Request a Demo

アドバンスト マテリアルズ - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

マテリアルズ・インフォマティクス 2024-2034年:市場、戦略、有力企業 

マテリアルズ・インフォマティクスは、イノベーションから市場投入までの時間を抜本的に加速させることにより、R&Dのパラダイムを一変させます。マテリアルズ・インフォマティクスは、AI主導の材料開発による材料業界のデジタル変革を代表するものです。多様な戦略的アプローチや注目すべき成功事例も多数存在しており、この変革を見逃せば大変な損失につながる恐れがあります。 この調査レポートでは2034年までの成長を予測し、市場に対する重要な知見を提供しており、読者は、有力企業、ビジネス・モデル、技術、応用分野を詳細に理解することができます。30社以上の会社概要も含まれており、急速に進化している材料業界についての根本的な知見も得ることができます。
続きを読む

電気自動車バッテリー用防火材料 2024-2034年:市場、トレンド、予測 

内燃機関車と比べて火災発生率は低いものの、電気自動車にとって、防火性は不可欠で、材料にいくつかのビジネス機会をもたらします。本レポートでは、規制動向やバッテリー設計のトレンドと、それらがセラミック、マイカ、エアロゲル、コーティング、封止材、発泡材、圧縮パッド、相変化材料といった防火材料にどう影響するかを考察しています。また材料・車両セグメント別の年間需要量と市場価値の市場予測を提供しています。
続きを読む

自動車用途の銅需要 2024-2034年:トレンド、利用、予測 

自動車業界の電動化と自動化により、さまざまな用途で銅の新たな需要を生まれています。本レポートでは、自動車における銅の基本的な消費量を取り上げ、電気自動車での銅の使用箇所、自動運転車両での銅の使用箇所を説明します。また、自動車全体の技術トレンドが将来の自動車用途における銅の消費量にどのような影響を与えるかについて解説します。
続きを読む

グリーン水素製造用材料 2024-2034年:技術、有力企業、見通し 

グリーン水素プラントの開発により、電解槽スタック構築に必要な多くの材料と部品の需要が生み出されます。本IDTechEx調査レポートでは、AWE、AEMEL、PEMEL、SOECスタックで使用される主要部品の現在および将来の材料と製造方法について解説しています。対象となる部品および材料には、触媒と電極、膜/電解質、多孔質輸送層(PTL)、ガス拡散層(GDL)、膜電極アセンブリ(MEA)法、バイポーラプレート、ガスケット、スタックアセンブリ部品が含まれます。本レポートには、電解槽スタックメーカーや材料サプライヤーの包括的なリストとともに、材料供給企業や新材料または製造方法の開発の事例研究も掲載されています。最後に、AWE、PEMEL、SOECスタックの部品および材料タイプ別の詳細な10年間の市場予測が掲載されています。
続きを読む

グラフェン市場&2D材料分析 2024-2034年: 技術、市場、有力企業  

本レポートはグラフェンや他の2D材料の技術的、商業的進展に関する独自の詳細分析を提供します。2024年から2034年までの細分化された市場予測を含む、18用途分野を網羅。IDTechExはグラフェン業界について10年以上の調査経験があり、2034年までに市場価値が16億米ドルへ成長すると予測しています。
続きを読む

エレクトロニクス向けEMIシールド 2024-2034年 

本レポートは、高感度電子部品を保護するための競合する戦略と材料を検証しています。基板からパッケージレベルのシールディング、スパッタリングからスプレー塗布/印刷への移行を網羅しています。有力企業とビジネスチャンスを評価し、複数用途分野のEMI材料の需要予測が盛り込まれています。
続きを読む

ホワイトバイオテクノロジー 2024-2034年 

このレポートは材料や化学業界のホワイトバイオテクノロジーの現状と成長の可能性の全体像を明らかにし、市場拡大を牽引する主要イノベーションを徹底検証しています。このレポートは、工業用バイオ製造によって作られる40以上の製品について、技術の成熟度、用途、課題、商業活動、見通しを明らかにし、10年間の市場予測では、10の予測ラインにわたる生産能力の伸びをハイライトしています。
続きを読む

エアロゲル 2024-2034年: 技術、市場、有力企業 

この包括的なレポートはエアロゲルの市場、技術、トレンド、有力企業を分析しています。21の主要商用用途と最新用途分野を網羅し、用途別に2023年から2034年までの詳細な市場予測を盛り込んでいます。また、このレポートは、EVバッテリーの防火性材料などのエアロゲルの急成長用途分野を解析しています。
続きを読む

量子ドット材料と技術 2024-2034年: トレンド、市場、用途 

本レポートは、量子ドットのさまざまな用途の包括的な技術分析と市場検証を提供しています。予測範囲には製品、重量、市場価値別の11用途分野のグローバル市場が含まれています。世界の量子ドット市場は2034年までに5億5000万米ドルの規模に拡大する見通しであり、量子ドットソリューションや量子ドット技術採用製品には更に大きなビジネスチャンスが見込まれます。
続きを読む

先端半導体パッケージングの材料とプロセス 2024-2034年 

この包括的な調査レポートは、この分野のIDTechExの広範にわたる知識と経験に基づき、先端半導体パッケージングで使用される材料や加工技術に関する重要な知見を提供しています。また、2.5Dパッケージングプロセスフローや3Dパッケージングの革新的Cu-Cuハイブリッドボンディング技術を含む、重要な技術トレンドを網羅しています。これに加え、本レポートは、Organic Dielectric Advanced Semiconductor Packaging Moduleの10年間市場予測を提供します。
続きを読む

カーボンナノチューブ 2023-2033年: 市場、技術、有力企業 

このレポートは、2023-2033年期のカーボンナノチューブの市場分析を提供しています。IDTechExはナノカーボン分野において、長年の豊富な知見を有しており、技術分析とインタビューによるアプローチで、この多様で成長中の業界に関し読者に対し偏りのない概観、ベンチマーク比較検証、有力企業分析を提供しています。
続きを読む

ガス分離膜 2023-2033年 

ガス分離膜の商用利用は目新しいものではありません。この業界は1980年代から2000年代初頭にかけて大きく成長し、一定規模の安定市場となりました。市場の牽引役が、主に脱炭素化のためのガス分離ニーズを持つアプリケーションを加速させ、材料開発が成熟するにつれて、市場は新たな成長段階に入るでしょう。 本調査レポート『ガス分離膜 2023-2033年』は、進化する業界の重要な技術ロードマップと市場展望を提供します。
続きを読む

電気自動車向けバッテリーセル&パック用材料 2023-2033年 

電気自動車は、多くの材料の需要を生み出します。本レポートはバッテリーセルとバッテリーパックの製造に必要な材料に対する需要を網羅しています。電池の化学的性質、設計、エネルギー密度、コスト動向を材料の利用動向とともに分析し、乗用車、バン、トラック、バス、二輪車、三輪車、マイクロカーの電気自動車市場において、27種類の材料予測を提供します。
続きを読む

熱伝導材料 (サーマルインターフェイスマテリアル)2023-2033年:技術、市場、予測 

このレポートは、電気自動車、データセンター、EMIシールディング、5G、ADAS、家電製品向けの熱伝導性材料の詳細技術分析を提供しています。面積(m2)、重量(kg)、売上(USドル)、TIM単価(USドル)の10年間詳細予測が用途別に提示されています。また、高性能TIMの開発、成功した商用事例、過去のTIM有力企業買収/業務提携関係も盛り込んでいます。併せて、このレポートは将来のTIMの動向にも言及しています。
続きを読む

導電性インク市場 2023-2033年 

このレポートは8種の導電性インクを15市場で分析しています。30社以上の企業とのインタビューに基づいて、技術開発状況をまとめ、インクの特徴をフレーク銀、ナノ粒子銀、銅、ストレッチャブル/熱変形、無粒子等のインクで比較しています。 導電性インクへの要求項目に応じて、太陽電池、多層印刷センサー、ハイブリッド、インモールドエレクトロニクス及びRFID/スマートパッケージなどの用途別に可能性を評価しています。
続きを読む

メタマテリアル市場 2023-2043年:光学メタマテリアルとRFメタマテリアル 

本レポートでは、再構成可能なインテリジェントサーフェス、メタレンズ、レーダービームフォーミングなど、光学メタマテリアルとRFメタマテリアルの8つの用途について考察しています。15社以上を直接取材した結果を基に、各主要技術の解説を行うとともに、各技術の実用化レベルの確認と、競合する各種製造法の適合性についての評価を行っています。33の分野について、周波数と用途別に、メタマテリアル市場が今後20年間でどのように発展していくのかを解説しています。
続きを読む

導電性接着剤 2022-2032年: 技術、市場および見通し 

導電性接着剤(ECA)ははんだ接合の競合となっています。ECA は、フレキシブルエレクトロニクス、インモールドエレクトロニクスおよびウェアラブル技術などの複数の業界において重要な導電性接合技術となる見込みです。このレポートには、世界の導電性接着剤市場に関する主な知見ならびに商用見通しが含まれています。当レポートは、等方性導電性接着剤(ICA)、異方性導電性ペースト(ACP)および異方性導電性フィルム(ACF)を含む導電性接着剤(ECA)を検証しています。10年先 ECA 市場見通しがそれぞれの用途分野に対して提示されています。
続きを読む

透明導電性フィルム (TCF) およびマテリアル市場2019-2029年:成長予測、テクノロジー、主要企業 

透明導電膜および材料の市場は急速に変化しています。この継続的な変革は、テクノロジー、アプリケーション、サプライヤーなど、あらゆるレベルで行われています。当レポートでは、この業界の最も包括的で権威ある見解を提供します。
続きを読む

プリンテッドセンサーおよびフレキシブルセンサー 2024-2034年:技術、有力企業、市場 

本レポートでは、プリンテッドセンサーおよびフレキシブルセンサーの市場、技術、有力企業を解説します。プリンテッドセンサーの8つの技術分野における最新の技術革新を、各技術の多数の応用事例を交えて取り上げています。プリンテッドセンサーの10年間(2024~2034年)の市場予測を含め、既存市場と新興市場の双方を評価しています。プリンテッドセンサーおよびフレキシブルセンサー市場が2034年までに9億6000万ドル以上に成長すると予測されており、大きな機会があることを明らかにしています。
続きを読む

5G/6G用アンテナ・イン・パッケージ(AiP) 2024-2034年:技術、トレンド、市場 

IDTechExの最新レポート「5G/6G用アンテナ・イン・パッケージ(AiP) 2024-2034年:技術、トレンド、市場」では、5Gミリ波および6G用のAiP技術を徹底的に調査し、さまざまな基板タイプやパッケージング方法に焦点を当てています。また、100GHz超アプリケーション用のアンテナ統合についても調査を行い、ケーススタディを紹介して課題にも着目しています。IDTechExの専門アナリストが、これからの無線技術のために、進化し続けるアンテナ・パッケージングの状況について貴重な知見を提供します。
続きを読む

5G/6G向け低損失材料 2024-2034年:市場、トレンド、予測 

5Gデバイスの全世界での導入拡大により数十億ドル規模の産業となっています。5Gネットワークの最も革新的な部分は高周波数5G技術にあり、これは今後10年以内に普及することになるでしょう。ミリ波帯5G対応デバイスはPCB(プリント基板)とパッケージの双方のレベルの伝送損失を減らすため低損失材料を採用することになります。これは5Gの低損失材料市場を牽引することとなり、2034年までに21億米ドルを超える規模となるでしょう。
続きを読む

二酸化炭素(CO2)有効利用 2024-2044年:技術、市場予測、有力企業 

本レポートは、増進回収法、建設資材、燃料(合成燃料、power-to-gas)、ポリマー(ポリオール、ポリカーボネート、ポリオレフィン)、化学物質(アルコール、オレフィン、芳香族、合成ガス)などの廃棄二酸化炭素(CO₂)の有効利用および生物学的生産量(農作物温室、藻類、発酵)の増大に関する市場概要を提供します。世界中で回収されたCO₂利用の技術的、環境的、経済的側面を検証し、この新しい産業の発展における主な課題とビジネスチャンスを説明します。30社以上の企業プロファイル、CO₂使用量、CO₂U製品生産量、11のCO₂U製品を5つのカテゴリーに分けた収益予測、100社以上の調査対象企業が含まれます。
続きを読む

量子通信市場 2024-2034年:技術、トレンド、有力企業、予測 

本レポートは、量子通信技術に関する重要な市場情報を提供します。これには、量子乱数発生器(QRNG)と量子鍵配送(QKD)が提供するデータセキュリティやソリューションへの量子コンピューティングの新たな展開の概要が含まれます。ポスト量子暗号(PQC)との比較も含め、量子通信市場動向をグローバルにカバーしています。この包括的な調査には、25社以上の企業概要と2024-2034年の市場予測が含まれています。量子通信市場は28%のCAGR(年平均成長率)で著しく拡大すると予測されています。
続きを読む

レドックスフロー電池市場 2024-2034年 

レドックスフロー電池(RFB)はリチウムイオン電池に比べ、低い均等化蓄電コストでより長時間にわたりエネルギーを貯蔵することが可能です。変動性再生可能エネルギー普及拡大を促進するために、長時間のエネルギー貯蔵技術の需要は増大することが予想されています。これは材料サプライヤー、RPB開発企業や電力会社を含むバリューチェーンの有力企業にビジネスチャンスをもたらします。本調査レポートは、RFB技術、有力企業、プロジェクト、材料、用途、経済性に関する予測と分析を提供します。
続きを読む

フレキシブル & プリンテッドエレクトロニクス 2023-2033年: 予測、技術、市場 

『フレキシブル & プリンテッドエレクトロニクス 2023-2033年: 技術、市場、予測』は、最新のエレクトロニクスへのアプローチトレンドとイノベーションを検証・分析しています。このレポートは、IDTechExのフレキシブル & プリンテッドエレクトロニクスのレポートポートフォリオを要約し、この成長業界の長年にわたる調査に基づいて、自動車、消費財、エネルギー、医療/ウェルネス、インフラ/建物/工業の5分野のフレキシブル・プリンテッドエレクトロニクス のイノベーション、ビジネスチャンス、トレンドを解説しています。この分析には50のアプリケーションの詳細予測が盛り込まれています。 さらに、本レポートは6製造手法(インモールド・エレクトロニクスとフレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクスを含む)、5種類の材料タイプ(導電性インクとコンポーネント接合材を含む)と4種のコンポーネント・タイプ(フレキシブルICを含む)の動向も解説しています。技術開発の方向性と商業化の成功を示す複数の事例が、技術的および商業的な準備の評価とともに提供されます。また、製造方法と導電性インクに関する追加予測も行っています。
続きを読む

全固体電池とポリマー電池 2023-2033年: 技術、予測、有力企業 

このレポートは全固体電池の技術、材料、市場、サプライチェーン、有力企業について解説しています。利用可能な全固体電池技術の分析・ベンチマーク比較、世界中の関連企業紹介、この分野の主要サプライヤー分析、3つの技術カテゴリーの10種のアプリケーションごとの2023年から2033年の予測(容量と市場価値)を提供しています。また全固体電池の背景にあるHypeと期待を分析し、技術的およびビジネス的な深い洞察を提供しています。
続きを読む

インモールドエレクトロニクス 2023-2033年 

本調査レポートは、新しい製造手法であるインモールドエレクトロニクス(IME)に関連する技術と市場のビジネスチャンスを分析しています。 20社以上の企業プロファイル(その大半がインタビューベース)、技術プロセス、材料要件、アプリケーション、高機能性フィルム接合などの競合手法を検証しています。また、技術別、用途別に10年間の市場予測を行い、売上高とIMEパネル面積の両方で表しています。最大のターゲット市場である自動車内装については、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)の予測を機械式と4種類の静電容量式スイッチに区分しています。
続きを読む

プリンテッド・エレクトロニクス製造 2023-2033年 

『プリンテッド・エレクトロニクス製造 2023-2033年』は、プリンテッド・エレクトロニクス機器市場の動向、変遷、技術的革新を検証しています。IDTechExは30社以上の企業とのインタビューと交流を通じて、プリンテッド・エレクトロニクスに適用される20種のアナログ/デジタル式プリンティングと部品接合技術(従来のスクリーン印刷からレーザー誘起前方転写やフォトニックはんだ接合など)の属性、成熟度、使用事例、市場需要を分析しています。
続きを読む

量子コンピューティング 2023-2043年 

量子コンピューティングは計算能力に革新をもたらします。本調査レポートは、この新たな産業の主要技術、企業、成長要因、導入障壁を分析しています。超伝導、シリコンスピン、フォトニック、イオントラップ、中性原子、トポロジカル、ダイヤモンド結晶欠陥、アニーリングなどの複数の競合技術の評価を行っています。各方式のSWOT分析、企業ロードマップ、ベンチマーク比較とともに、各技術の20年間市場予測も提供します。
続きを読む

6G市場 2023-2043年: 技術、トレンド、予測、有力企業 

IDTechExは通信技術を長年にわたり調査してきており、最新バージョンの6G市場調査レポート『6G市場 2023-2043年:技術、トレンド、予測、有力企業』をリリースしました。このレポートはIDTechExの専門知識に基づき作成され、最新の6G技術開発動向、トレンド、主要用途、有力企業の活動と市場見通しを網羅しています。このレポートの主な内容は、THz技術トレンド、THz通信用半導体、THz位相配列アンテナ・モジュール、6G無線解析、低誘電損失材料、6Gパッケージングトレンド、再構成可能インテリジェント・サーフェス(RIS)、メタマテリアル、非地上系ネットワーク、センシングと通信の統合、6G市場、将来展望などです。
続きを読む

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)市場 2023-2043年 

このレポートは、二酸化炭素回収、有効利用、貯留(CCUS)の市場概要を提供し、業界の進歩、ビジネスモデル、環境・規制の側面を検証し、成長の課題とビジネスチャンスを特定しています。これにはCCUS市場の12カテゴリーの包括的20年間市場予測、1972年に遡るCCUSプロジェクトの実績データ、37件のインタビューに基づく企業プロファイル、技術ベンチマークを盛り込み、CCUSの状況を明確に把握することができます。
続きを読む

持続可能なエレクトロニクス製造 2023-2033年 

このレポートはエレクトロニクス製造の持続可能な手法を分析しています。プリント基板と集積回路の持続可能な技術革新が、エレクトロニクスの新時代をどのように推進できるかを評価しています。詳細な市場予測を特徴とする本レポートは、拡張可能で費用対効果の高い方法で環境改善を実現できる様々な材料や製造プロセスをカバーしています。IDTechExは10年以内にPCBの20%がこれまで以上に持続可能な手法により製造されると予想しています。
続きを読む

プラスチックのケミカルリサイクルと溶解 2023-2033年 

プラスチックのケミカルリサイクルは著名な批評家や支持者の双方を引き付けています。これはプラスチックのバリューチェーンのすべてのステークホルダーが直面している持続可能性の課題への万能の解決策にはなりませんが、循環型経済の追求において無意味というものでもありません。この市場レポートは、熱分解、解重合、ガス化と溶解プロセスを含め、この分野の独自分析を提供しています。10年間市場予測は、重要な偏りのない見通しを提供しています。
続きを読む

ポリマー積層造形2023-2033年: 技術と市場見通し 

ポリマー3Dプリンティングは、少量・低コストでの部品生産でよく知られていますが、プロトタイプ作製や特注品に留まらず、より価値の高いアプリケーションに浸透しつつあり、2033年には市場規模が210億ドルに達すると予想されています。これは、より高性能のポリマー材料ポートフォリオの利用促進をするポリマープリンティングの技術革新に支えられています。ポリマー3Dプリンティングに関心の高い企業にとって、IDTechExの技術、市場分析は競合他社より優位に立つ上で役に立つものとなります。
続きを読む

二酸化炭素除去(CDR)市場 2023-2040年: 技術、有力企業、予測 

このIDTechExレポートでは、CO₂を大気から回収する工学的および自然プロセスによるネガティブエミッション技術(NETs)を網羅した二酸化炭素除去(CDR)ソリューション市場概要を紹介しています。またCDR普及の課題やビジネスチャンスを特定し、初期段階にある全世界のCDR業界の技術的進歩、ビジネスモデルと環境的側面について検証しています。CDRの展望の明確な全体像を把握するための市場予測、企業概要と各種分析も盛り込まれています。
続きを読む

薄膜&フレキシブル太陽電池 2023-2033年 

太陽電池技術の未来はシリコンをはるかに超えて「薄膜」と呼ばれる特定のクラスに属する数多くの代替材料に広がっています。これらの材料は、高効率の屋内エナジーハーベスティング、製造の簡略化、従来のシリコン製 PV よりも潜在的な低コストの可能性など、ユニークな利点をもたらします。特に家庭や店舗の電子機器のスマート化が進み、急速に市場が拡大しているモノのインターネット(Internet of Things)機器に電力を供給する役割を期待されています。
続きを読む

バイオプラスチック 2023-2033年: 技術、市場、有力企業および見通し 

バイオプラスチックメーカーは生産能力を急拡大しており、今後10年間で 10.1% CAGR の成長が見込まれています。脱炭素の取り組みを実現し、持続可能性に関する消費者の要求に応え、化石資源由来の使い捨てプラスチック使用禁止法に適合するというブランド企業からの働きかけがメーカーを突き動かしています。このレポートでIDTechEx はバイオプラスチック市場の成長要因を検証し、主要技術や最新技術を分析し、使用済みプラスチックの行方を検証し、用途を議論し、さらにこの市場のビジネスチャンスや成長を探求しています。
続きを読む

3Dプリンティングの材料市場 2022-2032年 

材料は積層造形において最大の収益機会を生むものですが、ポリマー、金属、セラミックなどの材料を理解することが不可欠です。このレポートは、確立された3Dプリンティング材料の動向を検証し、技術比較調査の結果を提示し、トレンドを分析し、さらに積層造形材料に関する詳細な市場見通しを提示しています。3D プリンティング材料に関連する企業に対し、このレポートは重要な知見と必須の知識を提供します。
続きを読む

3Dエレクトロニクス/積層エレクトロニクス 2022-2032年 

この IDTechEx レポートは個別のプリント基板を集積エレクトロニクスに置き換えて、スペース節約や軽量化を実現し複雑な製造を簡略化する技術を分析しています、これは三次元表面への電子機能付加、インモールドエレクトロニクス(IME)ならびに完全な3Dプリンテッドエレクトロニクスを網羅しています。また市場見通し、企業概要、対応レベル評価、事例研究および技術上の課題やビジネスチャンスの特定も盛り込まれており、新技術による3D/積層エレクトロニクスの動向に関する明確な全体像を提供しています。
続きを読む

金属積層造形 2022-2032年: 技術、市場、見通し 

金属積層造形は高収益分野や用途に対し確かな付加価値を提供するものですが、その可能性を理解することがそのメリットを引き出すカギとなります。このレポートは、確立された最新の金属3Dプリンティング技術動向を検証し、技術の比較調査結果を提供します。また、金属材料の分析、金属3Dプリンティングに関する詳細な市場見通しを提示しています。金属積層造形に取り組んでいる企業だけでなく関心のある企業にも、重要な知見と必須の知識を提供します。
続きを読む

5G の熱管理 2022-2032年 

インフラと 5G 対応デバイスの継続的な普及拡大により 5G の展開は本格化しています。しかしながら、温度管理には多くの材料レベルの問題など多くの課題が残されています。このレポートは、5G アンテナのデザインと構成部品の進化を検証して半導体技術、関連するダイ接着材料、電源装置および熱伝導材料のトレンドを分析しています。これらのカテゴリーの現在の技術と新たな技術について2032年までのフォーキャストとともに解説しています。
続きを読む

3D プリンティングハードウェア 2022-2032年: 技術、市場見通し 

本レポートは 3D プリンティングのハードウェア技術と販売拡大を解析するために作成されました。3D プリンティングのサプライチェーンに関連ある企業(材料メーカー、プリンター・メーカー、サービス・プロバイダー、エンドユーザー)にとって役立つものです。市場を17の技術分野に分類し、各分野に対し新型コロナウイルスの影響を考慮し、17種の見通しを作成しています。予測では3Dプリンタの設置台数、新規設置台数、買い替え台数ならびに 3D プリンター売上高に対する10年先の見通しを提供しています。
続きを読む

セラミックス3D プリンティング 2022-2032年: 技術および市場に関する見通し 

セラミックスの 3D プリンティングは現在 3D プリンティング業界全体のニッチとして存在していますが、最近ではベンチャー企業からセラミックス・サプライヤーに至る多くの企業がこの分野に参入しています。このレポートは、セラミックスの 3D プリンティング技術と材料の実態を検証し、有力企業を特定し、興味深い用途を紹介し、またセラミックス 3D プリンティングに関する市場見通しを提供します。この小さいながらも成長しつつある特殊分野に参入することを検討している企業にとって、このレポートは不可欠のものとなります。
続きを読む

複合材の3Dプリンティング 2021-2031年:技術および市場分析 

複合材の 3D プリンティングが商業的に転換期をむかえています。ポリマー材料の3Dプリントは物理的制約を伴いますが、それらは繊維強化(やその他の機能)による恩恵を受ける可能性があります。また、複合材の製造はコストがかかることで知られていますが、これに挑戦することで、積層造形によって実現する金型レス、ラピッドプロトタイピングや自動化アプローチなどの恩恵が得られる可能性があります。IDTechEx はこの市場が2031年までに20億ドルの規模に急成長すると予測しています。この市場レポートは、緻密な10年間の見通し、材料とプリンターのベンチマーク評価ならびにインタビューに基づく企業概要を含め、複合材の 3D プリンティング市場に関する包括的な見地を提供しています。
続きを読む

5G スモールセル 2021-2031年: 技術、市場、見通し 

5G は超低レイテンシと高水準のデータスループットにより、完全にデジタル化され常時接続された世界への道を開きつつあります。しかし、5Gは高い周波数を使用するため、信号の伝搬距離が短いという課題があります。その結果、超高密度ネットワークを形成するために無数のスモールセルを展開することが不可欠となります。IDTechEx は長年にわたり 5G 関連のテーマを調査してきており、このレポート『5G スモールセル 2021-2031年: 技術、市場、見通し』は 5G スモールセル業界の主要技術、有力企業および市場を網羅し、弊社のノウハウに基づいて作成されたものです。これに加え、IDTechEx は 5G スモールセルが適用できる可能性の高い垂直市場を選択し、一連の詳細なケーススタディを提供します。
続きを読む

車載向けプリンテッド・フレキシブルエレクトロニクス 2021-2031年: 技術および市場 

電動化・自動運転車への移行によりプリンテッドおよびフレキシブルなエレクトロニクスの大きな市場機会が生み出されています。これらの技術には EV パワートレイン、車内センサーとディスプレイ、および車外ヒーターおよび照明も含まれています。このレポートは、11種の用途にわたるプリンテッド/フレキシブルエレクトロニクスの現状そして市場機会、そして売上および数量別の10年先の市場見通し、複数の事例検証ならびに商用化や技術的な成熟度の分析についてまとめています。
続きを読む

エアタクシー: 電動式垂直離陸・着陸航空機 2021-2041年 

IDTechEx の調査レポート『エアタクシー: 電動式垂直離陸・着陸航空機』は新しい都市空間の移動市場について理解を深めることを意図したものです。eVTOL 航空機設計アーキテクチャの基本原理から OEM 有力企業そして主な要素技術の市場機会に至る eVTOL エアタクシーに関する包括的な分析を提供。このレポートは、eVTOL の運用に関するIDTechExの TCO 分析ならびにこの長期的な大きなポテンシャルを持ち変化しつつある新市場に関する IDTechEx 独自の20年先の見通しを提示しています。
続きを読む

プリンテッド・フレキシブル エレクトロニクス材料 2021-2031年: 技術、用途、市場見通し 

既に折り畳み式スマートフォンに利用されているプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスは、医療機器からスマートパッケージングそして電子テキスタイルから消費者向け製品に至る用途に幅広く採用されていくことが見込まれています。この技術の変遷は、特に新たな OLED エミッタ、無粒子構造の導電性インクおよび導電性接着剤を含む革新的な材料を対象とする多大な市場機会をもたらします。この IDTechEx レポートは、すべての関連材料を網羅した市場見通し、インタビューに基づいた詳細な企業概要、事例検証および技術ロードマップを盛り込んでいます。弊社の包括的な概要と分析により、読者はプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスへのこの技術の移行がもたらす機会を理解し利用することができるようになるはずです。
続きを読む

医療診断におけるAI(人工知能) 2020-2030年: 画像認識、有力企業、医療用途、見通し 

このレポートは、5例の主要な医療用途を分析することで疾患検出のための画像認識人工知能(AI)の分野を検証しています。最先端技術について解説し、有力企業に着目し、それぞれのセクターの市場動向を分析しています。トレンド、市場機会、ハードルおよび課題(技術面と商業面の両方)について徹底して検証しており、この技術の現在と将来の市場に関する詳細にわたる知見が示されています。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッドおよび薄膜電池 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

IDTechEx は2014年以来フレキシブル、薄膜型およびプリンテッドのバッテリーの技術、有力企業および市場動向を追跡してきました。このレポートは、詳細の技術分析、市場動向の紹介、市場分析、ビジネスチャンスおよび障壁に関する議論、有力企業の動向追跡を提供するとともに、技術別そして用途別に今後10年間の市場見通しを示しています。
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当調査レポートは、伸縮性エレクトロニクスに関して必要とされるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある分析を提供し、利用可能なもしくは/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて取り上げ、伸縮性エレクトロニクスに統合される可能性がある60以上の製品タイプを検証し、100社以上の進捗状況まとめています。62企業、25の研究機関に関する初期調査、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント別の10年間の市場予測を提供します。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300
アジア: +82-10-3896-6219