自動車分野におけるOLEDとマイクロLEDはLCDに取って代わるか?

Dr Miguel El Guendy
Large led projection screens. Colorful abstract background. Light show on the stage.
現在の車載ディスプレイ市場ではTFT液晶技術が主流です。OLEDの台頭があるとはいえ、TFT液晶の力強い存在感は今後も変わらないものと見られています。 IDTechExの調査レポート『車載ディスプレイ 2024-2034年: 技術、有力企業、ビジネスチャンス』は、車載ディスプレイ分野を包括的にカバーし、主要動向、市場分析、機会、ディスプレイ台数(台数)と金額(米ドル)のきめ細かな10年予測、ディスプレイタイプと技術別に業界を区分しています。
 
LCDとOLEDはともに、車載用ディスプレイに特別な利点と独自のセールスポイントをもたらします。
 
たとえばOLEDは、TFT液晶と比較すると、高画質・高コントラスト(ダイナミックレンジが広い)のため、暗い領域が際立ちます。OLEDは自発光型ディスプレイであるため、TFT液晶とは異なり、バックライトユニット(BLU)が不要です。また、高精細な画像の暗い領域を表示する際には各ピクセルごとに発光を遮断するため、消費電力が低減します。TFT液晶では、ローカルディミング、特にフルアレイ・ローカルディミング(FALD)の進歩により、同様の効果が得られます。しかし、この部分で性能が向上しているとはいえ、LCDはOLEDと比較すると、画像のコントラストは低いままです。
 
OLEDはLCDよりも非常にフレキシブルで薄型化することが可能です。フレキシブルな有機基板上に形成できるため、この重要な特性が得られるのです。また、前述のとおり、自発光型で追加のバックライトユニットが必要ないためTFT液晶よりも薄型化を実現できます。自動車メーカーの設計要求には、曲面ディスプレイ、柔軟性の高いセンターインフォメーションディスプレイ(CID:運転手と助手席同乗者の間に設置)などがあります。車内のディスプレイの種類によってはメーカーからさらなる柔軟性を要求される場合があり、LCDの硬さは将来の収益を左右するかもしれません。
 
一方、TFT液晶には車載ディスプレイにさらなる利益をもたらす別の強みがあります。一般的にLCDは、OLEDと比べて輝度が高く、寿命も長くなっています。車内では周囲の明るさが必然的に非常に高くなるため(ディスプレイパネルに太陽光が直接入射する場合は特に)、これらの特性は車載ディスプレイには不可欠です。したがって、ディスプレイはどんな環境光条件でも視認できなければならず、情報を常に視覚化するうえで輝度の高い素子が必要となります。ディスプレイの寿命もまた、自動車メーカーにとって欠かすことのできない検討事項です。現実問題として、繰り返しディスプレイの交換が必要になることは望ましくないので、長い寿命を保証することが重要です。購入後すぐのディスプレイ故障は安全性の問題であり、ブランド力の低下となります。
 
しかしながら、OLEDは輝度と寿命の両面を強化・改良し、輝度と寿命が大きく劣るということはありません。それどころか、自動車産業で使用されるOLEDは、LCDと同等の輝度を備えていることも少なくありません。
 
LCDとOLEDはどちらも車載ディスプレイの主要要件を満たしていますが、OLEDにはさらに、しなやかで薄く、電力効率が大幅に向上しているという利点が加わり、電気自動車(EV)の台頭もあって、その重要性はますます高まっています。
 
主な違いはコストにあります。TFT液晶は他のディスプレイ技術に比べてコスト効率が非常に高く、自動車メーカーやティア1サプライヤーにも影響を与えています。OLEDディスプレイの使用が主に高級車で伸びているのは偶然ではありません。自動車製造業の平均利益率は約7.5%です。制約の厳しい低価格車と比較すると、ディスプレイのコストにおいては高級車の方が選択の幅があります。OLEDは従来型の自動車と競合するものの、市販される自動車の合計台数を考慮すると依然として少数派です。OLEDはコスト面でLCDとの競争に苦戦することになるでしょう。そのため、TFT液晶が優勢であるこの状況は当面続くものと見られます。
 
しかし、車載ディスプレイの現状に影響を及ぼす可能性をもつ、もう一つの普及しつつある技術があります。マイクロLEDは、LCDやOLEDの全体の性能を上回ると予測されていることもあって、ディスプレイメーカーや自動車メーカーが大きな期待を寄せています。マイクロLEDは、その名が示すように微細なLEDであり、それらが個々のピクセルを形成しています。マイクロLEDはOLEDと同様に自発光型ですが、OLEDの方がかなり暗くなっています。また、寿命がはるかに延び、電力効率も上昇し、画質とコントラストも遜色ありません。LCDよりも薄く、輝度レベルも高いため、この技術は今後、車載ディスプレイ分野において主流になると見られています。その市場投入の成功が遅れる主な要因は、コスト、技術成熟度、製造歩留まりです。このような障壁を乗り越えれば、マイクロLEDがこの分野における主流となるでしょう。
 
しかし、これらは市場に出ている主要なディスプレイ技術ではありますが、幅広い種類のディスプレイに対して他のアプローチも検討されています。自動運転車の出現に伴い、車内のディスプレイの複数設置や大型化によって搭乗者の没入感を高める方向へと向かう流れがあります。TFT液晶はヘッドアップディスプレイ(HUD)において導入が進んでいますが、計算機合成ホログラム(CGH)ソリューションへの使用の関心も高まっています。
 
今後10年間は、ディスプレイの種類や技術革新が予想されています。IDTechExの調査レポート『車載ディスプレイ 2024-2034年: 技術、有力企業、ビジネスチャンス』は、こうした動向に関する包括的な分析を提供しています。自動車の自律性の高まりに伴い、同市場は2034年までに270億米ドルを超えると予測されています。
 
Global automotive display market value. Source: IDTechEx
 
IDTechExの調査レポートは車載ディスプレイの種類と技術をカバーしつつ、様々なディスプレイを分析するためのより総合的なアプローチを提供しています。車載ディスプレイは、そのデザインや技術だけではありません。低表面反射率と衝撃保護機能を備えたカバーガラスから、画面の高い視認性を実現しながら部品を固定する高強度接着剤まで、車載ディスプレイの最適な性能を確保するためには、複数のプレーヤーが関わっています。自動車産業で使用されるディスプレイは、厳しい車載グレード試験に合格する必要があり、これらすべての追加コンポーネントがこれらの技術性能を最適化しています。『車載ディスプレイ 2024-2034年: 技術、有力企業、ビジネスチャンス』は、これらの部品の重要性を理解し、車載用ディスプレイの全貌を明らかにしようとするものです。ぜひ、ご活用ください。
 
IDTechExの調査レポートは、
・アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が販売しています。
・IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供しています。
・ご希望の方に、サンプルページ 送付します。
・オンラインでの試読については、ご相談ください。
・その他、調査レポートに関する、質問、購入に関する問い合わせは、
 下記担当まで。見積書、請求書も発行します。
 
問合せ先
アイディーテックエックス株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209
 
IDTechExは、調査、コンサルタント、サブスクリプションを通して、戦略的なビジネス上の意思決定をサポートし、先進技術からの収益を支援しています。IDTechExの調査およびコンサルティングの詳細については、IDTechExの日本法人、アイディーテックエックス株式会社まで、お問い合わせください。