自動車用途 LiDAR 市場が2033年までに84億ドル規模に成長

自動車用途 LiDAR 市場が2033年までに84億ドル規模に成長

Autonomous Lidar Self Driving Vehicle 3d illustration
ADAS(先進運転支援システム)と自動運転車への関心が高まり続ける中、LiDAR(光検出と測距)を導入することが、自動運転レベルと安全性を向上させるうえで重要です。IDTechExは最新版調査レポート『LiDAR 2023-2033年:技術、有力企業、市場、見通し』で、自動車用途の LiDAR 市場が2033年までに84億ドル規模に成長するとみています。
 
Global lidar player distribution. Source: IDTechEx - 『LiDAR 2023-2033年:技術、有力企業、市場、見通し』
 
LiDARは、レーザーの発明後間もなく登場しており、数十年にわたりさまざまな測距用途に使用されてきました。LiDARビームステアリング技術のイノベーションのおかげで、地形を3Dでマッピング・スキャンしやすくなったことで、自動車やロボットなどの機械は、立体情報を含む世界の正確な3Dマップを取得できるようになりました。この3D LiDARの機能により、自動車の自動運転レベルが向上し、安全性の向上を実現するための冗長性がもたらされるだけでなく、補足情報を取得できるようになります。自動車業界からの巨大な需要と莫大な投資により、LiDARの開発とコスト削減も加速する可能性があります。それにより製造コストの低減が可能になることで、より幅広い分野で広く導入されるようになり、物量的にも極めて多量となりそうです。
 
カメラ、レーダー、超音波システムのようなセンサーとは異なり、LiDARは技術が比較的未熟であり、価格も高く、サプライチェーンも確立されていないため、市場を取り巻く状況は絶えず変化しています。LiDARの技術と市場が急速に進化を遂げる中で、未解決の課題が数多く残されています。技術面では、LiDARシステムのあらゆる部品には選択肢が山ほどあり、混沌とした状態です。例えば、測距プロセス、レーザーの種類、ビームステアリングのメカニズム、光検出器の選択肢、波長の選択肢、光路の可能性などをさまざまに組み合わせることで、膨大な数のLiDAR技術と対応製品を実現できるのです。実現が容易で、自動車グレードに合格するのも難しくなく、製造コストの削減につながる可能性のある技術がある一方で、その逆もあります。
 
市場の動きも急速であり、SPAC合併により上場した企業もあれば、事業を中止した企業もありますが、さまざまな分野でティア1サプライヤーや自動車メーカーとパートナーシップを結ぶ企業も増えています。
 
IDTechExでは、専門アナリストが当分野に特化した調査を行い、世界の3D LiDAR技術の展望とそれに対応する市場について独自に考察したレポートを発行しました。本レポートでは、ADASと自動運転車市場向けに3D LiDARを開発している企業95社の包括的な分析のほか、技術革新と市場動向の詳細な評価も掲載しています。市場の分析・予測では自動車業界に焦点を当てながらも、技術分析と企業紹介では、産業オートメーション、ロボット工学、スマートシティ、セキュリティ、マッピング用のLiDARを幅広く取り上げています。注目すべきは、本レポートが有力企業への直接取材から得た一次情報を基に客観的な分析を提示しており、輸送、エレクトロニクス、フォトニクスの分野における当社の専門知識をベースに作成したものであることです。
 
IDTechExでは、ティア2サプライヤーに焦点を当てながらも、部品サプライヤーと自動車メーカーもカバーしています。本レポートでは、LiDAR技術におけるイノベーションがLiDAR市場セグメントの成長にどう影響するかを考察しています。技術分析の章では、物理学的調査の経験を活用しながら、専門知識を持たない読者の方にもご理解いただけるように新技術の概念について解説しています。市場予測では、一次データおよび二次データに対する詳細分析をベースに、市場の推進力と抑制要因、ならびに主な有力企業の活動について詳しく見て行きます。レベル3以上の自動運転車4車種で使用されている6種類のLiDARの技術導入ロードマップについて評価を行い、市場機会に関するバランスの取れた見通しをご紹介しています。
 
本レポートでは、以下のような重要な疑問にお答えしています:
・ 現在利用可能なLiDAR技術の選択肢は何か? また、それらの選択肢は製品開発や製品のポジショニングにどう影響するか?
・ 各LiDAR技術の現在の状況は? 今後のトレンドや機会は?
・ サプライチェーン、取り組み、パートナーシップの観点から見て、LiDARビジネスの状況はどのように進化しているか?
・ LiDAR市場の各セグメントは、短期的および長期的にどのように進化するのか?
さらに、技術ベンチマーク、ビジネス機会、企業動向、市場分析も提供しています。
 
最新のLiDAR市場の包括的理解のために、IDTechExの調査レポート『LiDAR 2023-2033年:技術、有力企業、市場、見通し』を、ご活用ください。
 
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。詳しくは、下記担当までお問い合わせください。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、イベントを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。