日本語

ビジネス&テクノロジー
インサイトフォーラム 大阪 2016

すべてのインサイトフォーラムは英語で行われます

2016年9月26日/27日/28日 大阪

グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-51

801/802会議室

環境発電(エナジーハーベスティング): テクノロジー & 市場


環境発電 (EH) とは、送電線網を利用せずに必要な場所で電気を生み出すことです。EH は、光、赤外線、動き、温度変化、温度差、摩擦などの環境エネルギーを利用します。2025年までに、EHトランスデューサ―と電力調整装置の市場は120億ドルを超え、急速な成長が見込まれます。

このセッションは、EHが現在マイクロワットからメガワットまでを通した一貫した対象であるという事実を反映しています。というのも、ますます多くの同一テクノロジー、同一サプライヤー、同一ユーザーが関与するようになってきているからです。たとえばWitt Energy社は、3Dにおける線上のエネルギーと回転エネルギーの両方を捕捉することによって、ミリワットからメガワットまでのエネルギーを電気力学的に集めようとしています。かつてマイクロワットに使われていた磁気歪みは、現在では数百キロワットの波エネルギーのために使われています。また光起電力技術の新しい形態は、すべての電力レベルに広がっています。熱電はかつて非常に低い電力にしか使われていませんでしたが、現在では巨大な建設用車両で1.5 kW の出力を出す実験が行われています。普通の車のエンジン熱とレンジエクステンダーから1kW の電力を作り出すことが本当に可能なのでしょうか?

このセッションにおいて最初に、最大の市場、つまり10Wから100kW超におけるハイパワー環境発電(HPEH)を見ていきます。これは"Airborne Wind Energy AWE"(空中風力発電)によって新たに達成されているもので、係留している飛行物体、ヘリウムを充填して空中に浮遊させるタービン、カイトパワーなどによって実現されています。HPEHは数年前から高層を飛ぶ飛行機のソーラーウィングや、太陽光だけで世界一周を達成したボートに搭載している太陽電池などに見ることができます。またHPEHは、車のショックアブソーバー・アクティブサスペンションで発電する実験や、普通の車のオルタネーターによるエネルギー回生によってトルクアシストを行う実験によっても達成されています。減速している車から発電する高速回転低重量フライホイールはすでに実現されています。その他この分野で多くのイノベーションが行われています。ソーラー道路やピエゾ圧電道路、電気力学的道路など、様々な表面を使って発電するシステムまでもが続々と登場してきています。

なぜグーグル、フェイスブック、ボーイング、ノースロップグラマン、エアバス、コマツ、キャタピラ、トヨタ、リコーなどの大企業が、多くの場合いくつかのテクノロジーを組み合わせてこの分野に取り組んでいるのかを学びましょう。今登場しつつあるマルチモード環境発電を見ていきます。最初に、船舶や道路標識に搭載している、好天候時の太陽光発電システムと悪天候時の小規模風力タービンの組み合わせから見ていきます。これよりも高機能のシステムが今開発中で、特に地上、空中、水中を自在に進む電気自動車が脚光を浴びています。また「ストラクチュラル・エレクトロニクス」という概念も登場してきていますが、これは建物(「建材一体型太陽光発電」と呼ばれています)や車において荷重を担っている構造自体が環境発電を行い充電するというものです。これはそのような建物や車の重量を軽くし、価格を引き下げ、信頼性を高めることにつながります。

このセッションの第2部では、センサーやそのテレマティックスのためのミリワットの供給といった低電力の環境発電についてみていきます。この分野には、そのようなアプリケーションのための多くの新しいフォーマットがあります。透明で伸縮自在のフレキシブルなシステム、ウェアラブルなE-ファイバー、大面積のプリンテッドシステムなどがあります。つい最近発表された、伸縮自在の特殊なゴムテープや布からの環境発電について考えてみてください。そこには、2種類のピエゾ圧電と1種類の容量性環境発電が組み合わされています。現在のマイクロワットではなくミリワットを追及するいくつかの研究チームによって、現在3種類のものが開発されています。

環境発電の課題は、太陽電池、ピエゾ圧電、熱電において鉛、ビスマス、カドミウム、その他の毒性物質を他の物質に変えるという努力によって、また電磁力システムにおいて高価になりがちなレアアース磁石を使用しないで済むようにする努力によってクリアされつつあります。現在急成長しつつあるさまざまな電気力学的発電について説明していき、それぞれの2025年までの市場予測を行います。また、現在主流となっている蓄電池とEHの競合関係についても見ていきます。さらに携帯電話やウェアラブル電気製品の充電において、なぜEHが短期間で広く人気を得ることができないのか、そしてなぜAC電源からの非接触充電の方が魅力的なのかを検証していきます。

すべてのインサイトフォーラムは英語で行われます



今すぐご登録ください

フォーラム5 / アジェンダ

9月28 日 / 午前 / 801/802会議室

IDTechEx社の山元康夫と村越美和子が皆様のディスカッションのお手伝いをさせていただきます。

ビュッフェランチをご利用いただけます。フォーラムの後にお気軽にどうぞ。
アナリストとのご歓談もお楽しみください。


  • 8:30 - 9:10
  • 受付
  • 09:10 - 10:20

Energy Harvesting Technologies and Uses: Overview

Compiled by Dr Peter Harrop, Chairman, IDTechEx.

  • Definitions, market drivers, features, types, gaps in the market microwatt-megawatt off-grid, why EH is sometimes abandoned, forecasts, transducer options compared, materials opportunities, systems. Low vs high power, maturity, needs and solutions by power level, applications by hype, type and location.
  • 10:20 -10:40
  • Networking Break
  • 10:40 - 11:20

Energy Harvesting Technologies and Systems

Compiled by Dr Peter Harrop, Chairman, IDTechEx.

  • Electrodynamic: Human powered, vibration, rotating electric machine technology REM in vehicles land, water and air for external harvesting and regeneration, Airborne Wind Energy AWE
  • Photovoltaic: Overview, pn vs alternatives, important parameters, performance beyond silicon by technology, nantenna-diode, wafer vs thin film, solar roads, building integrated photovoltaics, energy independent vehicles.
  • Importance of multi-mode energy harvesting: Co-located, Co-ordinated, Co-packaged to Complete
  • Electrostatic energy harvesting: Triboelectric, capacitive including electret and Dielectric Elastomer Generators DEG
  • 11:20 - 12:30

Piezoelectric and Thermoelectric Energy Harvesting

Compiled by Dr Harry Zervos, Principal Analyst, IDTechEx

  • Piezoelectrics: Overview, basic principles, cantilever devices, resonance frequencies, the importance of wide bandwidth harvesting, application sectors targeted, market uptake.
  • Thermoelectrics: Basic principles,suitability of different materials for different operational environments, figure of merit ZT, established and emerging material systems, products, applications sectors and market uptake.
  • Case study: Photovoltaics in indoor applications
    As photovoltaics is one of the most popular EH technologies, this section will focus on understanding the indoor segment of application for photovoltaics, looking at what opportunities exist for energy harvesters that operate in environments characterized by lower levels of brightness than what can be found outdoors.
  • 12:30 - 13:00
  • 質疑応答、ネットワーキング、昼食
今すぐご登録ください

時間と議題は変更されることがあります

IDTechEx社について

1999年の設立以来IDTechEx社は80か国以上のお客様に最先端技術に関する独自の市場調査、ビジネスインテリジェンスおよびイベントを提供しています。当社のお客様は戦略的なビジネス決定および事業成長のために当社の市場調査情報を活用しています。IDTechEx社は英国ケンブリッジに本社を置き、米国ボストン、ドイツベルリン、東京および韓国ソウルにオフィスを置いています。さらに詳しい情報はこちらご覧ください。

もっと詳しく知る

お問い合わせ