ホーム   |   参加申し込み   |   言語    

IDTechEx logo

ビジネス&テクノロジーインサイトフォーラム

日/英 同時通訳付き

 
電気車両:予測、技術、プレーヤー、チャンス

9月3日/午前の部

3Dプリンティング:技術、材料、チャンス

9月3日/午後の部


透明導電膜と導電性インク

9月4日/午前の部

フレキシブルセンサー、ディスプレイ、バリア膜

9月4日/午後の部

 

3Dプリンティング:技術、材料、チャンス

日/英 同時通訳付き

予測、プレーヤー、ケーススタディ、チャンス、技術、市場評価についての重要なビジネスインテリジェンス

 

3Dプリンティングは様々な種類の物理学的メカニズムや多様な材料タイプなどの技術がベースになっている。数年前に主要な特許が失効し、多数の新たな企業や買収および合併活動、メディアの注目は3Dプリンティングが複雑なものを安価で作る技術を製造業に導入し、チャンスを広げたことによる。構造が印刷でき、従来の手段では作れなかったものや、作れたとしても非常に高かったものが3Dプリンターでは作ることが出来る。プリンターのコスト削減に加え、材料開発は消費者ニーズに応える強固な進歩がある。

本フォーラムではビジネス側と技術側の双方において、一連の広範な3Dプリンティング技術と材料の裏側について講演する‐わかり易くこの複雑な業界を、重要な市場データを交えより深く説明する。参加者はこの講演で市場や技術評価、開発ロードマップの明確かつ定量化された見解、キープレイヤーのプロファイルと彼らの市場選択についての戦略を、成功例と失敗例をもとに学べる。

本フォーラムを主催するIDTechExは、1999年から先端技術について国際的市場調査と技術偵察に重点的に取り組んでいる会社である。調査は主要3Dプリンター、材料のプロバイダーや3Dプリンティング利用者への直接インタビューによって行われる。IDTechExのアナリストは非常に専門的(主にPhDレベル)で商業的な経験のあり、ヨーロッパ、アジア、アメリカを拠点に調査活動を6ヵ国語で行う。

このイベントは成長戦略や事業開発、研究および技術、材料およびプロセス開発、イノベーション管理などに関するものがターゲットとされる。材料供給や装置製造、システムインテグレーター、技術ユーザーなどに関連のある企業が参加する。本イベントは日/英の同時通訳で行われる。

参加者は講演で使用される全データの電子版および印刷版や3Dプリンターで作成したサンプルも受け取れ、さらに会場ではその他のサンプルも見ることが出来る。

 

料金&参加申し込み
料金&参加申し込み

9月3日㈬/午後

Agenda

1:00 - 1:30
受付
 
1:30 - 1:50
3Dプリンティング テクノロジー&マーケット イントロダクション
  • バリューチェーンとビジネスモデル
  • 市場構造
  • 合併と買収の経歴
1:50 - 2:45
3Dプリンティング技術の詳しい評価
    技術は下記のように分野わけされます
  • リゾリューション、スピード、材料適合性、生産高の素質と制限 についての技術プロセスの詳述
  • メリットとデメリット解析
  • キープレーヤー
  • 機器費
  • 技術タイプ別の市場収益とキープレーヤー市場シェア

こちらでは下記の技術タイプについてカバーをしています

 

1:45 - 2:05
光重合ベース (SLA)
2:05 - 2:25
熱可塑性押出​​/熱溶解積層法 (FDM)
2:25 - 2:45
粉大層: 選択的レーザー焼結 (SLS) 電子ビーム溶解 (EBM), インクジェット
2:45 - 3:05
材料 分析と動向
  • 材料選択と評価
  • 特許動向
  • 3Dプリンティングのための新材料タイプ‐技術のグローバル状態
3:05 - 3:30
休憩
 
3:30 - 4:30
アプリケーション評価と10年予測2014‐2024
    必要条件、 ケーススタディ、ドライバー と下記部門の10年予測 :
  • 航空宇宙
  • 自動車
  • 消費者製品
  • 医学/歯学
  • その他
4:30 - 4:40
応用適合性と破壊的可能性
  • どの技術ターゲットにどのアプリケーション
  • アプリケーションと将来予測による技術市場シェア
4:40 - 5:00
ビジネスとマーケット情報データ、未だ処理されていないニーズとチャンス
  • 材料、プリンター、ソフトウェア/サービスの10年予測
  • 全ての主要産業プレーヤーの企業配置と競業情報
  • 消費者ニーズ
5:00 - 5:15
質疑応答
 
料金&参加申し込み
講演時間や講演内容は変更されることがあります
 

IDTechExについて

本フォーラムを主催するIDTechExは、1999年より先端技術について取り組み、この分野の国際的エキスパートとして広く引用されています。調査は企業への直接インタビューに加え、毎年およそ1000社への略式インタビューによって行われています。IDTechExのアナリストは非常に専門的(主にPhDレベル)で商業的な経験のあり、ヨーロッパ、アジア、アメリカを拠点に調査活動を6ヵ国語で行っています さらに詳しく

お問い合わせ

小坂井真弓 (Mayumi Kozakai)
ビジネス開発 日本
81-90-5566-1533
mayumi@IDTechEx.com

Copyright © 2014 IDTechEx Ltd | Email: info@IDTechEx.com