燃料電池の市場機会(路上走行用途):市場規模は2042年までに1,600億ドルに_IDTechEx Webinar

燃料電池の市場機会(路上走行用途):市場規模は2042年までに1,600億ドルに_IDTechEx Webinar

燃料電池の市場機会(路上走行用途):市場規模は2042年までに1,600億ドルに_IDTechEx Webinar
IDTechEx アナリストによる『ウェビナー』のご案内です。
今回は「燃料電池自動車」。
 
燃料電池システムは水素燃料を電気に変換し、車両に電力供給するために使用されます。燃料電池システムはリチウムイオン電池と比較してエネルギー密度が高いため、燃料電池電気自動車(FCEV)は純粋なバッテリー式電気自動車(BEV)よりも航続距離の延長が可能です。また、BEVの場合は急速充電器を使用しても数時間かかる可能性があるのに対し、燃料を満量にするまで数分しかかからないというコベネフィットもあります。
 
長距離トラックや低燃費の市内バスのような、相当な航続距離や短いダウンタイム、運用上の高い柔軟性が要求されるユースケースに必要な負荷サイクルを、純粋なバッテリー電気ソリューションが提供できるようになるかどうかについては懸念が残っています。
 
このウェビナーでは、IDTechExのテクノロジーアナリスト Dr David Wyatt が成長を続ける燃料電池車市場の概要と展望について解説します。
 
<開催概要>
開催日時: 2021年11月4日(木) 11時もしくは19時から30分間
開催方法:オンライン
参加費:無料(事前登録制)
 
当日取り上げる項目(変更する場合もあります)
  • 燃料電池が魅力的な技術的手段である理由
  • FCEVの乗用車、LCV、トラック、バスへの展開の概要
  • FCEV開発の課題
  • IDTechExによるFCEVの20年予測について
 
IDTechExは、関連する調査レポートを10月に発行しました。
本無料ウェビナー(英語)は、この調査レポートからの抜粋で行われます。
後日、使用した資料も提供します。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209