未来のモビリティーを支えるEV充電インフラ

未来のモビリティーを支えるEV充電インフラ

Electric charger cable plugged into a car charging port

充電インフラの重要性

電気自動車(EV)は二酸化炭素の排出量を大幅削減し、地球温暖化防止に大きく貢献する可能性を秘めています。しかし電気自動車の急速な普及にもかかわらず、適切な充電インフラの整備は遅れています。多くのEVオーナーは自宅では壁掛け式充電器を使用しています。一般的なEV用途では現在の航続距離内に十分に収まるため、現在、多くのEVオーナーにとっては問題ありません。しかしながら2つの大きな難題が生じています。まず、集合住宅の場合や私有車道がない場合、屋内駐車場に充電インフラが備わっていることはまれであり、そのようなインフラを設置する場合、建物の管理者に法外な費用が発生する可能性があります。2つ目に長距離移動において充電のために何度も停車する必要があり、充電インフラの拡大が必要です。長距離移動となるとEVオーナーは「航続距離の不安」を感じる可能性があります。適切な(そして機能している)充電スタンドに辿り着く前に電力が足りなくなるというと不安です。したがって公共の充電スタンド「エネルギー供給」ネットワークをしっかりと構築することが、EV市場の成功への鍵となっています。EV充電にとって最も望ましい場所は自宅でその次に職場となっています。これが意味するのは公共充電スタンド市場は外出先や長距離ドライブ、緊急時をターゲットにしたDC急速充電にあるということです。
 
これは典型的な「鶏と卵」の関係です。公共の充電ステーションがEV普及を促進するのか、それともEV普及にはより包括的な公共充電インフラが必要なのか? 土地の争奪にも等しいものですが充電器設置事業者の中には、図書館や美術館、公園、小売店、公営屋内駐車場などスタンド設置に前向きな場所でスペースを奪い合っています。利害関係者は公的資金と助成金を使用してスタンド設置する現在のモデルを諦める必要があります。これまでこのような大規模プロジェクトは初期費用の高さのために不採算になる傾向がありました。利益を上げられるようになるまでには、電気自動車の普及がもっと進む必要があります。理想的な最終状態は持続可能な市場主導型の産業です。IDTechExの新しい調査レポート『電気自動車と電気車両の充電インフラ 2022-2032年』でも明らかになっているように真の価値提案を解き放たない限りその状態に到達することは決してありません。

電力網への影響

EV充電によって引き起こされるであろう電力網のエネルギー需要増加に対処することが極めて重要です。EVの普及に伴い電力需要がどれほど増加するかについては専門家の評価が分かれています。米国エネルギー省はEVの普及率の高さを主な理由として、2050年までに電力消費量が38%増加すると予測しています。電力網の既存インフラに需要増加分の電力を作り出すキャパシティがない場合、IDTechExのレポートで取り上げているスマート充電技術とオフグリッド充電ソリューションがより望ましいものになるでしょう。
 
充電設備の総数は2021年から2032年にかけて11倍に増加。

成長するEV充電市場

IDTechExは電気自動車産業は脱線することなく、その驚異的な勢いを維持していくと考えています。今後10年間にわたり充電インフラに対する需要は乗用車、バス、トラック、バンなど世界中で使用されている1億7500万台以上のプラグインEVによって牽引されます。電気自動車への移行のメリットは充電インフラのコストより少なくとも1桁大きなものになることを考えると、充電インフラは輸送セクターを脱炭素化するためのささやかな手付金のようなものです。
 
IDTechExの最新レポート『電気自動車と電気車両の充電インフラ 2022-2032年』では、急速充電器や電磁誘導方式とキャプティブ式充電、ポータブル充電器、自動充電ロボット、交換式バッテリーや商用EVの専用充電器など世界のさまざまな充電技術と標準について包括的な分析を提供しています。また電気自動車の充電バリューチェーンと主な市場参入企業のビジネスモデルの分析も取り上げています。本レポートはEV充電インフラの10年間の詳細な市場予測(台数ベースと市場価値(収益)ベース)を主要地域別(中国、欧州、米国)、セクター別(自家用と商用)、用途別(民間と公共)、電力レベル別(ACとDC)にご覧いただけます。
 
さらに詳しくは、IDTechExの最新レポート『電気自動車と電気車両の充電インフラ 2022-2032年』で、ご確認ください。
 
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。詳しくは、下記担当までお問い合わせください。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、イベントを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。