アドバンスドマテリアルズ - IDTechEx Reports and Subscriptions

熱電冷却、加熱、ハーベスティング: 90社の企業分析、市場、ロードマップ 2022-2042年 

熱電気冷却、加熱およびハーベスティングが現在は部分的な成功に留まり、もっと後で完全な成功を遂げる理由を学んでください進化する最適な材料、パラメーター、デザイン、用途、技術および戦略に加え90社の企業比較、市場リーダー、成功要因、失敗、会社の意図および市場全体見通し2022-2042年を提供。包括的なバリューチェーンと低出力から高出力のシステムのサプライヤーの分析を盛り込んだ重厚な300ページ資料。エンドユーザー向け市場が勃興しています。必要なものは何か。何を注視すべきか。マルチリンガルで博士号レベルの IDTechEx アナリストによる数年に及ぶ調査に基づいています
続きを読む

熱電エナジーハーベスティングと熱利用の他の排気ゼロ電力 2022-2042年 

これは熱電気ハーベスティングのビジネスチャンス、一連の研究および必要となる優先順位に関する初の20年先の展望となります。材料から製品統合に至る100社を超える対象企業の活動状況を確認できます。ハードル、賢明な取り組み、代替技術についての知見が得られます。2022-2042年の見通し 。博士号レベルの多言語話者の分析による27種の結論。代替技術、2021年に登場した2つの新技術。実業家のニーズ?数十億ドルの成果が見込めるにもかかわらず、それは現在の研究の優先順位に沿ったものではないと IDTechEx が結論付ける理由
続きを読む

走行距離1000マイル(1600km)の二次電池式電気自動車 2021-2041年 

実効走行距離を半分とすることができ、誰もが路上で充電することの煩雑さを嫌っていることから長距離走行自動車は大きな魅力となります。このレポートは、長距離走行車がどのように太陽光パネル搭載の車体、軽量化、簡素化、新規部品や進化したバッテリー用ハードウェアとソフトウェアにとって大きなビジネスチャンスを生み出すことなっていくのかを分析しています。世界最初の販売実績と2021-2041年の技術ロードマップをご確認ください。例えば、2027年には650マイル(1000km超)の走行距離を実現できない特別な自動車は敬遠されることになります。
続きを読む

熱伝導材料 (サーマルインターフェイスマテリアル)2021-2031年:技術、市場および市場機会 

熱伝導材料(TIM)は極めて幅広い種類のタイプとアプリケーションに利用されます。この調査レポートは、TIM の製造や進化に加え、各種の TIM タイプについての解説ならびにベンチマーク評価を行っています。またTIM の現在の活用状況、ならびに将来の主要用途と考えられている、電気自動車用バッテリー、4Gと5Gのインフラ、データセンター、LEDおよび消費家電などを網羅しています。これらのアプリケーションにおける2021年から2031年までのTIMの需要を面積とトン数で予測するために、利用ケースとマーケットインサイトを用いています。
続きを読む

エアロゲル 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

エアロゲルは100年近くその存在を知られているナノ多孔質材料の一種です。そこには複雑な歴史があり、21世紀になってようやく本格的な商用利用が開始しています。この市場はシリカエアロゲルブランケットが中心となっています。これは専ら石油・天然ガス業界において断熱材として利用されています。新たな有力企業が特に中国で事業を拡大し、EV バッテリーパックから建設業に至る新規用途が開拓されるなど活発な動きがあります。シリカ以外では、まだ商用化の初期段階にあるポリマーとカーボンのエアロゲルの分野が脚光を浴びており、これらは業界をまったく新しい方向に誘う潜在力を秘めています。このレポートはエアロゲル業界の主要技術、有力企業ならびに市場を網羅しています。IDTechEx は多年にわたりこの分野の調査を行っており、この新興市場に関するもっとも包括的で正確な情報をお届けします。
続きを読む

ソーラーカー 2021-2041年 第二版 

最優秀の陸上・水域・空域用太陽光輸送機器、勝ち組企業、技術
続きを読む

6G通信市場、デバイス、材料 2021年~2041年 

6Gのためのデバイスと材料の機会は、5Gの10〜100倍になります。メタマテリアル、グラフェン、新規lll-V化合物、ポリマーなどについて理解することが要求されます。6G通信を開始させるために、2020年に10億ドルが投入されました。新しいハードウェアはソフトウェアと同様に重要です。資金調達は、2030年頃に広範囲な展開に向けて拡大されていくでしょう。デバイスと材料のサプライヤーとって重要な情報を網羅した調査レポートです。
続きを読む

透明エレクトロニクス材料の市場 2021-2041年 

建物の窓、グリーンハウス、鉄道用としての透明エレクトロニクスの200億ドルの新市場を想像してください。これにはワンタッチだけで発電や暗化を実行する電気自動車の天窓が含まれます。スマートウォッチのガラス、レーダー内蔵ヘッドライト、OLED とマイクロ LED イメージが「空間に漂う」ことによるシースルー型ビルボードを想起してみてください。コンフォーマル被膜を不可視回路、センサー、ヒーター、アンテナとして追加。材料、5G 通信と 6G 通信がこれに関係し、透明な太陽光発電層がシリコン製送電技術を加速しています。
続きを読む

スマートシティの先進材料市場 2021-2041年 

スマートシティへの投資額は数兆ドルに膨らんでいます。先端材料は需要が年間4,000億ドル前後に達する重要なものです。「いたるところで太陽光発電」だけでも350億ドル前後の規模となり、多くの新規素材がこれに関わってきます。この探求にはエネルギー、食品および水の自給自足そして一つの車両の10種代替が含まれます。3Dプリンテッド・ビルから6G通信、自己修復およびさざ波発電に至る材料の課題の解消により数十億ドルの新規事業が生み出されることになります。
続きを読む

グラフェン市場&2D材料の分析 2021-2031年 

グラフェンは、長い間「脅威の素材」とされ、世界の課題の多くを解決してくれる素材とみなされてきていました。現実はこれとはかなり異なるものであり、その直接的なインパクトはしっかりと評価されていませんでした。しかしながらこの業界は過去10年間で進化を重ねており、現在では注目された試みが受注、大幅な設備拡大そして価格低下へと発展しており、転機を迎えていることがわかります。このレポートは、グラフェン粉末/プレートレットとフィルム/ウエハーの両方を検証しています。比較調査、詳細な見通し、会社概要、生産能力/年商/収益がすべて盛り込まれています。IDTechEx はこの業界に対して長い調査実績があり、豊富な一次調査を活用して読者に最も正確で最新の技術や市場情報を提供しています。グラフェン以外の新興する各種2D材料は、それぞれユニークな特性と幅広い商用利用のポテンシャルを備えています。そのほとんどはまだ発展の初期段階にあります。IDTechEx は、特に窒化ホウ素、遷移金属ダイカルコゲナイド、MXeneおよびXeneに着目した分析と見通しを提供しています。
続きを読む

電子機器向けフルオロポリマー(フッ素重合体)市場 2021-2041年 

電子機器向けのフルオロポリマーが今後台頭します。5G、IOT、大型レドックス・フロー電池、電気自動車からの需要が伸びています。新たな生分解性塗料および 2D 分子構造、ならびに 3D プリンティングと高周波スパッタリング法により販売額が増大してゆきます。摩擦電気がフェイスマスクから波力発電に至るまで存在感を発揮していく可能性があります。6G ワイヤレスとテラヘルツ・エレクトロニクスがこれに加わりため、20年先見通しとロードマップは今後必須となります。
続きを読む

スマートシティ市場 2021-2041年: エネルギー、食品、水、素材、交通の見通し 

スマートシティは、都市の情報通信技術の普及をはるかにしのぐ機会を用意した極めて野心的なものになってきています。新たな多機能素材、センサー、車両および建築技術の30件以上の20年先の見通しをご覧ください。対象となるエネルギー、水と食品の自立化技術およびインフラ撤去を把握してください。5,000億ドルの自給自足シティが現在では砂漠や外洋でも計画されています。有力企業地域動向この膨張する市場において投資機会を見い出してください。
続きを読む

カーボンナノチューブ 2021-2031年: 市場、技術、有力企業 

MWCNT、FWCNT および SWCNT の比較調査および検証、VACNT、シート、繊維、複合素材、スラリーなど多数。細部にわたる市場見通し、主要メーカーの略歴および分析、インタビューに基づく企業調査
続きを読む

マテリアルズ・インフォマティクス 2020-2030年 

マテリアルズ・インフォマティクスはイノベーションから市場投入までの時間を抜本的に加速させることによりR&Dのパラダイムを一変させます。複数の戦略的アプローチや既にいくつかの成功事例があり、この変革を見逃すことは非常に高くつくことになります。この調査レポートは、市場に関する重要な知見と概要を提供しています。専門的な初回インタビューを通じ、読者は有力企業、ビジネスモデル、技術そして用途分野に関する深い知見を得ることができます。
続きを読む

エレクトロニクス リシェイプ 2020-2040年 

テープ、フィルム、医療用、ウェアラブル、建物などのペイントを含めスマートマテリアルとなる数十億ドルの電子電気機器のビジネスチャンスを分析します。2020年に大半が実施された調査では、2020年-2040年の商用化ロードマップ、勝ち組と負け組みを分析しています。ユーザーはこれを切断、変形、伸縮またはスプレーにより形状を形成します。発光や発電と貯蔵などの一定の機能。これは、新規市場創出と同時に従来の電子機器生産を迂回することになります。
続きを読む

水素エネルギー社会、燃料電池および水素製造方法 

このレポートは、エネルギー担体としての水素の現在の状況ならびに将来の発展に関する実情を読者に提供しながら、水素エネルギー社会に関する明確かつ客観的な全体像を伝えています。異なる燃料電池と電気分解装置の包括的な情報により、化学原理、関係する素材、技術的限界そして市場の主な有力企業を含めそれぞれの技術の将来のビジネスチャンスについて読者は把握することができます。
続きを読む

スーパーキャパシタ材料およびフォーマット 2020-2040年 

スーパーキャパシタ、バッテリー・電気二重層コンデンサ・ハイブリッド、さらに擬似コンデンサをも対象とするグラフェン、カーボンナノチューブ、金属有機構造体、イオン液体等のそれぞれの新規ビジネスチャンスに焦点を当てた複数の章。自動車、ウェアラブルおよび医療のためのこれらの新たな起爆剤となる部品についてご確認ください。これらのフレキシブル、伸縮性そして荷重支持のスマートマテリアル、一定の多機能、構造用エレクトロニクスそしてバッテリー除去機能、生体適合性、生分解性、移植性、伸縮性素材についてご確認ください。あるものは所定のサイズに合わせて切断するスマート原料であり、そうした後でも依然稼動します。見通し、最高の調査結果。
続きを読む

導電性インク市場 2020-2030年:見通し、技術、有力企業 

この調査レポートは何年にもわたる調査に基づいたものです。過去8年間だけでも、IDTechExのアナリストは、150社以上の業界の有力企業にインタビューし、世界中の無数のユーザー/サプライヤーを訪問し、全世界で35回以上のコンファレンスや展示会に参加し、またこの市場に対する戦略構築において多くの業界有力企業を支援するため協業しています。例えば、過去5年間だけでも、弊社は日本、米国、台湾、韓国、ドイツ、英国などで開催されたおよそ35回の展示会を訪問してレポートを更新しています。これ以前には、弊社のアナリストはとりわけ太陽電池業界の導電ペーストの商用化において積極的な役割を果たしています。
続きを読む

インモールドエレクトロニクス 2020-2030年:技術、市場予測、主要企業 

IDTechExは、プリンテッド・エレクトロニクスの分野で長い歴史を持ち、この分野の最前線を分析しています。また、InMold Electronics(IME)を含む3D形状電子機器および構造電子機器に関する技術的および商業的開発を、5年以上にわたり研究してきました。当社はバリューチェーン全体の主要プレーヤーを熟知しています。この新しいレポートの情報は、広範なインタビューに基づいた技術的な一次調査を通じて取得されています。
続きを読む

構造用エレクトロニクスおけるスマートマテリアルのビジネスチャンス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子、電気、オプトロニクスを組み合わせた2000億ドルの事業機会の見通しのある新素材を検証しています。モノリシック・フレキシブルフォン。バイオニック人間。充電不要の太陽光電気自動車。一つのオプションはインモールド・エレクトロニクスであり、電気的に多機能の単一部品を成形することにより自動車部品を95%削減します。各章は道路、建物、窓用の旧式の荷重支持構造の代替物について詳述しています。
続きを読む

電気自動車のパワーエレクトロニクスのダイ接着材料 2020-2030年 

この調査レポートは、様々な電気自動車におけるパワーエレクトロニクスで利用される各種のダイ接着材料および基板接着材料の市場を調査しています。ここではあらゆる電気自動車の各種のパワーエレクトロニクス機能におけるダイ接着材料ならびに基板接着材料の市場規模を適確に予測する緻密な定量的モデルを構築しています。これはまた価値および物量における10年にわたる市場予測を構築し、素材タイプ別に市場を区分しています。ここで対象となっている素材にはナノ銀粒子焼結接合、銀マイクロ粒子焼結接合、Cu焼結接合、SAC およびその他のはんだ、および液相拡散(TLP)接合素材が含まれています。
続きを読む

透明導電性フィルム (TCF) およびマテリアル市場2019-2029年:成長予測、テクノロジー、主要企業 

透明導電膜および材料の市場は急速に変化しています。この継続的な変革は、テクノロジー、アプリケーション、サプライヤーなど、あらゆるレベルで行われています。当レポートでは、この業界の最も包括的で権威ある見解を提供します。
続きを読む

量子ドット材料と技術 2020-2030年:動向、市場、主要企業 

IDTechExは、2013年から量子ドットの技術と市場を分析しています。それ以来、当社はインタビュー、企業訪問、カンファレンスへの参加を通じて、最新の研究や市場開発を常に精査しています。
続きを読む

圧電型ハーベスティング・センシング:2019-2039年 

圧電型ハーベスティングとセンシングは圧電事業の7%でしたが、圧電道路に新たに投資された数百万ドルとIOT、スマートシティヘルスケアなどのセンシングの再発明により、10億ドル以上の新しい圧電市場が生まれる可能性があります。特許出願、印刷、フレキシブルフィルム、コーティングなどの新しい素材とフォーマットが大幅に増えています。当レポートは、グローバルなインタビュー、次世代テクノロジー、市場を含むすべてを独自にまとめています。
続きを読む

多機能複合材料の世界市場2019-2029年:テクノロジー、主要企業、市場予測 

繊維強化ポリマー複合材の次の重要な反復手法での開発目標は、多機能性の概念です。これは、構造部品に現在の主要な機械的タスクを超える追加の役割を実行させるという考えです。スマート複合材の市場は2029年までに5ktpa(年間キロトン)を超えると考えられますこれには、強化された電気伝導性と熱伝導性、組み込みセンサーとアクチュエーター、エネルギー貯蔵とハーベスティング、データ伝送、自己修復、適応応答(モーフィング)メカニズムが含まれます。
続きを読む

航空宇宙・防衛向け積層造形(AM)・軽量マテリアル (2018 - 2028年) 

航空宇宙は、他の輸送手段に比べて、トンキロあたりの二酸化炭素排出量が最も高くなっています。規制上の要求と経済的およびパフォーマンスの利点を組み合わせることで、重量を節約することが常に目標になります。当レポートでは、このセクターの主要な軽量化アプローチと、どのプレーヤーとテクノロジーが主な勝者と敗者であるかについて説明します。主な焦点は、先端的軽量材料と積層造形の台頭です。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

軽量金属の世界市場の予測 (2018-2028年)成長予測、開発動向、主要企業 

同じ機能的能力を提供する一方で、より軽量なソリューションが多くの業界での緊急要件であることは明白です。軽量金属は、この課題に対する最先端のソリューションを提供します。IDTechExは、アルミニウム、マグネシウム、金属基複合材(MMC)、および発泡金属の全サプライチェーンを徹底分析しました。それぞれが市場の成熟度の異なるレベルにありますが、すべてが技術革新の根底にある進歩を持ち、豊富な機会を内包しています
続きを読む

複合材料市場2017-2027年:イノベーション、成長機会、市場予測 

複合部品は、個々の要素と比較して優れた特性を与えるために、マトリックスに埋め込まれた繊維で構成されています。業界は十分に確立されているように見えますが、表面下では、サプライチェーンのすべてのステップで重要なイノベーションが進行しつつあります。これにより、拡張されたアプリケーションと新しいアプリケーションの双方で、改良された材料と初期の材料の両方が提供されます。IDTechExは、複合部品の合成繊維だけで、この市場が2027年までに90億ドルを超えると予測しています。
続きを読む

ペロブスカイト太陽光発電市場2018-2028年 

このレポートでは、技術の観点とビジネスの観点の両方で、ペロブスカイト太陽電池の状態について詳しく紹介しています。テクノロジーベンチマークと市場分析は、ユーティリティ、BIPV、スマートウィンドウ、屋外家具などの多くのアプリケーションにおけるペロブスカイト太陽電池の可能性を分析するために実行されます。2028年までに、市場は5億ドルを超えると予想されます。
続きを読む

E-テキスタイル 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

このレポートは、E-テキスタイルの商用化に関する市場、技術および有力企業について解説しています。材料、コンポーネントおよび製造手法から4つの主要製品カテゴリーに至るまで、バリューチェーン全体を網羅しています。このレポートは、10以上の異なる市場分野を検証しており、224社の企業情報を含んでいます。このレポートでは、市場は2020年は5億ドル弱ですが、今後10年間で13億ドルを超える規模に成長すると予測しています。
続きを読む

複合材の3Dプリンティング 2021-2031年:技術および市場に関する分析 

複合材の 3D プリンティングが商業的に転換期をむかえています。ポリマー材料の3Dプリントは物理的制約を伴いますが、それらは繊維強化(やその他の機能)による恩恵を受ける可能性があります。また、複合材の製造はコストがかかることで知られていますが、これに挑戦することで、積層造形によって実現する金型レス、ラピッドプロトタイピングや自動化アプローチなどの恩恵が得られる可能性があります。IDTechEx はこの市場が2031年までに20億ドルの規模に急成長すると予測しています。この市場レポートは、緻密な10年間の見通し、材料とプリンターのベンチマーク評価ならびにインタビューに基づく企業概要を含め、複合材の 3D プリンティング市場に関する包括的な見地を提供しています。
続きを読む

5G スモールセル 2021-2031年: 技術、市場、見通し 

5G は超低レイテンシと高水準のデータスループットにより、完全にデジタル化され常時接続された世界への道を開きつつあります。しかし、5Gは高い周波数を使用するため、信号の伝搬距離が短いという課題があります。その結果、超高密度ネットワークを形成するために無数のスモールセルを展開することが不可欠となります。IDTechEx は長年にわたり 5G 関連のテーマを調査してきており、このレポート『5G スモールセル 2021-2031年: 技術、市場、見通し』は 5G スモールセル業界の主要技術、有力企業および市場を網羅し、弊社のノウハウに基づいて作成されたものです。これに加え、IDTechEx は 5G スモールセルが適用できる可能性の高い垂直市場を選択し、一連の詳細なケーススタディを提供します。
続きを読む

電子皮膚パッチ 2021-2031年 

このレポートは、電子皮膚パッチの市場、技術および有力企業について解説しています。28の用途分野と130社を超える企業を網羅し、2010-2020年の過去の市場データと2021年から2031年の市場予測を含み、電子スキンパッチ分野に関して実施されたもっとも包括的な調査内容となっています。これには持続血糖モニタリング(CGM)、バイタルサインモニターなどのセクターや多くの関連分野を含め、2021年に年商100億ドルを超える多大なビジネス機会があることを明らかにしています。
続きを読む

全固体電池とポリマー電池 2021-2031年: 技術、見通し、有力企業 

全固体電池は次世代電池技術の一つと考えられており、優れた安全性、パフォーマンス向上、柔軟性のあるフォームファクターとパックデザインの簡素化というメリットを備えています。様々な有力企業が無機および有機双方の全固体電解質を異なるアプローチから開発しています。また全固体電池は政府の戦略的な支援もあり世界中で多大な注目を集めています。このレポートは、詳細な技術分析、有力企業の動向、市場分析ならびにビジネス上の知見を提供するものです。10年のうちに全固体電池の市場は80億ドルを超える規模に達する見込みです。
続きを読む

レドックスフロー電池 2021-2031年 

このレドックスフロー電池調査レポートには、科学的な仮説に基づいた RFB 市場の大きな変動が盛り込まれています。IDTechEx はリチウムイオン電池とレドックスフロー電池システムの均等化蓄電原価(LCOS)の計算により、レポートにおいて仮説を証明しています。変動性再生可能エネルギーの大量導入によりエネルギー業界はさらなるエネルギー貯蔵能力を要求されることになります。IDTechEx はRFB 市場が2031年に数十億ドル規模になると予測しています。
続きを読む

スマートシティ用のロボットシャトル 2021-2041年 

ロボットシャトルは新たな交通手段の一つです。2041年の200億ドルの売り上げと多大なサービス収入について確認してください。前後対称車両、低騒音、排気ゼロ、車椅子用の大型のスライド式ドアそして迅速な乗り降り、これらはスマートシティ用にデザインされたものであり、通学バスから有人のタクシーやバスに至るまで多くの利用不足の車両を置き換えるものです。
続きを読む

バッテリー不要の定置型エネルギー貯蔵: グリッド、マイクログリッド、UPS、トラックサイド2021-2041年 

最新の定置型エネルギー貯蔵装置は、リチウムイオン・バッテリーおよび揚水式発電だけでなく高速充電・放電機能および6カ月間の季節太陽熱貯蔵機能も提供しています。最新の重力、空気、水素、熱、電気二重層コンデンサおよびフライホイール定置型貯蔵は、スマートシティ用のバッテリーを含む最新のバッテリーと比較されます。主流のリチウムイオン系を価格面とパフォーマンスの点で凌駕。勝ち組、負け組み、20年先のロードマップ、新たな数十億ドルのビジネスの見通し。ニッチ市場。これですべてを理解することができます。
続きを読む

電池不要のエレクトロニクス: 市場のインパクト、IoT、6G、ヘルスケア、ウェアラブル 2021-2041年 

電池不要の IoT、インプラント、ウェアラブル、スマートビルディングを理解することによりデバイスやバッテリー代替技術の売り上げを伸ばしてください。6G通信ワイヤレス情報やワイヤレス情報伝送・給電(WIET)から、摩擦帯電、擬似コンデンサ、電子スキン・バイオ燃料電池そしてストレージ付きのプラスチックフィルムによる機能一括マルチモーダル・ハーベスティングに至る新たな要素技術の波に乗り遅れないように。こうした一連の研究の成果がバッテリーレス携帯電話、スマートウォッチ、ボディエリアネットワークそして2041年の1,210億ドルの市場をもたらすのかをご確認ください。
続きを読む

マイクロ LED ディスプレイ 2021-2031年:技術、商品化、市場機会、市場および有力企業 

このレポートは、エピタキシ、半導体製造、質量移動と集合体、ボンディングおよび配線、試験、欠陥管理、修理、発光制御、全色再現からバックプレーンや運転にいたるまで製造プロセス全体を通じ利用できるオプションや新たな可能性に関する詳細な技術的分析を提供しています。この資料はサプライチェーンの評価、市場ステータス評価・予測、そして有力企業の活動分析とともに課題および市場機会を取り扱っていることから、読者が優れた戦略的意思決定を下し、最適な技術ロードマップを見出し、商用化と新規事業の開拓を進め、信頼できるパートナーについて知り、有力企業の活動を追跡し、さらに最新の業界動向を探る上で役に立つものです。
続きを読む

車載向けプリンテッド・フレキシブルエレクトロニクス 2021-2031年: 技術および市場 

電動化・自動運転車への移行によりプリンテッドおよびフレキシブルなエレクトロニクスの大きな市場機会が生み出されています。これらの技術には EV パワートレイン、車内センサーとディスプレイ、および車外ヒーターおよび照明も含まれています。このレポートは、11種の用途にわたるプリンテッド/フレキシブルエレクトロニクスの現状そして市場機会、そして売上および数量別の10年先の市場見通し、複数の事例検証ならびに商用化や技術的な成熟度の分析についてまとめています。
続きを読む

エアタクシー: 電動式垂直離陸・着陸航空機 2021-2041年 

IDTechEx の調査レポート『エアタクシー: 電動式垂直離陸・着陸航空機』は新しい都市空間の移動市場について理解を深めることを意図したものです。eVTOL 航空機設計アーキテクチャの基本原理から OEM 有力企業そして主な要素技術の市場機会に至る eVTOL エアタクシーに関する包括的な分析を提供。このレポートは、eVTOL の運用に関するIDTechExの TCO 分析ならびにこの長期的な大きなポテンシャルを持ち変化しつつある新市場に関する IDTechEx 独自の20年先の見通しを提示しています。
続きを読む

6G通信の再構成可能なインテリジェント・サーフェスのロードマップ、材料、市場 2021-2045年 

数十億ドルの再プログラム可能インテリジェント・サーフェス RIS があらゆる場所で導入された場合にのみ6G通信は数兆ドル規模のビジネスとなることができます。大量生産におけるコスト、実用性そして要素材料、技術および有力企業を分析としてご利用ください。2041年までの分野と金額的見通し、数十億ドルの市場機会について確認してください。それらがコストに見合う形でどのようにユーザーの便益を向上させることができるのかを理解してください。タイムライン、新規の解説画像、グラフおよび多くのイメージを確認してください。
続きを読む

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)2021-2040年 

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)は、排気ガスや直接大気から二酸化炭素を取り出し、恒久的に地下に貯留するか再利用する一連の技術のことをいいます。このレポートは、世界のCCUSの将来を形成することになる技術的・経済的要因を検証し、業界の成長における主な課題や市場機会を特定しています。
続きを読む

ハプティクス 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

ハプティクスの技術は、スマートフォンやゲーム端末コントローラーから自動車や産業用機器に至るまで多くの馴染みのある製品で見られます。この市場を支える技術は過去5年間に大きく変容しています。数十年の歴史を持つ既存技術が主要な市場において置き換えられ、その他の先進技術が商用化に近づいています。この調査レポートは、多様で変化に富んだハプティクス業界の主要な市場と技術のすべてを分析評価しています。
続きを読む

プリンテッド・フレキシブル エレクトロニクス材料 2021-2031年: 技術、用途、市場見通し 

既に折り畳み式スマートフォンに利用されているプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスは、医療機器からスマートパッケージングそして電子テキスタイルから消費者向け製品に至る用途に幅広く採用されていくことが見込まれています。この技術の変遷は、特に新たな OLED エミッタ、無粒子構造の導電性インクおよび導電性接着剤を含む革新的な材料を対象とする多大な市場機会をもたらします。この IDTechEx レポートは、すべての関連材料を網羅した市場見通し、インタビューに基づいた詳細な企業概要、事例検証および技術ロードマップを盛り込んでいます。弊社の包括的な概要と分析により、読者はプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスへのこの技術の移行がもたらす機会を理解し利用することができるようになるはずです。
続きを読む

5G 向け低誘電損失材料 2021-2031年 

5G の展開は全世界で急速に進んでおり、2030年までに7200億ドルの市場規模になることが見込まれています。5G ネットワークの最も革新的な部分は高周波数の 5G 技術にあります。ミリ波帯 5G 対応デバイスは基板とパッケージの双方のレベルにおける伝送損失を減らすため低誘電損失材料を採用することになります。これは低誘電損失材料の市場を生み出すことになり、その規模は2031年までに1億1000万ドルを超え、2026年から2031年まで28%の年平均成長率(CAGR)に達することとなります。
続きを読む

AR、VR および MR における光学系とディスプレイ 2020-2030年: 技術、有力企業および市場 

拡張現実、複合現実そして仮想現実のディスプレイで利用される光学系とディスプレイは、臨場感あふれるユーザー体験というインパクトをもたらすため、こうした技術の品質は将来のデバイスでの採用において極めて重要となります。このレポートは様々な機器で利用される各種の光学系について報告し、その将来の成長見通しを提供しています。またディスプレイにおける6種の主要な技術に着目し、AR/MR および VR デバイスの両方を比較検証しています。この詳細にわたる分析によれば、両方の分野の市場は2030年までに合計280億ドルを超えることが見込まれています。
続きを読む

スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年 

IDTechExの調査レポート「スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年」は、用途別および地域別の20年に及ぶ市場価値の見通しを提供しています。80社のメーカーすべての比較。3つの大きなブレークスルーがもたらすビジネス上のインパクトや用途を徹底して掘り下げています。20年に及ぶPhDレベルのグローバルな追跡調査、とりわけ2020年の調査に基づいています。
続きを読む

医療診断におけるAI(人工知能) 2020-2030年: 画像認識、有力企業、医療用途、見通し 

このレポートは、5例の主要な医療用途を分析することで疾患検出のための画像認識人工知能(AI)の分野を検証しています。最先端技術について解説し、有力企業に着目し、それぞれのセクターの市場動向を分析しています。トレンド、市場機会、ハードルおよび課題(技術面と商業面の両方)について徹底して検証しており、この技術の現在と将来の市場に関する詳細にわたる知見が示されています。
続きを読む

先進的な電気自動車 2020-2040年 

新型コロナウイルス感染拡大の中、最新の IDTechEx レポート『先進的な電気自動車 2020-2040年』は世界の電気自動車業界に関する地域別詳細ならびに2040年までの長期見通しを付した包括的分析を提供しています。またこれはリチウムイオン・バッテリーと電動トラクションモーターから自動運転車の技術に至る移行を可能とする要素技術の詳細な分析も提供しています。
続きを読む

センサー市場 2021-2041年 

センサー事業は新型コロナウイルスによりモビリティ再考、糖尿病などもあり大きな影響を受けています。この調査レポートだけが2041年に2,500億ドル前後の規模となるセンサー市場の全体像を確認する手段を提供しています。
続きを読む

金属積層造形 2020-2030年 

金属3D造形は複数の分野にまたがる重要な要素技術となります。この技術はすでにプロトタイプ、ツーリング、代替部品そして少量生産から大量生産のために利用されています。注目すべき最新のプロセス、新たな参入企業、重要な企業買収そしてエンドユーザーによる採用拡大が進んでいます。しかしながら、現在の主要市場を見るかぎり、新型コロナウイルスがこの業界に短期から中期にわたる深刻な打撃をもたらしています。IDTechEx はこの業界にとって重要な時期となる10年間を対象とする緻密な市場見通しを通じ、プロセス、素材、用途そして地域別の内訳を提供しています。この調査は IDTechEx 技術アナリストが実施したものであり、広範囲にわたるインタビューを通じて読者にこの市場に関する基本的情報を提供しています。このレポートには、有力なベンチャー企業から業界の筆頭企業、材料関連の有力企業などに至るまで50社以上の企業の詳細な動向が含まれています。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッドおよび薄膜電池 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

IDTechEx は2014年以来フレキシブル、薄膜型およびプリンテッドのバッテリーの技術、有力企業および市場動向を追跡してきました。このレポートは、詳細の技術分析、市場動向の紹介、市場分析、ビジネスチャンスおよび障壁に関する議論、有力企業の動向追跡を提供するとともに、技術別そして用途別に今後10年間の市場見通しを示しています。
続きを読む

先進太陽電池向けの材料機会 2020-2040年 

IDTechEx レポート「先進太陽電池向けの材料機会 2020-2040年」だけが20年先の新しい太陽電池材料のグローバルで最新かつ事実に基づく分析を提供しています。これはマルチリンガルで PhD レベルの IDTechEx アナリストが世界中で実施したインタビューに基づいています。2040年までに先進太陽電池向け(PV)の材料の売上は400億ドル近いものになります。かなりの高価格で取引される特殊な材料に多くのビジネスチャンスが期待されます。
続きを読む

5Gにおける熱管理 

5Gインフラとモバイル端末の市場は急激に拡大しています。新規5Gネットワークには従来の通信技術と比べ、多くの設備そしてこれまでより高い周波数が関わってきます。その構造と技術におけるこうした拡大や違いにより有効な熱管理が必要となります。この調査レポートは、設備の規模、周波数、アンテナサイズ、半導体技術、ダイ接着材料、電源装置および熱伝導材料の側面から5G市場における熱管理の分野を取り扱っています。現在の戦略と新たな戦略について、2030年までの予測を交えて解説しています。
続きを読む

マイクロワットからギガワット_エナジーハーベスティング:市場機会 2020-2040年 

エナジーハーベスティングは、周囲の環境にあるエネルギーを必要な場所で電気に変換します。この調査レポートは、最近開発されたものを含め、変換技術に焦点をあて、電力全体を網羅しています。大規模な新興材料の機会と、緊急のニーズに対するソリューションをご紹介します。
続きを読む

リチウムイオン電池リサイクリング:2020-2040年 

2040年までにリチウムイオン電池リサイクリルは310億ドルの市場へと成長します。この調査レポートでは、リチウムイオン電池リサイクリルのプロセスと技術、バリューチェーンおよびリサイクルの経済性、主な業界有力企業ならびにリチウムイオン電池リサイクリルに対する規制や政策に関する包括的かつ徹底した分析を提供しています。地域別、セクター別、バッテリー化学成分および主要な再資源化金属にわたるリチウムイオン電池リサイクルに関する20年に及ぶ市場予測が提供します。
続きを読む

5Gの技術、市場および見通し 2020-2030年 

IDTechExは今後数年間で急速な5Gインフラ展開や莫大な量の5G端末が市場に投入されることになると予測しています。5Gは2030年までにおよそ7,200億ドルの莫大な市場機会をもたらすでしょう。この調査レポートは、高周波数対応5G部材の特異なニッチを特定し、また5Gの市場機会を理解する上で必須となる5G技術と垂直アプリケーションに関する包括的な視点を提供しています。
続きを読む

電子デバイスのためのエナジーハーベスティング 2020-2040年 

この調査レポートは、絶好のタイミングで発行しました。ちょうど世界最初の電源内蔵式スマートウォッチが発表されたばかりです。これらは全機能搭載型ではありませんが、すでにその領域に達しつつあります。それから、IoTノード、医療インプラントおよびウェアラブルにおいて多数のハーベスターが登場しています。これは20年に及ぶ技術と市場の予測、市場ニッチと組み合わせたニーズ、技術に関する唯一の包括的分析と言えるものです。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

摩擦帯電ハーベスティングおよびセンシング(TENG) 2020-2040年 

この新たな摩擦帯電技術は、集団感染、大気汚染やセンサーなどの大きな問題に対処し、10億ドル規模の事業価値創出の可能性を秘めています。これはすでに有害物質を本格的にフィルタリングする電源内蔵式の静電気帯電防止フェイスマスクの売上に貢献しています。これは必要な場所で発電し、状況発信する電源内蔵式センサーやアクチュエーターを生み出すことになります。バッテリー依存低下そしてバッテリー無用の世界が到来しているのです。
続きを読む

バイオプラスチック 2020-2025年 

生物由来原料を利用したポリマーであるバイオプラスチックは、プラスチックがもたらす環境問題への潜在的なソリューションとなります。それらは再生可能資源から作られており、生分解可能なものが多いのです。にもかかわらず、バイオプラスチックは歴史的に価格的にはるかに安価な化石燃料由来プラスチックとの競争に苦戦してきました。しかしながら、事態は変わり始めています。この新規レポートは、バイオプラスチック製造に関わる技術を将来の有効なオプションとして検証し、その市場に関する知見を提供し、成長中の技術の将来性を概説しています。
続きを読む

2020-2030年の農業における電気自動車とロボティクス 

農業、林業、芝生管理に関するハイブリッド自動車および純電気自動車そしてロボティクスならびにそれらのゼロエミッション充電マイクログリッドについてご確認ください。陸上車の優先順位は高いものですがドローンや養殖の分野も網羅しています。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略、自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。網羅的な最新例。2020年-2030年の技術や将来の成果に関する数値や金額の詳細な見通しをご確認ください。
続きを読む

電気自動車モーターのメーカーと開発業者:255社の分析と評価 

EVモーター製造事業に関するこの解析評価は、EVバリューチェーンならびにこれに対する参入を検討する事業者すべてにとって有益な資料となります。これは特に市場のニッチ、買収、投資およびベストプラクティスを追求する事業者にとって有益なものです。このレポートは、IDTechEx 資料「電気自動車の電機モーター:陸海空へ 2020-2030年」の姉妹版となります。このレポートは、100種のカテゴリーにおける見通しを含む技術ロードマップおよび市場を対象としています。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッド OLED ディスプレイ 2020-2030年:見通し、市場、技術 

このレポートは OLED ディスプレイの技術と市場に関する包括的な分析評価を提供しています。基板別(ガラス、硬質プラスチックおよび折り畳み式)そして地域、平均パネル単価および市場規模により分類した緻密な予測と過去の実績を携帯電話、タブレット/コンピューター、テレビ、自動車、ウェアラブル、工業用/プロ用、マイクロ OLED その他の8つの市場用途を対象に提供しています。このレポートは特にアジアにおける動向に着目し世界の動向を把握しています。フレキシブル・ディスプレイのロードマップにより専門の IDTechEx アナリストにより技術的進歩が評価されています。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッド、有機エレクトロニクス 2020-2030年:見通し、技術、市場 

この調査レポートはフレキシブル、プリンテッドおよび有機のエレクトロニクスに関するもっとも包括的な分析により、トレンド、市場での成功例(および失敗例)に関する評価に加え、デバイス別の細部にわたる今後10年の見通しを提供しています。この市場は、プリンテッドと非印刷式、リジッド式とフレキシブル式の電子機器などに分けて市場規模を評価することに加え、それそれのコンポーネントのタイプ別に分析されています。対象となった主要なコンポーネントには、ディスプレイ、センサー、バッテリー、ロジック、機能性インク、電子テキスタイルなどが含まれます。
続きを読む

電気自動車のための電動モーター:陸海空へ 2020-2030年 

このレポートは材料およびコンポーネントのサプライヤーから部品やモーターのメーカーや製品のインテグレーターに至るまで電気自動車のバリューチェーンに関係するすべての事業者にとって重要な意味を持つものです。実際、自動車メーカーのための情報が満載されており、事業戦略立案において必須の資料となります。電動モーターはすべての電気自動車に共通して搭載される唯一のコンポーネントです。時にはバッテリーですら電気二重層コンデンサにより置き換えられることがあります。毎年、IDTechEx はこうしたモーターに関する詳細な分析を書き直してしています。今年の新たな分析は多くのことが変わりつつあるので特に重要です。これらの章はこうした変化を反映しています。
続きを読む

レーザーダイオード & ダイレクトダイオードレーザー (DDL) 市場の分析・予測:2019-2029年:技術、市場、成長予測 

新興の半導体レーザー技術は、産業用材料処理および光学センシング市場に革命をもたらします。IDTechExは、2029年までに世界のレーザーダイオードおよびダイレクトダイオードレーザー市場が139.85億ドルの規模に達すると予測しています。驚くべきことに、この期間中に光学センシングセグメントは1桁成長します。自動車およびエレクトロニクス産業は、レーザー製造、3Dセンシングおよびイメージング、LIDAR、および産業用マシンビジョンの進歩から大きな恩恵を受けます。
続きを読む

燃料電池自動車 (FCV) の世界市場:2019-2029年 

燃料電池(FC)、特に水素をベースにしたものは、電気輸送のソリューションとして長い間躍進的な進歩だとして歓迎されてきました。近年、バッテリーが人気をさらってきましたが、IDTechExは、特に航続距離と高速燃料補給に関して、燃料電池(FC)がリチウムイオンバッテリーよりも優れたソリューションを提供できる多くのアプリケーションを特定しました。この市場は2029年までに2,000億ドルに達する可能性があります。
続きを読む

フレキシブルおよび/または有機エレクトロニクス向けバリアフィルムおよび薄膜封止 (TFE)2019-2029 

IDTechEx Researchは、このレポートの最初のバージョンで公開された2010年以降、バリアフィルムと薄膜カプセル化の技術と市場を分析しています。それ以来、当社はインタビュープログラム、企業訪問、会議訪問を通じて、最新の研究と市場開発に極めて近い状態を維持しています。毎年、IDTechEx Researchは評価を更新し、最新の技術と市場の動向を常に把握しています
続きを読む

ヘルスケア向け圧電ハーベスティングおよびセンシング:2019-2029年 

圧電素子は、ヘルスケアにおける膨大な生物学的および物理的パラメーターを検知する新しい自己発電センサーおよび半導体圧電素子として再発明されています。当レポートのみが、最新の進歩と予測で追求されたニーズ、科学、可能性、目的をまとめて提供します。印刷済みで、柔軟性があり、生体適合性があり、生分解性の、多目的なシステムに電力を供給するためのハーベスターの最新先端技術のすべてがここにあります。
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当調査レポートは、伸縮性エレクトロニクスに関して必要とされるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある分析を提供し、利用可能なもしくは/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて取り上げ、伸縮性エレクトロニクスに統合される可能性がある60以上の製品タイプを検証し、100社以上の進捗状況まとめています。62企業、25の研究機関に関する初期調査、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント別の10年間の市場予測を提供します。
続きを読む

合成生物学2018年 

当レポートは、微生物の遺伝子工学とバイオ製造の主な用途に使用されるツールと技術を取り上げ分析しています。技術の現状、用途、成功事例研究、市場成長、推進力、抑制因子、投資傾向分析を示す分析結果が提供されます。合成生物学への投資は、2017年に記録的な17億ドルに達し、2023年には238億ドルに達すると予測されています。
続きを読む

ファイバーレーザー市場2018-2028::技術・成長機会・市場・成長予測 

当レポートは、高度にイノベーティブなレーザー技術と、急速な成長を遂げているファイバーレーザー市場の取材結果を提供します。これらは、市場調査会社ではめったに調査されません。当レポートは、レーザー物理研究の技術的背景を持つアナリストによって作成されています。
続きを読む

スマートガラス・ウィンドウ市場 (2018 - 2028年):電子シェードおよび半透過型PV 

スマートガラスは、主に自動車用、建築用、航空電子工学用の窓で使用される電気活性ガラスであり、需要は10年間で11億ドルに成長しています。通常、物理的なブラインドの代わりに電子シェーディング、または電気を局所で生成するための半透明のPVウィンドウ用です。技術と市場をカバーする唯一の包括的なレポートとして、ビルや車両の設計者、売り手、ユーザーを含むバリューチェーンのすべてを支援します。
続きを読む

高機能リチウムイオン & リチウムイオンバッテリー以降 2018 - 2028年 

高機能リチウムイオン電池技術の開発への努力は常に行われていますが、量産段階に到達するのはごくわずかです。当レポートでは、すべてのメインカソード(LCO、NMC、LFP、NCA)およびアノード(グラファイト、LTO、シリコン、リチウム金属)の化学的性質を分析し、リチウム硫黄、リチウム空気、スーパーキャパシタ、レドックスフロー電池、ナトリウムイオン電池、亜鉛電池。などの他の既存または将来のバッテリー技術に対する潜在能力をベンチマークします。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300