マイクロLEDで実現するユビキタスディスプレイ

マイクロLEDで実現するユビキタスディスプレイ

マイクロLEDで実現するユビキタスディスプレイ
多くの企業から次世代のディスプレイ技術と目されているマイクロLEDは、LED、ディスプレイ、OEM、材料などの各メーカーが実現化に向けた取り組みを行っています。マイクロLEDは、LCDやOLEDとは違い、サイズ制限のない唯一のディスプレイ技術であると考えられています。その潜在的な用途は何でしょうか?どれが誇大広告で、どれが現実的なのでしょうか?
IDTechExの新しい調査レポート「マイクロ LED ディスプレイ 2020-2030年:技術、商品化、チャンス、市場および有力企業」では、こう言った疑問に対する答えを掲載しています。
 
マイクロLEDディスプレイの需要は、2つの側面から分析することができます:
  • 既存のディスプレイ市場での置き換え
  • 新しいディスプレイ市場の創出
 
前者については、次に示す8つのアプリケーションが最も多く対応しています。拡張/混合現実(AR/MR)、仮想現実(VR)、大型ビデオディスプレイ、テレビやモニター、自動車用ディスプレイ、携帯電話、スマートウォッチ、ウェアラブル、タブレット、ラップトップなどです。
 
マイクロLEDが提示可能な価値提案(需要側)とサプライヤーが提供可能なもの(供給側)の両面から、市場浸透度について分析を行います。市場機会は、新技術が提供できる、競合製品にはない独自の価値提案の中にあるものです。
 
例えば、現在のディスプレイ市場を席巻している液晶ディスプレイは、65インチ以下のほぼ全てのディスプレイに採用されています。LCDには、大型化に際して固有の制約があります。OLEDは、主にスマートフォンディスプレイにおいて市場シェアを広げています。QD-LCDは、プレミアムテレビとして市場に出され、ますます多くの消費者に受け入れられています。LEDディスプレイは、巨大なパブリックディスプレイとして既に使用されています。マイクロLEDがこれらと競合するためには、独自の価値提案あるいはその組み合わせを見つけ出し、メリットを提供する必要があります。
 
その一方で、現段階で提供できることが境界を形成します。例えば、コスト競争力を高めるためには、マイクロLEDを極小サイズに加工する必要があります。しかしながら、極小マイクロLEDの効率は、半導体照明に使用される従来のLEDと比べて大きく劣ります。低効率のマイクロLEDでは、小型LEDや低消費電力が必要な用途に対し、「低消費電力」という価値提案を提示できないかもしれません。
 
コストの観点から見ると、一般的なマイクロLEDディスプレイの前方境界面のコストは、OLEDやLCDとは異なり、面積ではなくLEDの数によって決まります。そのため、テレビと同じ解像度でスマートフォンを製造しても、コストは(大幅な低下は期待できず)ほぼ同じ程度になる可能性があります。
 
したがって、各アプリケーションの背後にある異なる技術的アプローチを理解し、その可能性と機会について明確な評価を得ることが重要です。
 
新しいディスプレイ市場を生み出すには、代替品では実現できない、あるいは実現が難しい機能が必要となります。その典型例としては、形状をカスタマイズしたディスプレイや、センサーが組み込まれたディスプレイなどが挙げられます。新たに登場するディスプレイは、既存のディスプレイを超えたところまで私たちの想像力を広げ、ディスプレイが至る所に存在する世界の実現を後押しします。
 
さらに詳しくは、異なるアプリケーション、コスト、技術、市場機会の分析を網羅した、IDTechExの調査レポート「マイクロ LED ディスプレイ 2020-2030年:技術、商品化、チャンス、市場および有力企業」をご利用ください。
 
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
IDTechExの調査レポートを購入すると、30分のアナリストタイムが提供されます。直接アナリストにレポートに関する質問が可能です。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209