日本語

ビジネス&テクノロジー
インサイトフォーラム 大阪 2016

すべてのインサイトフォーラムは英語で行われます

2016年9月26日/27日/28日 大阪

グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-51

801/802会議室

高機能素材:導電性インク、透明導電フィルム、 グラフェン、CNT(カーボンナノチューブ)及び 量子ドット


フォーキャスト、プレイヤー、ケーススタディ、ビジネスチャンス、テクノロジー、市場評価についての重要なビジネスインテリジェンス

高機能素材市場ではエキサイティングな変化が次々に起きており、新たなビジネスチャンスが続々と生まれています。たとえば導電性インク及び導電性ペースト部門は大きな市場ですが、多くの新興市場と成熟市場が混在しています。その中でも注目すべき市場が、太陽電池素材、タッチスクリーン、自動車用素材、センサーの市場です。成長は不均等に進み、いくつかの急速に成長していくターゲット市場もあれば、縮小していく市場もあるでしょう。また現在、銅インクと銀合金及び焼結プロセスでは次々に革新が行われていますが、既存の素材の新しいアプリケーションの開発や変化によってその動きは加速されています。

透明導電フィルムもこれに関連したもう1つの熱い部門です。この市場の成長は主にタッチデバイスによって加速されていますが、それ以外のアプリケーションも徐々に重要性を増してきています。この市場で現在主流となっているのはITOフィルムですが、多くの代替素材が市場を獲得しつつあります。銀ナノワイヤー、メタルメッシュ、カーボンナノチューブ、PEDOT 、グラフェンなどです。

またCNTは現在エネルギー貯蔵装置の素材として脚光を浴びていますが、その一方でグラフェンの製造企業は新しいアプリケーションに焦点を合わせ、 そちらを優先させようとしています。その他量子ドットなどの素材はデバイスレベルで5億ドル市場を形成していますが、3D印刷や熱管理システムのための新しい素材も探し求められています。

参加者は何を学べるか?

これらの部門はすべて、高度にそして急激に変化していくテクノロジーと目まぐるしく変わるマーケット・ランドスケープが特徴ですが、その結果現在関与している企業、新たに参入しようとしている企業、あるいは現在のプレイの状況を観察したいという企業にとっては、本当の機会を見つけ出すのがかなり困難になっています。

このフォーラムでは、関連するビジネスとテクノロジーの両方を見ていき、重要なマーケットデータも含めてかなり掘り下げた分析を提供していきます。参加者はきっとこの分野の複雑なランドスケープを理解し、市場、テクノロジーの現状と開発ロードマップ、キープレイヤーの特徴と彼らの市場導入戦略などについての、明快で数字に裏打ちされた知見を持って、そして成功と失敗の教訓を持って会場を後にすることができるでしょう。

フォーラムを主催するのはIDTechExです。IDTechEx は1999年からずっとこの分野に注目してきましたが、当社の論説はこの分野の世界中の専門家によって引用されています。調査は500社以上の企業に対する対面インタビューを基礎にしており、それ以外にも毎年1000社ほどの非公式のインタビューによっても補完されています。IDTechEx のアナリストはテクノロジーに精通しており(ほとんどが博士号レベル)、企業での活動経験も豊富で、欧州、アジア、米国を拠点に8つの言語を駆使して調査を行っています。

このフォーラムは、成長戦略、ビジネス開発、研究及びエンジニアリング、イノベーションマネジメントに携わる人を対象にしています。参加するのは、素材供給、機器製造、部材及びデバイス製造、受託生産及びシステムインテグレーターに関連する企業です。

フォーラム1を受講される方は同日午後に行われるフォーラム2”Printed, Flexible and Organic Electronics”(フレキシブルディスプレイ、電池、TFT、照明及び太陽電池素材)セッションも併せて受講していただくと受講料が割引になります。

すべてのインサイトフォーラムは英語で行われます



今すぐご登録ください

フォーラム1 / アジェンダ

9月26日 / 午前 / 801/802会議室

IDTechEx社の山元康夫と村越美和子が皆様のディスカッションのお手伝いをさせていただきます。

ビュッフェランチをご利用いただけます。フォーラムの後にお気軽にどうぞ。
アナリストとのご歓談もお楽しみください。


  • 8:30 - 9:10
  • 受付
  • 09:10 - 10:00

導電性インク : 銀、銅、銀合金、フレーク、ナノ粒子

IDTechEx リサーチディレクター Dr Ghaffarzadeh(Drキャシャー ガフォーゾデ)による監修

    各素材の包括的技術評価、ベンチマーク及び競合状態
  • 銀フレークペースト
  • 銀ナノ粒子インク
  • 銅ナノ及びフレークペースト及びインク
  • グラフェン
    各分野の牽引企業、傾向、阻害要因、満たされていないニーズなどを含むアプリケーション評価
  • 太陽電池
  • タッチスクリーン電極
  • 3Dプリンテッド・エレクトロニクス
  • インモールド・エレクトロニクス
  • E‐テキスタイル
  • RFID
  • センサー
  • 自動車
  • その他

各アプリケーションの需要及び市場価値による予測

  • 10:00 - 10:40

透明導電フィルム (Transparent Conductive Materials).

IDTechEx リサーチディレクター Dr Ghaffarzadeh(Drキャシャー ガフォーゾデ)による監修

最新の市場の傾向と動向

    各素材の包括的技術評価、ベンチマーク及び競合状態
  • ITOフィルム及びガラス
  • 銀ナノワイヤー
  • メタルメッシュ
  • PEDOT
  • グラフェン
  • カーボンナノチューブ
  • 印刷ナノ粒子
  • 超微粒子ワイヤー

携帯電話、タブレット、AiO、スマートウォッチ、OLED照明などをカバーするテクノロジーの種類及びアプリケーションの種類による市場予測

  • 10:40 - 11:00
  • 休憩(ネットワーキングブレイク)
  • 11:00 - 11:40

グラフェンおよびその他の2次元素材

IDTechEx リサーチディレクター Dr Ghaffarzadeh(Drキャシャー ガフォーゾデ)による監修

市場の傾向と動向

  • 最新の製品及び試作品の立ち上げ
  • 投資傾向
  • 予想される収入
  • 企業のポジショニング、生産能力、信頼性問題などの主な傾向

製造工程

  • 酸化-還元 (modified Hummer法)
  • 基板-より少ないプラズマCVD
  • 液相剥離
  • エピタキシャル
  • 化学気相体積法

主なアプリケーション分野における最新の成果

  • 導電性インク
  • 防蝕コーティング
  • リチウムイオン電池
  • Si負極やLiSなどの最新のポストリチウムイオン電池
  • 導電性コンポジット及びサーマルコンポジット

アプリケーション別市場予測

  • 11:40 - 11:50

カーボンナノチューブ

IDTechEx リサーチディレクター Dr Ghaffarzadeh(Drキャシャー ガフォーゾデ)による監修

  • 主な市場傾向及び概観
  • 生産能力及び価格傾向
  • 導電性プラスチック、リチウムイオン電池、透明導電フィルム、メモリーなどの主な既成及び新規のアプリケーション
  • アプリケーション別市場予測
  • 11:50 - 12:20

量子ドット(Quantum dots)

IDTechEx 上級テクノロジーアナリストDr Guillaume Chansin (ギヨム ションサン)による監修

  • 最新の工業開発及び製品上市
  • 量子ドット素材及びそれぞれの性能特性
  • QD-LCD ディスプレイ、太陽電池素材及び照明などの量子ドット・アプリケーションの評価
  • 放射型量子ドットLEDの最新の成果及び進化
  • アプリケーション別市場予測
  • 12:20 - 12:45

熱伝導素材及び導電接着剤

IDTechEx リサーチディレクター Dr Ghaffarzadeh(Drキャシャー ガフォーゾデ)による監修

  • 主な市場傾向及び概観
  • 種々の素材及び加工法の紹介
  • アプリケーション別市場予測
  • 12:45 - 13:00

3D印刷材料

IDTechEx リサーチディレクター Dr Ghaffarzadeh(Drキャシャー ガフォーゾデ)による監修

  • 主な市場傾向及び概観
  • 種々の素材及び加工法の紹介
  • アプリケーション別市場予測
  • 13:00-14:00
  • 昼食
今すぐご登録ください

時間と議題は変更されることがあります

IDTechEx社について

1999年の設立以来IDTechEx社は80か国以上のお客様に最先端技術に関する独自の市場調査、ビジネスインテリジェンスおよびイベントを提供しています。当社のお客様は戦略的なビジネス決定および事業成長のために当社の市場調査情報を活用しています。IDTechEx社は英国ケンブリッジに本社を置き、米国ボストン、ドイツベルリン、東京および韓国ソウルにオフィスを置いています。さらに詳しい情報はこちらご覧ください。

もっと詳しく知る

お問い合わせ