイブリッドアプリケーション
  • 商品レベルのタグ付けへのアプローチ

15:45 お飲み物及び展示会

       

FULL FORUM - CLOSING SESSION

    

16:15 日本: RFID振興における日本の戦略

山崎 剛, 商務情報政策局 情報経済課 係長 , 経済産業省, 日本

  • 日本の様々な産業の中で進行しているパイロットプロジェクト
  • RFIDに対する日本とアジアの政府ビジョンとは

16:45 世界のRFID−パネルディスカッション: Q&A

RFIDの専門家に質問をするよいチャンスです

  

17:30 終了