新型コロナウイルス感染症により、電子皮膚パッチ市場は2021年に100億ドル規模に

新型コロナウイルス感染症により、電子皮膚パッチ市場は2021年に100億ドル規模に

新型コロナウイルス感染症により、電子皮膚パッチ市場は2021年に100億ドル規模に
IDTechExは、電子皮膚パッチに関する新しい調査レポートを発行しました。 「電子皮膚パッチ 2021-2031年」は、製品分野ごとの市場、技術、プレイヤーを網羅し、2021年にはこの分野の年間売上高が100億ドルに達すると予測しています。本レポートでは、COVID-19パンデミックの影響を捉え、2020年から2021年にかけての各セクターの影響と、関連製品セクターの広範な新しいトレンドに対する全体的な影響をカバーしています。
 
ウェアラブルと医療機器に関する広範な調査活動の一環として、過去10年以上にわたってこのテーマを取り上げてきましたが、本レポートでは主な関連市場セクターを各章に分けて考察していきます。糖尿病の管理は、主にCGM(持続血糖モニタリング)によって、最大かつ最も成功しているセクターとなっていますが、インスリン放出用のパッチ式ポンプの採用が増え、クローズドループシステムへの動きが見られます。心血管モニタリングも、年間数十億ドルの収益を生み出していますが、参入企業、製品トレンド、地域性の点で、はるかに細分化が進んでいます。皮膚パッチによる心血管モニタリングを中心とする用途から、入院患者と外来患者の両方を対象とする、より一般的な患者モニタリング用途へと広がりつつあります。このほか、温度ベースのモニタリング(発熱モニタリング、受胎能モニタリング)、電気刺激装置、イオン導入などの患者モニタリング装置などのセクターも、それぞれ競争環境が異なり、固有の成長ドライバーがあるなど、それぞれに特色があります。
 
レポートで取り上げる28のアプリケーション  Source IDTechEx - 「電子皮膚パッチ 2021-2031年」
 
新型コロナウイルス感染症の影響に関して、IDTechExのプリンシパルアナリストで本レポートの主執筆者である James Hayward(ジェームズ・ヘイワード) は次のように述べています。「他の分野で見られるような持続的な悪影響ではなく、新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、この市場の発展を支えている多くのキートレンドの加速をもたらしました。遠隔医療の広がり、遠隔患者モニタリングの促進要因の増加、デジタル患者管理ソリューションの本格的な導入といったトレンドについては、過去にも取り上げましたが、それぞれに加速が見られ、私たちの当初の予測よりも2年前倒しで導入が進んでいます」
 
このレポート では、この変化の背景にある要因について詳しく説明しています。最初のロックダウンでは「必要のない」医師の診察が延期されたため、多くの分野で大きなマイナスの影響が出ました。しかし、多くの企業がニーズに応えるべく、より遠隔医療をベースにしたサービスへと迅速にシフトしました。また、規制上の障壁が低くなったことで、多くの製品が緊急承認を受け、通常よりも短期間で商品化し展開できるようになりました。この動きはその後、デジタルシステムを利用した総合的な遠隔患者モニタリング・管理システムの実現により強い意欲を持つ大企業にまで広がり、一定の開発期間を経て、そのペースが加速し、多くの製品の上市やリリースが見られるようになっています。
 
電子皮膚パッチは極めて多様なカテゴリーです。このことは、皮膚パッチが関連する市場ごとに、成長ドライバーや規制状況、基調となるトレンドが異なることを意味しています。例えば、パンデミック対応のための財源が手当てされたことを受けて、米国では2020年と2021年のモバイル心臓テレメトリデバイスに対する還付額(診療報酬)が大幅に改訂され、特定の種類の製品の利益率と見通しが劇的に変化しました。本レポートでは、このような変化について、一般的な議論と、特定の企業に関する反応と影響の両面から詳しく解説します。製品セクターごとに、成長ドライバー、競争環境、見通しは大きく異なっており、皮膚パッチをベースとした製品の状況は、それぞれに極めて独自性の強いものになります。
 
IDTechExでは、電子皮膚パッチを含むさまざま ウエアラブルテクノロジーに関する調査レポートを発行しています。
 
IDTechExは、ウェアラブル技術をはじめとする様々な関連分野のマーケットインテリジェンスとテクノロジースカウティングを提供するリーディングカンパニーであり、本レポートは10年以上にわたるウェアラブル製品とその関連市場の調査に基づいています。すべてのレポート購入者には、アナリストチームへの追加アクセスがあり、著者とのオープンディスカッションを含む、結論の明確化、データの確認、戦略に関する質問などに利用することができます。IDTechExはまた、世界中の多くの企業やバリューチェーンのコンサルタントやアドバイザーとして幅広く活動しており、必要に応じてプレイヤーのための技術や市場戦略を策定した経験があります。
 
さらに詳しくは、調査レポート 「電子皮膚パッチ 2021-2031年」をご参照ください。
 
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。詳しくは、下記担当までお問い合わせください。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、イベントを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。