ドローンの影響は広範囲にわたるが、将来何が起きるのか?

ドローンの影響は広範囲にわたるが、将来何が起きるのか?

Dr Charlotte Coles
ドローンの影響は広範囲にわたるが、将来何が起きるのか?
IDTechExは、ドローン市場は2041年までに220億ドル以上になると予測しています。IDTechExの調査レポート「ドローンの市場と業界 2021-2041年」では、ドローンの活用事例と導入に不可欠なハードウェア、ソフトウェア、センサーなど、ドローンに関連する主要な領域をカバーしています。本記事では、ドローン市場とドローンデザインについて、考察します。
 
ドローンは、飛行物体の空力設計の実験実施の可能性を再び開きました。航空機業界自体は、民間用と軍用の両方で、航空機設計の実験に数十年を費やし、実際、標準的なドミナントデザインのアウトラインが生まれるまでの間に、多くの技術実験が失敗に終わっており、成功したのは一部だけです。
 
ドローン(バッテリーを搭載した軽量な電動航空機)はまた、新たなデザインへの機会をもたらしています。ドローンに使用される部品の配置には数々の目新しい方法が考えられるため、過去数年間でさまざまなデザインが急増しました。
 
ドローンは種類により用途もさまざまです。回転翼式ドローンの場合、通常はドローンが小型になるほど効率の良いデザインが施されています。これはドローンのデザインによるもので、4つの固定ピッチプロペラが装備され、可動部品をほとんど必要としないためコストの低減を図れます。だだし、このタイプはドローンの大型化にはあまり適していません。クワッドコプターが飛行するには、各モーターを安定させる必要があります。ドローンが安定した状態を空中で維持するには、各プロペラの推力を個別に調整する必要があります。クワッドコプターはモーター速度の増減により推力を調整するため、ドローンの反応速度に対する時間遅延を組み込む必要があります。これは、慣性のせいでプロペラの速度を変更するのに時間がかかるためです。このような理由から、ドローンの大型化はうまくいきません。なぜならプロペラが大きくなるほど、速度を変更するのにより多くのエネルギーが必要になるからです。ドローンを大型化するには各モーターの大型化が必要であり、重量化や動的応答の遅延化につながるため、操縦に影響が出ます。
このことから、動的操縦が少なくて済む長距離飛行の場合は、固定翼型ドローンが一般的に使用され、測量やマッピングなどの用途に用いられます。この用途であれば、ドローンが操縦者の目視範囲(VLOS)内で、決まったルートをたどり、広いエリアをマッピングすることができるからです。ドローンのタイプによって、適した用途が異なります。
 
IDTechExの調査レポートでは、ドローン技術のさまざまな用途についての分析を提供しています。農業、捜索救助、マッピングとローカライゼーション、配送、消費者向けドローンの利用例を検討し、2021年~2031年と2031年~2041年の予測を交えて分析しています。重要な1つの領域は、異なる利用例に対する規制です。例えば、ドローンが飛行できる場所には制限があります。市街地、空港周辺(最大5km)や同様の都市部では飛行できません。ドローン配送などの用途では、郊外への配送のみに、制限されてしまいます。さらには、プライバシー上の制約のため、一部の国では私有地空域での録画が許可されていません。これにより、家庭向けの配送やインフラ管理などの用途では制約を受けます。本レポートでは、さまざまな国のドローンに関する規制と、それらの規制が将来のドローン市場に与える影響についてもまとめています。
 
ドローンの売上高  出展: IDTechEx 「ドローンの市場と業界 2021-2041年」
調査レポートに取り上げている疑問点
  • 2030年、2040年のドローンの主な利用例は?
  • ドローン市場の主要プレーヤーは?
  • ドローン市場成長の主な推進要因は?
  • ドローン市場の2020年以降の予測収益は?
  • ドローン市場はどのように細分化されているのか?
  • 家庭用ドローンと産業用ドローンはどのように分かれているのか?
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、イベントを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209