セラミック3Dプリント市場は2032年までに7倍に成長

セラミック3Dプリント市場は2032年までに7倍に成長

Close up of the inside of a 3D printer
セラミック3Dプリンティングは、3Dプリンティング業界の中でも、ここ10年ほどで商業化された新しい分野であり、ポリマーや金属3Dプリンティングに比べると、比較的新しい分野です。しかし、ここ数年、大手セラミックス企業から小規模な3Dプリンティングのスタートアップ企業まで、この分野への参入者が増えていることは、セラミック積層造形への関心が高まっていることを示しています。
IDTechExの新しい調査レポート『セラミックス3D プリンティング 2022-2032年: 技術および市場に関する見通し』 では、セラミック3Dプリンティング業界の規模が2032年までに現在の7倍の4億ドルに達すると予測しています。

なぜ、セラミック3Dプリントなのか

なぜセラミックメーカーは、セラミックの成形に3Dプリンティングを取り入れるようになるのでしょうか。これは、ポリマー部品メーカーがポリマー3Dプリントに目を向ける理由と非常に似ています。熱間等方圧加圧、押出成形、射出成形といったセラミック成形技術は、セラミック業界で古くから確立されているものです。しかし、こうしたツールを製造するには相当な初期コストがかかり、長期のリードタイムを伴い、そのことが、これらの技術をプロトタイピングや少・中量の部品製造に使用するのを非常に困難で高コストなものにしています。セラミック3Dプリンティングは、ポリマー3Dプリンティングによく似ており、製造の初期コストを大幅に抑えることで、こうしたニッチなニーズにうまく応えるものなのです。

セラミック積層造形に参入する企業

ポリマーや金属、複合材の3Dプリント技術と比較すると若い技術ではあるものの、セラミック3Dプリント市場には、3Dプリントやセラミックの業界の非常に注目すべき有力企業が参入し、市場シェアを獲得しようとしています。
3Dプリンティング関連企業からは、機械をセラミックに対応させたvoxeljetやExOneなどの金属3Dプリント企業や、自社のマルチジェットフュージョンテクノロジー用のセラミックに関する特許を申請したHPなどが参入しています。
 
セラミック業界からは、SGLカーボンやシュンク・カーボン・テクノロジーなどのセラミック材料サプライヤーが参入し、3Dプリントした高性能セラミック部品製品を提供しているほか、モルガン・アドバンスト・マテリアルズやジョンソン・マッセイなどのサプライヤーが、積極的に研究開発を行ってセラミック積層造形が自社製品の最適化につながるのかどうかを見極める取り組みを進めています。そして、Lithozや3DCeramなどのセラミック3Dプリントに特化した企業数社が独自のセラミックプリント技術を既に開発するなど、現在市場をリードしています。こうした企業のセラミック3Dプリントに対する関心の高さが、将来市場が成長する道が開かれていることを示唆しています。
 
セクターごとの状況と市場見込み. Source: IDTechEx調査レポート『セラミックス3D プリンティング 2022-2032年: 技術および市場に関する見通し』

セラミック3Dプリンティングが普及しつつある業界やセクター

セラミック3Dプリンティングは、主に研究開発やプロトタイプに利用されてきましたが、セラミック製ツーリングや小ロット部品を求めているセクターからの関心が高まっています。その中には、航空宇宙・防衛、化学工学、歯科医術向けのインベストメント鋳造のような高付加価値セクターが含まれています。後者のセクターは大きな可能性を秘めているものの、今のところ商用利用がありません。その一方で、前者のセクターでは商用利用が広がりつつあり、セラミック積層造形が高付加価値業界で普及する絶好の機会を提供しています。とは言うものの、研究開発関連の売上が伸びる余地もまだあります。エネルギー貯蔵、医療機器、二酸化炭素回収のような興味深い用途においてセラミック3Dプリンティングの進展に取り組んでいる国際的な研究所が数多くあるためです。

セラミック3Dプリンティング

セラミック3Dプリンティングの動向分析については、IDTechExの調査レポート『セラミックス3D プリンティング 2022-2032年: 技術および市場に関する見通し』を、ぜひご活用ください。
 
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。詳しくは、下記担当までお問い合わせください。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、イベントを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。