AR、VR、MR市場は2030年に300億ドルを超える見通し

AR、VR、MR市場は2030年に300億ドルを超える見通し

AR、VR、MR市場は2030年に300億ドルを超える見通し
IDTechExの最新調査レポートでは AR、VR、MRの技術解説、市場、参入企業、過去から将来への動向変化について詳しく紹介しています。
 
XR(エクステンデッドリアリティ)製品は、技術革新の最前線にあります。仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)。今や各種ユースケース向けに何種類ものXR商品が提供されているため、それぞれ異なる技術がどのように利用され、どのような企業がそれらを開発しているかを理解することが重要です。IDTechEx では、最近、 「拡張現実(AR)、複合現実(MR)および仮想現実(VR) 2020-2030年:見通し、市場および技術」というレポートを発行しました。このレポートは、XR市場について深い理解を提供するものであり、ここには、100社近い企業と170種類以上の製品の過去データと2020~2030年の予測をもとに作成した、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)分野の市場リサーチが掲載されています。
ゲーム
VRヘッドセットの用途として特に知られているのが、ゲーム用途です。Oculus、HTC、ソニーなどの企業は、消費者が完全に没入できるゲーム体験に利用される各種製品を開発しています。しかし、XR製品には、これ以外にリモートアシスタンスやトレーニングなどの用途もあります。このレポートでは、これらの用途について分析し、AR、VR、MR分野のリーダーを特定しています。
ARへの投資が好調
ここ10年間、AR企業には多額の投資が行われるなど、投資家は企業の将来性に注目しています。例えば、Magic Leapは2017年に5億ドル以上の出資を受け入れましたが、最初の製品を発売したのは2019年のことです。収支が黒字に転換するまでにはVR製品よりも時間がかかる可能性があるにもかかわらず、この分野には高い関心が寄せられています。
各種製品、エンドユースケース
「拡張現実(AR)、複合現実(MR)および仮想現実(VR) 2020-2030年:見通し、市場および技術」では、VR/AR/MRの市場におけるさまざまな技術について解説しています。例えば、過去10年間で解像度は大幅に向上しました。これによって、ユーザーがより没入感の高い体験をできるようになっています。一部のユーザーにVR酔いが生じるなど、この体験はまだ完璧にはほど遠いものの、これらのデバイスは今後もアップデートが継続して行われていくなど、将来的にこの分野は成長を続けるとしています。
スキルギャップと知識移転の問題
このレポートで取り上げられているユースケースの一つは、AR製品を「スキルギャップ」問題の解決に利用するというものです。これは、スキルのある有能な人材が、自分が得た知識を新人に伝える前に引退して離職してしまうという問題です。このレポートでは、ARヘッドセットによって労働者が作業プロセスを記録し、ワークフローに変換することで、新人が効率よく同じ手順に従えるようになると指摘しています。
 
このレポートはハプティックスやE-テキスタイルなど、様々なウェアラブル技術に関する調査を含む、IDTechExのウェアラブルポートフォリオの一部です。このXRレポートは、CES(2017年、2018年)やAWE 2019などの各種イベント、企業訪問、バックグラウンドリサーチなどのデータを網羅しています。
 
 
IDTechExの調査レポートは、IDTechEx日本法人 アイディーテックエックス株式会社から購入できます。IDTechExからの直接販売により、お客様へ 各種メリット を提供しています。
 
ご希望の方にオンラインでの試読サービス をアレンジいたします。
サンプルページのご希望もご連絡ください。
その他、調査レポートに関する質問、購入に関するお問い合わせは、
下記までご連絡ください。見積書も発行します。
 
IDTechEx調査レポート「拡張現実(AR)、複合現実(MR)および仮想現実(VR) 2020-2030年:見通し、市場および技術」を購入すると30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209