定置型エネルギー貯蔵の未来を政策と再生可能エネルギーが導く

定置型エネルギー貯蔵の未来を政策と再生可能エネルギーが導く

定置型エネルギー貯蔵の未来を政策と再生可能エネルギーが導く
再生可能エネルギー発電は日々拡大しており、その変動性を吸収するため、エネルギー貯蔵システムも並行して拡大しています。IDTechExは、エネルギー貯蔵市場の進歩を調査し、今後10年間の成長を予測した新しい調査レポート『定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー 2021-2031年』を発行しました。
 
進化を続けるエネルギー貯蔵市場は、フロント・オブ・ザ・メーター(FTM)とビハインド・ザ・メーター(BTM)の2つに大別されます。FTMセクターは、電力インフラの運用に関係します。そのため、消費者へのスムーズかつ継続的な電力供給を維持するためにバッテリーが使用されます。一方、BTMは市場の顧客側です。そのため、主に消費者が電力コストを節減するためにバッテリーが使用されます。
 
バッテリーによって提供されるサービスは、大抵の場合、似ていますが、その規模は様々です。
 
新しい調査レポート『定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー 2021-2031年』は、現在電池貯蔵システムを採用している主要国におけるこの2つのセクターの状況を読者に明確に把握してもらうことを目的としています。
 
IDTechEx's forecasted battery installation breakdown by application. Source: IDTechEx, "Batteries for Stationary Energy Storage 2021-2031".
 
将来はグリーン政策の採択によって、いずれの市場セグメントでも再生可能エネルギーの導入が進む見通しですが、エネルギー貯蔵システムの採用にあたっては、グリッドのインフラや各国が採用するエネルギー源(原子力、石炭、褐炭火力発電など)といったパラメーターが重要な役割を果たします。
 
IDTechExでは、エネルギー貯蔵市場の将来の進展について理解を深めるため、エネルギー貯蔵システムを採用する主要各国(米国、中国、日本、オーストラリア、ドイツなど)について詳細な分析を行い、再生可能エネルギーとエネルギー貯蔵に関する最新の政策を調査しました。また、マーケットアプローチと新型コロナウィルス感染症の潜在的な影響について理解するべく、エネルギー貯蔵分野の主要企業へのインタビューも行いました。
 
この分析の結果、調査対象各国のシナリオは似て非なるものであることが分かりました。再生可能エネルギーの目標については、グリッドインフラの現状から見て、また各国が使用するエネルギー源の違いを考慮し、国ごとに異なるシナリオが想定されていました。こうした違いのほかにも明らかになった点があります。定置型エネルギー貯蔵市場は、まだ技術面でも政策面でも初期段階にあるということです。
 
さらに詳しくは、『定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー 2021-2031年』をご参照ください。
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。詳しくは、下記担当までお問い合わせください。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、イベントを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。