定置型エネルギー貯蔵市場におけるレドックスフロー電池の優位性

定置型エネルギー貯蔵市場におけるレドックスフロー電池の優位性

定置型エネルギー貯蔵市場におけるレドックスフロー電池の優位性
ウェブ上では、レドックスフロー電池に関するニュース記事が増えています。主にオングリッドやオフグリッドで採用されているこの技術は、過去50年にわたって研究されてきたもので、現在はコンテナサイズで中・大規模なアプリケーション向けに製品化されています(ほとんどの場合)。
 
この技術の主な特徴の1つは、エネルギーと電力容量が分離されていることです。実際、エネルギーは電解質の中に存在する電気活性種に蓄えられますが、デバイスの出力電力は、電極スタックを構成する電極の数およびサイズと相関関係にあります。したがって、電解質濃度と電極スタックは、それぞれがエネルギーと電力を左右する2つのコンポーネントとなっています。
 
エネルギーと電力容量が分離されているという利点以外に、レドックスフロー電池は、均等化蓄電原価(LCOS)の低さと、20,000~25,000サイクルという長いサイクル寿命を特徴としています。このようなレドックスフロー電池特有の性質により、この技術はエネルギー貯蔵セクターでの用途に非常に適したものとなっています。
 
 
写真: コンテナ化されたRFBは、コンテナの左側に電解質タンクを備えた単一電池を示し、右側に電子システムを示しています。 さらに詳しくは 、IDTechEx市場調査レポート『レドックスフロー電池 2020-2030』
IDTechExは、開発された主な電解質化学物質の詳細な分析を行いました。 バッテリー市場を現在支配している均等化蓄電原価(VRFB)以外に、亜鉛・臭素、水素・臭素、全鉄などの他の技術が市場に存在しています。 調査レポート、『レドックスフロー電池 2020-2030』 では、IDTechExは技術評価の他に、市場分析を行い、世界中の過去のプロジェクトと進行中のプロジェクトについて調査しました。さらに、南アフリカやオーストラリアなどの国からこの技術への関心が高いため、IDTechExは地域分析を実施し、これらの国がどのようにしてレドックスフロー電池に関心を持っているのか、また、なぜ関心を持っているのかを明らかにしました。
 
実施した技術・市場の分析から、2020~2030年の市場予測を行いました。IDTechExの見解では、今後10年間で起こり得るシナリオとして、「控え目」なシナリオと「極端」なシナリオの2つのシナリオが考えられます。この2つの大きな違いは、この技術の採用に対する政府の寄与度です。
 
世界で最も影響力のある経済学者の1人であるマリアナ・マッツカート氏が、WIRED誌の取材で語ったように、iPhoneからHTTP プロトコルに至るまで、今日利用可能な極めて有名な技術の多くは、大規模な公共投資がなければ実現しなかったでしょう。
 
住宅用から電力網用の用途まで、バナジウムフロー電池、有機フロー電池、豊富な資源を利用したフロー電池の技術・市場に関する、IDTechExの分析は、『レドックスフロー電池 2020-2030』でご覧ください。
 
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209