2019年のRFIDタグ売上は201億個になると予想。IDTechEx市場調査レポート

2019年のRFIDタグ売上は201億個になると予想。IDTechEx市場調査レポート

2019年のRFIDタグ売上は201億個になると予想。IDTechEx市場調査レポート
IDTechExのアナリストによるRFID業界の年一回のグローバル調査「RFID 市場予測、プレイヤー、ビジネスチャンス 2019年-2029年」 によると、2019年のパッシブRFIDタグの販売数は、2018年から13%増加するとみられます。これには、使用される3つの主要周波数帯(RAIN、HF、LF)すべてのパッシブRFIDタグが含まれます。これら3つの周波数帯のうち、2018年から2019年への伸び率はRAIN RFIDが20%と最も高く、HF RFID(NFCを含む)が5%、LFが2%となっています
 
2018年から2019年へのRAIN RFIDの売上伸び率は15%で、2019年のRAINタグの総売上高は9億5300万ドルと予想されます。HF(NFCを含む)タグの2019年の総売上高は38億4200万ドルですが、これには非接触型決済・交通カードなどラベル形状以外のデバイスも含まれます。
 
全体として、タグ、リーダー、ソフトウェア、サービスも含めたRFID業界の市場規模は2019年に116億ドルとなり、2024年には152億ドルに達すると、IDTechExは見ています。
 
IDTechExは、RAIN RFIDタグの販売数は2019年の150億個(これはタグの販売数であり、RAIN ICの年間販売数はこれを上回ります)から増加し、2024年には412億個に達すると予想しています。主要な用途はアパレル製品や航空手荷物のタグのほか、多くの企業でロングテールに利用され、確立された信頼性の高い技術が多様な業界でアセットトラッキングに生かされています。
 
2019年の注目すべきトレンドとして、RAIN ICの小型化(これにより1つのシリコンウエハーからより多くのICを製造できるようになり、ICの単価が低下します)、これらの小型ICを確実に取り扱うためのIC取付装置、二重周波数タグ、セキュリティオプションの向上などが挙げられます。
 
決済用NFCは引き続き拡大しますが、決済以外のNFCは伸びはするものの2018年から2019年への伸び率は1桁にとどまります。これは、大量のNFCを必要とする強力なビジネスケースが依然として見当たらないためです。
 
しかし、HF RFIDについては2019年に初めて、「クローズループ」アプリケーション向けのシリコンICを使わないフレキシブルICに数百万個の大量のタグ注文がありました。
 
IDTechExは、RFID業界を20年間に渡って調査してきました。 この包括的なレポート「RFID 市場予測、プレイヤー、ビジネスチャンス 2019年-2029年」は、パッシブRFID、バッテリーアシストパッシブ、アクティブRFID、チップレスRFIDを網羅し全体像を提供します。併せて、詳細なフォーキャストを提供しています。
さらに詳しくは、ぜひ、市場調査レポート 「RFID 市場予測、プレイヤー、ビジネスチャンス 2019年-2029年」をご覧ください。
 
IDTechExの調査レポートは、IDTechEx日本法人 アイディーテックエックス株式会社から購入できます。
IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供しています。
 
ご希望の方にサンプルページ をお送りします。
その他、調査レポートに関する質問、購入に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechEx調査レポート「RFID 市場予測、プレイヤー、ビジネスチャンス 2019年-2029年」を購入すると30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
お気軽にお問い合わせください。