ウェアラブルのヘルスモニタリングの未来は、フレキシブル・エレクトロニクスにある

ウェアラブルのヘルスモニタリングの未来は、フレキシブル・エレクトロニクスにある

ウェアラブルのヘルスモニタリングの未来は、フレキシブル・エレクトロニクスにある
従来の電子装置にはリジッドなフォームファクターがつきものですが、製造工程と素材の進歩により、フレキシブルエレクトロニクスの新たな世界が実現しつつあります。ちょうど昨年、いくつかの折りたたみ式スマートフォンが市場に登場しました。IDTechExのアナリストは、『ヘルスケアにおけるフレキシブル・エレクトロニクス 2020-2030年』と題した新しい調査レポートの中で、フレキシブルエレクトロニクスが、ヘルスケアに応用される大きな可能性について、分析しています。IDTechExは、この調査レポートの中で、フレキシブルエレクトロニクスを搭載したヘルスケア製品の市場は、2030年までに83億ドル以上の価値になると予測しています。
 
Forecasts the market to exceed $8 billion by 2030. 出展:IDTechEx調査レポート 『ヘルスケアにおけるフレキシブル・エレクトロニクス 2020-2030年』
 
分散型医療や、患者のモニタリングとケアを遠隔から行うテクノロジーの利用に向かう市場トレンドがあります。COVID-19が世界的に流行する中で、世界中の医療制度が遠隔医療という形でリモートケアサービスを次々に導入しました。多くの場合、遠隔での医療行為をサポートするために、家庭で医療グレードのデータが取得可能なデバイスを利用する必要があります。しかし、最終的にモニタリングを行う上で大切になるのは、デバイスが正しく使用されることです。昔から患者は医師からの指示をあまり守りませんが、ウェアラブルデバイスの長期使用に関しても同様だと一般的に言えるでしょう。患者にとって快適で、患者自身がテクノロジーに親しみを持っていることは、積極的に治療の指示に従う意識の向上に役立つ可能性があります。
フレキシブルな設計
モニタリングに対する患者の意識に働きかける方法として、デバイスの見た目を目立たなくすることがあります。電子皮膚パッチは、皮膚に貼り付ける電子部品というウェアラブルデバイスであり、こうした方法の一つです。医師はデバイスを患者の体に貼り付け、患者は帰宅して日常生活を続けることができます。データは、ワイヤレスで医師に送信したり、モニタリング期間終了時に回収したりすることが可能です。患者自身で装着することができるデバイスもあります。絆創膏の上に電子装置が載っただけの電子皮膚パッチもありますが、フレキシブルエレクトロニクスでパッチ装着時の快適性を向上させることができます。IDTechExの新しいレポートは、院内外の患者モニタリングにおける電子皮膚パッチの市場展望について、外来心臓モニタリング、糖尿病管理、体温、モーションモニタリングに焦点を当てて紹介しています。
 
患者の健康モニタリングへの意識に働きかける別の方法は、患者にとって医療処置を親しみやすいものにすることです。人間は、生活の98%の時間を繊維製品に触れて過ごしているため、バイタルサインをモニタリングするスマートテキスタイルも、フレキシブルエレクトロニクスをヘルスケアで使用する方法の一つとなっています。IDTechExは、ヘルスモニタリングがe-テキスタイルの重要な市場となり、それに加えてウェルネスやスポーツのモニタリングが加わると見ています。スマートシャツからスマートソックス、スマート下着、さらにはスマートベッドシーツに至るまで、機会は存在します。
フレキシブルな特性
本レポートでは、製造工程によりフレキシブルになっている2つの製品カテゴリーを紹介しています。
 
プリンテッドエレクトロニクスにより低コストでの製造が可能になったことで、商業的に最も成功した製品の一つが、血糖値試験紙です。家庭用の血糖値試験紙は、フレキシブル基板に印刷されて、柔軟に扱えるものとなっています。家庭での検査は、血糖値を毎日モニタリングする糖尿病患者にとって不可欠です。
 
プリンテッドエレクトロニクスは、スマートパッケージングにも大きな恩恵をもたらします。例えば、患者が指示通りに薬を服用しているかどうかを、プリンテッドエレクトロニクスによって実現されるスマートブリスターパックを介して追跡することができます。薬が指示通りに服用されないことにより、毎年最大で100万人が救急外来に運ばれています。スマートブリスターパックを通して、医師は患者の健康問題が投薬が効いていないことによるものか否か、あるいは単に患者が薬を服用していないのか、などのヒントを得ることができます。
 
IDTechExの新しい調査レポート、『ヘルスケアにおけるフレキシブル・エレクトロニクス 2020-2030年』は、プリンテッドエレクトロニクスとフレキシブルエレクトロニクス、およびウエアラブル技術、ライフサイエンス関連分野の10年以上の調査に基づいています。IDTechExは、電子スキンパッチ、eテキスタイル、テストストリップ、スマートパッケージングを開発している数百社の企業を調査し、本レポートではヘルスケア分野で最も関連性が高く重要な内容を提供しています。
 
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209